投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


銀行に支払う住宅ローンの保証料ってなに? 保証料を取らないネット銀行の続出で、 問われ始めた保証料を取ることの意味 - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:銀行と住宅ローンを組む際に、多くの銀行で条件とされているのが「住宅ローン保証会社との契約」。多額の保証料を支払っており、万が一の事態に陥った場合には、何か手助けをしてくれるのでは、と考えてしまいそうだ。しかし、結論から言えば、残念ながら、住宅ローン保証会社が、ローン破綻に陥った借り手のために、救いの手を差し伸べてくれることはない。最近台頭している、ネット銀行の一部は、保証料を取らない銀行も出てきており、保証料を取ること自体の意味が問われている。

住信SBIネット銀行の保障拡充記念!? 「全疾病保障団信」って本当にお得か分析 保障対象入院者数は、なんと「5倍」に! - 住宅ローンの選び方[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住信SBIネット銀行の「全疾病」保障特約が話題になっています。もとから8疾病(ガン、脳卒中、急性心筋梗塞、高血圧症、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変、慢性膵炎)についての保障が無料で付帯していたのですが、今回は保障の対象が全ての病気やケガに拡大されました。どのくらいお得な保障なのか、きっちりと分析してみせます!

2017年7月の住宅ローン金利動向を予想! 変動金利、10年固定、フラット35など、 人気商品の来月の金利は上がる?下がる? - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来月の住宅ローン金利はどうなる? 2017年7月の住宅ローン金利を予想してみよう。金利動向を推測すると、7月の住宅ローン金利見通しには大きな方向性はなく、各銀行の戦略によって金利の引き上げ、引き下げが入り乱れる格好となりそうだ。また、じぶん銀行が変動金利を下げてくるかどうかも注目される。

住宅ローンが破綻したら「任意売却」の検討を! 「競売」よりも高値売却が可能でメリット大 経験が豊富な専門家に早めに相談しよう - 住宅ローン借り換え比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンが返済できなくなってしまった、つまりローンが破綻した場合、「競売」という言葉がまず思い浮かぶのではないだろうか。しかし近年、この競売に代わって注目されているのが「任意売却」という制度。競売に比べて高値で売却でき、残債も抑えられる可能性があるので、検討してみよう。

マンション販売現場で、住宅ローン相談体験【第2回】 住宅ローンの試算システムで精緻に見えたが、 団信保険料は、初年度分しか計算しない欠陥あり! - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:分譲予定のマンションモデルルームの場合、営業マンは住宅ローンに関してどのように相談に乗ってくれて、どんな住宅ローンをすすめるのか。前回に引き続き、フリーランスのルポライター・鈴木謙治氏(仮名)が、実際にマンションショールームに出向き、覆面取材をしてきた。今回は、前回とは別の大手不動産会社のマンションモデルルームを訪問してみた。

マンション販売現場で、住宅ローン相談体験【第1回】 「返済中に亡くなれば、ローンはなくなりますよ」と 販売したいあまり、暴言を吐く営業マンに唖然! - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:マンション販売現場で住宅ローンの相談をすると、必ずしもお得な住宅ローンを借りられるとは限らず、また、物件を買わせるためにどうしても借り過ぎになる傾向がある。そこで2回にわたり、フリーランスのルポライター・鈴木謙治氏(仮名)が、実際のマンションモデルルームに出向いて、住宅ローンの相談に対してどう対応しているのか、覆面取材してみた。第1回は、山手線の内側で分譲している、大手不動産会社のマンションモデルルーム。「返済中に死ねば、ローンはなくなりますよ」と、暴言を吐く営業マンに呆然とした!

