投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


低金利の住宅ローン「スーパーフラット8」なら、 年収480万円でも5000万円の不動産が購入可能?! - 住宅ローンの選び方[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンのフラット35のなかでも低金利で売っているアルヒの「スーパーフラット」ですが、頭金が2割以上必要な「スーパーフラット8」だと、年収480万円でも500万円の不動産が購入可能です。そのカラクリを説明するとともに、10月に投入したばかりの頭金が1割以上必要な「スーパーフラット9」の活用方法もあわせて検討してみましょう。

住宅ローンの変動金利が上がる時期を 銀行の“懐具合”から大胆予測! - 住宅ローンの選び方[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:こんにちはブロガーの千日太郎です。今回は、住宅ローンの変動金利が上がる時期を、銀行の“懐具合”から大胆予測してみたいと思います。折しも、衆院選は安倍首相の勝利続投となりましたが、それによって今後の金利動向がどうなるのか気になるところでしょう。ただし、住宅ローン金利は銀行の営業戦略にも左右されますので、そこまで考慮して、変動金利はいつ上昇するのか予想してみました。さらに、2018年に向けて、おすすめの変動金利の住宅ローンを紹介しましょう。

安倍首相の続投で住宅ローン金利はどうなる? 2018年の長期固定金利は低金利が続く!? - 住宅ローンの選び方[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:こんにちは、ブロガーの千日太郎です。衆院選は安倍首相の勝利続投となりましたね。そこで今回の選挙の結果を踏まえ、2017年後半から2018年にかけて住宅ローンの実行を控えている人の参考になる情報を発信していきたいと思います。特に長期固定金利の動向を占ってみたいと思います。

年収不足で、住宅ローンを借り換えできない?! 収入合算、返済期間延長の裏技を使おう! - 住宅ローン相談室

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「収入が大幅に減少していまい、住宅ローンの返済が厳しい」。そんな時こそ、毎月の住宅ローン支払額を圧縮できる「借り換え」が役に立ちますが、実際には年収不足に陥って借り換えできないこともあります。そこで、書籍『住宅ローンマジック』の著者である、住宅ローンアドバイザーの淡河範明さんが、借り換え時の審査に不安を覚える人のために、「収入合算」と「返済期間延長」という方法を紹介します。

フラット35の新しい団信は本当にお得なの? 民間銀行の無料団信と、保障範囲などを徹底比較! - 住宅ローンの選び方[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:こんにちは千日です。2017年10月1日申し込みからフラット35の新制度団信がスタートしますね。この新制度の目玉は、「団信の実質値下げ」と「保障範囲の拡大」の2つです。フラット35の新団信と従来からの民間住宅ローンの無料団信のどちらがよりメリットがあるか? 「保障範囲」と「支払い条件の速さ・簡単さ」の観点から分かりやすく整理し、比較してみようと思います。

住宅ローンの借り換え手続きに「半年」もかかった!? 時間を短縮するなら、3タイプの銀行に申し込もう - 住宅ローン相談室

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンを借り換えようと銀行に申し込んだものの、1カ月近くも審査で待たされ、結局NGとなり、また一から手続きのやり直し。こうした問題に直面しないよう、タイプの異なる3つの銀行に同時に申し込むのがおすすめです。書籍「住宅ローンマジック」の著者である、住宅ローンアドバイザーの淡河範明さんが、スピーディで、悔いの残らない借り換え先を選ぶためのアドバイスをくれました。

“北朝鮮リスク”で長期金利は再びマイナス! 今後の住宅ローンの金利動向はどうなる? - 住宅ローンの選び方[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:こんにちは千日です。長期金利の指標になる10年国債利回りが9月4日と8日にマイナス0.01%を記録しましたね! これにより今後の住宅ローンの金利動向はどうなるのでしょうか。私の予想では、固定金利は10月の方が9月より下がり、変動金利は変動せずになると考えています。

