Kapok&Fintech ホームKapokの掲示板 > Tag: 仲介手数料

投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


不動産仲介手数料が割安な「マンションマーケット」に売却を依頼しても大丈夫? サービス品質、手数料の実態を記者が覆面取材! - 不動産を高値で売却する方法[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「不動産仲介手数料が49.8万円(定額)」と、割安な手数料設定をしている不動産仲介会社「マンションマーケット」を利用して、不動産を売却しても大丈夫? こんな疑問に答えるために、本編集部記者が実際に、自分の住んでいるマンションを売却の相談をしながら覆面取材を行った。価格査定の品質や広告方法、そして気になる手数料などもレポートする。

不動産仲介手数料を割引する「カウル」に、売却を依頼しても大丈夫? 手数料割引の実態と、広告方法などを覆面調査! - 不動産を高値で売却する方法[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:スマホを使って不動産売買が簡単にできる不動産仲介会社「カウル」に、不動産売却を依頼しても大丈夫なのか? こんな疑問にこたえるために、記者が実際に自分の住んでいるマンションの売却相談をするという覆面取材を行った。売却にあたっての広告方法や、仲介手数料の割引などについてレポートする。

仲介手数料最大無料の「REDS」で、不動産を売っても大丈夫? 記者が実際に査定を依頼してみた結果は? - 不動産を高値で売却する方法[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産の仲介手数料割引をセールスポイントにしている不動産仲介会社「レッズ(REDS)」に不動産売却を頼んでも大丈夫なのか? こんな疑問に答えるために、本編集部記者が実際に、自分の住んでいるマンションの売却の相談をしながら覆面取材を行った。売却にあたっての価格査定や広告方法、そして気になる手数料などもレポートする。

「不動産売買手数料は最大ゼロ円」などと宣伝する 「手数料割引」の不動産仲介会社を使って大丈夫? 安くできる仕組みと、優良業者の見分け方を解説! - 不動産を高値で売却する方法[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:最近、不動産売買の仲介手数料を割引する不動産仲介会社が増えている。売主と買主の仲介をすることで売買を成立させる不動産仲介会社にとって、仲介手数料は大きな収益源であることを考えると、「安かろう悪かろう」になっていないのだろうか。また、手数料割引業者はどうやって見分ければいいのか。業界における仲介手数料の実態も紹介しながら解説しよう。

不動産の売主として、業者間ネット「レインズ」をどう利用すればいいの? 悪質業者に騙されない方法を伝授! - 不動産売却の注意点

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産を売却する際、不動産会社は業者間物件情報ネットワーク「レインズ」を活用して、物件情報を広めようとします。しかし、一部の悪徳業者はこのレインズを悪用して、売主の売却機会を奪っていることがあります。そこで今回、「レインズ(REINS)」について解説したいと思います。

【不動産売却の基礎知識】高値で売却するための、査定方法、費用、手続きの流れとは? - 不動産を高値で売却する方法[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:マンション、戸建て、土地などの不動産を売却したいのだが、「何からスタートすればいいの?」と悩んでいる人は多いだろう。そこで、不動産を高値で売るための、手続きの流れ、相場がわかる査定方法、売却の費用などの基礎知識を紹介する。不動産業界には一般人の売主をカモにして儲けようとする不動産業者も多いので、騙されないように気をつけよう。

不動産の仲介手数料って値切ってもいいの? 「人気のある高額物件」なら値切ってもいいが、 「不人気物件」だと、営業が手を抜く可能性も! - 不動産売却の注意点

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産を売却する際、仲介手数料を支払うことになりますが、値引き交渉をしてもいいということはご存知でしょうか。ちょっとした不動産の売却であれば100万円を超えることもザラなので、その気持ちも分かります。ただし安易に値切ると、失敗することもあるのです。

不動産仲介の営業の仕事は売却物件探しが7割! 電気メーター確認や管理人買収で空き部屋発見へ 非効率な仕事のツケは売り主や買い主に押し付け! - ここが変だよ日本の不動産取引

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産仲介会社の営業マンが普段どのような業務に勤しんでいるか、皆さんはご存じでしょうか? 彼らは日夜、不動産の“売り主探し”“売却物件探し”のため目を血走らせながら“空き部屋”を探し徘徊しています――さながら獲物を狙うハイエナと化した彼らは、業務の7割以上をこの“売り主探し”“売却物件探し”に費やすため、新人の頃から徹底的にノウハウを叩き込まれるのです。

不動産の売却価格(成約価格)が見られないため、 日本ではどんな不都合なことが起こっているのか? - ここが変だよ日本の不動産取引

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日本では、実際に物件を見て比較検討する際、「新築マンション、新築戸建て」なら不動産デベロッパーや住宅分譲会社、「中古住宅」なら不動産仲介会社と住み分けされていて、様々な不動産物件のなかから自分に最適な物件選びをサポートしてくれるエージェント(代理人)がいません。新築、中古を問わず扱えるようにした方が、買い主のためになるのではないでしょうか。