住宅ローンの「借入可能額」の決め方とは? 審査の専門家が、銀行内部の計算法を公開 年収別に、本当に借りられる額を試算してみた! - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンを借りる前に、自分の「借入可能額」を知ることは重要だ。そこで、住宅ローンの借入可能額について、金融機関で住宅ローンの審査を担当していた専門家に聞いたところ、銀行内部では「審査金利」という、独自の金利を使って審査しているという。この審査金利を使って、「年収別の借入可能額」を試算してみたところ、通常の銀行の借入可能額は、半官半民の「フラット35」に比べて、少なめであることが分かった。

毎年、2%強が住宅ローンで破綻! 支払い困難なら、恥ずかしがらずに銀行に相談を 6カ月以上延滞すると、自宅を失う可能性大 - 住宅ローン借り換え比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:病気やケガ、離職や転職などによる収入の減少など、さまざまな要因によって、一時的にあるいは継続的に住宅ローンを支払うことが難しくなるケースがある。将来の収入増を見越して組んだ「ステップローン」の場合なら、支払い額の増加に収入が追いつかないというケースもあるだろう。そんな時、どうしたらいいのか。

ブロガー千日がおすすめの「フラット35」は? 実力派4銀行をガチで徹底比較! 初めて家を買う人も、お得な住宅ローンを見つけよう - 住宅ローンの選び方[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ブロガーの千日太郎です。今日は、フラット35(新規借入)の最低金利を出している4銀行・金融機関(アルヒ、楽天銀行、住信SBIネット銀行、優良住宅ローン)を比較して、どこがトータル支払額でもっとも安くなるのか、ランキングで紹介したいと思います。

年収不足で住宅ローンが借りられない時の裏技! 「親子リレーローン」の上手な活用法とは? - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「親子リレーローン」とは、通常、個人や夫婦で借りる住宅ローンを、親子で借りるというものだ。フラット35だけではなく、民間の銀行でも親子リレーローンを取扱っている。「二世帯住宅のローンを親子で支払う」という使い方だけではなく、「年収不足で住宅ローンが借りられないので、親の年収を計算上だけでも合算したい」という場合にも使える。それも親の年収をフルに加算できるので非北に使い勝手がいいので、検討したいところだ。

銀行が調べても、ばれない借金がある?! 住宅ローンの元審査担当が明かす、真の「調査力」 - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンを借りる際には、必ず「他に借金はありませんか」と聞かれる。そこで、銀行相手に”黙秘権”は通用するのか、また嘘をついても大丈夫なのか、住宅ローンの審査基準に詳しい、イエールの窪田光洋社長に聞いてみた。銀行は、個人信用情報をベースに審査しており、そこに記載されている情報を中心に審査していることが分かった。

住宅ローンの最新金利動向チェック【2017年5月】 5年固定で史上最低金利の0.3%が登場! 金利反転の兆しもあり、今が絶好の借り換え時?! - 住宅ローン借り換え比較ランキング[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2017年5月の住宅ローンの最新金利動向は、5年固定で、史上最低金利の0.3%が登場しました。一方、激戦区の10年固定が混戦模様となり、金利を上げる金融機関と下げる金融機関がほぼ半々という状態です。今後もこの傾向が続くのか、住宅ローンアドバイザーの淡河範明さんが、借り換えを中心に、各銀行・金融機関の動きを見ていきます。

年収1000万円でも住宅ローン審査に落ちる? 住宅ローンの審査基準を作った元銀行マンが、 知られていない「5つの新常識」を解説! - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンの借り入れで大きなハードルとなるのが、住宅ローンの審査だ。「収入も自己資金もたっぷりあるのに、なぜか審査に落ちた…」といった声がある一方で、その逆もある。この謎を解くには、銀行が設定している審査基準や、その考え方を知る必要がある。そこで、住宅ローン審査の専門家の話をもとに、住宅ローン審査の新常識について、クイズ形式で解説していこう。

住宅ローンを変動金利で借りた人の「誤解」とは? 「変動金利だからゼロ金利の恩恵がある」は間違い! 借り換えで、300万円以上、もうかるケースも - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンを「変動金利」で借りている人の多くは、「借り換えの必要がない」と考えている。しかし、それは大間違いだ。実は、過去に借りた人のほとんどが「高い変動金利のまま」になっている。試算してみると、借り換えによって300万円以上もお得になるケースもある。低金利が続いている今のうちに、借り換えを急ぐべきだろう。

