投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


ブロガー千日がおすすめの「フラット35」は? 実力派4銀行をガチで徹底比較! 初めて家を買う人も、お得な住宅ローンを見つけよう - 住宅ローンの選び方[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ブロガーの千日太郎です。今日は、フラット35(新規借入)の最低金利を出している4銀行・金融機関(アルヒ、楽天銀行、住信SBIネット銀行、優良住宅ローン)を比較して、どこがトータル支払額でもっとも安くなるのか、ランキングで紹介したいと思います。

年収不足で住宅ローンが借りられない時の裏技! 「親子リレーローン」の上手な活用法とは? - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「親子リレーローン」とは、通常、個人や夫婦で借りる住宅ローンを、親子で借りるというものだ。フラット35だけではなく、民間の銀行でも親子リレーローンを取扱っている。「二世帯住宅のローンを親子で支払う」という使い方だけではなく、「年収不足で住宅ローンが借りられないので、親の年収を計算上だけでも合算したい」という場合にも使える。それも親の年収をフルに加算できるので非北に使い勝手がいいので、検討したいところだ。

まだ住宅ローンの借り換えができていない人に朗報! 北朝鮮問題で長期金利が下降し、5月がチャンス? 混雑を避けたいなら、今のうちに仮申し込みを! - 住宅ローンの選び方[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ブロガーの千日太郎です。昨年、住宅ローンを借り換えようとしたがタイミングを逸してしまった、見逃してしまったという人に「朗報」です。長期金利が急激に下降しており、5月の住宅ローン金利が大きく低下する可能性が高くなっています。特にフラット35、10年固定金利が低下しそうです。このチャンスを逃したくないという人は、銀行が忙しくなる前に、早めに事前審査を申し込んでおきましょう。

人口減少&少子高齢化時代のマイホーム購入術! 「フラット35」で住宅ローンを組んで、 「立地適正化計画」の指定エリアを狙え! - 節約の達人が伝授!ゼロから貯める節約術

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産を選ぶときの最大の注意点とは? 値下がりしにくい不動産はどう見極める? マイナス金利で住宅ローン金利も低下し、ローンを組んで不動産を購入するには良い環境となっている今の時代。実際に不動産に買うにあたっては、資金計画はもちろんだが、そのほかにも注意すべき点がたくさんあると、FP(元不動産会社勤務)の風呂内亜矢さんは話す。そこで今回は、多くの人にとって一世一代の買い物である不動産選びのコツ、注意点を、風呂内さんに解説してもらった。

「フラット35」を主要8銀行で徹底比較! 新規借入は、アルヒのスーパーフラットに注目 借り換えは、金利が横並びなので手数料で選ぼう - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:フラット35を取り扱う銀行は、地方銀行や信用金庫などを含めると全国に1000社以上あり、どの銀行で借りればいいか迷う人も多いだろう。そこで、ザイ・オンライン編集部では、窓口となる銀行を主要8銀行に絞り、フラット35のお得な選び方を調べた。すると、新規借入ならば、金利が低いアルヒのスーパーフラットに注目しよう。一方で、借り換えの場合は、フラット35の金利は多くの銀行がほぼ横並びなので、手数料が安い銀行を選ぶのがいいだろう。

住宅ローンの借り換えにライターが挑戦!【第4回】 馴染みはないが、手数料が安い金融機関を発見! 最終的に実際にライターが選んだ銀行とは? - 住宅ローン借り換え比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンの借り換えに挑戦するフリーランスのルポライター鈴木謙治氏(仮名)が、4社目にアプローチしたのが「優良住宅ローン」だ。平成17年の設立で、まだ歴史も浅いが、「フラット35」に特化した金融機関で、業界トップクラスという、金利と手数料の低さが特徴だ。優良住宅ローンの審査、対応がどうなっているのか、レポートしよう。借り換えの結末やいかに!?

