Kapok&Fintech ホームKapokの掲示板 > Tag: ダウ工業株価平均指数

投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


崖っぷちに立つ米国市場は、10年間続いた長期上昇 トレンドが終了する危機に! 主要3指数が直近安値を 割り込んだときは、素直にポートフォリオを見直そう - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国株式市場を現地在住のアナリスト・広瀬隆雄さんがズバリ解説! 米国株式市場は、テクニカル的に見て大変重要な局面にさしかかっています。ダウ工業株価平均指数は先週-4.5%の24,338.95で引けましたが、10月29日のザラバ安値24,100を切ると、落勢が強まることが懸念されます。同様に、S&P500指数は先週-4.6%の2,633.08で引けましたが、10月29日のザラバ安値2,603.54を切ると、とても悪いカタチになります。さらに、ナスダック総合指数は先週-4.9%の6,969.25で引けましたが、11月20日のザラバ安値6,830.76を下に切ると、チャートのカタチが絶望的に悪くなります。確率としては、3指数がこれらの水準を死守出来る確率の方が高いと思います。もしそうなら、ここで慌てて売れば、相場の大底で持ち株を投げ出すヘタクソなトレードになってしまいます。

投資家のシナリオになかった「金利の上昇」で 株式市場はまだまだ下がる可能性が大きい! 2016年10月半ばまでの投資家の注意点とは? - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:9月8日(木)に欧州中央銀行(ECB)の政策金利会合があり、新しい事は何も出ませんでした。市場参加者はドラギ総裁がもう一段、踏み込んだ緩和策を打ち出すことを期待していたので、それが裏切られたわけです。これを受けて7月以来マイナス利回りとなっていたドイツ10年債の利回りが0.00%という心理的な節目を超えてプラス圏へ戻りました。利回りが上昇しているということは、債券価格は売られているということを意味します。

今週8月26日はイエレンFRB議長の発言に要注意! 9月2日の雇用統計後、レイバー・デー三連休明けの 米国株式市場の注意点、今後の投資戦略を解説! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:今週の米国株式市場の注目点は、8月26日のジャネット・イエレンFRB議長のスピーチです。例年、連邦準備制度理事会(FRB)は夏場に下半期から来年にかけての金利政策の大方針を固めるので、その手がかりが得られるかもしれません。また翌週9月2日は雇用統計の発表があり、その直後には3連休があり、連休明けは相場のムードが変わりやすいので注意が必要です。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.