「モゲチェック・プラザ」で住宅ローン借り換えを 相談すると、平均480万円のメリットを実現? 住宅ローン借り換えサービスの実力を検証! - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンを借り換えるなら、どの銀行のどの商品が自分にとって最適なのかを相談してくれる、住宅ローン有料相談が増えている。中でも、2016年に登場した「モゲチェック・プラザ」は、最先端の分析ツールを使って、専門家がベストな住宅ローンを選択してくれるとうい徹底したサービスを展開。手数料は成功報酬型ながら、20万円の相談料がかかるものの、その結果、平均でなんと480万円も返済額が削減されるという。果たして、それだけの料金を支払うだけのメリットがあるのか、検証してみた。

[SBIマネープラザの住宅ローンの金利・手数料は?] 窓口相談でも、ネット銀行並みの低金利を実現! さらに8疾病保障が無料という充実の保障体制 - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:金融グループであるSBIグループの企業で、「家計と暮らしに関するあらゆる相談に店舗で対応する」というコンセプトで、2012年にスタート。住宅ローンや銀行預金をはじめ、証券から保険まで多種多様な金融商品を扱う。全国に17店舗を展開しており、そのうち住宅ローンを取り扱っているのは7店舗。住宅ローンについては、住信SBIネット銀行の「MR.住宅ローンREAL」、アルヒの「ARUHIフラット35」を販売している。

まだ住宅ローンの借り換えができていない人に朗報! 北朝鮮問題で長期金利が下降し、5月がチャンス? 混雑を避けたいなら、今のうちに仮申し込みを! - 住宅ローンの選び方[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ブロガーの千日太郎です。昨年、住宅ローンを借り換えようとしたがタイミングを逸してしまった、見逃してしまったという人に「朗報」です。長期金利が急激に下降しており、5月の住宅ローン金利が大きく低下する可能性が高くなっています。特にフラット35、10年固定金利が低下しそうです。このチャンスを逃したくないという人は、銀行が忙しくなる前に、早めに事前審査を申し込んでおきましょう。

住宅ローンのオーバーローンは違法! 銀行から一括返済を請求されるリスクがあり、 諸費用を借りられるローンを活用すべき - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:一部のハウスメーカーは、住宅を販売する際に、「自由に使える一定のお金が欲しければ、住宅ローンを水増しして借りませんか」とすすめる営業を行っている。このような住宅ローンの借り方は「オーバーローン」と呼ばれる手法で、絶対にやってはいけない。最近は、住宅購入や住宅ローンを借りる際に必要な諸費用を借りられる住宅ローンが登場しているので、あえてリスクをとる必要はない。

住宅ローン金利の最新動向チェック【2017年4月】 激戦区の10年固定は、りそな銀行が圧倒的優位を堅持 キャンペーン終了の三菱東京UFJ銀行が下位に沈む - 住宅ローン借り換え比較ランキング[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2017年4月の住宅ローンの金利は、住宅ローン金利の最新動向および金利ランキングを、住宅ローンアドバイザー・淡河範明さんが徹底解説します。

「モゲチェック・プラザ」で住宅ローン借り換えを 相談すると、平均480万円のメリットを実現? 住宅ローン借り換えサービスの実力を検証! - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンを借り換えるなら、どの銀行のどの商品が自分にとって最適なのかを相談してくれる、住宅ローン有料相談が増えている。中でも、2016年に登場した「モゲチェック・プラザ」は、最先端の分析ツールを使って、専門家がベストな住宅ローンを選択してくれるとうい徹底したサービスを展開。手数料は成功報酬型ながら、20万円の相談料がかかるものの、その結果、平均でなんと480万円も返済額が削減されるという。果たして、それだけの料金を支払うだけのメリットがあるのか、検証してみた。

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.