投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


「住宅ローン借り換えクリニック」なら、 平均478万円も支払額を削減できる! 金利上昇リスクもチェックしてくれて安心 - 住宅ローンおすすめ比較[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンを借り換えるとき、どの銀行のどの商品が自分にとって最適なのかを相談できる、住宅ローン有料相談が増えている。「住宅ローン借り換えクリニック」は、5000件以上の住宅ローン相談実績を基にしたオリジナルのノウハウを持つ専門家集団がベストな住宅ローン選びを手助けしてくれる。借り換えにより、平均で478万円もの返済額の削減に成功しているという。どんなサービスなのか、検証してみた。

じぶん銀行が住宅ローンの無料団信を拡充! 追加した「全疾病保障(180日以上入院)」は、 他社よりカバー範囲が広く、保障が充実! - 住宅ローンおすすめ比較[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:業界トップクラスの超低金利と手厚い保障内容の住宅ローンで知られる「じぶん銀行」。三菱UFJ銀行と「au」を運営するKDDIが共同で立ち上げたネット銀行だけに、高い信頼性と低金利に加えて、充実した保障内容を用意している。今回、新たに「金利上乗せなし(無料)」で、「全疾病保障(入院継続180日以上で残高0円)」の保障を追加した。では、実際にはどのくらいお得なのか、ザイ・オンラインが検証してみた。

住宅ローン選びの主役は「金利」! 金利差0.1%で、総返済額はこんなに変わる!! - 住宅ローンの基礎知識[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンの選び方によって、「金利」などの違いから総返済額で何百万円も差が出ることも珍しくありません。住宅ローン選びは人生を左右する問題と言ってもいいでしょう。一方で、何百、何千もある住宅ローンからたった一つを探し出すには、ポイントを知っておく必要があります。保証料や事務手数料、付帯サービスなど、総返済額を減らすために比較しなければならない要素はいろいろありますが、いちばん大事なのは、やはり「金利」です。

今や「住み替え」する人の常識は、「買い先行」! フラット35の融資基準変更で、ダブルローンが借りやすくなったので、まずは住み替え先を探そう - 住宅ローン相談室

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住まいの「住み替え」を考える際、問題となるのは資金面です。新たに銀行から住宅ローンを借りる場合、「売り先行」か、「買い先行」で、悩む人は多いでしょう。ただし、フラット35の融資基準変更があったため、今や「買い先行」がおすすめといっても問題ない状況となりました。住宅ローンアドバイザーの淡河範明さんに、借り方のポイントやおすすめの商品をアドバイスしてもらいました。

[東京スター銀行の住宅ローンの金利・手数料は?] 老後の資金繰りのケアや充実した保障体制に定評 普通預金の金利がメガバンクの100倍の0.1%に! - 住宅ローンおすすめ比較[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:東京スター銀行は、通常の住宅ローンである「スター住宅ローン」に加え、預金連動型住宅ローン「スターワン住宅ローン」、「リバースモーゲージ(充実人生)」などの商品を取り揃えており、ローンの借り入れから老後の資金繰りまでしっかりとケアしてくれるのが特徴。給与振り込みを同銀行にすれば、通常0.0001%程度の普通預金の金利が100倍の0.1%になりお得だ。

住宅ローン控除に不可欠な「確定申告」は怖くない! 申告期間、必要書類などのポイントを解説 - 住宅ローンおすすめ比較[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンを借りた初年度は、通常は確定申告をしなくてもよい会社員等であっても、住宅ローン控除を受けるために確定申告を行う必要がある。確定申告と聞くと、税理士に依頼する必要があると思う人は多いようだが、申告書は国税庁のホームページから簡単に作成することができる。今回は、自分で確定申告する際のポイントを紹介する。

2019年3月の住宅ローン金利を大胆予想! 変動、3年、10年、20年、35年固定金利の動向と 各銀行のオススメ住宅ローンを紹介します - 住宅ローンの選び方[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:今日は、主要銀行の2019年3月の金利動向を予想したいと思います。変動、3年、10年、20年、35年固定金利の動向と、オススメの住宅ローンを紹介しましょう。また、2019年3月には、新築マンションの引き渡しを受ける人が多いと思いますので、住宅ローンの申し込み方から借り方まで、併せて解説しましょう。

東京の年収700万円台世帯は住宅ローン破綻必至!? 「背伸び消費」で、貯金はわずか月2万円弱! 変動金利が1.5%上昇しただけで、家計は火の車 - 住宅ローン相談室

