投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


日経平均が暴落し「下落トレンド・ハイボラ相場」が 発生中! 相場暴落時こそ「攻めの姿勢」を忘れず、 値動き良好な「強い銘柄」に入れ替えていこう! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵の藤井英敏さんが日本市場の状況を分析し、投資戦略を解説! 日経平均株価は、10月2日の2万4448.07円でピークアウトし、15日には2万2261.92円まで下落しました。下落幅は2186.15円、下落率は8.94%に達しました。10月2日の2万4448.07円までの上昇トレンドの起点は9月7日の2万2172.90円でした。つまり、それまでの上昇幅をほぼ全て帳消しにしました。10月に入っての下落のきっかけは、米長期金利の急上昇を背景とした米国株の急落と、外国為替市場でのドル安・円高の進行でした。

米国株式市場が急落するも、要因となった長期金利の 上昇はひと段落! 今週の押し目買いの好機には、 ドル高の影響が少ない小型化ハイテク株に妙味が! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:急落した米国市場の行方を広瀬隆雄さんがズバリ解説! 先週、米国株式市場が急落しました。金曜日にはバーゲン・ハンティングの買いが入ったものの、週間ベースでのパフォーマンスはS&P500指数が-4.1%、ダウ工業株価平均指数が-4.2%、ナスダック総合指数が-3.7%でした。株式市場が下落した理由は、このところ米国の長期金利がスルスルと上昇していたことによります。長期金利が上昇した理由は、原油価格の上昇とアマゾン(ティッカーシンボル:AMZN)が最低賃金を15ドルに引き上げると発表したことが賃金インフレに対する懸念を煽ったことによります。

今週IPOする「ライベント」は、EV(電気自動車)に 欠かせない高品質リチウムの生産におけるリーダー的 企業! EVの成長ストーリーを買いたい人は要注目! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:去年世界では120万台のEV(電気自動車)が販売されました。10年後の2027年にはその16.3倍の年間1960万台、そして2040年には50.2倍の年間6020万台ものEVが販売されると見込まれています。EVはバッテリーを必要とします。そして、バッテリーには沢山のリチウムが必要になります。のようなことからリチウムの市場は、2017年から2027年までに年率+15.3%で成長し、現在の4倍になると見込まれています。ハイ・パフォーマンス・リチウムを生産できる企業は、ライベント(ティッカーシンボル:LTHM)、アルベマール(ティッカーシンボル:ALB)、SQM(ティッカーシンボル:SQM)の3社のみです。

「アクセスグループ・ホールディングス」IPOの情報の総まとめ! スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄分析、 他の広告・広報関連企業との比較や予想まで解説! - IPO株の銘柄分析&予想

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:アクセスグループ・ホールディングスのIPO(新規上場株・新規公開株)に関する基本情報から分析、価格予想など、銘柄ごとの詳細データを公開! IPOに参加するかどうかは、事前に入念な銘柄分析や初値予想が必要。そのために必要な企業概要やら主幹事証券会社、公開規模、事業内容、売上高や利益と いった過去の業績、既存の大株主などの詳細なデータを公開。さらにはフィスコによる「市場の注目度」の分析や「業績コメント」「銘柄紹介」「投資のポイン ト」も掲載!

日経平均株価は、当面力強い上昇トレンドを継続! ボリンジャーバンドのプラス1σを割り込むまでは、 信用取引も活用しつつ、積極的に買っていこう! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵の藤井英敏さんが、今後の日本株の行方をズバリ解説! 9月第3週(18~21日)、海外投資家は日本株を現物も先物も買い越していました。テクニカル的に、当面の日経平均株価に関しては、25日移動平均ベースのボリンジャーバンドプラス1σとプラス3σの間での「バンドウォーク」から、バンド自体の拡大に伴い、プラス1σ~プラス2σとの間への「バンドウォーク」に移行する見通しです。また、現状の1ドル=114円アラウンドの円安が続けば、主要企業の今期業績の上方修正ラッシュが期待できそうです。そして、この良好な企業業績見通しが、バリュエーション面で日本株を力強くサポートするでしょう。

