投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


「つみたてNISA」口座は、商品数や積み立てる頻度、 最低積立額など、5つのポイントを比較して選ぼう! 後悔しない金融機関の選び方と変更する方法を伝授! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA」の口座開設はどの金融機関でするのが正解か?銀行・証券会社などを比較するときに重視したい「5つのポイント」を専門家がやさしく解説!「つみたてNISA」の口座選びで失敗した人には金融機関を変更する方法も教えます!少額(100円から!?)で始められて利益は非課税、売買手数料もゼロ(ノーロード)という投資初心者におすすめの「つみたてNISA」の賢い始め方がわかる!

「iDeCo(イデコ)」口座を他社に変更すべき、ダメな 金融機関の見分け方とは? 金融機関を変更するデメ リットと、それでも変更したほうがいいケースを紹介 - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)」の金融機関の変更について解説! 「iDeCo」で金融機関を変更すると、さまざまなデメリットが伴いますが、それでも乗り換えを検討したほうがいいケースもあります。「iDeCo」の金融機関を変更するデメリットは何か、あえて乗り換えすべきなのはどんな場合か、さらに変更の具体的な手続きを解説します。

SBI証券のiDeCo口座は、超低コストの投信が揃う 「セレクトプラン」がおすすめ!「セレクトプラン」 と「オリジナルプラン」の品揃えと信託報酬を比較! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:SBI証券の2つの「iDeCo」口座を比較して、これから「iDeCo」を始める人におすすめの口座を発表! 2018年11月1日から、SBI証券が「iDeCo」で新たに設定した「セレクトプラン」の資料請求受付を開始した。これからSBI証券で「iDeCo」口座を開設する人は、新しい「セレクトプラン」と現行の「オリジナルプラン」のどちらを選ぶべきなのか。また、「オリジナルプラン」ですでに運用中の人は「セレクトプラン」に乗り換えるべきなのか。「セレクトプラン」と「オリジナルプラン」の投資信託のラインナップや信託報酬などを比較して、ザイ・オンライン編集部のおすすめの「iDeCo」口座を発表!

「つみたてNISA」で投資デビューした人が抱きがちな 疑問に回答!「運用商品や金融機関を変更したい!」 「積立投資を中止したい!」などの悩みを一挙解決! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA」を始めた人たちが抱えがちな疑問や不安に回答! 運用商品や金融機関に不満がある場合はすぐ変更すべきか、家計が苦しいときに積立投資を中止すべきか続けるべきか、株価が高値圏のうちに利益確定をすべきかなど、「つみたてNISA」を始めた人たちが抱えがちな疑問を、ズバリ解決します。

「つみたてNISA」による資産の増え方や節税効果を シミュレーションした! 毎月1万円でも、投資先に よって利益は100万円超、節税額は40万円超の差に! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA」の効果を徹底検証! 20年間積み立て投資を行うと、実際に資産はどれくらい増えるのか、投資対象によって資産の増え方はどう違うのか。さらに節税額や、信託報酬による違いをシミュレーション。「つみたてNISA」でのベストな投資法を解説します。

iDeCoでは「バランス型投信」に任せて“ほったらかし 投資”が正解! メンテ不要&低コストの「バランス型 投信」を賢く選ぶ4つの条件とおすすめの商品を紹介! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「iDeCo」の投資は「バランス型」の投信1本を長期保有する「ほったらかし投資」が得策! しかしそのためには、“いいバランス型投信”をしっかり選ぶ必要があります。バランス型投信の正しい選び方と、おすすめの商品および取扱金融機関を紹介します。

世界最強の運用会社・バンガード社の投資信託の秘密 を解説! バンガード社のインデックスファンドの 強みとそれを実現する「アットコストの原則」とは? - 勝ち組トレーダーによる投資コラム集

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:インデックス投資家や米国株投資家の間では以前から知られていた米国の投資運用会社・バンガード社。昨年は、日本でも「楽天・バンガード・ファンドシリーズ」の登場で大きく話題となった。今回の吊られた男さんは、「なぜバンガード社のファンドは評価が高いのか?」「バンガード社のファンドは、どうしてコストが安いのか?」など、バンガード社の強さの秘密を解き明かす! 今では機関投資家などの間で広まっているインデックス運用ですが、それをいち早く提唱し、資産運用会社として世界トップクラスの地位に立ったのが、アメリカのバンガード社です。

「iDeCo」を始めるベストなタイミングは「今」だ! 口座管理料が無料で、コストが安い投資信託を揃えた 金融機関の登場で、「iDeCo」加入者は100万人へ! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「iDeCo」は今こそ始めるべき理由を、FPの山崎俊輔さんが解説! 2017年1月に「iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)」の加入対象が拡大され、原則、20~60歳までの現役世代は誰でも「iDeCo」に加入できるようになりました。それから、あっという間に1年3ヵ月が過ぎ、加入者が2.5倍以上に増加しています。こうした「iDeCo」の盛り上がりに寄与したのは、金融機関各社の取り組みのおかげでもあります。

つみたてNISA(積立NISA)のアクティブ型投信を 騰落率ランキングですべて紹介! 信託報酬の安さや 取り扱いのある金融機関に注目して商品を選ぼう! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:つみたてNISA(積立NISA:積立型の少額投資非課税制度)」で取り扱われるアクティブ型投資信託15本を紹介!「つみたてNISA」の対象となる商品は、金融庁が定めた一定の条件を満たした「投資信託」と「ETF」のみ。2017年12月18日時点では、「インデックス型投資信託」が117本、「アクティブ型投資信託」15本、「ETF(上場株式投資信託)」3本がその対象商品に選ばれている。ここでは、「株式型(国内・世界・米国・欧州)」と「バランス型」の投資信託にわけ、すべての商品を「過去5年の騰落率の大きい順」にランキングして紹介! それぞれの商品の信託報酬や運用内容、取り扱いのある金融機関をチェックして、購入する商品を厳選使用!

