Kapok&Fintech ホームKapokの掲示板 > Tag: 串カツ田中

投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


来週(4/15~19)の日経平均株価の予想レンジは2万1700~2万2000円! 「米国市場の決算シーズン」や 「日米通商交渉」など、海外要因の動向に注目! - 今週のマーケット解説&来週の注目銘柄

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 今週(4月8日~12日)の日経平均株価は、膠着感の強い相場展開が続きました。個別銘柄では、「ヘッジファンドの米サード・ポイントが再び買い増している」と伝わったソニー(6758)が値動きをみせはじめたほか、オンコリスバイオファーマ(4588)、サンバイオ(4592)など、バイオ株の一角が個別の材料で人気化しました。来週(4月15日~19日)の日経平均株価は、引き続き大きなトレンドが出難い状況が続きそうです。

2017年の中小型株「上昇率」&「下落率」ランキング 「ペッパーフードサービス」など話題の銘柄が多い ランキング上位のうち、2018年も「買い」の銘柄は? - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2017年の中小型株「株価上昇率ベスト10」&「株価下落率ワースト10」を発表!発売中のダイヤモンド・ザイ2月号では、特集「2018年『株』全予測」を掲載。日本株全体の値動きの予測や業種別の値動き、為替の動向予測、タイプ別の狙い目株の検証、2018年に「買い」の投資信託なども取り上げている。今回は特集内の「タイプ別の狙い目株」をピックアップ。誌面では「大型株」「中小型株」「IPO株」「高配当株」といったタイプ別に、2017年に上がった株と下がった株をランキング形式で紹介し、2018年の注目銘柄を検証している。ここでは「中小型株」のランキングの一部を抜粋!

串カツ田中、株主優待の内容変更で利回りがアップ! 株式分割に伴う配布基準+優待金額の見直しに加え、 従来の1/3の投資額で優待がもらえる配布基準も新設 - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:串カツ田中が株主優待の内容を変更すると、2017年10月13日に発表した。 この株主優待の変更は、2018年11月30日時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。串カツ田中の株主優待の内容は、従来「100株(1単元)以上保有する株主を対象に、保有株式数に応じて食事優待券を贈呈」というものだった。今後は、2017年12月1日を効力発生日として株式分割(1株⇒3株)が実施されることに伴い、株主優待の配布基準と、贈呈される食事優待券の額面が変更になる。なお、この変更後(株式分割後)も、従来どおり100株保有の株主から株主優待の対象となるので、優待獲得に必要な最低投資金額は、これまでの3分の1になる。(串カツ田中、コード:3547、市場:東証マザーズ)

串カツ田中(3547)、株主優待の内容を変更! 従来は100株以上で一律3000円分の優待券だったが、 200株で5000円、300株で7000円と優待券増額! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:串カツ田中が株主優待の内容を変更すると、2017年6月15日に発表した。 この株主優待の変更は、2017年11月30日時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。串カツ田中の株主優待の内容は、従来「100株(1単元)以上保有する株主を対象に、3000円相当の食事優待券を贈呈」というものだった。今後も食事優待券をもらえる点に変わりはないが、変更後はこれまで「100株以上」のみだった配布基準が「100株以上」「200株以上」「300株以上」となり、保有株数に応じて贈呈される食事優待券も増額される。(串カツ田中、コード:3547、市場:東証マザーズ)

「LINE」「九州旅客鉄道」「串カツ田中」など、 話題になった新規公開株の2017年の株価はどうなる? 新規公開株で上昇期待の高い銘柄をプロが厳選! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2016年の新規上場株の勝ち組・負け組とは? 2016年も多くの企業が新規上場を果たした日本株市場。現在発売中のダイヤモンド・ザイ2月号の総力特集「2017年『株』全予測&儲け方」では、2016年1月~11月の間に新規上場した銘柄がどう動いたか、株価の上昇率ランキング形式で紹介している。新規上場銘柄の中で最も上昇率が高かったのは、3月上場の「ヒロセ通商(7185)」だった。一方、世間的に話題となった「LINE(3938)」「九州旅客鉄道(9142)」「串カツ田中(3547)」の注目3銘柄はどうだったか? また、その他に今後が期待できる新規上場銘柄とは? プロの分析とともに紹介!

【11月の株主優待の内容と優待利回りを調査!】 ココイチ、アヲハタ、串カツ田中などの食品系や QUOカードがもらえる高利回りの金券優待を狙え! - 株主優待情報[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2016年11月の株主優待の内容と最新情報を更新! 株主優待利回り4.14%で食事やお茶ができる株主優待券がもらえるアクトコール(6064)や、9月に上場したばかりの串カツ田中(3547)などの飲食系の株主優待のほか、株主優待利回り6%超のファーマライズHD(2796など、株主優待が豪華なおすすめ銘柄が登場。また、QUOカードなどの金券の株主優待がもらえて、株主優待+配当利回りが4%を超える、超高利回りのおすすめ4銘柄も大公開!

「串カツ田中」のIPO情報総まとめ! スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄分析、 他の居酒屋チェーン企業との比較や予想まで解説! - IPO株の銘柄分析&予想

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:串カツ田中のIPO(新規上場株・新規公開株)に関する基本情報から分析、価格予想など、銘柄ごとの詳細データを公開! IPOに参加するかどうかは、事前に入念な銘柄分析や初値予想が必要。そのために必要な企業概要やら主幹事証券会社、公開規模、事業内容、売上高や利益と いった過去の業績、既存の大株主などの詳細なデータを公開。さらにはフィスコによる「市場の注目度」の分析や「業績コメント」「銘柄紹介」「投資のポイン ト」も掲載!


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.