住宅ローン借り換えにライターが挑戦!【第3回】 フラット35でトップシェアの「アルヒ」は、 変動金利、期間固定の商品も魅力的! - 住宅ローン借り換え比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンの借り換えに挑戦するフリーランスのルポライター鈴木謙治氏(仮名)。第3回は、フラット35の取り扱いでトップシェアを誇るだけでなく、低金利の変動金利ローンも取り扱っている「アルヒ」での借り換えを検討してみる。今回は店舗での相談会に行ってきたので、実際の審査、手続きの様子をレポートする。

住宅ローン借り換えにライターが挑戦!【第2回】 「楽天銀行」の変動金利は業界屈指の低金利が魅力 配偶者との連帯債務で年収制限はクリアしたが…… - 住宅ローン借り換え比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:三菱東京UFJ銀行からのDMを受け取り、住宅ローンの借り換えの相談に出向いたフリーランスのルポライター鈴木謙治氏(仮名)。借り換えで200万円以上のメリットが見込めたが、年収制限にひっかかり、借り換えが難しいことがわかった。そこで、次はネット銀行を代表する「楽天銀行」に問い合わせることにした。

フラット35と民間の住宅ローン、どちらがお得? 「金利」と「審査の通りやすさ」で徹底比較! - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:フラット35と民間銀行の住宅ローンは、どっちが本当にお得なのだろうか? 長期固定金利の住宅ローン「フラット35」は、住宅ローンを借りたことがない人でも、一度は耳にしたことがあるほど有名な商品で利用者も多い。一方で、最近は民間銀行の長期固定住宅ローンも充実してきており、必ずしもフラット35の方がお得とは言えなくなってきている。そこで、ザイ・オンライン編集部では、フラット35と民間銀行の住宅ローンのメリット・デメリットを比較し、「どちらが本当にお得なのか?」「どちらが借りやすいのか?」という疑問に回答してみた。長期固定住宅ローンの借り入れを考えている人は、ぜひ参考にしよう。

住宅ローンの審査基準を15銀行で徹底比較! 年収100万円、勤続6カ月で借りられる銀行も - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:従来、ほぼ横並びだった住宅ローンの審査基準が、ネット銀行の登場で、緩和され流ようになってきた。中には勤続年齢が6カ月以上という、従来よりも緩い基準を打ち出した銀行まで存在する。「勤続年数」や「前年度年収」の融資条件が緩和されれば、転職等によって年収が一時的に下がってしまった人などは便利だ。今回、ザイ・オンラインでは、主要銀行15行の「勤続年数」や「前年度年収」といった融資条件について調べてみた。

フラット35なら、アルヒが他銀行より低金利! 頭金2割の優良顧客に絞って超低金利を実現 - 住宅ローンおすすめ比較[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:長期固定金利型住宅ローン「フラット35」で、住宅ローン専門機関・アルヒ(ARUHI、旧SBIモーゲージ)がより低金利で借りられる商品を発売し、人気を集めている。アルヒが出したフラット35の新商品は、民間の銀行よりも審査が緩めで比較的借りやすいうえに、金利も業界最低水準となっていて、大変魅力だ。

[優良住宅ローンの住宅ローンの金利・手数料は?] 「フラット35」の専門金融機関で金利も業界最低水準 対応は迅速、フルローンを実現するサービスも用意 - 住宅ローンおすすめ比較[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:優良住宅ローンは2005年、住宅金融支援機構の「フラット35」専門の金融機関として誕生した。15年以上の長期ローンしか組めない点がデメリットだが、20年超の固定金利型は業界最低水準の金利で諸費用も安い。長期間固定型の住宅ローンでは有力な選択肢のひとつになるだろう。最終的な契約は店舗に出向く必要があるが、手続きはすべて郵送で行われ、その早さと対応力には定評がある。

年収500万円なら5000万円借りられる?! 「借入可能額」は高めに出やすいので、 「無理のない借入額」も併せて試算を! - 住宅ローンおすすめ比較[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンを借りる際、「自分がいくら借りられるか(借入可能額)」が気になる人は多い。そこで、現在の金利水準でいくらまで借りられるのかを計算してみた。ただ、借入可能額はかなり多めになることがあるので、「無理なく返済できる借入額」も併せて調べておこう。

