投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


不動産がなかなか売れないとき、不動産会社を変える時期、最適な方法は? 契約解除のリスクとペナルティも確認を - 不動産を高値で売却する方法[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産の売出価格は妥当であるにも関わらず、売却が長期化しているのであれば、不動産仲介会社の乗り換えも選択肢の一つとなる。ただし、乗り換えにはデメリットもあるため、乗り換えの判断のポイントやタイミング、契約上の注意点などを確認しておこう。

不動産の売主として、業者間ネット「レインズ」をどう利用すればいいの? 悪質業者に騙されない方法を伝授! - 不動産売却の注意点

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産を売却する際、不動産会社は業者間物件情報ネットワーク「レインズ」を活用して、物件情報を広めようとします。しかし、一部の悪徳業者はこのレインズを悪用して、売主の売却機会を奪っていることがあります。そこで今回、「レインズ(REINS)」について解説したいと思います。

【不動産売却の基礎知識】高値で売却するための、査定方法、費用、手続きの流れとは? - 不動産を高値で売却する方法[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:マンション、戸建て、土地などの不動産を売却したいのだが、「何からスタートすればいいの?」と悩んでいる人は多いだろう。そこで、不動産を高値で売るための、手続きの流れ、相場がわかる査定方法、売却の費用などの基礎知識を紹介する。不動産業界には一般人の売主をカモにして儲けようとする不動産業者も多いので、騙されないように気をつけよう。

家やマンションの売却時に、「ネット」と「チラシ」のどちらを重視して広告すれば、スムーズに売却できるのか? - 不動産売却の注意点

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:家やマンションなどの不動産を「より高く」「より早く」売却する為に、「インターネット」や「チラシ」などで広告して集客を図りますが、どちらを重視すればいいと思われますか? 今回は、ネットとチラシについて、それぞれの広告の特性や顧客像を把握するとともに、本当に効率的な集客方法をお伝え致します。

不動産仲介の営業の仕事は売却物件探しが7割! 電気メーター確認や管理人買収で空き部屋発見へ 非効率な仕事のツケは売り主や買い主に押し付け! - ここが変だよ日本の不動産取引

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産仲介会社の営業マンが普段どのような業務に勤しんでいるか、皆さんはご存じでしょうか? 彼らは日夜、不動産の“売り主探し”“売却物件探し”のため目を血走らせながら“空き部屋”を探し徘徊しています――さながら獲物を狙うハイエナと化した彼らは、業務の7割以上をこの“売り主探し”“売却物件探し”に費やすため、新人の頃から徹底的にノウハウを叩き込まれるのです。

家やマンションを売るのに効果的な不動産広告は? チラシ、ネット広告、看板、業者間情報公開システムのメリット・デメリットを紹介 - 不動産を高値で売却する方法[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:家やマンションなど不動産をスムーズに、かつ高値で売るためには、適切な広告活動が必要不可欠だ。そこで今回、4つの不動産広告のメリット・デメリットを紹介する。不動産売却に効果的な広告について一通り頭に入れ、不動産仲介会社と事前に話し合うことが大切だ。

家の売却を依頼した不動産会社は「味方」でなく、 物件情報の拡散にブレーキをかける「敵」だった! 売り主にとって大切な「広告転載」を理解しよう - ここが変だよ日本の不動産取引

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:家やマンションなどの不動産を売ろうとしている人は、できるだけ早く、売り出し価格で購入してくれる買い主を見つけたいはず。そのためには多くの購入希望者の目に留まるように、物件情報がいろいろな物件情報サイトに掲載される方が好ましいはずですが、日本ではそれが難しくなっています。今回は不動産業界の課題である「広告転載」の裏側について解説します。

家を売るときの契約方法は、「一般媒介」「専任媒介」「専属専任媒介」でメリットが大きいのはどれ? - 不動産を高値で売却する方法[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産仲介会社に不動産の売却を依頼する際、必ず「媒介契約」を結ぶ。媒介契約には、「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3種類があるが、どれがメリットが大きいのか。結論から言えば、基本は「一般媒介契約」を結び、地方であるとか、物件が売りにくい、高値で売りたいなど、一般媒介契約が難しいときは「専任媒介契約」を結ぼう。

不動産を高値売却するなら絶対に知っておきたい「売主のためのレインズ活用法」 - 不動産を高値で売却する方法[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産売却を高値で早期に成功させる為には、不動産仲介会社が「どうやって不動産売却を行なっているか」を知ることが重要です。今回は、不動産仲介会社が使っている「レインズ」というシステムがどう活用されているかを紹介します。売上が2倍となる両手取引をしたい不動産会社の本音を知り、レインズに登録される項目をチェックするのも一つの手です。図面データや広告転載区分などを確認して、より良い条件で物件を売却しましょう。

不動産売却の「囲い込み」が悪質化! 「レインズに登録しない」「図面を乗せない」など 不動産仲介会社の最新「囲い込みテク」を公開 - 不動産を高値で売却する方法[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産の売り手にとって不利益になる違法な「囲い込み」が最近、巧妙かつ悪質化していると複数の不動産業界関係者が指摘する。「 あえて一般媒介契約にして、レインズへの登録義務を外す」「レインズに図面を登録せず、他社から連絡があっても渡さない」「他社から内覧の問い合わせがあっても、理由をつけて断る」などの囲い込みテクニックが確認されている。

不動産を売却する際の「査定価格サービス」は、どうして実態よりも高めになりやすいのか? - ここが変だよ日本の不動産取引

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産物件を売買するときに、インターネットの不動産サービスを利用すると、売り手はどちらかというと実態よりも高めの「査定価格」を知らされる傾向があります。一方で買い手は、販売中の不動産の「市場価格(相場)」が表示されないので、割高なのか、割安なのかが分かりません。シンガポールなどの状況と比べると、一般の売り手、買い手は不利益を被っているように見えます。

不動産が売れない時に、不動産仲介会社の販売活動をチェックする方法とは? - 不動産を高値で売却する方法[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産を売り出しているがなかなか売れない――それは、不動産仲介会社の販売活動に問題があるかもしれない。そこで、不動産売買に詳しい価値住宅の高橋正典氏に不動産会社の販売活動が適切であるかをチェックする方法を聞いてみた。

大手不動産仲介会社では、「両手取引」が蔓延?! 不動産売却時は、「両手取引比率」が高い会社に注意を - 不動産を高値で売却する方法[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:大手不動産仲介会社の両手取引の比率を試算したところ、驚くべきことに両手取引率が50%を超える会社が珍しくなく、両手取引が蔓延していることが判明した。日本の不動産の売買取引において、不動産仲介会社は「売り手」と「買い手」の両者から手数料を取る「両手取引」が認められているが、実は海外では問題が多いため違法とする国が多い。なぜ両手取引は問題が多いのか、また日本で両手取引が多い理由も探ってみよう。

不動産を高値で売却したいなら、 「囲い込み」「両手取引」に気をつけよう! - 不動産を高値で売却する方法[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:マンションや戸建て住宅の不動産を売却する際、悪徳不動産仲介会社に巧みに誘導され、知らないうちに不利益を被っている売主は少なくない。持ち家を高く売るためには、「囲い込み」や「両手取引」など、不動産業界に蔓延する売買のカラクリを頭に入れることが重要だ。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.