投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


売れるマンション/売れないマンションの差は? 「耐震性」「立地」「規模」「管理費」に問題があれば価格下落リスクが高いので、売却を急ごう! - 不動産を高値で売却する方法[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:マンションの価値は住み続けるほど下がっていくものだが、なかには将来的に価格が大きく下落する可能性が高いマンションもある。売却を迷っているうちに、大損する可能性があるのなら、今すぐ売りに出したほうがいいだろう。そこで、「今すぐ売るべきマンション」の特徴について考えよう。

土地の売却時に起こる「境界問題」とは? 隣家との間に塀があっても、油断は禁物! - 不動産を高値で売却する方法[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産の売却にあたって、直面しやすいトラブルのひとつに、隣地との境界線があいまいなために起こる「境界問題」がある。境界問題を抱えた土地は隣家とトラブルになりやすいことから敬遠される。仮に買い主が現れても、境界が不明確だと売却できなかったり、買いたたかれたり……といったリスクを抱えることになる。そんな羽目には陥るのはぜひとも避けたいところだが、どうすればいいのか。東京都土地家屋調査士会に聞いた。

日経平均株価は、25日移動平均線を割り込まない限り 「弱気相場」入りしない! 値動き&需給&チャート の良好な銘柄に入れ替えて、師走相場を乗り切ろう! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵代表の藤井英敏さんが、今の日本株市場をズバリ解説! 日経平均株価は「ネックライン(22583.43円)±500円程度の『もみあい』で、25日移動平均線(3日現在21937.10円)を割り込まない限り、『弱気相場』入りしない。」になりそうです。日経平均株価は、「米国長期金利の低下」「米中貿易戦争の一時休戦」、そして「原油安の一服」が要因で上振れ余地が出ているように感じますが、現時点において足元の上昇は、中期下落相場の中での短期的な「あや戻し(下落基調の相場で、一時的に少し値を上げること)」と認識しています。

「分筆」「合筆」を巡る、よくあるトラブルとは? 浄化槽が隣地にはみ出していたらどうすべきか - 不動産を高値で売却する方法[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:土地を分けて登記し直す「分筆」や、大きな土地を一つにまとめるという「合筆」という手続きが、思わぬ隣人トラブルを招くこともある。東京土地家屋調査士会に、分筆にまつわるトラブル事例と解決策について聞いた。

家を売るのに、リフォームすべきではない理由は? 買い主の趣味に合わないリフォームは単なる無駄! - 不動産売却の注意点

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:築年数の経った不動産を売却する際、「リフォームしてピカピカにした方が売れやすいかな?」と思われる事もあるでしょう。ネット上で「売却時はリフォームするべきか、現状のまま売るべきか」という記事を見ると、そのほとんどが「現状のまま売却すべきで、リフォームすべきではない」という結論に落ちついているようです。この「リフォームすべきではない」という意見に、私も賛成です。今回はその理由を説明しましょう。

日経平均株価は、26週移動平均線を上値抵抗線とする 「もみあい」の相場に! 当面は順張り戦略を控え、 強い銘柄の「押し目買い」「噴き値売り」で稼ごう! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵代表の藤井英敏さんが、今の日本株市場をズバリ解説! 日経平均株価は、10月26日の2万0971.93円が1番底、11月8日の2万2583.43円がネックライン、そして、11月21日の2万1243.38円が2番底になりそうです。現時点においては、2万1000円台前半では、「クジラ」と呼ばれる約160兆円の公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の買いが見込めるため、その水準では底堅さが発揮されています。ですが、26週移動平均線を今後、安定的に上回ることは、余程の環境改善がないと厳しいとの見方は不変です。つまり、中長期スタンスで腰を据えて日本株を買う気にはなれない状況と認識しています。

日経平均は、依然として26週移動平均線が抵抗線に! ソフトバンクやレオス・キャピタルワークスなど、 12月のIPOラッシュを呼び水にした資金流入に期待! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵代表の藤井英敏さんが、現在の日本株市場を大胆分析! 日米株式共に冴えない動きが続いています。現時点での最大の理由は、米中首脳会談の行方が不透明だからです。11月30日~12月1日にアルゼンチンで開かれるG20首脳会議に合わせて、トランプ大統領と習近平国家主席が会談する予定です。ここで、貿易戦争が「いったん休戦」なら好感され相場は急上昇、しかし、「物別れ」なら嫌気され急落する可能性がある以上、リスク回避的な多くの投資家は株式を買うことを躊躇するのは当然です。

不動産売却の現場でのえげつない営業手法とは? アポ取りの定石トーク、初回で契約する方法、 値下げさせるためのテクニックなどを公開 - ここが変だよ日本の不動産取引