フラット35を借りたい人は必見! 商品選びで失敗しない、得する5カ条を一挙公開! - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「フラット35」の借り入れを検討している人は必見の、商品選びで失敗しない「フラット35で得する5カ条」を一挙公開しよう! 長期固定型住宅ローンの借り入れの際、まず候補に挙がるのがフラット35だろう。しかし、フラット35について正しい知識がないと痛い目を見てしまうことがある。この5カ条を参考にして上手に住宅ローンを借りてほしい。

女性が借りやすく、特典もある住宅ローンは? 転職直後、年収不安定なら、フラット35に注目 - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:女性向けの住宅ローンには、どんなものがあるのだろうか? ザイ・オンラインでは、女性に特典がある住宅ローンや、使い勝手がいい住宅ローンを調べてみた。女性の住宅ローンの借り入れに詳しい専門家に話を聞いたところ、「フラット35」が審査が緩めなので、比較的借りやすいことも分かった。フラット35を借りるのであれば、アルヒが女性向け特典を用意しているので、検討するのがいいだろう。

住宅ローン「フラット35」が進化して魅力がアップ! 全期間固定で低金利なうえ、売却時にも同じ金利を 引き継げる「アシューマブルローン」が利用可能に! - 節約の達人が伝授!ゼロから貯める節約術

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「フラット35」のメリットとは? 「フラット35」は長期固定金利の住宅ローンの代名詞だが、2017年に大幅な進化を遂げて、ますます魅力的に! 「フラット35」の仕組みや魅力、新たに利用可能になった「アシューマブルローン」のメリットなどを、元不動産会社勤務のFP・風呂内亜矢さんが解説! すでに「フラット35」で住宅ローンを組んでいる人は多いかもしれないが、そもそも「フラット35」とは何なのか?また、「フラット35」はよく「公的ローン」と言われているが、公的ローンと民間ローンにはどのような違いがあるのだろうか? 知っているようで知らない「フラット35」の仕組みや特徴をレクチャーしてもらおう!

フラット35金利が最大0.85%引き下げのチャンス! 「子育て世代」必見の新制度登場を見逃すな - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:フラット35の金利優遇制度が変更され、「子育て支援型・地域活性化型」フラット35がスタートしたほか、「フラット35S」と「フラット35リノベ」も当面継続されることになった。どちらも、これから家を購入する人とってはおいしい施策だ。今回ザイ・オンラインでは、これらの制度変更がフラット35の借り入れにどのように影響するか解説する。

フラット35を借りるなら2017年10月以降がお得! 「団信」を実質値下げする上に、保証内容も拡充 - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2017年10月1日から、半官半民の長期固定型住宅ローン「フラット35」の団体信用生命保険の制度が大きく変わる。住宅ローンの返済とは別途で年1回支払わなければならなかった保険料が、住宅ローンの金利に上乗せとなる。また、保証内容も大幅に拡大されることになった。今回、ザイ・オンラインでフラット35の新旧の制度を比較したところ、「10月以降」に借りた方がお得であることがわかった。

頭金ゼロでもフラット35を最低金利で借りる裏技! 新生銀行の住宅ローンをつなぎ融資で活用しよう 7月中なら、キャンペーンで10万円もお得! - 住宅ローンの選び方[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:新規借入でフラット35を借りるとき、10%の頭金が必要であるため、、「10%の頭金がない…」と、やむなくフラット35を諦めている人に朗報です。保証料ゼロ、7月31日申し込みまでの期間限定で、融資手数料ゼロの新生銀行を利用すれば、融資時点の頭金がゼロ円でも、わずかな追加コストでフラット35を最低金利で借りることができるという裏技を紹介します。

住信SBIネット銀行の保障拡充記念!? 「全疾病保障団信」って本当にお得か分析 保障対象入院者数は、なんと「5倍」に! - 住宅ローンの選び方[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住信SBIネット銀行の「全疾病」保障特約が話題になっています。もとから8疾病(ガン、脳卒中、急性心筋梗塞、高血圧症、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変、慢性膵炎)についての保障が無料で付帯していたのですが、今回は保障の対象が全ての病気やケガに拡大されました。どのくらいお得な保障なのか、きっちりと分析してみせます!

