Kapok&Fintech ホームKapokの掲示板 > Tag: ノーロード

投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


松井証券はどうして投資信託の取扱数が少ないのか? あえて取扱数で勝負せず、松井証券が「顧客に無駄な コストを使わせない」という理念にこだわる理由とは - ネット証券会社比較

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:松井証券の投資信託販売に対する「こだわり」や取り扱い投資信託の基準、高機能な無料ロボアドバイザー「投信工房」の使い方などを徹底解説! 松井証券が取り扱っている投資信託は479本と、大手ネット証券の中ではかなり少ない。その数字だけを見ると、「松井証券は投資信託に力を入れてない」と考えてしまう人もいるのではないだろうか。実は、松井証券が「投資信託に力を入れていない」というのは大きな誤り。むしろ投資信託に力を入れているからこそ、無闇やたらと取り扱い数を増やすのではなく、自信を持ってすすめられる投資信託のみを扱っているのだ。そんな松井証券のポイントをくわしく紹介する。

たった「100円」から投資信託の積立ができる! 流行のロボ・アドバイザーからノーロード投信まで、 今どきの投信サービスはこんなにも進化している! - ネット証券会社比較

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:投資初心者を取り込もうと、NISAやiDeCo以外にも、ネット証券各社が販売する投資信託サービスは昨年から大きく変化している。その変化とは、大きく次の3つ。1)ノーロード&信託報酬の低い投資信託が増加! 2)投資信託の最低購入価格が100円に引き下げられる! 3)「ロボ・アドバイザー」サービスが各社から登場。今回は、こうした投資信託に関する最新サービスを解説していこう。低コストとは、くわしく言うと、「ノーロード(購入手数料無用)」と「低信託報酬」のことだ。

eMAXISスリム登場で信託報酬引き下げ競争が終了!? 既存のインデックス型投信を保有している人は、 「超低コスト」の投資信託に今すぐ乗り換えよう! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:今注目の「超低コスト」な投資信託の実態とは? 実際、どれだけ安いのか⁉ダイヤモンド・ザイ6月号では、投資信託の特集「人気の商品で本当に実力があるのは? 3大トレンドで選ぶ 今こそ買いの投信」を掲載。この特集では、タイトルにある3大トレンドとして、「超低コストな投資信託」「テーマ型の投資信託」「バランス型の投資信託」を挙げている。今回はその中から、「超低コストの投資信託」について抜粋して紹介しよう。低コストといえばインデックス型の投資信託ということになるが、実際どれだけ安いのか――インデックス型の投資信託の最新コスト事情に迫る!

「株式インデックス型」のおすすめ投資信託はコレ! 日経平均、先進国、新興国など、5つのタイプ別に 成績に直結する「信託報酬」が安い投資信託を紹介! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:運用コストが低い、おすすめ「株式インデックス型」ファンドを紹介! 現在発売中のダイヤモンド・ザイ3月号では、大特集「2017年の主役が勢揃い!最強日本株&投信番付」の中で、投資信託をいくつかのジャンルに分けて、その成績から番付形式のランキングを紹介している。今回はその中から、「株式型インデックスファンド」のランキングを一部抜粋して公開! ひと口に「株式型」といっても「日経平均型」や「先進国株型」など種類がある。ここでは、各種株式型インデックスファンドの「横綱」に選ばれた5つの投資信託を紹介しよう!

「インデックス型投資信託」は信託報酬で選べ! 低コスト競争の今こそ、常にコストをチェックして、 信託報酬がもっとも安いの投資信託に乗り換えよう! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:コストが一番安いインデックスファンドを検証! 現在発売中のダイヤモンド・ザイ2月号は、日本株の「2017年『株』全予測&儲け方」を総力特集。株の特集ではあるが、投資信託についても詳しく紹介している。今回はその中から、投資信託のスタンダードとも言える「インデックス型」のコストに注目した記事を抜粋。インデックス型はコストの安さで知られているが、各社熾烈な低コスト競争を繰り広げており、こまめに低コストランキングは入れ替わっている。ここでは2016年12月時点の最新情報を紹介するので、乗り換え先候補の検討に役立ててほしい。 


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.