投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


不動産が売れない時に、不動産仲介会社の販売活動をチェックする方法とは? - 不動産を高値で売却する方法[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産を売り出しているがなかなか売れない――それは、不動産仲介会社の販売活動に問題があるかもしれない。そこで、不動産売買に詳しい価値住宅の高橋正典氏に不動産会社の販売活動が適切であるかをチェックする方法を聞いてみた。

億トレーダーが初心者におすすめの証券会社を紹介! NISA口座の売買手数料無料のSBI証券と、株主優待で 売買手数料が無料になるGMOクリック証券がおすすめ - 「夢の配当金生活」実現メソッド

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:株初心者におすすめの証券会社を、サラリーマン億トレーダーが紹介! これから株を始めるなら「NISA」口座がお得な「SBI証券」、優秀な「財務分析ツール」が無料で使えて、株主優待で売買手数料も無料になる「GMOクリック証券」を使ってみよう!

不動産売買手数料が一律「3%+6万円」は、 なぜ世界からみて非常識なのか? - ここが変だよ日本の不動産取引

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産売買の手数料は、日本が3%+6万円が上限であるのに対し、シンガポールでは1%と非常に低くなっています。シンガポールほど手数料が低いと、売り主と買い主の両方から手数料を取らなければ経営できないように感じますが、実際は1%でもきちんと経営しています。その秘密を探っていくと、日本の手数料が「3%+6万円」に張り付いていることの非常識さが明らかになります。

ジャスダック平均が、27年4カ月ぶりの高値を更新! 投資家の関心・資金が中小型株にも流入する中、 年末に向けた「節税売り」による株価下落に注意! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日米共に、株式市場は好調です。12月8日のNYダウは、4日に付けた過去最高値を4日ぶりに更新しました。これを好感する格好で、週明け11日の日経平均株価は、週末比127.65円高の2万2938.73円と、約1カ月ぶりに終値ベースで年初来高値を更新しました。12月8日の米国株高は、11月の雇用統計を受け、非農業部門の雇用者数が市場予想を上回り、米労働市場が堅調であることが確認できた一方で、平均時給の伸びが予想より小さかったため、今後の利上げは緩やかなペースにとどまるとの見方が強まったことが主因です。

大規模マンションでの賢い売却方法とは? リフォーム、ホームステージングなどで差別化を - マンションを高く売る方法[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:大規模マンションは、「常に複数個の売り物件が存在するため、売却しにくい」とよく言われる。間取りや陽当たり、内装が露骨に比べられるうえ、買い手に価格交渉の余地を与えてしまうからだ。ライバルを出し抜いて、高値で早期に売却するにはどうすればいいのか。大規模マンションの賢い売却方法を、不動産売却のプロに教えてもらおう。

「不動産売却で失敗しない、不動産仲介会社・担当者の選び方」7カ条を紹介! - 不動産を高値で売却する方法[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産の売却で失敗しないためには、どんな不動産仲介会社や営業担当者を選べばいいのだろうか。価値住宅の代表取締役である高橋正典氏に話を聞き、「本気で売却してくれる不動産仲介会者・営業担当者の選び方」を7カ条にまとめた。

米国の「税制改革法案」可決により、投資家の資金は IT関連株から金融株にシフト! 「北朝鮮問題」などを 注意しながら「師走相場」の投資チャンスを狙え! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:12月2日、米上院は、法人税減税の税率を現行の35%から20%に引き下げることなどを柱とする税制改革法案を、賛成51、反対49の僅差で可決しました。市場では、税制改革実現による米経済の成長加速に対する期待が盛り上がっています。ですが、トランプ米大統領周辺とロシアとの不適切な関係を巡る疑惑「ロシアゲート」に関して、モラー特別検察官が12月1日に、フリン前大統領補佐官をFBIに虚偽の供述をした罪で訴追しました。また、北朝鮮問題もきな臭くなっています。

「旧耐震」「事故物件」のマンションも売れる? 不動産のプロが語る、売りにくい物件の販売法 - マンションを高く売る方法[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「旧耐震マンション」「1階部屋」「事故物件」「管理が悪いマンション」「狭小マンション」「名義人が認知症」など、売りにくいと言われるマンションは本当に売りにくいのだろうか。不動産取引のプロに、不人気マンション売却のための傾向と対策を聞いてみた。

