Kapok&Fintech ホームKapokの掲示板 > Tag: 不動産投資

投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


衆議院総選挙の与党圧勝観測から、日経平均株価は 21年ぶりの高値水準に! そろそろ訪れる調整局面は 「深押し」リスクも少なく、絶好の買いチャンスか! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日米共に相変わらず非常に強い相場が続いています。10月16日の米国株式市場で、NYダウは続伸、前週末比85.24ドル高の2万2956.96ドルと、3日ぶりに過去最高値を更新しました。ナスダック総合株価指数、S&P500種株価指数とあわせ、主要3指数が過去最高値を更新しました。10月16日の日経平均株価は10日続伸し、前週末比100.38円高の2万1255.56円でした。これは1996年11月27日以来、約21年ぶりの高値水準です。衆院選で与党の優勢が伝わり、政権の安定期待を背景に、外国人投資家が積極的に日本株を買っている結果です。

衆議院解散総選挙の結果により日経平均株価が崩れる 可能性は低い!? 月末の東京モーターショーまでは、 「コネクテッドカー」など次世代自動車関連を狙え! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日米株式市場共に相変わらず強い動きが続いています。5日までNYダウは7日続伸し、ナスダック総合株価指数とS&P500種株価指数とあわせ、主要3指数が過去最高値を更新しています。また日本では、10月6日の日経平均株価は5日続伸し、終値は2万0690.71円と連日で年初来高値を更新しました。10月の米雇用統計では、米南部のハリケーン被害で飲食店や小売店が休業した影響で、非農業部門の雇用者数は前月比で3.3万人減少しました。減少するのは2010年9月以来7年ぶりのことです。しかし10月以降については、災害復旧需要で雇用者数が増加に転じる可能性が高いでしょう。このため、9月の雇用者数減少は気にする必要はないと考えます。

政治も企業も「改名」でイメージをリセットできる!? 社名をガラッと変えて株価が67%も大幅アップした ライクキッズネクストなど、社名変更の効果を検証! - チャートではわからない相場解説

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:上半期に入る前、3月末の日経平均株価は1万8909円でした。そこから4月に安値1万8355円を付けたあとは、怒涛のリバウンド。上半期最終日である9月29日(金)の終値は2万0356円ですので、上半期はほぼ2000円も上がったわけですね。発射台の高い下半期、「ここから誰が買うの?」的な素朴な疑問はあるものの、下半期相場はまずまずのスタートになっています。週初10月2日(月)の日経平均株価は2万0400円台、さらに翌3日(水)には2万0600円台を付け、年初来高値を大きく更新しました。

日経平均株価が2万500円を約2年1ヵ月ぶりに突破! 経済指標が日米共に良好で、強い相場感が続きそうな 今注目すべきテーマは「電気自動車」「仮想通貨」! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日米株式市場共に非常に強い値動きが続いています。10月2日の日経平均株価は、前週末比44.50円高の2万400.78円と、9月25日以来、1週間ぶりに終値ベースで年初来高値を更新しました。そして、3日前場の日経平均株価は続伸し、ザラ場中としては2015年8月19日以来、約2年1ヵ月ぶりに心理的節目の2万500円を上回りました。このような好環境下で、市場の関心が高まっているテーマは「電気自動車(EV)」と「仮想通貨」の2つです。

衆議院の解散総選挙で注目される「幼児教育関連」と 北朝鮮リスクによる「軍事・防衛関連」が人気に! 新興・小型株が伸び悩む中、要注目の11銘柄とは? - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ロシアのラブロフ外相は、9月22日に、米国と北朝鮮間の非難の応酬を「幼稚園児のけんか」と表現し、「誰も止められない幼稚園児同士のけんかのように感情的な方法ではなく、理性的な方法」を追求するとしました。しかしながら、9月23日、トランプ大統領は、金正恩朝鮮労働党委員長を再び「小さなロケットマン」と呼んで揶揄し、「彼らは長くないだろう」とツイッターで呟きました。9月25日、北朝鮮の李容浩外相は、「トランプ氏は宣戦布告をした」とした。このけんかに対して、株式市場は、一時ほど動揺しなくはなっています。

