Kapok&Fintech ホームKapokの掲示板 > Tag: ネット証券

投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


楽天証券の「マーケットスピードⅡ」の優れた機能や 使い方、具体的な活用方法などをわかりやすく解説! 進化した注文方法、情報ツールで成績アップを狙え! - ネット証券会社比較

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:楽天証券が2018年10月14日にリリースする取引ツール「マーケットスピードⅡ(MARKETSPEEDⅡ)」の新機能や進化したポイント、実践的な使い方などを解説。【進化ポイント1】基本画面の情報量が飛躍的に向上!画面を切り替えることなく、あらゆる情報をチェックできる。【進化ポイント2】ひと目で複数の銘柄の値上がり・値下がり傾向がわかる「ヒートマップ」と「マルチチャート」。【進化ポイント3】他の証券会社では難しい複雑な自動注文が可能に「アルゴ注文」。

投資信託で儲けたいなら、銀行ではなくネット証券で 投資しろ! 金融庁が導入した「共通指標」によると 手数料の安さもリターンの高さもネット証券が完勝! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:投資信託を買うなら、銀行よりもネット証券のほうが儲かりやすいことが、金融庁が導入した「共通指標」によって判明! ダイヤモンド・ザイでは、記者が集めたマネー・経済関連の最新トピックを「ZAi NEWS CHANNEL!」で毎号2本紹介している。今回はそのうちの1本「投資信託はどこで買うとよい?」をピックアップ! ご存じのとおり、投資信託は銀行や証券会社で取り扱われている。どこで買っても同じだと思っている人もいるかもしれないが、実は銀行よりもネット証券を選んだ人のほうが、利益を出している割合が高いことが判明した。気になるその理由とは?

楽天証券が投資信託の積立時の「楽天カード」決済& 積立額の1%分のポイント還元を開始! ポイントの 再投資も可能で、最強の「つみたてNISA」口座が誕生 - ネット証券会社比較

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:楽天証券は、2018年10月27日より、投資信託の積立購入で楽天カードを使ったクレジットカード決済ができるなり、その際、楽天スーパーポイントが貯まるようになる。その他、「投信積立でのポイント利用サービス」や「買付手数料全額ポイントバック」、「SPU(スーパーポイントアッププログラム)に『楽天証券でのポイント投資利用で+1倍』の追加」など、楽天スーパーポイントを使った楽天証券のお得なサービスを解説する。

「SPU(スーパーポイントアッププログラム)」に、 「楽天証券でのポイント投資利用で+1倍」が追加! 楽天市場で、最大15倍の楽天ポイントを獲得可能に! - クレジットカードおすすめ最新ニュース[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:楽天市場の「SPU(スーパーポイントアッププログラム)」に「楽天証券でのポイント投資の利用で+1倍」が追加されたことで、楽天市場での買い物で最大15倍の楽天スーパーポイントを獲得できるように! 新たに追加された「楽天証券でのポイント投資の利用で+1倍」の詳細のほか、楽天市場でもっとも得するクレジットカード「楽天ゴールドカード」も紹介!

タグ: サイト更新 ザイ・オンライン ネット証券 クレジットカード クレジットカード おすすめ 比較
参考URL: http://diamond.jp/articles/-/179257
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2018/09/12 11:00:00 投稿番号: 33648

松井証券はどうして投資信託の取扱数が少ないのか? あえて取扱数で勝負せず、松井証券が「顧客に無駄な コストを使わせない」という理念にこだわる理由とは - ネット証券会社比較

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:松井証券の投資信託販売に対する「こだわり」や取り扱い投資信託の基準、高機能な無料ロボアドバイザー「投信工房」の使い方などを徹底解説! 松井証券が取り扱っている投資信託は479本と、大手ネット証券の中ではかなり少ない。その数字だけを見ると、「松井証券は投資信託に力を入れてない」と考えてしまう人もいるのではないだろうか。実は、松井証券が「投資信託に力を入れていない」というのは大きな誤り。むしろ投資信託に力を入れているからこそ、無闇やたらと取り扱い数を増やすのではなく、自信を持ってすすめられる投資信託のみを扱っているのだ。そんな松井証券のポイントをくわしく紹介する。

tsumiki証券は、エポスカードで積立投資ができて、 ポイントも貯まる「マルイ」の積立専門の証券会社! 取扱投信や営業開始日、ポイント還元率などを解説! - ネット証券会社比較

