投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


コサックのアイデンティティは「ロシア正教」と「愛国」 ウクライナでの武力行使に深く関わる特異な集団 [橘玲の世界投資見聞録] - 橘玲の世界投資見聞録

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:サッカー・ワールドカップに合わせてロシアを旅し、日本×ベルギー戦が行なわれたロストフ・ナ・ドヌを訪れた話は以前書いた。「ドヌ」は「ドン(川)の」という意味で、「ドン川沿いのロストフ」になる。ロシアにはネロ湖に面したロストフという古都があり、そこと区別するためにこう呼ばれている。とはいえ観光地というわけではなく、戦争と革命に翻弄されるコサックの若者を描いたミハイル・ショーロホフの長編『静かなドン』の舞台となったことくらいしか知らなかった。

ロシアへの併合で活気づく「係争地」クリミアは クレジットカードもATMも使えなかった [橘玲の世界投資見聞録] - 橘玲の世界投資見聞録

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:セバストポリやヤルタのある黒海のクミリア半島にはいちど行ってみたいと思っていたのだが、2014年のロシアへの編入をウクライナが認めず、係争地になったことで諦めていた。ところがロシアワールドカップに合わせて観戦者にFAN IDが交付され、これがあればロシア国内を自由に移動できることになり、クリミアへの自由旅行が可能ではないかと思いついた。

ロシア有数のリゾート地ソチが臨む 黒海という存在 [橘玲の世界投資見聞録] - 橘玲の世界投資見聞録

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:トルコ、ブルガニア、ルーマニア、ウクライナ、ロシア、ジョージア(グルジア)の6カ国に囲まれた黒海はヨーロッパ・中東の歴史に重要な役割を果たしてきたが、地中海に比べて影が薄い印象は否めない。私もこれまでイスタンブールからボスポラス海峡を眺めたことがあるだけだったが、今回、ワールドカップ観戦でロシアを訪れる機会に黒海沿岸の保養地ソチを訪れた。

ロシアW杯会場となったカリーニングラードが辿った 900年におよぶ数奇な歴史 [橘玲の世界投資見聞録] - 橘玲の世界投資見聞録

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:バルト海に面した港湾都市カリーニングラードは、ポーランドとリトアニアに挟まれたロシアの飛び地で、旧ソ連時代はバルチック艦隊の本拠地として軍関係者以外は入れない「閉鎖都市」だった。近年は観光振興にもちからを入れているようだが、訪れたことのあるひとは多くはないだろう。

サッカーW杯観戦で観た予想外のロシア [橘玲の世界投資見聞録] - 橘玲の世界投資見聞録

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:6月末から2週間ほど、ワールドカップに合わせてロシアに行ってきた。そこで感じたことをおいおい書いていきたいが、興奮が冷めないうちにまずは写真でワールドカップの様子を紹介したい。その前に、大会に合わせ期間限定で導入されたFAN IDについて説明しておこう。これは試合観戦にロシアを訪れる外国人に発行されるもので、顔写真入りのラミネート加工されたIDを首から下げるようになっている(ロシア人の観客には別のIDが発行された)。このFAN IDがないと、チケットをもっていてもスタジアムに入れない。

W杯出ない中国 広告で存在感

サイト「Yahoo!ニュース・トピックス - 経済」のコンテンツが Yahoo!ニュース から公開されました。

概要:サッカーW杯をテレビ観戦すると目に入る、漢字を使った中国企業の広告。調査会社のまとめでは、W杯期間中に中国企業が投じる広告投資額は2位の米国の2倍以上という。

タグ: サイト更新 Yahoo!ニュース W杯ロシア大会 32チームが激突
参考URL: https://news.yahoo.co.jp/pickup/6287452
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2018/06/24 15:12:17 投稿番号: 32413

2018年の「米国の相場予想」と「投資戦略」を解説! 米国株では「不動産」「消費安定」「ヘルスケア」、 その他の国では出遅れたロシアとメキシコが狙い目! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:本年1回目の記事は、2018年の相場予想と投資戦略です。私は2018年の相場を次のように予想しています。1)S&P500指数のターゲットは2,652、つまり今年とほぼ変わらず。2) 為替は若干のドル安。3)セクターは「不動産」「消費安定」「ヘルスケア」が好調。4)ロシア、メキシコが良い。S&P500指数で、2,652というターゲットを予想した根拠を示します。まず、S&P500指数の1株当たり利益(EPS)のコンセンサスは、現在146.17となっています。