「つみたてNISA」と「iDeCo」は、投資の常識を 大きく変える! 金融庁の思惑は「個別株の短期売買」 から「インデックスによる長期分散投資」への転換か - 勝ち組トレーダーによる投資コラム集

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2017年から「iDeCo」が始まりました。そして、2018年からは「つみたてNISA」が始まります。この2つの投資制度は、日本における「投資」に対するイメージを一新させる可能性を持った制度です。日本において投資というと、「安く買って高く売る」「儲かる銘柄を見つけないといけない」というものが主。しかし、iDeCoやつみたてNISAは、このような「値上がりする株を見つけ出す投資」とは全く異なる「長期分散投資」と相性がいい制度になっており、投資の常識を「短期売買から長期」「銘柄厳選から分散」へと変えてしまうかもしれません。

2万円を回復した日経平均は、需給が大幅に改善! 9月中は、日本郵政のPO(公募・売出)を絶対に 成功させたい政府が買い支える「官製相場」が続く!? - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:市場の北朝鮮リスクへの感応度が下がるにつれ、米長期金利上昇、米国株高が実現し、足元の日経平均株価も強い動きを続けています。そしてついに、9月19日前場には、2万円大台を回復しました。ザラ場中での2万円台回復は8月8日以来およそ1カ月ぶりのことです。日経平均株価の大幅高の主体たる背景は、米国は北朝鮮との軍事衝突を、想定外のことが起こらない限り、選択しないという安心感が広がっているからでしょう。このような状況下、東京株式市場での投資家の関心は欧米の金利動向と円の対主要通貨へのレートの変化へ移っています。

北朝鮮が再度ミサイルを発射するも、株式市場へは 影響なし。さらに挑発行動がエスカレートしない限り 北朝鮮発の悪材料は「無視」してもOK! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:北朝鮮は9月15日午前6時57分ごろ、再び、中距離弾道ミサイル(IRBM)とみられるミサイル1発を発射しました。ミサイルは、北海道上空を通過し、襟裳岬の東約2200キロメートルの北太平洋に落下しました。北朝鮮のミサイルが日本上空を通過するのは8月29日に北太平洋に着弾した中距離弾道ミサイル「火星12」以来のことです。結論としては、「ミサイル発射は直近に経験済みなので、市場は慣れた。だから驚かない」ということです。

増配株に投資する際に参考にすべき「指標」とは? 割安・割高の目安になる「PER」、資本効率の良さを 表す「ROE」「ROA」など「指標」の使い方を解説! - 「夢の配当金生活」実現メソッド

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「PER(株価収益率)」とは? 株式投資で配当金生活を目指して「増配株投資」を実践する個人投資家・立川一さんが、投資判断に利用している「指標」を解説!「PER」のほか、「PBR(株価純資産倍率)」や「ROE(自己資本利益率)」「ROA(総資産利益率)」など、株価が割安なのか、割高なのかを判断する「指標」はたくさんあるが、はたして何を、どのように利用すべきなのか。最近、よく使われる「ROE」は、実は個人投資家には不向きな指標だった!?

北朝鮮問題と米国の政治・財政問題が先送りされ、 日経平均とNYダウはそろって大幅に上昇! 当面は 「リスクオンムード」が続くが、過度の先高感はNG! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:北朝鮮が9月9日の建国記念日にミサイル発射などの挑発行為に出なかったことで、週明け11日の日経平均株価は、前週末比270.95円高の19545.77円と大幅反発しました。また、大型ハリケーン「イルマ」の被害が警戒したほど大きくないとの見方も加わり、9月11日のNYダウは大幅続伸、前週末比259.58ドル高の22057.37ドル、ナスダック総合株価指数は大幅に反発し、同72.072ポイント高の6432.264ポイントでした。このように、週明けの日米株式市場は「リスクオン」となっています。前週末までの「北朝鮮リスクへの警戒」、「イルマ被害への警戒」は共に「杞憂」となり、売り方の買い戻しが加速しました。

