投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


自営業者こそ「iDeCo」を最大限に活用して、老後の 備えをすべき! 公的年金が手薄な自営業者には、節税 しながら老後資金を作れる「iDeCo」は最善の手段! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:自営業者の「iDeCo」活用術を解説! 自営業者やフリーランスの人は、会社員や公務員に比べて公的年金が非常に手薄で、老後不安が大きいのが現実です。これを補うために、自営業者の「iDeCo」は掛金の上限額が大きく、節税メリットの面でも非常に有利になっています。一方で、「iDeCo」を利用するにあたって、収入が不安定な自営業者ならではの注意点もあります。自営業者の「iDeCo」の有効な活用法を解説します。

公務員こそ「iDeCo」に今すぐ入るべき! ごっそり 削られた退職金を取り戻し、老後の安心を作るための 公務員の効率的な「iDeCo」活用術と注意点を解説! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:公務員の「イデコ」活用術を解説! 公務員ほど「iDeCo」に加入すべき人たちはいません。というのも、2012年と2017年の制度の改定で、 退職金がごっそり削られているからです。掛金の上限額は月1万2000円ですが、「たかが1万2000円」と考えるのは大間違いです。公務員が今すぐ「iDeCo」に加入すべき理由や、より効率的に活用する方法、さらに一部で導入が進められている「職場iDeCo」についての注意点を解説します。

会社員の「iDeCo」加入の可否と、掛金の上限金額を タイプ別に紹介!「iDeCo」に加入できない場合も、 諦めずに「マッチング拠出」が使えないか調べよう! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:会社員の「iDeCo」活用法を徹底解説!「マッチング拠出」の利用法や、勤め先の企業型確定年金が「加入選択制」の場合に「iDeCo」とどちらを選ぶのが有利かなど、ほとんど知られてない情報を紹介! 勤め先の年金制度の違いによる上限額や「iDeCo」加入の可否といった基本も、あらためて解説します。

「ふるさと納税」のあなた自身の控除上限額と、 確定申告不要の「ワンストップ特例制度」を理解して 実費2000円でお得な特産品をたくさんもらおう! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ふるさと納税は、決められた上限枠一杯まで寄附して、たくさん特産品をもらったほうがお得な制度だ。上限枠は1~12月の1年単位でリセットされる。今年も残すところあとわずか。年内に自分の上限枠を使い切ろう!


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.