Kapok&Fintech ホームKapokの掲示板 > Tag: 個人型確定拠出年金

投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


iDeCoで「株式型」以外の投信にも分散投資している 人の資産構成比と運用方針を紹介!「債券型」投信と 「元本保証型」でリスクを抑えている実例を紹介! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:iDeCo(個人型確定拠出年金)でやや積極運用をして、利益を出している人の資産構成比や運用方針を公開!iDeCoで運用するとき、「株だけを運用する投資信託は値動きが大きくて怖い!」という人は多いだろう。そんなときは、値動きを抑えるため、債券などの低リスク投信を組み合わせて投資するのがおすすめだ。債券は低金利で上昇は見込めないが、相場下落時にクッションになってくれる。そこで今回は、ダイヤモンド・ザイ9月号に掲載した「確定拠出年金 ザイ読者12人の損益セキララ白書」の中から、iDeCoを活用して投資信託をやや積極運用をしている、読者2人の活用術を抜粋して紹介しよう。

20代で「iDeCo」を始めるメリット・デメリットは? 会社員なら10年で最大55万円超が節税できるほか、 30年以上の時間を味方にすれば運用益も期待できる! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:iDeCoを20代で始めるメリット・デメリットを解説!iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)」は、毎月の金が全額「所得控除」できたり、運用益が非課税になったりするなど、大きな節税メリットを得られる、老後資金づくりに有用な制度です。ただし、60歳まで原則的に掛金を引き出すことができないという制限があるため、60歳まで30年以上の期間がある20代なら悩むところかもしれません。しかし、その長い期間を活かせる20代だからこそのiDeCoでのメリットがあります。

iDeCoで人気の投資信託ランキング(2017年10月) SBI証券「iDeCo口座」の購入金額ランキングと、 積み立てできる投資信託の騰落率ランキングも発表! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:SBI証券iDeCoの人気商品(投資信託)の2017年10月のランキングを紹介! iDeCoで人気の投資信託ランキング(2017年10月:SBI証券)を紹介!iDeCo口座を開設するときは、事前にどんな商品(投資信託)に投資するか、ある程度考えておくことが重要になる。なぜなら、iDeCoでは「残高ゼロ口座」を作ることができず、口座開設と同時に積み立てが強制的に開始するため、事前に毎月の掛金の資産配分と運用方法を決めなければならないからだ。では、iDeCoを始めている人は実際、どんな商品に投資しているのか。iDeCoの運営管理機関のなかで、最も投資信託の取り扱い本数が多いSBI証券の2017年9月の「投資信託購入金額人気ランキング」、そして運用実績から見た「基準価額騰落率(上位)ランキング」を紹介!

「iDeCo」「NISA」「つみたてNISA」の中で、最も 優先すべきなのは節税メリットが高い「iDeCo」だ! 60歳までに必要ない資金は必ずiDeCoで運用しよう! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「iDeCo」と「NISA」「つみたてNISA」のなかで、最も節税メリットがあってお得な制度を紹介! 「iDeCo」と「NISA」のどちらを優先するかは悩ましい問題です。どちらにもユニークな特徴があり、どちらにも若干の使いにくさがあるからです。さらにややこしいのは、2018年1月からスタートする「つみたてNISA」がその選択肢に加わることです。そこで今回は、「iDeCo」「NISA」「つみたてNISA」のどれを優先するのが最も有利になるか、また併用するならどのような考え方で活用するべきか、注意点も合わせて解説したいと思います。

iDeCoで実際に資産を増やした人の活用術を紹介! リスクを取って非課税メリットを狙う「積極派」と、 長期の安定運用を目指す「慎重派」の運用術を紹介! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:安定重視?それともリスクを取って運用する?ザイ読者2人のiDeCo活用術を紹介!発売中のダイヤモンド・ザイ12月号の別冊付録は、「iDeCo(個人型確定拠出年金)で老後貧乏から脱出せよ!」。iDeCoの仕組みや活用ワザを紹介しており、老後資金をつくりたい人には必見の内容だ。今回はその中から、ザイ読者2人のiDeCo活用術を紹介! どんな考え方の下に、どんな商品を選択しているかチェックし、自身のiDeCo活用時の参考にしてみてほしい。