北朝鮮の「核実験」強行により日経平均株価は下落! 今の状況では、あえて「火中の栗」を拾うことはせず 200日移動平均線を割り込んで急落するのを待とう! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:週明け9月4日の日経平均株価は、前週末比183.22円安の1万9508.25円と、4日ぶりに反落しました。主因は、3日に北朝鮮が核実験を強行したことです。再び、朝鮮半島を巡る地政学リスクが高まり、換金売り圧力が強まりました。現時点では、実際に米朝の軍事衝突リスクは低いとみられているものの、リスク回避的な多くの投資家はブラックスワン(発生確率は低いが、実際に発生したら衝撃の大きい事象)を警戒しています。このため、9月4日の東京株式市場は、リスク回避的なムードが終日強い状況でした。

北朝鮮のミサイル発射時に東京市場が開いていたら 日経平均は大暴落していた! ミサイル発射直後に 先物を売り叩いた投機筋が失敗した理由とは? - チャートではわからない相場解説

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:8月29日、北朝鮮が中距離弾道ミサイルを発射し、日本の上空を通過しました。北朝鮮リスクという意味では、今年に入って最大の警戒レベルで昨日の東京市場は始まったと思います。ただ、終わってみれば、8月29日の日経平均株価は0.45%安、TOPIX(東証株価指数)はわずか0.15%安。後場に日銀のETF買いが入ったこともありますが、軽微な下げに終わりました。投資家は冷静だった……といえるでしょうか? 今日の実態としては、「多くの投資家が冷静で、パニックにならなかった」のではなく、「多くの投資家が動けなかった」のではないかと思われます。

北朝鮮のミサイル発射で、日経平均は大幅下落へ!? この先、日経平均が200日移動平均線を割り込むと 「円高ドル安&日本株売り」が止まらない展開に! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:北朝鮮による弾道ミサイルが本日8月29日5時58分ごろに発射され、北海道襟裳岬上空を通過し、6時12分ごろ、襟裳岬の東1180キロメートルの太平洋上に落下しました。これを受け、米朝軍事衝突懸念が再び強まっています。外国為替市場では、「地政学リスク」への懸念を背景に、円買い・ドル売りが加速しました。今回の北朝鮮のミサイル発射を受け、当面の日経平均株価のメインシナリオは、200日移動平均線を割り込んで、下値余地を探るというものです。9月9日の北朝鮮の建国記念日、11日の米同時多発テロの日まで、米朝軍事衝突リスクが燻り続けることになると考えるからです。

「株主優待」の有効活用は「配当金生活」への近道! 配当だけでなく株主優待にも注目すれば、投資元本は 15年以内で回収できて、リスク管理がパワーアップ! - 「夢の配当金生活」実現メソッド

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:株の配当金生活を目指すなら、「株主優待」も徹底的に活用しよう! 株主優待の中には利回りが高いものも多く、「配当+株主優待利回り」が5~10%を超える銘柄も珍しくない。つまり、増配銘柄で、かつ株主優待を実施している銘柄であれば、投資元本を10~20年で回収でき、その後はリスクフリーで定期預金の100倍以上の高利回りを享受できるのだ! 資産1億円以上を達成した個人投資家・立川一さん流の「配当+株主優待利回り」に着目した投資術で、「夢の配当金生活」を実現しよう!