フラット35の団信は、民間保険で代替するのがお得! おおむね男性は35歳、女性は40歳以下であれば、 民間生命保険会社の「収入保障保険」を活用しよう! - 住宅ローンおすすめ比較[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「フラット35」は、団体信用生命保険への加入は任意で、その保険料の総支払額は数百万円にも及ぶことがあり、若い人であれば民間の保険に加入したほうがお得なことがある。そこで、団体信用生命保険を割安な民間の保険で肩代わりできるケースを調べたところ、おおむね男性は35歳、女性は40歳以下であれば、民間の「収入保障保険」に加入するほうがお得であることが分かった。

住宅ローン支払いが苦しいなら、借り換え検討を! 金利引き下げや、返済期間の延長により、 借入額3000万円なら、月3.7万円減額の可能性も! - 住宅ローン借り換え比較[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンの支払いが苦しいのであれば、家計をラクにする方法のひとつが「借り換え」だ。低金利化が進んでいる現在、より低い金利の住宅ローンへ借り換えるたりすることで、毎月の支払いを大きく引き下げることができる。ただし、一度でも延滞してしまうと借り換えはほぼ無理になるので、早めの対応を心がけたい。

住宅ローンの借り換えに失敗する人の共通点とは? 住宅ローン審査のネックとなる「割賦払い」を事前に 整理して、低金利の商品への借り換えに挑戦しよう! - 住宅ローン相談室

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:年収は777万円あるのに、住宅ローンを借り換えようとしたら融資審査で断られてしまったという相談を、ザイ・オンライン内に誕生した、住宅ローンと家計の悩みを解決する「お金がたまる住宅ローン相談室」が解決します。室長は住宅ローンアドバイザーの「淡河範明(おごう のりあき)さん」です。

住宅ローンの「借り換え」より楽に金利を下げられる 「条件変更」とは? 借入中の金融機関と交渉すれば 手間・時間を節約しつつ、今より金利が下げられる! - 住宅ローン借り換え比較[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンの借り換えは、手続きが簡単ではないため、より簡単に借り換えに近いメリットを得る手法として「条件変更」が注目を浴びている。金融機関は変更せずに、金利引き下げや、融資期間の延長などをお願いする「条件変更」を引き出すには、別の金融機関で借り換えをシミュレーションしてもらい、その試算結果を持っていくなどの工夫が必要だ。

[ARUHIの住宅ローンの金利・手数料は?] 「フラット35」の取り扱いシェアは6年連続1位! 最高10割まで融資可能、付帯する保険も充実 - 住宅ローンおすすめ比較[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:アルヒは住宅ローン専門の金融機関で、2015年5月にSBIモーゲージから社名を変更した。住宅金融支援機構が提供する長期固定金利型住宅ローン「フラット35」の取り扱いシェアは6年連続で1位。ARUHIフラットα(変動金利)を組み合わせれば10割融資が可能。変動金利も業界最低水準である。

変動金利の住宅ローン借り換えシミュレーションでは 5年前に借りた人なら300万円超もの節約効果が! 変動金利から長期固定金利への借り換え余地もあり - 住宅ローン借り換え比較[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンを変動金利で借りてる人が借り換えをすると、どれだけ得するかをシミュレーション! 住宅ローンの借り換えをシミュレーションしたところ、変動金利で借りてる人にも借り換えメリットがあることが分かった。5年前に住宅ローンを「変動金利」で借りている人は、同じ「変動金利」に借り換えることで、300万円以上のメリットを得られるケースがあった。マイナス金利の導入で、住宅ローンを借り換えるチャンスと言われているが、借り換えで実際にどのくらいお得になるのかを、ファイナンシャルプランナーの山本俊成氏の協力で、シミュレーション、計算してみた。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.