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産売却の現場では、営業マンたちがしのぎを削りながら成約数を上げようと必死に動き回っています。中には「えげつない」営業テクニックを駆使する営業マンもいます。今回は、アポ取りの定石トーク、初回で契約する方法、値下げさせる営業テクニックなどを紹介しましょう。悪質な営業マンに騙されないための参考にしてください。

日経平均株価は3〜6カ月程度「26週移動平均線」が 抵抗線に! 下げ相場では「なる早」で損切りし、 「バイ・アンド・アホールド」は絶対に避けよう! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵代表の藤井英敏さんが、現在の資本市場を大胆分析! 非常に難易度の高い相場になった。これが今の相場に対する率直な印象です。なぜなら、11月8日までの日経平均株価は落ち着きを取りもどしましたが、その後、戻りが一服し、再び、調整色を強めているからです。11月8日まで日経平均株価が戻った主因は、米国株式市場が強い動きとなったためです。11月6日投開票の米中間選挙は、市場の事前予想通り、与党共和党が上院の過半数を維持した一方、下院は民主党が過半数をとりました。上下院で多数派が異なる「ねじれ議会」になったことで、トランプ政権と民主党が手を組み、インフラ投資拡大につながるとの期待が高まりました。その結果、7日のNYダウが前日比545.29ドル高の2万6180.30ドルと、大幅に3日続伸し、ほぼ1カ月ぶりの高値で終えたのです。

不動産がなかなか売れないとき、不動産会社を変える時期、最適な方法は? 契約解除のリスクとペナルティも確認を - 不動産を高値で売却する方法[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産の売出価格は妥当であるにも関わらず、売却が長期化しているのであれば、不動産仲介会社の乗り換えも選択肢の一つとなる。ただし、乗り換えにはデメリットもあるため、乗り換えの判断のポイントやタイミング、契約上の注意点などを確認しておこう。

日経平均は「25日移動平均線」が強力な抵抗線に! 通期の企業業績が「3年連続の減益」に転じた場合、 株式相場はしばらくの間、下落基調を辿る! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ようやく、波乱の10月相場が終わりました。それにしても、この10月は、プロのヘッジファンドも大ヤラレしたようです。ヘッジファンドは、「FANG株(ファング:フェイスブック、アマゾン・ドット・コム、ネットフリックス、グーグル親会社のアルファベットの4社)」に集中投資していたことが裏目に出て、10月の運用成績はマイナス5.8%と、2008年のリーマンショックのあった2008年9月のマイナス8.6%、翌10月のマイナス10%以来の悪化幅でした。ただし、足元の日米株式市場は落ち着きを取り戻しています。日経平均株価は10月30日に前日比307.49円高、31日に463.17円高と、2日間で終値ベース770.66円(3.6%)上昇し、目先の底入れを鮮明にしました。

不動産の価格査定で成功するための7カ条を公開! 査定価格が不動産会社によって違うからくりや、 一括査定サイトの選び方などのノウハウを満載 - 不動産を高値で売却する方法[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:家やマンションなどの不動産を売却しようかどうか考えるとき、まずは価格査定をしてみて、どのくらいの価格で売れそうか調べようとするだろう。しかし、不動産の売却というのは、多くの人にとってめったに経験するものではない。初めてだと、価格査定をどこに依頼すればいいのか、査定のために何が必要か、注意すべきことはなにかなど、知らないことだらけで不安になる人も多いだろう。そこで不動産の価格査定のノウハウを7カ条としてまとめて紹介する。

「Jリート」の6銘柄で、利回り4%超+毎月分配金が もらえるベストな組み合わせを伝授! 投資額120万~ 180万円で「Jリート」の毎月分配型ファンドを作ろう - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:絶好調の「Jリート」を選ぶにあたって、ベストな買い方・商品の組み合わせ方をプロが紹介! 発売中のダイヤモンド・ザイ12月号は、特集「不動産を持たずに家賃収入! Jリート入門」を掲載。Jリートを買うべき6つの理由や、注目銘柄を紹介している。今回は、具体的にどんなJリートを、どんな組み合わせで買うのがおすすめか、プロのアドバイスを紹介。誌面では「最も少額で高利回り」「安定運用なのに4%台」「リスクを抑えつつ高利回り」「資金はいるが最も安定的」の4パターンで、おすすめJリートの組み合わせ方を挙げているが、ここでは「最も少額で高利回り」「リスクを抑えつつ高利回り」の2パターンを抜粋してみよう。

不動産の売主として、業者間ネット「レインズ」をどう利用すればいいの? 悪質業者に騙されない方法を伝授! - 不動産売却の注意点

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産を売却する際、不動産会社は業者間物件情報ネットワーク「レインズ」を活用して、物件情報を広めようとします。しかし、一部の悪徳業者はこのレインズを悪用して、売主の売却機会を奪っていることがあります。そこで今回、「レインズ(REINS)」について解説したいと思います。

「Jリート」の分配金利回りは株の配当利回りの2倍超! しかも、賃料が上昇傾向+低金利という「Jリート」に 有利な環境で、過去最高の分配金を記録する銘柄も! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「Jリート」の分配金利回りは平均4%超で、なんと株の配当利回りの平均1.7%より2倍以上も高い!「Jリート」が高利回りになっている理由をわかりやすく解説!発売中のダイヤモンド・ザイ12月号は、特集「不動産を持たずに家賃収入! Jリート入門」を掲載。Jリートを買うべき6つの理由や、注目銘柄を紹介している。今回は、Jリートを買うべき理由を2つ抜粋。不動産に興味があり、手軽に投資してみたい人は必見だ!

