投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


米国株の中で「株価10倍」が期待できるのは「ピンタ レスト」と「ビヨンド・ミート」の2銘柄! 事業内容が ユニークで、他社にはない強みを持つ銘柄が狙い目! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国株の中で、次の「10倍株」が狙えるのは「ピンタレスト(PINS)」と「ビヨンド・ミート(BYND)」!発売中のダイヤモンド・ザイ11月号には、別冊付録「いま買いの『米国株』100」が付いてくる! この付録では、米国株の強みを紹介するほか、「大型優良株」「高配当株」「10倍株」などのジャンル別に、注目銘柄を合計100種類も取り上げているので、米国株に投資したい人は必見だ。今回は別冊付録の中から、将来の「10倍株」になる可能性を秘めている米国株2銘柄を抜粋! 他社にはない強みを持っていて、事業の急成長&株価の急上昇が期待できる銘柄をピックアップしている。今回紹介する2銘柄も、ユニークな事業内容が注目されている企業なので、ぜひチェックしてほしい!

「ひふみ投信」の今後の運用成績はどうなる? 3人の 専門家による評価のほか、最高投資責任者・藤野英人 さんが明かした“世界株型”の新ファンド構想にも注目 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「ひふみ投信」の運用成績はどうなる? アナリストなどの投資の専門家による「ひふみ投信」の評価を公開! また、“世界株型”の新ファンド構想を最高投資責任者の藤野英人さんが明らかに! 発売中のダイヤモンド・ザイ9月号は、特集「人気投信10本のファンドマネージャーに公開質問!」を掲載! この特集では、10年間という長期の運用成績が優れていて、なおかつ純資産残高が大きい、人気の投資信託を10本セレクト。それらの投資信託のファンドマネージャーに、好成績の秘訣や今後の運用方針などの気になる点を質問し、Q&A方式で紹介している。さらに、アナリストなどの第三者に、10本の投資信託それぞれの“運用の腕”も診断してもらっているので、投資を検討している人には参考になるはずだ。今回はその中から、「ひふみ投信」の運用会社であるレオス・キャピタルワークスの社長・藤野英人さんのQ&A後半部分を抜粋。さらに、アナリストなどによる「ひふみ投信」の分析結果も抜粋するので、投資の参考にしてほしい。

「ひふみ投信」の投資方針や運用成績に関する疑問を 最高投資責任者の藤野英人さんに直撃! 海外株比率を 増やした理由や昨年の成績がTOPIXに負けた原因は? - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「ひふみ投信」の運用方針や、2018年に苦戦した理由などを、運用会社のレオス・キャピタルワークス社長・藤野英人さんに直撃! 発売中のダイヤモンド・ザイ9月号は、特集「人気投信10本のファンドマネージャーに公開質問!」を掲載! この特集では、10年間という長期の運用成績が優れていて、なおかつ純資産残高が大きい、人気の投資信託を10本セレクト。それらの投資信託のファンドマネージャーに、好成績の秘訣や今後の運用方針などの気になる点を質問し、Q&A方式で紹介している。さらに、アナリストなどの第三者に、10本の投資信託それぞれの“運用の腕”も診断してもらっているので、投資を検討している人には参考になるはずだ。今回はその中から、「ひふみ投信」の運用会社の社長・藤野英人さんのQ&Aを一部抜粋。「ひふみ投信」に投資している人、これから投資したい人は、ぜひチェックを!

株価が90%以上の高確率で上昇する「法則」を発見! 投資信託の配当再投資で、6月末に株価が上昇しやすい “組み入れ投信が多い&流動性が低い中小型株”を公開 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:6月末の株価の動きには”法則”があった! この法則に基づいて割り出した、6月末に値上がりする可能性が高い注目株を紹介! ダイヤモンド・ザイでは、記者が集めたマネー・経済関連の最新トピックを「ZAi NEWS CHANNEL!」で毎号紹介している。今回は発売中のダイヤモンド・ザイ7月号から、「6月末の株価の法則に学べ!」と題した記事をピックアップ! 株価はさまざまな要因で値動きするが、季節性の変動もよく見られる。実は、毎年6月末には中小型株が値上がりしやすい。記事では、その背景について株式アナリストの岡村友哉さんに取材。また、この法則にのっとって、値上がりが期待できる注目株も紹介するので、銘柄選びの参考にしてほしい!