「確定拠出年金」の積極的な運用で成功するコツは? 株式100%の高リスク投資信託を積み立てて、掛金を 1.5倍に増やした人の資産構成比と運用方針を紹介! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:個人型や企業型の「確定拠出年金」で積極運用をして利益を出している人に、その資産構成比や運用方針を直撃!ダイヤモンド・ザイ9月号に掲載した「確定拠出年金 ザイ読者12人の損益セキララ白書」の中から、個人型および企業型の確定拠出年金の掛金の100%を「株式型」の投資信託で運用している読者2人のポートフォリオや運用方針を抜粋して紹介しよう!

iDeCoに加入しても「やってはいけないこと」とは? 60歳まで引き出せないiDeCoの掛金を捻出するには、 固定費や生活費の「前向きな節約」を実行しよう! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:iDeCoの掛金として月1.2万円を捻出するために、生活費を上手に節約する2つの方法を紹介! iDeCoは早く始めた人ほど、たくさん税制優遇が受けられ、老後資金として多くの元本を積み立てるチャンスが得られます。ですから、iDeCoを始めるなら基本的に「思い立ったが吉日」です。しかし、iDeCoの間違ったスタート方法が1つだけあります。それは、「今、行っている月々の貯金額を減らして、iDeCoの掛金に回す」というものです。では、貯金の額を維持したまま、iDeCoの掛金を絞り出すにはどうすればいいのでしょうか?

iDeCoで人気の投資信託ランキング(2017年9月版) SBI証券「iDeCo口座」の購入金額ランキングと、 積み立てできる投資信託の騰落率ランキングも発表! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:SBI証券iDeCoの人気商品(投資信託)の2017年9月のランキングを紹介! iDeCoで人気の投資信託ランキング(2017年9月:SBI証券)を紹介!iDeCo口座を開設するときは、事前にどんな商品(投資信託)に投資するか、ある程度考えておくことが重要になる。なぜなら、iDeCoでは「残高ゼロ口座」を作ることができず、口座開設と同時に積み立てが強制的に開始するため、事前に毎月の掛金の資産配分と運用方法を決めなければならないからだ。では、iDeCoを始めている人は実際、どんな商品に投資しているのか。iDeCoの運営管理機関のなかで、最も投資信託の取り扱い本数が多いSBI証券の2017年9月の「投資信託購入金額人気ランキング」、そして運用実績から見た「基準価額騰落率(上位)ランキング」を紹介!

iDeCo口座の取り扱い商品が多い金融機関がいいとは 限らない! 2018年5月に取扱商品上限が35本になる iDeCo口座での投資戦略と金融機関の選び方を解説! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:iDeCoで運用商品が少なくても問題がない理由とは? iDeCoを活用した資産運用を考えるとき、しばしば指摘されるのが「iDeCoでは運用の選択肢(運用商品数)が少なすぎる」ということです。しかし、運用の選択肢が少ないことは本当にデメリットなのでしょうか? そこで今回は、iDeCoでは運用商品が少ない理由と、少なくても問題がない理由を説明していきたいと思います。

iDeCoで人気の投資信託ランキング(2017年8月版) SBI証券「iDeCo口座」の購入金額ランキングと、 積み立てできる投資信託の騰落率ランキングも発表! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:SBI証券iDeCoの人気商品(投資信託)ランキングを紹介! iDeCo口座を開設するとき、とても重要なのが「どんな商品(投資信託)に投資するか」ということ。なぜなら、iDeCoは「残高ゼロ口座」を作ることができず、口座開設と同時に積み立てが強制的に開始するため、事前に毎月の掛金の資産配分と運用方法を決めなければならないからだ。では、iDeCoを始めている人は実際、どんな商品に投資しているのだろうか。iDeCoの運営管理機関のなかで、最も投資信託の取り扱い本数が多いSBI証券の「投資信託購入金額人気ランキング」、そして運用実績から見た「基準価額騰落率(上位)ランキング」を紹介!