テスラのイーロン・マスクと米国証券取引委員会との 示談が成立! 目の前の訴訟問題は解決したものの、 カリスマ経営者への信頼感の下落は避けられない! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2018年8月7日に、テスラ(ティッカーシンボル:TSLA)の会長兼CEOであるイーロン・マスクが「テスラを420ドルで非公開化する準備中だ。資金のメドもついた」とツイートしました。米国の証券法では、上場企業の経営者が投資家を騙す発言をすることは禁じられています。SECは、訴状の中で「資金の出し手と出資の確約を得ていない段階で、取引条件もあいまいなままツイートしたのは明らかに嘘である」と主張しました。SECは、1)イーロン・マスクが2000万ドルの罰金を払った上で、2)3年間、会長職を辞し、3)2名の外部取締役をイーロンのツイートのお目付け役として招き入れることを条件に示談に応じました。

「VALUENEX」のIPOの情報を総まとめ! スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄分析、他のビッグデータ解析サービス企業との比較や予想まで解説! - IPO株の銘柄分析&予想

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:VALUENEX(バリューネックス)のIPO(新規上場株・新規公開株)に関する基本情報から分析、価格予想など、銘柄ごとの詳細データを公開! IPOに参加するかどうかは、事前に入念な銘柄分析や初値予想が必要。そのために必要な企業概要やら主幹事証券会社、公開規模、事業内容、売上高や利益と いった過去の業績、既存の大株主などの詳細なデータを公開。さらにはフィスコによる「市場の注目度」の分析や「業績コメント」「銘柄紹介」「投資のポイン ト」も掲載!

自民党総裁選で安倍首相3選となり、日本株にとって 追い風が吹く状況に! 日経平均がボックス相場を 上放れした今、積極的に相場に参加していこう! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵の藤井英敏さんが、今の日本市場を分析! ニューヨークで開かれる日米の閣僚級の貿易協議(FFR)が、当初予定されていた9月24日夕方(米現地時間)から25日朝に延期になりました。報道によれば、米側が求める自動車の追加関税の凍結確約を前提に、日本側は2国間の関税協議入りを視野に入れているそうです。一方、国内では、大方の予想通り、9月20日投開票の自民党の総裁選で、安倍晋三首相が3選を果たしました。任期は2021年9月までの3年間です。このため、「アベノミクス」が最長3年続くことが確定しました。様々な好材料を受け、日経平均株価はこれまでの概ね2万2000円~2万3000円のボックス相場を上放れし、2万4000円付近まで短期間で急騰しました。

クラウドソーシング最大手の「アップワーク」が IPO(新規株式公開)! 「フリーランスのUber」 と呼ばれる注目企業のビジネスモデルや業績を解説! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:アップワーク(Upwork)のIPO(新規株式公開)を徹底解説! アップワーク(ティッカーシンボル:UPWK)は、ひとことで言えば「フリーランスのUber」です。つまり、フリーランサーと彼らを探している企業を、ウェブを通じてマッチングするマーケットプレース(取引市場)を運営しています。アップワークの競合としては、フィーバー(Fiverr)、フリーランサー・ドットコム(Freelancer.com)などのオンライン・フリーランサー・プラットフォームが挙げられます。それらに加えて、従来のテンプ・サービス企業であるアデコ、マンパワー、ロバートハーフ、さらにフリーランサーの斡旋が本業ではないけれどサービスの一環として、フリーランサーに声を掛けやすいリンクトイン、ギットハブが挙げられます。また、求人広告サイトのクレイグスリスト、キャリアービルダー、インディード、モンスターなどとも競合します。

「リーガル不動産」のIPO情報総まとめ! スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄分析、 他の不動産・介護関連企業との比較や予想まで解説! - IPO株の銘柄分析&予想

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:リーガル不動産のIPO(新規上場株・新規公開株)に関する基本情報から分析、価格予想など、銘柄ごとの詳細データを公開! IPOに参加するかどうかは、事前に入念な銘柄分析や初値予想が必要。そのために必要な企業概要やら主幹事証券会社、公開規模、事業内容、売上高や利益と いった過去の業績、既存の大株主などの詳細なデータを公開。さらにはフィスコによる「市場の注目度」の分析や「業績コメント」「銘柄紹介」「投資のポイン ト」も掲載!

