投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


「信用売り」の買い戻しによる“踏み上げ”で株価上昇 が期待できる29銘柄を紹介! 昨年末の株価急落から 半年が経過して期日を迎える「売り残」の解消を狙え - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:12月25日の安値から6カ月が経過する来週に向けて、「踏み上げ」が起こる銘柄が出てくることが期待できます。そうした信用取引による需給状況に注目したスクリーニングを、アナリストの村瀬智一さんが解説! 株が安値をつけると、さらなる下落を予想した投資家による信用売りが積み上がりやすくなりますが、その後株価が持ち直すと、それらの信用売り残は買い戻しのタイミングを失って“塩漬け状態”のまま持ち続けられます。そうした大量の信用売り残は、6カ月の信用期限を目前にして、一気に処分(買い戻し)されることが予想できます。

「株主優待のタダ取り(クロス取引)」で得するなら、 GMOクリック証券がおすすめ! 一般信用の「売建」を 使って、ノーリスクで優待をゲットする方法を解説! - ネット証券会社比較

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:GMOクリック証券が、2018年8月より「一般信用売りサービス(一般信用取引の売建)」を開始した。一般信用取引の売建をもっとも活用できるのは、クロス取引による「株主優待のタダ取り手法」だろう。「株主優待のタダ取り手法」は、株式投資では避けられない株価の値下がりリスクを排除しながら、商品券や優待券、カタログギフトといった魅力的な株主優待を手に入れられるお得なトレード手法だ。このトレードを成功させるために、売買コストの安いGMOクリック証券は非常に有力な証券会社と言える。今回は、そんな「株主優待のタダ取り手法」のやり方を初心者にもわかるように丁寧に説明しつつ、そこでGMOクリック証券をどのように活用するのかを解説していこう。

日経平均の急落は「チャイナショック」再来の兆し? 米中貿易摩擦の激化が懸念される今、日経平均が 5日平均線を超えるまで、大型株は買わないのが吉! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵の藤井英敏さんが、日本株を鋭く分析する好評連載。7月2日の日経平均は前週末比492.58円(2.21%)安と大幅に反落。こうなってしまった主因は、やはり、金融市場での、米中貿易摩擦激化懸念の強まりなのだと思います。このままでは、米中は7月6日にまず340億ドル分の追加関税を発動する予定です。このため、市場では、この米中貿易摩擦が世界経済、とりわけ中国経済への悪影響が大きいことへの警戒感が強まっているのです。ところで、7月2日発表の日銀短観6月調査では、大企業製造業DIは、前回3月調査から3ポイント悪化し、プラス21と2四半期連続で悪化しました。

資産5億円の個人投資家が「信用取引」活用術を公開! 現物株・制度信用・一般信用を使い分け、一般信用で 買った「薬王堂(3385)」は、1億円超の儲けに! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:7年で資産を50倍に増やし、資産5億円を達成した個人投資家・白米さんの「信用取引活用術」を紹介!発売中のダイヤモンド・ザイ5月号の別冊付録は、100万円から資産1億円を目指す「信用取引・超入門」。信用取引の基本的な仕組みやリスク管理の仕方を解説するほか、株の達人たちが信用取引をどのように活用しているかも紹介している。今回はその中の「株の達人たちの信用取引テクニック!」から、資産5億円のスゴ腕投資家・白米さんが語る信用取引テクニックを抜粋。信用取引を検討中の人は、参考にしてみてほしい。

信用取引の裏ワザを株主優待名人・桐谷さんが伝授! 現引・現渡など、レバレッジはかけずにノーリスクで 現物取引よりお得になる、信用取引の活用法を紹介! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:桐谷さんが実践している信用取引のノーリスクの裏ワザとは?発売中のダイヤモンド・ザイ5月号の別冊付録は、100万円から資産1億円を目指す「信用取引・超入門」。信用取引の基本的な仕組みやリスク管理の仕方を解説するほか、株の達人たちが信用取引をどのように活用しているかも紹介している。今回はその中の「株の達人たちの信用取引テクニック!」から、あの株主優待名人・桐谷広人さんが語る信用取引テクニックを抜粋。信用取引を検討中の人は、参考にしてみてほしい。

DMM.com証券「DMM株」は、売買手数料が安い! 大手ネット証券との売買コスト比較から申込み方法、 お得なキャンペーン情報まで「DMM株」を徹底解説! - ネット証券会社比較

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:DMM.com証券は、国内株式のオンライントレードサービス「DMM株」を2018年4月4日(水)からスタートすることを発表した。公式サイトには、「手数料が業界最安値水準」「プロも納得 機能充実の取引ツール」「初めての方も安心な、かんたんスマホアプリ!」といったキャッチコピーが並んでいる。具体的な手数料体系やサービス内容が、気になるところだ。今回は、DMM.com証券の国内株式オンライントレードサービス「DMM株」の概要を紹介しよう。DMM.com証券が扱うのは、東京証券取引所(マザーズ、JASDAQを含む)、名古屋証券取引所、札幌証券取引所、福岡証券取引所に上場する国内株式。現物取引と制度信用取引で売買することができる。