12月の株式市場で、値頃株を安易に買うのは厳禁! 年末に向けて「節税売り」されやすい「塩漬け株」を 現時点での「信用買い残」と「下落率」から推測! - チャートではわからない相場解説

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2017年が始まってからここまでの日経平均株価を改めて振り返ると、11月30日(木)時点で、昨年末と比べて「3610円」も上がっています。今年の高値をつけるまでの最大の買い手は、結局は「日銀」。日銀のETF買いが無ければ、今年の上昇は実現しなかったことは疑いようがありません。次いで外国人。外国人は9月第3週から、怒涛の勢いで日本株を買い、トータルでは3.2兆円の買い越しです。ちなみに外国人は、9月第3週から11月第1週までの9週間だけで、5.3兆円も買い越しました。つまり、今回のラリー(上昇相場)が起きる前までは、2.1兆円売り越しだったということです。

不動産の「両手取引」禁止は世界の常識! 「囲い込み」の概念すらないシンガポール - ここが変だよ日本の不動産取引

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産取引の透明性を高め、不動産売買・投資市場の活性化を図るにはどうすればいいのか……。「売り主だけの味方になる」という新しいコンセプトの不動産売却サービス「売却のミカタ」を立ち上げた、不動産業界の風雲児である風戸裕樹氏。現在はシンガポールで不動産情報サービス「PropertyAccess.co」を設立し、「東南アジアの不動産取引の透明化」をミッションに掲げて不動産ビジネスの革新に取り組んでいる。東南アジアに拠点に移した風戸氏が、世界から見た、日本の不動産ビジネスの“非常識”な点を明らかにしていく。第1回は「両手取引」について考えていこう。

日経平均は調整中だが、投資家の下落不安は後退! 日米のアノマリーにより「上昇しやすい」と言われる 12月の市場は「IPO・直近IPO銘柄」が物色の柱に! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:外国為替市場での円高を背景に、日経平均株価は調整を続けています。ただし、足元では、投資家の日経平均株価に対する下値不安は大幅に後退しているようです。実際、11月27日の日経平均ボラティリティー・インデックス(VI)の終値は17.72、高値は18.03、安値は17.56と、心理的節目の「20」を安定的に下回っています。「11月最終日を含む週の株価は上昇しやすい」というアノマリーが一部で指摘されているようです。また、米国では、11月23日の感謝祭の祝日を含む今週から年末にかけてのホリデー・シーズンの相場は上昇しやすいという「アノマリー」が知られています

日経平均の上昇が一服し、12月8日のメジャーSQまで 絶好の仕込み期間が到来! 好業績・高業績変化率で 25日移動平均線を上回っている「お宝銘柄」を探せ! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日経平均株価は、11月9日の2万3382.15円を目先天井に調整を続けています。ただし、16日の2万1972.34円で、一応ボトムアウトした格好です。チャート的には、25日移動平均線がサポートしています。目先は、同線が押し目限界として意識されそうです。なお、11月20日の日経平均ボラティリティー・インデックス(VI)は、終値が19.44、高値は20.72、安値は19.32と、相変わらず、ここ最近の高値圏で膠着しています。強弱感が対立しているからなのでしょう。

2017年11月の新築マンション市況を解説! 「暴落予想」から一転、価格引き上げる物件も - 新築マンションランキング[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2017年上半期、首都圏のマンションの売れ行きは鈍かった。しかし、大手不動産会社が供給を絞っているため、価格は大きき下げない。そんな状況下、都心で増えている「スキママンション」とは?