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:丸井グループが設立するつみたて投資専門の「tsumiki証券(予定)」について、徹底開設! 2018年9月より口座開設の受付予定。tsumiki証券の主な特徴は、「つみたてNISA」対象投資信託の積み立てに特化、スタート時点での取り扱い投資信託は「4本」のみ、支払いは「エポスカード」を利用し、「エポスポイント」も貯まる、全国のマルイ店頭に「相談窓口」を開設、QRコードを埋め込んだ「オマモリ」を配布、など。なお、ポイント還元率は、年間の積立金額や積立期間に応じて0.1~0.5%だ。

DMM.com証券「DMM株」は、売買手数料が安い! 大手ネット証券との売買コスト比較から申込み方法、 お得なキャンペーン情報まで「DMM株」を徹底解説! - ネット証券会社比較

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:DMM.com証券は、国内株式のオンライントレードサービス「DMM株」を2018年4月4日(水)からスタートすることを発表した。公式サイトには、「手数料が業界最安値水準」「プロも納得 機能充実の取引ツール」「初めての方も安心な、かんたんスマホアプリ!」といったキャッチコピーが並んでいる。具体的な手数料体系やサービス内容が、気になるところだ。今回は、DMM.com証券の国内株式オンライントレードサービス「DMM株」の概要を紹介しよう。DMM.com証券が扱うのは、東京証券取引所(マザーズ、JASDAQを含む)、名古屋証券取引所、札幌証券取引所、福岡証券取引所に上場する国内株式。現物取引と制度信用取引で売買することができる。

「岡三オンライン証券」は1日最大40万円の取引まで 「売買手数料が無料」! 資金の少ない投資初心者や 株主優待狙いの投資家には、圧倒的にお得! - ネット証券会社比較

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ネット証券各社で、売買手数料の値下げ競争が激化している。その中でも、特に注目したいのが岡三オンライン証券だ。なんと、現物取引と信用取引を1日にそれぞれ20万円ずつ、合計で40万円まで手数料無料でトレードできるようになったのだ。今回は、この岡三オンライン証券の「1日40万円まで売買手数料無料」のすごさを解説しつつ、岡三オンライン証券のメリットも紹介していこう。以前から、松井証券は、1日10万円までの取引は売買手数料無料の料金プランを提供しており、人気を博していた。そこに後追いで、楽天証券とSBI証券も1日定額プランにおいて1日10万円までの売買手数料を無料化。大手ネット証券3社による三つ巴の戦いとなっていた。

「トレードステーション」の多彩な機能や手数料、 おすすめの使い方まで徹底解説! マネックス証券が 提供する「高機能トレードツール」を使いこなそう! - ネット証券会社比較

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「トレードステーション」は、マネックス証券から提供されている、アクティブトレーダー向けの高機能トレードツールだ。ツールの利用料は無料のうえ、2017年5月にはトレードステーション専用の売買手数料が全面改定され(最低取引手数料50円)、コスト面でもより使いやすくなった。今回は、筆者が実際にトレードステーションを使ってみた感想を元に、代表的な機能や手数料を、マニュアルには掲載されていない具体的な使い方を交えながら紹介していこう。

「楽天証券」や「SBI証券」など、5つの証券会社が 売買手数料を大幅に引き下げ! 「1日最高40万円」の 取引まで無料で売買できるお得なネット証券も登場! - ネット証券会社比較

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2017年11月末から年末にかけて、楽天証券やSBI証券、マネックス証券など5つの証券会社で、現物取引や信用取引の売買手数料が大幅に引き下げられた。その一方で、売買手数料の安さで定評のあったGMOクリック証券が、2018年1月4日から信用取引手数料を実質値上げすることを発表した。まさに、ネット証券の間で「仁義なき手数料合戦」が勃発していると言えるだろう。2017年11月末から翌1月の間に、売買手数料を改定する証券会社と適用日は以下の表の通りとなっている。それでは、現物取引/信用取引、1約定ごとのプラン/1日定額プランの組み合わせごとに、手数料がどのように安くなったか、その変更点を見ていこう。

「日経新聞」「会社四季報」を無料で読める証券会社 を解説! 利用料0円ながら、紙媒体では読めない 独自記事や先行情報を掲載し、記事の検索機能も充実 - ネット証券会社比較