米国市場にくらべ「戻り」が鈍い日経平均株価は 今こそ絶好の「押し目買い」の好機! 短期スタンス の銘柄は避け、指数連動ETFや優良大型株を狙え! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2月26日のNYダウは、大幅に3日続伸し、前週末比399.28ドル高の25709.27ドルと2月1日以来、約3週間ぶりの高値で取引を終えています。VIX急騰の直接のきっかけとなった米長期金利は足元で上昇が一服しているとはいえ、高値圏で推移しています。2月26日の米10年物国債利回りは、前週末終値と同じ2.86%でした。米10年物国債利回りは21日に2.95%と、2014年1月上旬以来、およそ4年1カ月ぶりの高水準に上昇しました。市場は「VIXショック」で、米長期金利の3%乗せはほぼ織り込んだと考えます。ですが、円が対ドルで強いので、米国株などが大きく上昇しても日本株が追随しきれず、日経平均株価の戻りは鈍いです。

「トレードステーション」の多彩な機能や手数料、 おすすめの使い方まで徹底解説! マネックス証券が 提供する「高機能トレードツール」を使いこなそう! - ネット証券会社比較

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「トレードステーション」は、マネックス証券から提供されている、アクティブトレーダー向けの高機能トレードツールだ。ツールの利用料は無料のうえ、2017年5月にはトレードステーション専用の売買手数料が全面改定され(最低取引手数料50円)、コスト面でもより使いやすくなった。今回は、筆者が実際にトレードステーションを使ってみた感想を元に、代表的な機能や手数料を、マニュアルには掲載されていない具体的な使い方を交えながら紹介していこう。

「楽天証券」や「SBI証券」など、5つの証券会社が 売買手数料を大幅に引き下げ! 「1日最高40万円」の 取引まで無料で売買できるお得なネット証券も登場! - ネット証券会社比較

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2017年11月末から年末にかけて、楽天証券やSBI証券、マネックス証券など5つの証券会社で、現物取引や信用取引の売買手数料が大幅に引き下げられた。その一方で、売買手数料の安さで定評のあったGMOクリック証券が、2018年1月4日から信用取引手数料を実質値上げすることを発表した。まさに、ネット証券の間で「仁義なき手数料合戦」が勃発していると言えるだろう。2017年11月末から翌1月の間に、売買手数料を改定する証券会社と適用日は以下の表の通りとなっている。それでは、現物取引/信用取引、1約定ごとのプラン/1日定額プランの組み合わせごとに、手数料がどのように安くなったか、その変更点を見ていこう。

【むさし証券のおすすめポイントを解説】 現物株・信用取引とも業界トップクラスの低コスト! 注文機能も強化され、IPO投資では穴場的な証券会社 - ネット証券会社比較

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:むさし証券は、ここ最近、アグレッシブに手数料引き下げや新サービスの提供を行っている注目の証券会社のひとつ。規模は小さいながら、大手証券にはない魅力を兼ね備えている。そこで今回は、むさし証券の概要と4つのおすすめポイントを解説。むさし証券のおすすめポイントは、(1)売買手数料がトップクラスの安さ、(2)制度信用取引・一般信用取引ともに格安、(3)自動売買機能の使い勝手が大幅にアップ、(4)IPOの取扱実績が多くライバルが少ない。さらに、むさし証券の弱点も解説。

「一般信用取引の空売り」ができる証券会社なら、 低コスト&低リスクで株主優待・配当をゲット可能! 「空売り」に役立つ取引ツールの使い方も解説! - ネット証券会社比較

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:株式投資には、信用取引の「空売り(売建て)」と呼ばれる手法がある。空売りを行って、約定後に株価が下がれば利益になる。空売りの使い方に熟練すれば、株価の上昇局面だけでなく、下落局面も収益チャンスになるのだ。信用取引は、「制度信用取引」と「一般信用取引」の2種類がある。一般信用取引で買建てに加え、売建て(空売り)もできる証券会社はそれほど多くない。下の表に、一般信用で空売りができる証券会社をまとめた。

【証券会社おすすめ比較】 信用取引コストで選ぶ!証券会社おすすめランキング (1日定額制手数料・金利・貸株料) - ネット証券会社比較

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:[2017年2月1日更新]信用取引を行うには、売買手数料の他に金利や貸株料といったコストがかかる。特にデイトレーダーのように頻繁に売買する投資家にとって、信用取引のコストはトータルの運用成績にも影響する非常に重要な要素だ。そこで、ザイ・オンラインでは信用取引の1日定額制プラン(約定50万円)の売買手数料を基準にランキングを作成。金利や貸株料も併せて掲載しているので、証券会社ごとの信用取引コストの比較に役立てて欲しい。

【証券会社おすすめ比較】 信用手数料で選ぶ!証券会社おすすめ比較 - ネット証券会社比較

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2017年1月5日時点のネット証券を信用取引の手数料で比較! 信用取引手数料が割安のおすすめ証券会社はここだ! 信用取引の手数料プランにも、現物取引同様に「一約定ごと」と「一日定額制」がある。ここでは、約定金額50万円までの信用取引について、「一約定ごと」の手数料を見ていこう。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.