米国の「税制改革法案」可決により、投資家の資金は IT関連株から金融株にシフト! 「北朝鮮問題」などを 注意しながら「師走相場」の投資チャンスを狙え! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:12月2日、米上院は、法人税減税の税率を現行の35%から20%に引き下げることなどを柱とする税制改革法案を、賛成51、反対49の僅差で可決しました。市場では、税制改革実現による米経済の成長加速に対する期待が盛り上がっています。ですが、トランプ米大統領周辺とロシアとの不適切な関係を巡る疑惑「ロシアゲート」に関して、モラー特別検察官が12月1日に、フリン前大統領補佐官をFBIに虚偽の供述をした罪で訴追しました。また、北朝鮮問題もきな臭くなっています。

米市場を押し上げる「税制改革法案」が可決されるも 「ロシアゲート事件」の進展で暴落リスクも増大!  今後の株式市場を左右する「2大材料」を解説! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:先週末の12月2日、米上院が税制改革法案を可決しました。この法案は、法人税を現行の35%から20%に引き下げます。また、多国籍企業が海外に貯め込んだ利益を米国に送金する場合、7%から14%の税金を課すことになります。これは企業にとり有利な税率であり、これを機会に米国に利益を戻す企業が増えることが予想されます。しかし、上院による税制改革法案可決のニュースがもたらされる直前の金曜日、ニューヨーク株式市場は一時急落しました。マイケル・フリン氏がロシアゲート事件に絡んで連邦捜査局(FBI)捜査官にウソの供述をしたことを認めたというニュースが出たためです

トランプ大統領来日と日米首脳会談を前に 頭に入れておきたいロシアゲート疑惑 - 闇株新聞[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:11月5日、トランプ大統領が来日します。日米首脳会談では北朝鮮問題をはじめとする地域情勢などが話し合われますが、どのテーマをとっても中国とロシアの存在が絡んできます。一方、米国ではトランプ大統領の「ロシアゲート」疑惑捜査で動きが。

ロシアへの投資に今こそ注目すべき理由とは? 2014年からの原油価格急落と経済制裁による輸出減で 苦境に追い込まれていたロシア経済に回復の兆し! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在、ロシアに投資妙味があると見ています。今から3年前の2014年夏頃から、ロシア経済は大ピンチに見舞われました。その理由としては主に、2014年夏以降、原油価格が急落したことウクライナ危機の際、ロシアがクリミアに侵攻、ロシアの領土としたことで、欧州連合(EU)、アメリカ合衆国などから経済制裁が発表され、輸出が減少したことが挙げられます。そうした危機的な状況から立ち直りつつあるロシアには、今はまだ多くの投資家の関心が向いていません。そんな今が相場から見てもチャンスと言えるロシアに投資するなら、ETF(上場型投信)ではヴァンエック・ベクトル・ロシアETF(ティッカーシンボル:RSX)が挙げられます。

トランプ政権を手玉にとる危険な黒幕。 もうひとつの「ロシアゲート」はキッシンジャー - 闇株新聞[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ニューヨーク・タイムズが「トランプ大統領の長男が大統領選挙中、ロシア政府と通じる人物と面会していた」と報じ、全米が「ロシアゲート疑惑の証拠」と大騒ぎになっています。真相は「ヒラリーが不利になるネタを提供する」と持ちかけてきた“うさん臭い連中”に釣られただけだったようですが、ロシアゲート疑惑ではそれよりはるかに重大で深刻な闇があることを刺激的な金融メルマガ『闇株新聞プレミアム』が報じています。

いざとなればペンス副大統領の「昇格」も!? FBIを敵に回したトランプ政権の今後は? - 闇株新聞[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:内政が停滞するトランプ政権、政治任用ポストは全体の2割も決まっておらず、2017年予算は「暫定」のまま。大統領は「大規模な減税を実施する」と息巻いていますが、議会と議論に入れる状態ですらありません。そこへ追い打ちをかけるように「ロシアゲート事件」の疑惑追及がはじまりました。ことと次第によっては弾劾決議にまで発展しうる事態。株式市場だけは好調のようですが、こうまで政治が混乱してこのまま高値を維持できるのでしょうか!? 刺激的な金融メルマガ「闇株新聞プレミアム」が解説します。

ロシア郵便に日本の技術展開

サイト「Yahoo!ニュース・トピックス - 経済」のコンテンツが Yahoo!ニュース から公開されました。

概要:ロシア郵便に日本の技術やノウハウを展開していくことで、日露政府が合意へ。12月の日露首脳会談に向けた対露経済協力の一環。

タグ: サイト更新 Yahoo!ニュース ロシア
参考URL: http://news.yahoo.co.jp/pickup/6219448
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2016/11/01 12:12:29 投稿番号: 13676


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.