高配当+好業績を継続中の“地味な中小型株”3銘柄を 紹介! 15期連続で営業増益中の「イチネンHD」、 9期連続で増配予定の「たけびし」などに注目しよう! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:高配当&好業績でも、時価総額が小さくて大口投資家にスルーされる“地味な中小型株”3銘柄紹介!発売中のダイヤモンド・ザイ4月号の大特集は「高配当株+Jリートの儲け方」! 配当利回り4%以上の全221銘柄に対する、プロの投資判断を公開している。特集内では、高配当株投資のスタイルを「とにかく高い配当利回りを狙う」「配当株で値上がり益も狙う」「米国の高配当株を狙う」「Jリートやインフラファンドを狙う」の4つに分類。それぞれのスタイルにおける勝ちワザを紹介しつつ、そのワザに基づいた注目銘柄を挙げている。ここでは、「とにかく高い配当利回りを狙う」スタイルの人に向けた、注目銘柄を紹介! 誌面では勝ちワザをいくつか提案しているが、今回は「成長力が低く、地味な印象の株を選ぶ」というワザを軸に、「地味に好業績な中小型株」を3銘柄抜粋してみよう。

「高配当株」を選ぶなら“成長力が低い地味な銘柄”が おすすめ! 成長力と知名度は低くても、業績が安定 していて、常に高配当を継続している中小型株に注目 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「高配当株ファンド」のファンドマネジャーが、高配当株を選ぶポイントを伝授! 今、日本株には高配当株がゴロゴロ。そこで2月21日発売のダイヤモンド・ザイ4月号の特集「高配当株+Jリートの儲け方」では、配当利回り4%以上の全221銘柄の投資判断を大公開している。さらに、高配当株の正しい儲け方について、好成績投信の運用担当者や高配当株で資産を築いた個人投資家に直撃! 日本の株式市場の「買いの高配当株+Jリート」73銘柄にとどまらず、米国の株式市場の高配当株や儲けワザも紹介するので要チェックだ。今回はその中から、好成績な「高配当株ファンド」のファンドマネジャーによる、「高配当株」の選び方の解説記事を抜粋! プロの銘柄選択術をぜひ参考にしてみてほしい!

「ワークマン」の株価は“ポスト・ユニクロ”として、 さらなる株価上昇も期待!? 障害者の就労移行支援事業 の「ウェルビー」など、大化け期待の中小型株を紹介! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:“ポスト・ユニクロ”銘柄として株価上昇が期待できる「ワークマン(7564)」、障碍者の就労支援で成長期待の「ウェルビー(6556)」の2銘柄の今後を分析! 発売中のダイヤモンド・ザイ3月号は、恒例の大特集「最強”日本株”番付 2019年初場所」を掲載! 相場のプロによる2019年の相場見通し&日経平均株価のレンジ予測を紹介するほか、注目の「高配当株」や「割安株」「10万円株」「大型株」「中小型株」、それに株主優待名人・桐谷広人さんが選ぶ「株主優待株」を”6大番付”として発表している。今回はその中から、「中小型株」の番付を一部抜粋。ダイヤモンド・ザイ3月号では12銘柄取り上げているが、ここではそのうちの2銘柄をピックアップしよう。

「高配当株」こそ、実は「株価も上昇」して儲かる! 「アイドママーケティングコミュニケーション」など 配当利回り2.5%以上の中小型株で値上がり益を狙え! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:値上がり益も狙える高配当株を見つけるヒントと、条件を満たす注目の高配当株をプロが伝授! 発売中のダイヤモンド・ザイ11月号の特集「新しい株の儲けワザ50」では、有望株を見つけるためのヒントを紹介! 米中貿易戦争や、景気の腰折れ感からリスク回避ムードが支配的で、なかなか強気モードでは立ち向かえないのが現状の相場。ただし、株価が低迷しているタイミングは、有望株を安く買うチャンスでもあるのだ。特集内では「利回りで儲けるワザ」「値上がりで儲けるワザ」「その他で儲けるワザ」を合計50個紹介。今回はその中の「利回りで儲けるワザ」を一つ紹介するので、投資の参考にしてみてほしい。

日経平均株価は海外投資家の買い戻し&地政学リスクの 低下で下値は堅いが、株価上昇のシナリオもなし! ノーポジションでゴールデンウィーク明けに備えよ! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:足元の日経平均株価は非常に強い動きを続けています。主因は、海外勢の買いが継続して入っていることに加え、朝鮮半島の地政学リスクが低下していることです。ただし、足元の海外勢の買いはあくまでも、短期筋の買い戻しであり、腰が入った中長期資金ではないというのが大方の見方です。それでも、海外勢が日本株を買い越し、朝鮮半島の地政学リスクが低下している状況を踏まえれば、日経平均株価の下値は堅いとみてよいでしょう。ですが、下値は堅いから、上がるということでもありません。