日経平均は「トリプル」ボトム」、マザーズ指数は 「ゴールデン・クロス」を形成! 相場が上向いて きたこそポートフォリオを改善する絶好チャンス! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵の藤井英敏さんが、今後の日本株の行方を解説! トランプ政権は、9月17日、中国による知的財産権侵害に対抗した制裁関税の第3弾を同月24日に発動すると発表しました。確かに、このこと自体は相場にとって悪材料なのですが、既に事前報道で相場に織り込み済みの面もあり、短期的な相場への影響は限定的でしょう。なお、9月20日投開票の自民党総裁選に関しては、各種報道によれば、安倍晋三首相が議員票で約80%を固めたとされ、選挙戦を終始優位に進めているようです。こうなると、「アベノミクス」は継続が濃厚です。

ナスダックにIPOする「サーベイモンキー」の業績や ビジネスモデルを分析! すでに数多くの有名企業が 採用するネット・アンケート調査会社の実力は? - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:近くナスダックに新規株式公開(IPO)するネット・アンケート調査のサーベイモンキーを解説。ティッカーシンボルはSVMK。サーベイモンキーは、使いやすいオンライン・アンケート調査のサービスを提供しています。調査を申し込む人のニーズに応じて、どのようにでも質問をカスタマイズすることができます。また、調査結果の分析ツールが優れているため、調査を行った者が質の高いインサイト(洞察)を得ることが出来ます。サーベイモンキーは、個人の他にも法人向けプランを持っており、課金顧客は60万口座あります。法人向けプランでは、アンケートの回答者の個人情報の保護や、アンケートに際して企業のロゴなどブランドをカスタマイズすることが出来るようになっています。

「配当金」を再投資すれば、複利効果によって配当金 &資産増加のスピードが加速する!「増配株投資」の 優位性をさらに高める「配当金」の使い道を伝授! - 「夢の配当金生活」実現メソッド

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「配当金」の使い方次第で、積立投資や長期投資の成績は大きく変わる! 配当金が毎年増加する「増配株」を狙って投資することで、億トレーダーとなった個人投資家・立川一さんが、配当金を効率的に活用する方法を伝授! 配当金は貯金に回すよりも、再投資に回して「複利効果」を高めることで、「増配株投資」による年間の配当金&資産の増え方は加速し、夢の「配当金生活」が現実化する期間を大幅に短縮できる!

「ディ・アイ・システム」のIPO情報総まとめ! スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄分析、他のシステムインテグレーション・教育サービス企業との比較や予想まで解説! - IPO株の銘柄分析&予想

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ディ・アイ・システムのIPO(新規上場株・新規公開株)に関する基本情報から分析、価格予想など、銘柄ごとの詳細データを公開! IPOに参加するかどうかは、事前に入念な銘柄分析や初値予想が必要。そのために必要な企業概要やら主幹事証券会社、公開規模、事業内容、売上高や利益と いった過去の業績、既存の大株主などの詳細なデータを公開。さらにはフィスコによる「市場の注目度」の分析や「業績コメント」「銘柄紹介」「投資のポイン ト」も掲載!

「ギフト」のIPO情報総まとめ! スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄分析、 他のラーメン事業会社との比較や予想まで解説! - IPO株の銘柄分析&予想

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ギフトのIPO(新規上場株・新規公開株)に関する基本情報から分析、価格予想など、銘柄ごとの詳細データを公開! IPOに参加するかどうかは、事前に入念な銘柄分析や初値予想が必要。そのために必要な企業概要やら主幹事証券会社、公開規模、事業内容、売上高や利益と いった過去の業績、既存の大株主などの詳細なデータを公開。さらにはフィスコによる「市場の注目度」の分析や「業績コメント」「銘柄紹介」「投資のポイン ト」も掲載!