日経平均株価は、最悪1万6000円台まで下落する! トランプ大統領の信任が急回復するか北朝鮮問題が 解消しない限り、今の調整局面はしばらく継続! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日経平均株価は下放れし、多くの買い方にとって厳しい状況になっています。5日移動平均線、25日移動平均線、75日移動平均線全てを下回り、且つ、25日移動平均線と75日移動平均線とが遂にデッドクロスしました。短期・中期の下落トレンドが発生したとの認識です。このような状況ですから、8月10日時点の信用評価損益率はマイナス9.94%と、前週末から0.74ポイント悪化しました。悪化は3週連続です。評価損益率がここまで悪化してしまったため、信用取引を行っている投資家は、「戻れば売りたい」、「さらに下がったら、追証で売らざるを得ない」という状況いえるでしょう。

今年のマザーズ市場は、暴落してもすぐに反発する? 東証マザーズ指数先物を使った「売りヘッジ」が、 大幅安のマザーズ市場を回復させるエネルギーに! - チャートではわからない相場解説

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:東証マザーズ指数がこのところ冴えません。6月27日のザラバ高値1204.80ポイントが今のところ指数のピーク。7月末までは1150ポイント辺りを維持していたのですが、8月に入った途端、今年最大の下落率「3.95%安」を記録。そして週初14日(月)に、安値で1053ポイントまで下げました。とはいえ、今年の東証マザーズ指数は上昇しています。年初からで見れば、8月14日時点で13.23%上昇。日経平均株価の2.21%、TOPIXの5.30%をアウトパフォームしているため、好調な市場といえます。

日経平均株価&マザーズ指数は下落トレンドに突入? イナゴ銘柄が暴落中の今は、安易な押し目買いを控え 底値で買える「セリングクライマックス」を狙え! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:8月の株式市場は、多くの個人投資家にとって厳しい環境になっています。8月9日の日経平均株価は前日比257.30円安の1万9738.71円と大幅続落し、ついに、それまで狭いレンジでの値動きに留まっていたボックス相場から、下放れてしまいました。また東証マザーズ指数についても、短期・中期的な下落トレンドに入ったと見ていいでしょう。そうしたなかで新興市場ではイナゴタワーが倒壊し、イナゴ銘柄は底なし沼に落ちてしまっている状態です。

【住宅ローン「実質金利」ランキング(高額借入)】 5000万円を新規借入するなら、どの銀行がお得? - 住宅ローン新規借入比較ランキング[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:【2017年8月の金利】住宅ローンが5000万円という高額借入になる場合は、どの銀行の住宅ローンを借りるのがお得なのか? そこでザイ・オンラインでは、初めて住宅ローンを借りる人(新規借入)を対象とした、本当にお得な住宅ローンを見つけられる「住宅ローン実質金利ランキング(高額借入)」を作成したので、借りる際に参考にしよう。

日経平均株価の1カ月の変動率が36年ぶりの低さに! マザーズ指数も75日平均線を割り込んでいるため、 今週は大人しく「休むも相場」を決め込むのが正解! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:8月は、海外勢はサマーバケーション、国内勢はお盆休みのため、東京株式市場では市場参加者が激減、ボリュームが低下し、例年、相場が膠着します。これを一般的に「夏枯れ相場」と呼びます。しかしながら、今年に関しては、多くの投資家が夏休み入りしているはずの米国で、株式市場が非常に強い動きを続けています。実際、8月7日のNYダウは10日続伸、前週末比25.61ドル高の2万2118.42ドルと、9日続けて過去最高値を更新しました。ところで、日本については、今年は、「7月相場」で既に「夏枯れ相場」入りしているという感じです。

住宅ローンを10年、15年で短期完済するなら、 どの銀行がお得かランキング!【新規借入向け】 - 住宅ローン新規借入比較ランキング[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:【2017年8月の金利】「住宅ローンは短期返済してしまいたい」というニーズは意外と強い。そこで、初めて住宅ローンを借りる人(新規借入)向けに、10年完済、15年完済する場合、どの銀行の住宅ローンがお得なのかが一目でわかる、「住宅ローン実質金利ランキング(短期返済)」を作成した。主要17銀行が提供する住宅ローンの「実質金利」をすべて計算しているので、常に最新のお得な住宅ローンが分かる。

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.