日経平均株価は堅調ながら、マザーズ指数は暴落中! GW明けの「セリングクライマックス」に備えて、 「決算またぎ」を避け、早めの利食いを意識しよう! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日経平均株価は堅調ながら、東証マザーズ指数に象徴される個人投資家の関与率の高い小型株は酷いことになっています。主たる理由は、日経平均構成銘柄のような大型株には海外投資家の買い、新年度入りで株式の組入比率を上げたい国内機関投資家の買い、そして、下がれば日銀のETF買いが入る一方、小型株にはそのような買いが入らないからです。現時点で、現金比率を高めにして、買いチャンスを虎視眈々と狙っている投資家については、もう少し買いは待った方がよさそうです。なぜなら、マザーズ銘柄などについては、早晩、高い確率で「セリングクライマックス」が訪れるとみているからです。

不人気の業種の中でも業績好調な“お宝”高配当株を 2銘柄紹介! 市場では「負け組」認定されながらも、 実は好業績&高成長している銘柄で株価急騰を狙え! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現状は悪いイメージがある「負け組株」だが、実は業績が良く、イメージが払拭されれば急騰も期待できる高配当株を2銘柄紹介!発売中のダイヤモンド・ザイ4月号の巻頭特集「高配当株で1億円作る!」では、「初心者向けで安心」「増収増益で好業績」「上場5年以内で急成長中」など7つのタイプ別に、値上がりも狙える「買い」の高配当株86銘柄を公開している。今回はその中から「負け組認定だが実力派高配当株」をピックアップ。「負け組」と思われているものの、実は好業績で、見直されたときに急騰も期待できる2銘柄を紹介!

業績が好転中の中小型「高配当株」で、値上がり益を 狙え!「ERIホールディングス(6083)」は、買収や 人材のレベルの高さで、今後の業績浮上に期待感大! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:逆転ホームラン級の値上がり益も期待できる中小型の「高配当株」で、プロがイチオシの銘柄とは?発売中のダイヤモンド・ザイ4月号の巻頭特集「高配当株で1億円作る!」では、「初心者向けで安心」「増収増益で好業績」「上場5年以内で急成長中」など7つのタイプ別に、値上がりも狙える「買い」の高配当株86銘柄を公開している。今回はその中から「業績が好転中の中小型高配当株」をピックアップ。過小評価の見直しで大幅な値上がりも期待できるとして、プロも注目する銘柄とは?

今からでも株価数倍が狙える中小型株2銘柄を紹介! ITや製造業に強い「トラスト・テック」や、クラウド サービス「コムチュア」など人手不足関連株に注目! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:株価が数倍にもなる「中小型株」を狙え! 人手不足関連株の「トラスト・テック」と「コムチュア」の2銘柄をチェック!重版決定で好評発売中のダイヤモンド・ザイ3月号では、「1年で50%超上がる株」が続出する人気企画「最強 日本株番付」がパワーアップして登場! 精鋭アナリスト30人に徹底取材して「5万円株」番付や「高配当株」番付、「新興株」番付など注目の7大番付を決定し、最強の103銘柄を大公開している。今回はその中から「中小型株」番付を抜粋。アナリストが

2017年の中小型株「上昇率」&「下落率」ランキング 「ペッパーフードサービス」など話題の銘柄が多い ランキング上位のうち、2018年も「買い」の銘柄は? - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2017年の中小型株「株価上昇率ベスト10」&「株価下落率ワースト10」を発表!発売中のダイヤモンド・ザイ2月号では、特集「2018年『株』全予測」を掲載。日本株全体の値動きの予測や業種別の値動き、為替の動向予測、タイプ別の狙い目株の検証、2018年に「買い」の投資信託なども取り上げている。今回は特集内の「タイプ別の狙い目株」をピックアップ。誌面では「大型株」「中小型株」「IPO株」「高配当株」といったタイプ別に、2017年に上がった株と下がった株をランキング形式で紹介し、2018年の注目銘柄を検証している。ここでは「中小型株」のランキングの一部を抜粋!

