Kapok&Fintech ホームKapokの掲示板 > Tag: 上昇トレンド

投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


イランの司令官殺害で中東情勢が悪化しても、日本株 の「中期上昇トレンド」は揺るがない! 中東情勢や 米中貿易問題による株価下落は「買い」のチャンス! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 前回の当コラムで、「正月休みは6日間と長いですが、当コラムの読者の皆様には、日本株の『1月のロケットスタート』を期待して、今年は敢えて『株を枕に年を越す』戦略をおすすめします」と書きましたが、残念ながら日本株は大発会から躓きました。オヤジギャク風にいうなら、「トランプがイランことした」からです。このため、今年の大発会の日経平均株価は、大納会比451.76円(1.91%)安の2万3204.86円と、大幅に3日続落してしまいました。米国防総省が1月2日、イラン革命防衛隊の精鋭組織「コッズ部隊」のカセム・ソレイマニ司令官を空爆で殺害したと発表しました。

世界同時株高の中、日本株は“買い一択”! 好調な ジャスダック市場で「高い成長性」「人気のテーマ」 「好調な業績」の3条件がそろった銘柄が狙い目! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 世界同時株高の様相を呈してきました。まず米国では、12月16日のNYダウが4日続伸し、前週末比100.51ドル高の2万8235.89ドルと、過去最高値を更新しました。一方、欧州では主要600社で構成する「STOXX欧州600」が前週末比5.73ポイント高の417.75ポイントと、4年8カ月ぶりに過去最高値を更新。日本でも、ここにきて日経平均株価が2万4000円大台を回復しています。このように現在は、買い方にとっては非常に良好な投資環境なのですが、売り方にとっては非常に厳しい環境と言えるでしょう。

気質効果(disposition effect) 多くの投資家が利益確定で上昇トレンドを逃し、損切りの遅れで傷口を広げるのは何故か?

サイト「経済&マネー」のコンテンツが kapok から公開されました。

概要:気質効果(disposition effect)は投資家の手仕舞いの傾向に関する心理効果です。個人投資家は買値から値上がりした株を売り、値下がりした株を持ち続ける事を好むという傾向があります。

日経平均株価は上昇トレンドに乗る分岐点にある! チャート分析の予想では、52週移動平均線を超えれば 2014年7月以来の上昇トレンドがくる可能性も大! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日経平均株価は上昇トレンドの入り口にある!? 2016年10月以降の日経平均株価をチャートのテクニカル分析で予想すると、52週移動平均線を超えるか、押し戻されるかが重要な局面に。もし、52週移動平均線を明確に超えてくれば、2014年7月以来の強い上昇トレンドが発生する可能性も!ダイヤモンド・ザイでもお馴染みの国際テクニカルアナリストであるインベストラスト代表の福永博之さんにチャートから見た今後の日経平均と東証マザーズ指数について予測してもらった結果を公開!


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.