Kapok&Fintech ホームKapokの掲示板 > Tag: デイトレード

投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


日経平均株価は、当面、25日移動平均線と200日 移動平均線の間を推移。難易度の高い小型株は避け、 「好業績の大型株」をスイングトレードで売買しよう - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵代表の藤井英敏さんが、最新の日本市場を分析! 日経平均株価は非常に強い動きです。それにしても、想定を超えて強いのは日本株ではなく、米国株です。意外だったのは、2月15日のNYダウが前日比443.86ドル高の25883.25ドルと大幅に反発し、昨年11月9日以来ほぼ3カ月ぶりの高値で取引を終えたことです。2月18日の日経平均株価の終値は2万1281.85円と、25日移動平均線(18日現在2万0726.39円)を、大幅に、且つ、安定して上回って推移しています。また、75日移動平均線(同2万1153.03円)も上抜きました。

「トレードステーション」の多彩な機能や手数料、 おすすめの使い方まで徹底解説! マネックス証券が 提供する「高機能トレードツール」を使いこなそう! - ネット証券会社比較

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「トレードステーション」は、マネックス証券から提供されている、アクティブトレーダー向けの高機能トレードツールだ。ツールの利用料は無料のうえ、2017年5月にはトレードステーション専用の売買手数料が全面改定され(最低取引手数料50円)、コスト面でもより使いやすくなった。今回は、筆者が実際にトレードステーションを使ってみた感想を元に、代表的な機能や手数料を、マニュアルには掲載されていない具体的な使い方を交えながら紹介していこう。

サラリーマンも真似できる個人投資家3人の投資術! IPOセカンダリー狙い、ニュースに着目のデイトレ、 低位株の先回り買いなど、売買の必勝法を紹介! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:3人合わせて資産4億円以上!「IPOのセカンダリー狙い」「最旬ニュースに着目したデイトレード」「低位株の先回り買い」と、三者三様の勝ちワザを持つ個人投資家3人の手法を紹介!ダイヤモンド・ザイ6月号では、「株で儲ける個人投資家の『これだけ』必勝法!」と題した特集を掲載! 資産7000万~4億円超の個人投資家たちがいかにして資産を築いてきたかを公開している。ダイヤモンド・ザイ6月号の中では、タイプの違う株の勝ち組10人に直撃取材し、銘柄選びから買いのタイミング、リスク管理の方法まで赤裸々に語ってもらっているが、ここではそのうち資産7000万円~2億円の3人の投資法を紹介。三者三様の勝ちワザから、マネできそうなものを探してみてほしい。

「連続増配の株を買う」だけで資産1億円超を達成! サラリーマン投資家・立川一さんが編み出した シンプル&ユニークな「増配銘柄投資法」を解説! - 個人投資家の「株で勝つ!」投資手法を徹底解剖!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:サラリーマンと投資家という二足の草鞋を履く立川一さんの投資ルールは、「増配し続ける株を買う」という非常にシンプルなもの。立川さんは、そんな誰にでも真似できそうな投資方法で、約1億5000万円もの資産を築き上げた。「増配し続ける株を買う」というのは、実際どんなやり方なのか。今回は、そんな立川さんが編み出した投資法をくわしく解説していこう。立川さんが本格的に投資を始めたのは、2004年のこと。最初は、割安の銘柄を見つけ出して買う「バリュー投資」をしていたが、買ったり負けたりを繰り返しで投資成績は今ひとつパッとしなかった。ところが2011年頃から、将来的に成長が期待できる銘柄を買う「グロース投資」に少しずつ投資スタイルを変えていった。そして、現在の投資手法を確立したことで、収益を急速に伸ばしていった。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.