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:個人投資家が情報入手をするための必須アイテムと言えるのが「日経新聞(日本経済新聞)」と「会社四季報」だ。日経新聞と会社四季報の両方を読もうと思えば、1年間に税込で最大7万2403円ものお金がかかってしまうのだ。ところが、いくつかの証券会社では、証券口座を持つことで日経新聞と会社四季報を無料で読むことができる。ネットで日経新聞が読めるサービスには、大きく分けて「日経電子版」と「日経テレコン」の2つがある。特定の証券会社で読むことができる日経新聞は、「日経テレコン」のほうだ。

【2017年最新版】 「ロボアドバイザー」の機能や利用料、特徴を比較! 証券会社のサービスから独立系業者まで紹介 - ネット証券会社比較

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:【2017年11月25日時点】証券会社から独立系業者まで、ここ数年で数多くのロボアドバイザーが登場した。今回、代表的なロボアドバイザーのサービス内容や最低投資額、利用料、さらにはおすすめのポイントを比較しやすいようにまとめてみた。ロボアドバイザー選びの参考にして欲しい。紹介するのは、投信工房[松井証券]、ファンドアイ(fund eye)[SMBC日興証券]、アンサー(answer)[マネックス証券]、ファンドミー(FUND ME)[カブドットコム証券]、投信ロボ[岡三オンライン証券]、ロボのぶくん[楽天証券]、SBI-ファンドロボ[SBI証券]、カライス(KALAIS)[東海東京証券]、楽ラップ[楽天証券]、マネラップ(MSV LIFE)[マネックス証券]、THEO(テオ)、WealthNavi(ウェルスナビ)。

GMOクリック証券を「無料」で利用する裏ワザとは? グループ会社の株主優待を効率よく利用することで、 1年間に「最大231回分」の売買手数料が0円に! - ネット証券会社比較

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:コストの安い証券会社を見つけるひとつの方法は、売買手数料の比較記事などを参考に選ぶこと。ザイ・オンラインでも、以下の記事などで証券会社の売買手数料を比較している。しかし、実はある裏ワザを使うことで、上のリンク先に載っている売買手数料ランキング1位の証券会社より、売買手数料が安くなる証券会社が存在する。GMOクリック証券だ。もともとGMOクリック証券の手数料体系は安めに設定されており、ふつうに使っても十分に低コストと言える。今回はそんなGMOクリック証券を、より安く、一定の金額までは無料で利用する裏ワザを解説しよう。

ネット証券の中で、無料で使える情報ツールが優れた 会社ベスト3を発表!「日経新聞」や「会社四季報」が 購読無料など、情報量が豊富なネット証券はココだ! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:無料情報の多さや、投信情報の充実ぶりなどから、大手ネット証券を徹底比較! ストレスなく投資に必要な情報を集められる会社とは?発売中のダイヤモンド・ザイ12月号では、特集「売買手数料、商品数の多さ、情報発信力でメッタ斬り! ネット証券のサービスを徹底比較!」を掲載。「手数料の低さ」「商品数の豊富さ」「情報発信力」という3つの観点から、主要なネット証券8社(SBI証券、岡三オンライン証券、カブドットコム証券、GMOクリック証券、松井証券、マネックス証券、ライブスター証券、楽天証券)を徹底比較している。今回はその中から、「情報力」に注目した記事を抜粋。投資で勝つためには情報が必須であり、質の高い情報を提供してくれる証券会社に口座を持っておきたい。ここでは、情報力に優れた会社ベスト3や、あの優待名人・桐谷さんによる、証券口座開設に関するアドバイスも紹介!

ネット証券8社で、投資商品の数が多い会社ベスト3! 「投資信託」「外国株」「IPO(新規公開株)」の 3分野で、取扱商品が充実の証券会社ベスト3を発表! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:商品ラインアップや商品数からネット証券8社を徹底比較!投資の選択の幅が広がる会社とは?発売中のダイヤモンド・ザイ12月号では、特集「使い道で選ぶネット証券徹底比較!」を掲載。「手数料の低さ」「商品数の豊富さ」「情報発信力」という3つの観点から、主要なネット証券8社を徹底比較している。今回はその中から、「商品数の豊富さ」でネット証券を比較した記事を抜粋。普通の日本株以外に証券会社が取り扱う金融商品といえば、投資信託、外国株、それに日本株のIPO株などに関心を持つ人が多いだろう。記事では投資信託の本数、外国株の手数料や売買できる外国株のラインアップ、IPO株の取扱い本数で証券会社を比較している。新たに証券会社の口座を開きたい人、今の証券会社から別の会社に乗り換えたい人は、ぜひ参考にしてみてほしい。