「プリントネット」のIPO情報総まとめ! スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄分析、他のインターネット印刷受注企業との比較や予想まで解説! - IPO株の銘柄分析&予想

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:プリントネットのIPO(新規上場株・新規公開株)に関する基本情報から分析、価格予想など、銘柄ごとの詳細データを公開! IPOに参加するかどうかは、事前に入念な銘柄分析や初値予想が必要。そのために必要な企業概要やら主幹事証券会社、公開規模、事業内容、売上高や利益と いった過去の業績、既存の大株主などの詳細なデータを公開。さらにはフィスコによる「市場の注目度」の分析や「業績コメント」「銘柄紹介」「投資のポイン ト」も掲載!

9月に予定される「日米首脳会談」の結果次第では 日経平均は上昇トレンド回帰へ! マザーズ指数も ゴールデン・クロス実現からのリバウンドに期待! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵の藤井英敏さんが直近の日経平均や株価や東証マザーズなど、日本株の値動きを分析! 9月10日の上海総合指数の終値は前週末比32.8162ポイント安の2669.4845ポイントと、心理的節目の2700ポイントを再び割り込み、8月17日に付けた年初来安値の2668.9660ポイントに接近しています。また、中国の景気減速への懸念が強まって元売りが優勢となり、10日の上海外国為替市場で、人民元の対米ドル相場は大幅に続落しました。現時点においては、上海株や人民元相場の動向に、日経平均株価は過敏に反応せず、鈍感になっています。このため、上海株安・元安は懸念要因ではあるものの、足元では、日経平均株価を強烈に押し下げる材料になっていません。これは、不幸中の幸いです。

「中国のテスラ」とも呼ばれる電気自動車メーカー 「ニオ」がNY市場にIPO! 世界最大のEV市場である 中国で、最も成長が期待されるメーカーの実力とは? - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:中国の高級EV(電気自動車)メーカーのニオ(NIO, Inc.、ティッカーシンボル:NIO)が今週、ニューヨーク証券取引所に新規株式公開(IPO)します。中国政府は、国策としてEVを奨励しています。その理由は、中国の都市部の大気汚染問題への取組みの一環としてEVが切り札になると考えているからです。中国政府はメーカー各社に対し「生産するクルマの1割はEVにすること」という通達を出しています。ニオは、中国で初めてオリジナルのEVを出した会社です。過去3年に「フォーミュラE」、「EP9」、「ES8」、「ES6」、「ET7」などを次々に発表しました。ニオは中国国内に80カ所のチャージステーションを展開していますが、2022年までに、これを500万カ所に増やす予定です。

「イーソル」のIPO情報総まとめ! スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄分析、 他のソフトウェア開発企業との比較や予想まで解説! - IPO株の銘柄分析&予想

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:イーソルのIPO(新規上場株・新規公開株)に関する基本情報から分析、価格予想など、銘柄ごとの詳細データを公開! IPOに参加するかどうかは、事前に入念な銘柄分析や初値予想が必要。そのために必要な企業概要やら主幹事証券会社、公開規模、事業内容、売上高や利益と いった過去の業績、既存の大株主などの詳細なデータを公開。さらにはフィスコによる「市場の注目度」の分析や「業績コメント」「銘柄紹介」「投資のポイン ト」も掲載!

「Delta-Fly Pharma」のIPO情報総まとめ! スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄分析、他の医薬品の研究開発・販売企業との比較や予想まで解説! - IPO株の銘柄分析&予想

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:Delta-Fly PharmaのIPO(新規上場株・新規公開株)に関する基本情報から分析、価格予想など、銘柄ごとの詳細データを公開! IPOに参加するかどうかは、事前に入念な銘柄分析や初値予想が必要。そのために必要な企業概要やら主幹事証券会社、公開規模、事業内容、売上高や利益と いった過去の業績、既存の大株主などの詳細なデータを公開。さらにはフィスコによる「市場の注目度」の分析や「業績コメント」「銘柄紹介」「投資のポイン ト」も掲載!

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.