「Jリートはいまこそ買い時!」な理由をわかりやすく 解説! 分配金利回り平均4%、想定値上がり益を含む 総合利回りは7%を超える「Jリート」の魅力を紹介! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「”Jリート(不動産投資信託)”は、今こそ買い時!」とアナリストたちが口をそろえる理由とは? 発売中のダイヤモンド・ザイ12月号は、特集「不動産を持たずに家賃収入! Jリート入門」を掲載。Jリートを買うべき6つの理由や、注目銘柄を紹介している。今回は、特集冒頭で紹介しているJリートの特徴の解説と、買うべき理由を1つ抜粋。不動産に興味があるが、実物を買うには資金が不足している……という人は、Jリートの魅力をチェックしてみてほしい!

日経平均株価は2万円の大台割れの可能性も! 今後は アップルやアマゾンのような「グロース株」が凋落し 低PER・低PBRの「バリュー株」人気が復活する!? - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵の藤井英敏さんが、最新の日本株の動向を分析! アマゾン株は節目の1兆ドルを突破した後は、下落基調が強まっています。フェイスブック(FB)、アマゾン・ドット・コム、ネットフリックス(NFLX)、グーグル運営会社のアルファベット(GOOG)など「FANG」銘柄が軒並み大幅に下落し、10月24日のナスダック総合株価指数の下落率は4.4%と、今年最大の下落となりました。このような状況を踏まえると、「FANG」に代表されるグロース企業の株価は、歴史的な天井を既に打った可能性があります。米国で発生している物色傾向の変化は、日本でも起こりつつあるように感じます。10月29日の日経ジャスダック平均株価と東証マザーズ指数は、ともに連日で年初来安値を更新しました。当面の日経平均株価に関しては、米中間選挙の結果が判明するまでは調整局面が続くでしょう。10月24日と25日とで空けた窓(2万1703.21円~2万1911.42円)埋めが上値メドです。一方、下値メドは年初来安値の2万0347.49円です。

株価が暴落したとき、個人投資家が買っているのは この銘柄! 信用買い残から見えてくる個人投資家の 動向と「マザーズ市場が盛り上がらない原因」とは? - チャートではわからない相場解説

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:岡村友哉氏が、市場の需給などを元に、株式市場の裏側で起こっている現象を解説。マザーズ市場などの新興株が上がらないと、個人の投資マインドは上向かないと言われています。10月26日に東証マザーズ指数は900ポイントを割り込み、年初来安値を連日更新。すでに年初から3割程度下げています。それでもまだまだ底が見えず、埒が明きません。「マザーズが上がってくれさえしたら……」。そう考えている個人投資家も多いかもしれませんが、はたして本当にそうなのでしょうか? マザーズで信用取引をするタイプの個人投資家が、今は過去に比べてはるかに少なくなっています。つまり東証マザーズ指数を、個人投資家全体の体感温度を測るモノサシにするのは誤りなのです。一体なぜなのでしょうか? それは、個人投資家の大勢が買いに動くタイミングで、どの銘柄を買っているか調べてみると見えてきます。

「相続財産は家だけ」で遺産分割でもめた場合、 自宅を売却するときとしないときで 相続財産はどう変わるのか試算してみた - 不動産を高値で売却する方法[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:相続が発生したけど、「相続財産は母が住んでいた家くらいしかない」ということが多々ある。相続財産が少ないから、遺産分割で揉めないかというと、そうでもない。相続人が複数いる場合、不動産はそのままでは分割できず、遺産の分割をめぐり揉めることが多くなるのだ。不動産鑑定士兼公認会計士の冨田建氏が、よくある相談事例をもとに、ケースごとに相続財産がどうなるか試算してみた。

【不動産売却の基礎知識】高値で売却するための、査定方法、費用、手続きの流れとは? - 不動産を高値で売却する方法[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:マンション、戸建て、土地などの不動産を売却したいのだが、「何からスタートすればいいの?」と悩んでいる人は多いだろう。そこで、不動産を高値で売るための、手続きの流れ、相場がわかる査定方法、売却の費用などの基礎知識を紹介する。不動産業界には一般人の売主をカモにして儲けようとする不動産業者も多いので、騙されないように気をつけよう。

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.