【2017年】ネット証券人気ランキング! この1年間で口座開設の申し込み数が最も多かった ザイ・オンライン一番人気のネット証券はここだ! - ネット証券会社比較

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2017年のネット証券の人気ランキングを発表! この1年間にみんなが口座開設した、1番人気のネット証券はココだ! これから投資を始める初心者も、証券会社の乗り換えを考えている人も、「2017年 ネット証券人気ランキング」を参考にして、自分に最適なネット証券で口座を解説しよう! 「売買手数料が安い」「投資信託や外国株が豊富」「IPOの取扱実績数が多い」「トレードツールやスマホ用アプリが便利」など、それぞれのネット証券のおすすめポイントも解説!

「ロボアドバイザー」を実際に使って機能を比較! 証券会社のアドバイス型「ロボアドバイザー」の 手数料や利用できる機能、使い勝手の違いを解説! - ネット証券会社比較

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在、国内の投資信託は約5000本以上も存在しており、その中から自分にあった投資信託を選び、ポートフォリオを作成するのは至難の業。そこで役に立つのがロボット。各証券各社は商品選びの手助けをしてくれる「ロボアドバイザー」サービスを開始している。今回は、証券会社が提供する代表的なロボアドバイザーについて、違いや特徴、使い勝手などを紹介しよう。取り上げるのは、SBI-ファンドロボ(SBI証券)、ロボのぶくん(楽天証券)、カライス(東海東京証券)、投信ロボ(岡三オンライン証券)、FUND ME(カブドットコム証券)、fund eye(SMBC日興証券)、投信工房(松井証券)の7つだ。

ネット証券の手数料競争が激化し「0円」が常識に!? 楽天証券とSBI証券は、1日10万円までの取引で 売買手数料を「無料化」したので、初心者におすすめ - ネット証券会社比較

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:大手ネット証券会社の楽天証券とSBI証券が、あいついで売買手数料の値下げを発表した。注目ポイントは、どちらも証券会社も、1日の約定代金合計が10万円までだと売買手数料が無料になった点だ。これまでは松井証券が、現物取引・信用取引ともに1日10万円までは売買手数料という料金プランを打ち出しており、それが松井証券の大きな魅力のひとつとなっていた。今回の値下げは、楽天証券とSBI証券がそこに合わせてきた形となる。まさに、大手ネット証券における“仁義なき手数料競争”といった様相を呈しているが、ユーザーである個人投資家にとっては、非常にありがたい話と言えるだろう。

たった「100円」から投資信託の積立ができる! 流行のロボ・アドバイザーからノーロード投信まで、 今どきの投信サービスはこんなにも進化している! - ネット証券会社比較

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:投資初心者を取り込もうと、NISAやiDeCo以外にも、ネット証券各社が販売する投資信託サービスは昨年から大きく変化している。その変化とは、大きく次の3つ。1)ノーロード&信託報酬の低い投資信託が増加! 2)投資信託の最低購入価格が100円に引き下げられる! 3)「ロボ・アドバイザー」サービスが各社から登場。今回は、こうした投資信託に関する最新サービスを解説していこう。低コストとは、くわしく言うと、「ノーロード(購入手数料無用)」と「低信託報酬」のことだ。

「ノーロード投信」で選ぶ、おすすめネット証券&銀行! 購入手数料無料の投資信託が充実していて、「毎日」 「100円から」積み立て可能なネット証券&銀行とは? - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ノーロード型(購入手数料が無料)の投資信託の取り扱いが多い、証券会社や銀行は?現在発売中のダイヤモンド・ザイ8月号では、特集「投資の初心者は投信積み立てから始めなさい!」から、投資信託の取引会社の選び方を紹介。投資信託が買えるのは証券会社や銀行だが、購入手数料がゼロのノーロード型を多く扱い、各種サービスも充実している、ネット証券やネット銀行がおすすめだ。

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.