2017年7月の住宅ローン金利動向を予想! 変動金利、10年固定、フラット35など、 人気商品の来月の金利は上がる?下がる? - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来月の住宅ローン金利はどうなる? 2017年7月の住宅ローン金利を予想してみよう。金利動向を推測すると、7月の住宅ローン金利見通しには大きな方向性はなく、各銀行の戦略によって金利の引き上げ、引き下げが入り乱れる格好となりそうだ。また、じぶん銀行が変動金利を下げてくるかどうかも注目される。

ブロガー千日がおすすめの「フラット35」は? 実力派4銀行をガチで徹底比較! 初めて家を買う人も、お得な住宅ローンを見つけよう - 住宅ローンの選び方[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ブロガーの千日太郎です。今日は、フラット35(新規借入)の最低金利を出している4銀行・金融機関(アルヒ、楽天銀行、住信SBIネット銀行、優良住宅ローン)を比較して、どこがトータル支払額でもっとも安くなるのか、ランキングで紹介したいと思います。

年収不足で住宅ローンが借りられない時の裏技! 「親子リレーローン」の上手な活用法とは? - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「親子リレーローン」とは、通常、個人や夫婦で借りる住宅ローンを、親子で借りるというものだ。フラット35だけではなく、民間の銀行でも親子リレーローンを取扱っている。「二世帯住宅のローンを親子で支払う」という使い方だけではなく、「年収不足で住宅ローンが借りられないので、親の年収を計算上だけでも合算したい」という場合にも使える。それも親の年収をフルに加算できるので非北に使い勝手がいいので、検討したいところだ。

まだ住宅ローンの借り換えができていない人に朗報! 北朝鮮問題で長期金利が下降し、5月がチャンス? 混雑を避けたいなら、今のうちに仮申し込みを! - 住宅ローンの選び方[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ブロガーの千日太郎です。昨年、住宅ローンを借り換えようとしたがタイミングを逸してしまった、見逃してしまったという人に「朗報」です。長期金利が急激に下降しており、5月の住宅ローン金利が大きく低下する可能性が高くなっています。特にフラット35、10年固定金利が低下しそうです。このチャンスを逃したくないという人は、銀行が忙しくなる前に、早めに事前審査を申し込んでおきましょう。

人口減少&少子高齢化時代のマイホーム購入術! 「フラット35」で住宅ローンを組んで、 「立地適正化計画」の指定エリアを狙え! - 節約の達人が伝授!ゼロから貯める節約術

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産を選ぶときの最大の注意点とは? 値下がりしにくい不動産はどう見極める? マイナス金利で住宅ローン金利も低下し、ローンを組んで不動産を購入するには良い環境となっている今の時代。実際に不動産に買うにあたっては、資金計画はもちろんだが、そのほかにも注意すべき点がたくさんあると、FP(元不動産会社勤務)の風呂内亜矢さんは話す。そこで今回は、多くの人にとって一世一代の買い物である不動産選びのコツ、注意点を、風呂内さんに解説してもらった。

「フラット35」を主要8銀行で徹底比較! 新規借入は、アルヒのスーパーフラットに注目 借り換えは、金利が横並びなので手数料で選ぼう - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:フラット35を取り扱う銀行は、地方銀行や信用金庫などを含めると全国に1000社以上あり、どの銀行で借りればいいか迷う人も多いだろう。そこで、ザイ・オンライン編集部では、窓口となる銀行を主要8銀行に絞り、フラット35のお得な選び方を調べた。すると、新規借入ならば、金利が低いアルヒのスーパーフラットに注目しよう。一方で、借り換えの場合は、フラット35の金利は多くの銀行がほぼ横並びなので、手数料が安い銀行を選ぶのがいいだろう。

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.