iDeCoで失敗しない「資産配分」と「運用方法」を 3つのステップで紹介! 定期預金と投資信託への 適切な資産配分とおすすめの投資信託の種類とは? - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:iDeCoでの資産配分と運用の方法を3つのステップで紹介!さらに、おすすめの投資信託の種類を紹介! iDeCoでは、口座開設後に必ず掛金の資産配分や運用方法を設定しなければなりません。しかし実際は、どう運用すればいいのかわからず、「定期預金100%」で運用を始めてしまう人が少なくありません。そこで今回は、iDeCoでの定期預金と投資信託への適切な資産配分と、おすすめの投資信託の種類を紹介します。

「確定拠出年金」で分散投資して利益を出す方法とは? 株だけでなく債券など低リスク投資信託を組み入れて 成功している人の資産構成比や運用方針を大公開! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:確定拠出年金で利益が出ている人の運用方針やポートフォリオとは? ザイ読者の確定拠出年金の活用術を大公開!確定拠出年金には、勤務先が用意してくれる「企業型」と、主婦や公務員も入れるようになった「個人型(iDeCo)」があるが、いずれも運用益が非課税などメリットがたくさん。とはいえ、まだ始めていない人や、定期預金のみで運用しているのも多い、というのが実情のよう。そこで、現在発売中のダイヤモンド・ザイ9月号では、特集「確定拠出年金 ザイ読者12人の損益セキララ白書」で、積極的に確定拠出年金を活用している読者のポートフォリオや運用方針を紹介!そもそも、確定拠出年金はなぜ始めたほうがいいのか、という基本のポイントもまとめているので、これから確定拠出年金を始めたい人、運用をきちんと考えてみたい人にぴったりだ。読者の運用方針はさまざまだが、今回はリスクの高い資産だけでなく、債券型などの低リスクな投資信託も含め、「分散運用」で成果を上げている読者2人の活用術を抜粋して紹介する。

iDeCoで運用できる商品「元本確保型商品」と 「投資信託」を解説! 定期預金はペイオフの対象、 投資信託は手数料が安いなど、メリットと注意点は? - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:iDeCoで運用できる商品「元本確保型商品」と「投資信託」についてわかりやすく解説! iDeCoでは、「元本確保型商品」である定期預金や保険タイプの商品、そして投資信託に資金を拠出して、運用することができます。iDeCoでの運用は、NISAや財形年金にはないメリット・注意点もあるため、始める前にチェックしておくことが重要です。

「確定拠出年金」で利益を出している運用術を公開! 個人型と企業型、それぞれの確定拠出年金の運用で 成功している人の積み立て銘柄や資産構成比は? - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:確定拠出年金で利益が出ている人の運用方針やポートフォリオとは? ザイ読者の確定拠出年金の活用術を大公開!確定拠出年金には、勤務先が用意してくれる「企業型」と、主婦や公務員も入れるようになった「個人型(iDeCo)」があるが、いずれも運用益が非課税などメリットがたくさん。とはいえ、まだ始めていない人や、定期預金のみで運用しているのも多い、というのが実情のよう。そこで、現在発売中のダイヤモンド・ザイ9月号では、特集「確定拠出年金 ザイ読者12人の損益セキララ白書」で、積極的に確定拠出年金を活用している読者のポートフォリオや運用方針を紹介!そもそも、確定拠出年金はなぜ始めたほうがいいのか、という基本のポイントもまとめているので、これから確定拠出年金を始めたい人、運用をきちんと考えてみたい人にぴったりだ。今回は特集内から、確定拠出年金の基本的なルール解説と、読者2人の活用術を抜粋してみたい。

