Kapok&Fintech ホームKapokの掲示板 > Tag: マイニング

投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


世界中の中央銀行から買いが集まるゴールド(金)に 注目! 「金価格連動型ETF」や「産金会社」など、 金価格上昇の恩恵を受けるおすすめETF・株も紹介! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国在住のアナリスト・広瀬隆雄さんが世界経済を分析! 10日ほど前に発表された権威あるワールド・ゴールド・カウンシルの「ゴールドの需要トレンド」のレポートによれば、去年、世界の中央銀行は過去最高の651.5トンの金塊を購入したそうです。これは、1971年のいわゆる「ニクソン・ショック」でアメリカが金本位制を離脱して以来、過去最大の買付量でした。2018年の世界のゴールドの需要は4345.1トンでした。つまり、651.5トンという中央銀行による買付けは、その約15%に相当するわけです。また、2017年に比べると、2018年の中央銀行のゴールド買付け量は+276.7トンでした。

GPUメーカーの「エヌビディア」が好決算を発表! 仮想通貨のマイニング向け需要は今後減速するも、 コア市場のゲーミング需要には高成長が期待できる! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:先週、GPU(リアルタイム画像処理プロセッサ)メーカーのエヌビディア(NVDA)が、2019年度第1四半期決算を発表しました。素晴らしい内容でした。市場別売上高を見ると、ゲーミングが54%を占め、最も重要な市場となっています。高い成長を記録している理由は、『フォートナイト』『パブジー(PUBG)』などの新しいゲームがGPUの買い替え需要を促進しているためです。今期の決算発表から、エヌビディアは初めて仮想通貨向け需要の数字を開示し始めました。しかし、ビットコイン、イーサリアムなどの仮想通貨の価格が下落したことに加え、イーサリアムのマイニング専用のASICs(=カスタム半導体)が他社から発表されたことなどの要因により、第2四半期は0.96億ドル前後に落ち込むと会社側は見ています。

北朝鮮の2回目のミサイル発射と「ビットコイン」の 関係とは? 中国国内のビットコイン取り締まりは、 国ぐるみでマイニングを進める北朝鮮へも影響が! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:9月15日(金)早朝に北朝鮮が再びミサイルを発射しました。今回のミサイル発射は8月29日のミサイル発射、9月3日の地下核実験に次ぐものです。ミサイルのルートは、前回のときとほぼ一緒でした。しかし前回より今回の方が高度も高かったですし、遠くに飛びました。具体的には、8月28日のミサイルの高度は550キロメートル、今回は770キロメートルです。一方、飛距離は8月28日が2700キロメートルだったのに対し、今回は3700キロメートルでした。気になるのは「なぜ北朝鮮は、ここへきてミサイル発射の頻度を増やしているのか?」ということです。そのひとつの理由は、世界からの経済包囲網がだんだん北朝鮮を苦しめはじめているからだと推察されます。

ゴールドは、いよいよ1300ドルを上抜けするか!? 金価格が抵抗線を突破した場合、出遅れていた ニューモンド・マイニングなどの金鉱株にも妙味が! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ゴールド(金)は最近、ビットコインの華々しい値動きの陰に隠れて、影が薄いです。しかし先週金曜日は久しぶりに火花を散らしました。それというのも、ちょうどジャネット・イエレンFRB議長がジャクソンホール・シンポジウムでスピーチを始める時間に合せて、1分間に200万オンスにも相当する巨大なトレードが成立したからです。金価格は1300ドルがこのところのトレーディング・レンジの上限を形成しており、ここを抜けて新波動に入ることができるかどうかの瀬戸際にあります。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.