Kapok&Fintech ホームKapokの掲示板 > Tag: トランプノミクス

投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


トランプ大統領が誕生してからの1年を振り返る! 「大型インフラ投資計画」や「大型減税」が不発でも 米国株式市場が右肩上がりで上昇を続ける理由とは? - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2016年11月8日に米大統領選挙があり、ドナルド・トランプの勝利が判明しました。あれからほぼ一年が経過したので、これまでの軌跡を振り返ってみたいと思います。まず株式市場は、大統領選挙の後に急伸した後も、ずっと堅調に推移しています。現在、S&P500指数の向こう12カ月のEPSに基づいた株価収益率(PER)は、ちょうど18倍となっています。ちなみに、過去10年間の平均は14.1倍です。それは、言い換えれば「米国株は割高な水準まで買い進まれている」ことになります。

トランプ大統領の税制改革や規制緩和への期待から、 米国株式市場は相次いで過去最高値を更新! 日本株も日経平均が25日平均線を割るまでは強気で! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:前回当コラムで、日経平均株価について、「積極的な運用スタンスに転じるのは、(1)ここから急激な下落が発生し25日移動平均線からのマイナス乖離率の絶対値が大きくなり、リバウンドが見込めるタイミング。または、(2)25日移動平均線を上回り、多くの短期スタンスの投資家が平均的に評価益になり、投資家のマインドが改善して、地合いが好転するまで、待ちましょう。」としましたが、その後の1月10日に、(2)が実現しました。

企業物価指数(CGPI)の2016年12月までの推移 減収増益企業に要注意!?

サイト「経済&マネー」のコンテンツが kapok から公開されました。

概要:企業物価指数は企業間で取引される商品の価格に焦点を当てた物価指数です。直近の企業物価は上昇しつつあります。投資家は、今まで物価安の恩恵を受けた減収増益企業の動向に注意を向ける必要があります。

トランプノミクスの恩恵が既に証券業にジワリ浸透 松井証券(8628.jp)の例

サイト「経済&マネー」のコンテンツが kapok から公開されました。

概要:トランプノミクスの恩恵が証券業に出始めています。松井証券(8628.jp)の平成28年12月の月間売買実績・取引口座数等(速報値)によると、売買代金は大統領選後に明らかに増えており、証券業の業績改善を連想させます。

タグ: ブログ更新 kapok 8628.jp トランプノミクス 大統領選 月間売買実績 松井証券 証券業
参考URL: http://kapok.mydns.jp/business/8628jp-pr20170104/
投稿者: blogcheck.py 投稿日時: 2017/01/22 21:24:19 投稿番号: 16840

2017年の株式市場は「トランプノミクス」が失望に 変わらない限り、このまま右肩上がりに上昇か! 2016年に勝てなかった投資家は、来年に期待しよう! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2016年の日経平均株価は、どうやら「終わりよければ全て良し」ということになりそうです。大納会の終値が、今年の大発会の始値1万8818.58円を上回れば、年足は陽線となります。それが実現すれば、2012年から年足が5本連続陽線になります。これは、東証が取引を再開した1949年以降、78年から89年の12本連続に次ぐ記録です。足元の日経平均株価も、引き続き強い動きを続けています。

日経平均が続伸し、いよいよ1万9000円台を回復! トランプノミクスや原油高、順調な中国経済を背景に 大納会に向けて「正月の餅代稼ぎ」のチャンスが到来 - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「トランプノミクス」への期待の高まりを背景に、米国株高、米国長期金利上昇、ドル高傾向が継続しています。また、12月10日、OPECとロシアなど非加盟の産油国が15年ぶりに協調減産で合意したことで、原油先物価格も上昇。このように外部環境が良好なため、足元の日経平均株価は非常に強い動きを続けています。米国に加え、中国経済も順調に回復していくようなら、世界景気敏感株の日本株には、相当強烈な追い風になるはずです。

「外国人の日本株買い」や「日銀のETF買い」など、 日経平均株価が上がり続ける理由をズバリ解説! 今週の物色テーマとおすすめ株16銘柄も紹介! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「トランプノミクス」によるドル高・円安を好感した外国人投資家の日本株買いの勢いが止まりません。投資主体別売買動向を見ると、外国人投資家は11月第2週、第3週で8900億円強買い越しました。方、逆張り投資が大好きな個人投資家は、日本株を売りまくりです。11月第2週、第3週の売り越し額は2週合計で8600億円強でした。個人投資家の大量の売り物を外国人がバクバクと食べて、完全に吸収しています。この外国人の買いが細ったり、売り越しに転じない限り、東京株式市場は強い動きを続けることでしょう。

トランプノミクスにより日経平均は1万8000円台に! 東証マザーズ市場は出遅れているが、むしろ今は 「クリスマス&年末ラリー」に向けた仕込みの時期! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「トランプノミクス」を評価する格好で、日米株式市場が強い動きを続け、外国為替市場ではドル高・円安が進行しています。足元の東京株式市場では、円安による輸出企業を中心にした上場企業の業績改善期待の高まりから、短期スタンスのヘッジファンド勢に加え、中長期スタンスの投資を行う海外機関投資家も買っていると観測されています。今後の日経平均株価ですが、私は「強気」です。

「トランプノミクス」を背景に日米で株価が上昇! 今は銀行など大型株中心の上昇だが「そーせいG」の 底打ちでマザーズ市場&小型株の株価復活も近い! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国次期大統領のドナルド・トランプ氏の経済政策である、「トランプノミクス(trumpnomics)」を背景に、米国では「株式買い+債券売り」の「トランプ・ラリー」が発生。11月14日のNYダウは、3日連続で過去最高値を更新、NY外国為替市場では一時は108円54銭と6月3日以来ほぼ5カ月ぶりの円安水準を付けました。このような米国株式市場、米国債券市場、外国為替市場の動向を受け、足元の日経平均株価も非常に強い動きを続けています。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.