Kapok&Fintech ホームKapokの掲示板 > Tag: ロボアドバイザー

投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


【2017年最新版】 「ロボアドバイザー」の機能や利用料、特徴を比較! 証券会社のサービスから独立系業者まで紹介 - ネット証券会社比較

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:【2017年11月25日時点】証券会社から独立系業者まで、ここ数年で数多くのロボアドバイザーが登場した。今回、代表的なロボアドバイザーのサービス内容や最低投資額、利用料、さらにはおすすめのポイントを比較しやすいようにまとめてみた。ロボアドバイザー選びの参考にして欲しい。紹介するのは、投信工房[松井証券]、ファンドアイ(fund eye)[SMBC日興証券]、アンサー(answer)[マネックス証券]、ファンドミー(FUND ME)[カブドットコム証券]、投信ロボ[岡三オンライン証券]、ロボのぶくん[楽天証券]、SBI-ファンドロボ[SBI証券]、カライス(KALAIS)[東海東京証券]、楽ラップ[楽天証券]、マネラップ(MSV LIFE)[マネックス証券]、THEO(テオ)、WealthNavi(ウェルスナビ)。

「ロボアドバイザー」を実際に使って機能を比較! 証券会社のアドバイス型「ロボアドバイザー」の 手数料や利用できる機能、使い勝手の違いを解説! - ネット証券会社比較

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在、国内の投資信託は約5000本以上も存在しており、その中から自分にあった投資信託を選び、ポートフォリオを作成するのは至難の業。そこで役に立つのがロボット。各証券各社は商品選びの手助けをしてくれる「ロボアドバイザー」サービスを開始している。今回は、証券会社が提供する代表的なロボアドバイザーについて、違いや特徴、使い勝手などを紹介しよう。取り上げるのは、SBI-ファンドロボ(SBI証券)、ロボのぶくん(楽天証券)、カライス(東海東京証券)、投信ロボ(岡三オンライン証券)、FUND ME(カブドットコム証券)、fund eye(SMBC日興証券)、投信工房(松井証券)の7つだ。

たった「100円」から投資信託の積立ができる! 流行のロボ・アドバイザーからノーロード投信まで、 今どきの投信サービスはこんなにも進化している! - ネット証券会社比較

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:投資初心者を取り込もうと、NISAやiDeCo以外にも、ネット証券各社が販売する投資信託サービスは昨年から大きく変化している。その変化とは、大きく次の3つ。1)ノーロード&信託報酬の低い投資信託が増加! 2)投資信託の最低購入価格が100円に引き下げられる! 3)「ロボ・アドバイザー」サービスが各社から登場。今回は、こうした投資信託に関する最新サービスを解説していこう。低コストとは、くわしく言うと、「ノーロード(購入手数料無用)」と「低信託報酬」のことだ。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.