住宅ローン特約で、不動産の売買契約を白紙にできなかったら、どうする? ローン特約のトラブルを回避する5カ条を紹介! - 住宅ローン相談室

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産売買のときに付ける「ローン特約」についての理解の浅さから、不動産会社との揉め事に発展したり、より良い条件の住宅ローンを逃したりしてしまうケースがあります。そこで、「ローン特約に関わるトラブルを回避するための5カ条」を紹介しましょう。住宅ローンアドバイザーの淡河範明さんにアドバイスしてもらいました。

新築住宅の販売も”囲い込み”!? 不動産仲介会社はなぜ新築を扱えないのか - ここが変だよ日本の不動産取引

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日本では、実際に物件を見て比較検討する際、「新築住宅」なら不動産デベロッパーや住宅分譲会社、「中古住宅」なら不動産仲介会社と住み分けされていて、様々な不動産物件のなかから自分に最適な物件選びをサポートしてくれるエージェント(代理人)がいません。新築、中古を問わず扱えるようにした方が、買い主のためになるのではないでしょうか。

買い主が不動産仲介手数料を払うのは日本だけ! 3%+6万円の手数料は高過ぎる?! - ここが変だよ日本の不動産取引

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産取引では“お客さん”である「買い主」も不動産仲介会社に手数料を払わなければなりません。ちょっと考えてみると、おかしいと思いませんか。通常の買い物なら、品物の代金のほかに手数料を払うことはないわけですから。なぜ、不動産取引は別なのでしょうか。

不動産が売れない時に、不動産仲介会社の販売活動をチェックする方法とは? - 不動産を高値で売却する方法[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産を売り出しているがなかなか売れない――それは、不動産仲介会社の販売活動に問題があるかもしれない。そこで、不動産売買に詳しい価値住宅の高橋正典氏に不動産会社の販売活動が適切であるかをチェックする方法を聞いてみた。

不動産売買手数料が一律「3%+6万円」は、 なぜ世界からみて非常識なのか? - ここが変だよ日本の不動産取引

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産売買の手数料は、日本が3%+6万円が上限であるのに対し、シンガポールでは1%と非常に低くなっています。シンガポールほど手数料が低いと、売り主と買い主の両方から手数料を取らなければ経営できないように感じますが、実際は1%でもきちんと経営しています。その秘密を探っていくと、日本の手数料が「3%+6万円」に張り付いていることの非常識さが明らかになります。

不動産の「両手取引」禁止は世界の常識! 「囲い込み」の概念すらないシンガポール - ここが変だよ日本の不動産取引

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産取引の透明性を高め、不動産売買・投資市場の活性化を図るにはどうすればいいのか……。「売り主だけの味方になる」という新しいコンセプトの不動産売却サービス「売却のミカタ」を立ち上げた、不動産業界の風雲児である風戸裕樹氏。現在はシンガポールで不動産情報サービス「PropertyAccess.co」を設立し、「東南アジアの不動産取引の透明化」をミッションに掲げて不動産ビジネスの革新に取り組んでいる。東南アジアに拠点に移した風戸氏が、世界から見た、日本の不動産ビジネスの“非常識”な点を明らかにしていく。第1回は「両手取引」について考えていこう。

大手不動産仲介会社では、「両手取引」が蔓延?! 不動産売却時は、「両手取引比率」が高い会社に注意を - 不動産を高値で売却する方法[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:大手不動産仲介会社の両手取引の比率を試算したところ、驚くべきことに両手取引率が50%を超える会社が珍しくなく、両手取引が蔓延していることが判明した。日本の不動産の売買取引において、不動産仲介会社は「売り手」と「買い手」の両者から手数料を取る「両手取引」が認められているが、実は海外では問題が多いため違法とする国が多い。なぜ両手取引は問題が多いのか、また日本で両手取引が多い理由も探ってみよう。

不動産を高値で売却したいなら、 「囲い込み」「両手取引」に気をつけよう! - 不動産を高値で売却する方法[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:マンションや戸建て住宅の不動産を売却する際、悪徳不動産仲介会社に巧みに誘導され、知らないうちに不利益を被っている売主は少なくない。持ち家を高く売るためには、「囲い込み」や「両手取引」など、不動産業界に蔓延する売買のカラクリを頭に入れることが重要だ。

住宅ローンのオーバーローンは違法! 銀行から一括返済を請求されるリスクがあり、 諸費用を借りられるローンを活用すべき - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:一部のハウスメーカーは、住宅を販売する際に、「自由に使える一定のお金が欲しければ、住宅ローンを水増しして借りませんか」とすすめる営業を行っている。このような住宅ローンの借り方は「オーバーローン」と呼ばれる手法で、絶対にやってはいけない。最近は、住宅購入や住宅ローンを借りる際に必要な諸費用を借りられる住宅ローンが登場しているので、あえてリスクをとる必要はない。

住宅ローンは今や「頭金なし」で借りられる! 諸費用まで借りられるオーバーローンが可能で、 不動産仲介手数料、引越費用までOKの銀行も! - 住宅ローンおすすめ比較[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンを借りる際、「頭金なし」でも借りられる金融機関が増えている。中には、借り入れの際に必要な手数料、登記費用だけでなく引越代といった諸費用まで貸してくれる、「オーバーローン」が可能な金融機関まで登場しており、手持ち資金がなくても住宅ローンを借りやすい時代になっている。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.