投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


米中間選挙の結果の「ねじれ状態」を市場関係者は 好感!? 「中間選挙後は景気敏感セクターを買え!」 というアノマリーは、今年も成り立つのか! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2018年11月6日(日本時間7日)に実施された米国の中間選挙の結果を受け、米国在住でザイ・オンラインでも連載中のアナリスト・広瀬隆雄さんが緊急寄稿! 11月6日に実施された米中間選挙の結果は、大方の予想通り、下院を民主党が、上院を共和党が支配しました。ノー・サプライズなので市場は大きく動かないはずです。投資家のフォーカスは2年後の大統領選挙へと移ってゆきます。株式にとっては支援的な環境が出来上がったと言えます。

来月に控えたフランス大統領選挙の第1回投票では、 反EUを掲げる極右政党・国民戦線の勝利に期待? 第1回投票直後の急落時が、欧州株ETFの買い場に! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:先週、オランダ第二院の選挙が実施され、穏健なマルク・ルッテ党首が率いる自由民主国民党(VVD)が最多議席を確保しました。第二院は米国の下院に相当します。反イスラム、反EUを掲げたヘルト・ウィルダース率いる自由党(PVV)の獲得議席数は、20(定数は150)にとどまりました。つまり、オランダの政治がポピュリズムやアンチEUへ流れるリスクは大きく後退したのです。オランダで反EU勢力が敗退したことは、4月23日に控えたフランス大統領選挙第一回投票にも間接的に影響を及ぼすと思われます。

トランプ減税案の公表から連邦公開市場委員会、 オランダ下院選挙など、今週はイベントが目白押し! 税制改革法案を先読みした狙い目銘柄も紹介! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:今週は重要なイベントが目白押しです。具体的には、連邦公開市場委員会(FOMC)の結果が発表されるほか、連邦債務上限の適用停止期限が到来します。さらに、ホワイトハウスからトランプ減税案が公表される予定であり、欧州ではオランダ第二院(=下院)選挙が執り行われます。これらのイベントは、すべて3月15日(水)に集中しています。3月14・15日の両日に渡って開催される連邦公開市場委員会(FOMC)は、15日に閉幕し、政策金利の発表があります。それに続きジャネット・イエレンFRB議長が記者会見します。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.