iDeCoの口座開設前に金融機関の「お得度」を計算! 「管理手数料+信託報酬」が割安な金融機関がわかる 「計算式」で、iDeCoをもっとお得に活用しよう! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:iDeCoの金融機関を選ぶための大事なポイントを解説!iDeCo口座は原則として1人1口座しか開設できません。しかも金融機関によって、「費用」や「商品ラインナップ」に大きな差があるため、実はNISA以上にiDeCo口座は金融機関選びが重要になっているのです。そこで今回は、iDeCoの口座を選ぶ際の重要なチェックポイントである「費用」と「運用商品のラインナップ」について、具体的に解説します。

iDeCoの金融機関を選ぶ2つのポイントを紹介! 毎月払う「口座管理料」&「信託報酬」のコストと 「運用商品」のラインナップで注目すべき条件は? - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:iDeCoの金融機関を選ぶための大事なポイントを解説!iDeCo口座は原則として1人1口座しか開設できません。しかも金融機関によって、「費用」や「商品ラインナップ」に大きな差があるため、実はNISA以上にiDeCo口座は金融機関選びが重要になっているのです。そこで今回は、iDeCoの口座を選ぶ際の重要なチェックポイントである「費用」と「運用商品のラインナップ」について、具体的に解説します。

【大和証券のiDeCo、手数料・メリットは?】 残高50万円以上なら口座管理料が無料に! 投資初心者も選びやすい、厳選された投資信託が魅力 - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:大和証券のiDeCoは残高が50万円以上なら口座管理料が無料! しかも2018年3月までのキャンペーン期間中に加入すれば、口座管理料が1年分無料、さらに初期費用の加入・移換時手数料や運営機関変更時手数料が無料でお得。投資信託は厳選の15本を用意!新興国株式のアクティブファンドが充実しているのも魅力。

iDeCoに入るべき人、入らないほうがいい人は? 積極的にiDeCoを利用すると得をする3つのタイプと、 iDeCoに入らないほうがいい4つのケースを紹介! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2017]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「今すぐiDeCo(個人型確定拠出年金)に加入したほうがいい人」と「iDeCoへの加入はちょっと待ったほうがいい人」の違いとは?iDeCoには、大きな節税メリットがあります。それに加えて、職業や働き方によって「iDeCoに加入すると、さらにメリットが大きくなる人」がいます。その一方で、「iDeCoにどんなにすごい節税メリットがあっても、iDeCoに入るのはちょっと待ったほうがいい」という人もいます。では、どんな人ならiDeCoに加入したほうがメリットは大きくなり、どんな人ならiDeCoに加入するのを待ったほうがいいのでしょうか? 

iDeCo(個人型確定拠出年金)4つのデメリットとは? はじめる前に必ずチェックしないと失敗する、 口座開設や運用商品、解約に関する注意点を解説! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2017]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:iDeCo(個人型確定拠出年金)の4つのデメリットを紹介! iDeCoに関する情報を読むと、いいことばかりが書いてあり、使わないと損をするように思えてきます。しかし、やみくもに始めてしまうと後悔する可能性も!そこで今回は、始めてから失敗や後悔しないために知っておきたい、iDeCoの4つのデメリットを紹介します。

iDeCoの節税メリットを得るための手続きを紹介! 掛金拠出時、運用時、受け取り時の3つの場面で、 損することなく確実に税制優遇を受ける方法とは? - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2017]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:iDeCo(個人型確定拠出年金)には、絶大な節税メリットがあります。具体的には、(1)掛金が全額所得控除の対象になり、所得税や住民税がお得に、(2)運用で儲けた利益は課税されない、(3)受け取り時は税制優遇がある、という3つの節税メリットです。ですが、“必要な手続き”を行わなければ、これらの絶大な節税メリットを取り逃してしまいます。

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.