日経平均株価より株価の上昇が出遅れている銘柄で、 海外の投資家に注目されやすい「中小型株」を発掘! 時価総額500億円以下、ROE10%以上のお宝株を公開! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日経平均株価に出遅れている、「これから上がる中小型株」はコレだ! 「ROE(自己資本利益率)が10%以上」「海外投資家の保有比率が10%以上」「最低購入額が20万円以下」など、5つの条件で抽出された中小型株から、注目の2銘柄を紹介!ダイヤモンド・ザイでは、毎月5つの注目銘柄を紹介する「今月の株スクリーニング5」を掲載。フィスコの村瀬智一さんに、これから上昇する株の「5つのスクリーニング条件」を挙げてもらい、実際にそのスクリーニング条件で抽出された銘柄を、ランキング形式で紹介している。発売中の11月号では、今勢いのあるジャスダック市場に上場する銘柄のうち、好業績で、なおかつ個人が買いやすい価格帯の中小型株を抽出し、5位までのランキングを作成。ここではそのなかから、1位と2位の銘柄をピックアップする。

Hameeやタマホームなど、営業増益率2ケタ以上ながら 注目度が低い「4~5月期決算」のおすすめ銘柄を紹介! 5つの条件のスクリーニングで見つけた成長企業とは? - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「決算期が4月か5月」「最低購入額が20万円以下」「時価総額が500億円以下」など、5つの条件で抽出された中小型株から、注目の3銘柄を紹介!ダイヤモンド・ザイでは、毎月5つの注目銘柄を紹介する「今月の株スクリーニング5」を掲載。フィスコの村瀬智一さんに、これから上昇する株の「5つのスクリーニング条件」を挙げてもらい、実際にそのスクリーニング条件で抽出された銘柄を、ランキング形式で紹介している。発売中の10月号では、4月、5月が決算期で、個人が買いやすい価格帯の中小型株を抽出し、ランキングを作成。ここではその中から、1位~3位の銘柄をピックアップする。

2017年上半期の成績No.1の投資信託のタイプを発表! 平均上昇率19%を記録した「日本中小型株型」や 成績のバラツキが小さい「新興国債券型」に注目! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2017年上半期に最も好成績だった投資信託のタイプを大公開!世界経済が回復を強め、円安も定着したことで、投資信託の成績は全般的に大きく改善してきている。そこで、現在発売中のダイヤモンド・ザイ9月号の「2017年上半期の投信上昇率ランキング!」特集では、2017年1月から6月までの投資信託の上昇率ランキングをタイプ別に紹介している。今回は、その中から「グローバル債券型」「日本・中小型株型」など投資信託の9つのタイプ別に「平均上昇率」を公開。2017年上半期、最も好成績だった投資信託の「タイプ」とは?

2期連続で2ケタ増益を見込む成長企業でありながら、 PBR1倍以下の「割安な10万円以下の銘柄」を発掘! 5つの条件で抽出した、初心者におすすめ2銘柄を紹介 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「前期と今期の2期連続で経常増益率が10%以上」「PBRは1倍以下」「時価総額は500億円以下」「最低購入額は10万円以下」など、5つの条件で抽出された、実力があってもまだまだ割安な注目の2銘柄を紹介!ダイヤモンド・ザイでは、毎月5つの注目銘柄を紹介する「今月の株スクリーニング5」を掲載。フィスコの村瀬智一さんに、これから上昇する株の「5つのスクリーニング条件」を挙げてもらい、実際にそのスクリーニング条件で抽出された銘柄を、有望度合いに応じたランキング形式で紹介している。ここではその中から1位と2位に輝いた2銘柄をピックアップしてみよう。

日本株で儲けるなら「円高で急落する外需関連株」 「大型株より中小型株」「人気のテーマ株」に注目! 2017年後半に「日本株で儲けるコツ」をプロが伝授! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2017年後半に日本株で儲けるための「3つのコツ」をプロが伝授!発売中のダイヤモンド・ザイ8月号では、投資のプロ100人が2017年7月から2018年6月までの日経平均株価と為替相場を予測し、2017年後半以降に儲けるためのコツを掲載している。今回はその中から、日本株で儲けるための「3つのコツ」を紹介!2017年の後半、「日経平均株価は軟調な展開が続く」と予測するプロが多いが、そんな中でも「中小型株やテーマ株は人気化し、大幅上昇する可能性がある」という意見が多数。その理由とは?

連続で「増収増益」を達成する成長力がありながら、 注目度が低く、過小評価されている5万円株を紹介! 業績好調&割安で、値上がり期待の2銘柄はコレだ! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:業績好調なのに5万円台、もしくはそれ以下で買える「値上がりが期待できる株」を紹介!ダイヤモンド・ザイ7月号では、「上がる5万円株」と題した特集を掲載。最低投資金額が5万円台、もしくはそれ以下の銘柄は、手軽に買いやすく個人投資家に人気がある。なかには、5万円株でありながらも高配当な株、値上がりが期待できる株、魅力的な株主優待が用意された株も。今回は、その中から「値上がりが期待できる5万円株」についてピックアップ。値上がりしそうな銘柄の探し方とともに、具体的に注目したい2銘柄を紹介!

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.