大手不動産仲介会社では、「両手取引」が蔓延?! 不動産売却時は、「両手取引比率」が高い会社に注意を - 不動産を高値で売却する方法[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:大手不動産仲介会社の両手取引の比率を試算したところ、驚くべきことに両手取引率が50%を超える会社が珍しくなく、両手取引が蔓延していることが判明した。日本の不動産の売買取引において、不動産仲介会社は「売り手」と「買い手」の両者から手数料を取る「両手取引」が認められているが、実は海外では問題が多いため違法とする国が多い。なぜ両手取引は問題が多いのか、また日本で両手取引が多い理由も探ってみよう。

不動産を高値で売却したいなら、 「囲い込み」「両手取引」に気をつけよう! - 不動産を高値で売却する方法[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:マンションや戸建て住宅の不動産を売却する際、悪徳不動産仲介会社に巧みに誘導され、知らないうちに不利益を被っている売主は少なくない。持ち家を高く売るためには、「囲い込み」や「両手取引」など、不動産業界に蔓延する売買のカラクリを頭に入れることが重要だ。

「第4次安倍内閣相場」の上昇第1幕は、11月9日の 高値でいったん終了! だが短期的な調整局面なので 日経平均はいったん底入れしたあと、再び上昇へ!? - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:11月9日の日経平均株価は、一時2万3382.15円を付けた後、2万2522.83円まで一気に急落、そして急激に戻すなど、乱高下しました。日中値幅は859.32円です。この乱高下は、リスクパリティ・ファンドからの先物・現物売りが加速した結果とみられています。リスクパリティとは、ポートフォリオに占める債券、株式などの各資産のリスクの割合をおおむね均等に配分させることにより、資産全体のリスクを低減させようとする運用手法のことです。11月9日の日経平均VIの始値は17.65、高値は24.22、終値は21.25で、取引時間中に「20」を大きく超えました。これが、リスクパリティ・ファンドが売りを出す要因となりました

新築マンションは売主(デベロッパー)の体質に注意! ダメなデベロッパーがつくるマンションの特徴を公開 - 資産価値が下がらない新築マンション選び[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:新築マンションの売主となる不動産会社をデベロッパーという。土地を仕入れ、商品企画を行い、設計事務所や建築会社(ゼネコン)を使って、建物をつくる。「マンションはどれもだいたい同じようなもの」「大手で名前が知られているところなら安心」と考えている人がいるかもしれないが、それは間違いだ。同じような立地、同じような価格帯の新築マンションでも、デベロッパーによって、マンションづくりの基本思想から、間取りなどの設計、販売対応などに差がある。しかも、それは大手かどうか、有名かどうかとは関係ない。

新築マンションの価格高騰で「手抜き」が横行!? 間取りや壁、配水管の素材のチェック方法とは? - 資産価値が下がらない新築マンション選び[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:首都圏の新築マンションの平均価格は、この5年で3割以上も上昇したことで、最近目立つようになったのが商品企画のレベルダウン。階高をこっそり削る、面積を圧縮した3LDKなど、素人では見抜きにくい姑息な手段の数々を暴露しよう。土地代や建築費が大幅に値上がりしているためだが、これ以上上昇すると、販売に急ブレーキがかかりかねないとマンションディベロッパーは必至なのだ。

日経平均が、ついにバブル崩壊後の最高値を更新! 上昇相場が大きく崩れる「調整リスク」も低いので、 素直に機関投資家が買うような「大型株」を狙え! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:足元の株式市場は、日米共に相変わらず強い動きを継続しています。米国では、11月6日にNYダウ、ナスダック総合株価指数、S&P500種株価指数の主要3指数が揃って過去最高値を更新しました。また、7日前場の日経平均株価は、一時2万2775.68円まで上昇。連日で年初来高値を更新し、バブル崩壊後の最高値である96年6月26日の終値の2万2666.80円を上回りました。良好なマクロ環境、主力企業の好業績、そして、財政・金融政策への信頼を背景に、日米共に株式市場への資金流入が継続しているのでしょう。

【DEUX TOURS(ドゥ・トゥール)】 価格・スペック・立地をプロが徹底調査! 「完成売り」物件は本当に買いなのか? - 新築マンション比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:総戸数1450戸のツインタワー新築マンション、DEUX TOURS(ドゥ・トゥール)が人気だ。資料請求数や販売センターの来場者数は高水準で推移している。他の物件との違いは、そのスケールの大きさや充実した設備だけではない。建物が完成する前に出来るだけ売り切る「青田売り」ではなく、完成後もじっくり時間をかけて売る「完成売り」で成果を上げている。

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.