投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


「中国のテスラ」とも呼ばれる電気自動車メーカー 「ニオ」がNY市場にIPO! 世界最大のEV市場である 中国で、最も成長が期待されるメーカーの実力とは? - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:中国の高級EV(電気自動車)メーカーのニオ(NIO, Inc.、ティッカーシンボル:NIO)が今週、ニューヨーク証券取引所に新規株式公開(IPO)します。中国政府は、国策としてEVを奨励しています。その理由は、中国の都市部の大気汚染問題への取組みの一環としてEVが切り札になると考えているからです。中国政府はメーカー各社に対し「生産するクルマの1割はEVにすること」という通達を出しています。ニオは、中国で初めてオリジナルのEVを出した会社です。過去3年に「フォーミュラE」、「EP9」、「ES8」、「ES6」、「ET7」などを次々に発表しました。ニオは中国国内に80カ所のチャージステーションを展開していますが、2022年までに、これを500万カ所に増やす予定です。

メルカリのIPO(新規上場)、主幹事は大和証券で、 初値予想は+50%値上がり! IPOの専門家である フィスコのアナリストが「メルカリ」のIPOを分析! - IPO株の攻略&裏ワザ情報!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2017年4月18日、フリマアプリを提供するメルカリが、6月にも東京証券取引所のマザーズ市場に新規上場(IPO)する見通しと、複数の報道機関が報じた。それによると、時価総額2000億円超で、今年一番の大型IPOになるとのことだ。フリマアプリ「メルカリ」は、日本人ならほとんどの人が知っていると言っても過言ではないほど人気のネットサービスだ。そんなサービスの運営会社が本当に新規上場するのであれば、盛り上がることは間違いないだろう。今回は、そんなメルカリの将来性から初値予想、主幹事証券まで、メルカリのIPOに関して小林さんに解説してもらった。

メニコン(7780)、3000円相当の株主優待の新設と、 1株⇒2株の分割、増配、業績予想の上方修正を発表! 優待品は3000円相当でコンタクトレンズ関連商品など - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:メニコン(7780)が株主優待を新設すると、2017年11月13日に発表。新設されるメニコンの株主優待の内容は、「毎年3月末時点で100株以上保有する株主を対象に、3000円相当の優待品(※9種類から一つ選択)を贈呈」となっている。この株主優待は2018年3月末時点の株主から実施される。(メニコン、コード:7780、市場:東証1部・名証1部)

プレミアムフライデーで得するクレジットカードは? 「オリコ」や「三井住友カード」などが実施する、 プレミアムフライデーの特別キャンペーンを見逃すな - クレジットカード活用術

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:プレミアムフライデーでクレジットカードを利用すると、還元率が上がったり、ギフト券が当たったりするお得なキャンペーンが開催中! 2017年2月24日から始まる「プレミアムフライデー」がお得に過ごせる、おすすめのクレジットカードと、そのキャンペーンを紹介!

迫る米国の大統領選&利上げで株はどうなる? 米利上げがあっても、誰が大統領になっても 今買いのニコンなど米国関連株9銘柄を公開! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:株式市場で注視されているのが、米国の利上げの行方だ。9月の利上げは見送られ、現在は12月の利上げがあるかどうかに注目が集まっている。また、もう一つ注目なのが米大統領選の結果だ。今回はこの2点を踏まえ、今買うべき銘柄を教えよう。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.