つみたてNISA(積立NISA)のインデックス型投信の 中で、信託報酬の安い商品を厳選して紹介! 騰落率や 取り扱いのある金融機関にも注目して商品を選ぼう! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA(積立NISA:積立型の少額投資非課税制度)」で取り扱われるインデックス型投資信託117本を一覧で紹介!(2017年12月18
日時点)「つみたてNISA」の対象となる商品は、金融庁が定めた一定の条件を満たした「投資信託」と「ETF」のみになる。2017年12月18日時点では、「インデックス型投資信託」が117本、「アクティブ型投資信託」15本、「ETF(上場株式投資信託)」3本がその対象商品に選ばれている。ここでは、「つみたてNISA」の対象商品となっている「インデックス型投資信託」117本を取り扱う金融機関や過去の騰落率を一覧で紹介していこう!

私のインデックス投資の状況と、その経緯、および課題について

サイト「経済&マネー」のコンテンツが kapok から公開されました。

概要:私は個別銘柄投資に加えて、インデックス投資を行っています。2017年7月現在のインデックス・ファンド保有状況と、そこに至った経緯、および今後の課題について投稿します。

タグ: ブログ更新 kapok インデックス投資 信託報酬 投資信託
参考URL: http://kapok.mydns.jp/business/my-index-investing/
投稿者: blogcheck.py 投稿日時: 2017/07/30 00:29:11 投稿番号: 24420

iDeCoの金融機関を選ぶ2つのポイントを紹介! 毎月払う「口座管理料」&「信託報酬」のコストと 「運用商品」のラインナップで注目すべき条件は? - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:iDeCoの金融機関を選ぶための大事なポイントを解説!iDeCo口座は原則として1人1口座しか開設できません。しかも金融機関によって、「費用」や「商品ラインナップ」に大きな差があるため、実はNISA以上にiDeCo口座は金融機関選びが重要になっているのです。そこで今回は、iDeCoの口座を選ぶ際の重要なチェックポイントである「費用」と「運用商品のラインナップ」について、具体的に解説します。

「iDeCo」を始めるなら、おすすめ金融機関はココ! 口座管理料が無料になり、投資信託のラインナップが 充実している「SBI証券」と「楽天証券」を比較! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:いま話題のiDeCo(個人型確定拠出年金)は、どの金融機関で口座を開設するとお得なのか? ダイヤモンド・ザイがおすすめする金融機関を紹介!ダイヤモンド・ザイ6月号では、「iDeCo(個人型確定拠出年金)の金融機関ベスト5&買うべき投資信託」を特集として掲載している。iDeCoでは、口座を作る金融機関がとても重要になる。なぜなら、金融機関によって手数料や投資信託の品揃えが大きく異なるからだ。そこで今回はダイヤモンド・ザイ6月号から抜粋して、ダイヤモンド・ザイがおすすめする金融機関を2社紹介しよう!

eMAXISスリム登場で信託報酬引き下げ競争が終了!? 既存のインデックス型投信を保有している人は、 「超低コスト」の投資信託に今すぐ乗り換えよう! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:今注目の「超低コスト」な投資信託の実態とは? 実際、どれだけ安いのか⁉ダイヤモンド・ザイ6月号では、投資信託の特集「人気の商品で本当に実力があるのは? 3大トレンドで選ぶ 今こそ買いの投信」を掲載。この特集では、タイトルにある3大トレンドとして、「超低コストな投資信託」「テーマ型の投資信託」「バランス型の投資信託」を挙げている。今回はその中から、「超低コストの投資信託」について抜粋して紹介しよう。低コストといえばインデックス型の投資信託ということになるが、実際どれだけ安いのか――インデックス型の投資信託の最新コスト事情に迫る!

アンカリング効果(Anchoring effect) 投資家の投資判断は偏り、そして間違えるのは何故か?

サイト「経済&マネー」のコンテンツが kapok から公開されました。

概要:アンカリングと呼ばれる心理効果があります。ある特定の情報を比較基準としてしまう事で、評価・判断に偏りが生じてしまう効果です。資産運用を行う際、この心理効果に惑わされないように注意しなければなりません。

タグ: ブログ更新 kapok アンカリング 信託報酬 心理効果 比較
参考URL: http://kapok.mydns.jp/business/anchoring-effect/
投稿者: blogcheck.py 投稿日時: 2017/02/05 22:42:40 投稿番号: 17413

「インデックス型投資信託」は信託報酬で選べ! 低コスト競争の今こそ、常にコストをチェックして、 信託報酬がもっとも安いの投資信託に乗り換えよう! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:コストが一番安いインデックスファンドを検証! 現在発売中のダイヤモンド・ザイ2月号は、日本株の「2017年『株』全予測&儲け方」を総力特集。株の特集ではあるが、投資信託についても詳しく紹介している。今回はその中から、投資信託のスタンダードとも言える「インデックス型」のコストに注目した記事を抜粋。インデックス型はコストの安さで知られているが、各社熾烈な低コスト競争を繰り広げており、こまめに低コストランキングは入れ替わっている。ここでは2016年12月時点の最新情報を紹介するので、乗り換え先候補の検討に役立ててほしい。 


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.