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在、変動金利は0.5%を切る史上空前の超低金利状態です。しかし、変動金利は銀行が金利を引き上げることのできる商品。ひとたび金利上昇局面となれば、毎月返済額がアップし、余裕のない家庭は住宅ローン破綻をしかねません。今回調べてみたところ、特に東京都では平均的ともいえる年収700万円台世帯に「破綻予備群」が多く潜んでいることがわかりました。

住宅ローン借り換えで注意したい「担保不足」とは? 物件価値の下落などにより、審査で落ちるケースも - 住宅ローンの選び方[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ここ最近、日銀の政策修正によって大手銀行が軒並み当初固定金利を上げたため、「いよいよ金利が上がるのでは?」というムードに包まれています。借り換えを検討している人にとっても、気になるところですよね。そこで今回、借り換えの際に担保不足など審査で注意すべきポイントを解説します。

2018年7月の日銀政策修正で金利は底を打つ! 住宅ローン借り換えの最後のチャンスで、 おすすめの変動金利、長期固定金利は何か? - 住宅ローンの選び方[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2018年7月31日に日銀が公開した金融政策の修正により、「いったい、いつまで下がるのか?」と言われていた住宅ローンの金利の底が見えたのではないかと思っています。そこで千日なりの、変動金利、長期固定金利を予想して、「最後の借り換えチャンス」と言える今、何に借り換えればいいかを検討しましょう。

住宅ローンを1回でも滞納すると、 金利が跳ね上がるのは本当? 滞納後の銀行の対応と対策をプロが解説 - 住宅ローン相談室

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンを滞納すると、それが1回であっても、金利が跳ね上がる可能性があることをご存知でしょうか。滞納した場合、最終的には競売にかけられて住めなくなってしまいます。そこで、ローンを滞納してしまった場合の銀行の対応と、その対策を紹介しましょう。住宅ローンアドバイザーの淡河範明さんによれば、返済危機に陥ったときに何よりも大切なのは、「いち早く手を打つ」ことだと言います。

仁義なき「住宅ローン金利引下げ戦争」が勃発! 住信SBIネット銀行が、りそな銀行に対抗して、 緊急引下げによる「変動金利0.428%」を実現 - 住宅ローンおすすめ比較[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:仁義なき「住宅ローン金利引下げ戦争」が勃発している。5月8日に住信SBIネット銀行は、異例となる月中での金利引き下げを断行し、変動金利(借り換え)を0.439%から0.4287%に引き下げると発表した。これは、りそな銀行が5月1日に変動金利(借り換え)を引き下げ、トップの座を奪われたことに即座に対抗したものだ。住宅ローンの変動金利は昨年以降、急速に金利が下がっており、現在は0.5%を割り込むのが当たり前という史上最低水準になっている。「金利引下げ戦争」はどこまで加熱するのだろうか。

住宅ローンの変動金利が激戦区に! りそな銀行が0.429%と史上最低金利を発表 - 住宅ローンおすすめ比較[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンの金利引き下げ競争が激化している。各銀行は「変動金利」をメーンの商品として考えており、金利は0.4%台まで低下。5月1日には、りそな銀行が変動金利(借り換え)を0.429%という史上最低水準まで引き下げた。この競争はいったいどこまで続くのか、また将来、金利を引き上げる可能性はあるのだろうか。

住宅建築中に死亡したら、つなぎ融資はどうなる? 無保障期間は「短期団信」でリスクを回避しよう - 住宅ローン相談室

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:注文住宅を建てるのに「つなぎ融資」を使った場合、借り入れ中に借り手が死亡したり、高度障害になったりしたらどうなるのでしょうか? 住宅ローンを組むとき、多くの人が団体信用生命保険(団信)に加入しますが、つなぎ融資の借り入れ中にも、実は「短期団信」という保険が存在します。つなぎ融資のリスク対策を、住宅ローンアドバイザーの淡河範明さんにアドバイスしてもらいました。

住宅ローンで「土地代の先行融資」「借地権付き物件」「市街化調整区域」を借り入れはできる? 主要14銀行の「資金使途」を徹底調査! - 住宅ローンおすすめ比較[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンで「土地代の先行融資」「借地権付き不動産の購入」「底地の買い取り」はできるのだろうか。また、「土地区画整理事業区域」「市街化調整区域」など、家を建てる場所によっては住宅ローンが借りられないこともある! 今回ザイ・オンラインでは、主要14銀行・金融機関の住宅ローンについて、どんな「資金使途」が認められているのかをまとめてみた。銀行によって借入基準は大きく異なるので、ぜひ参考にしてほしい。

「土地代金」「注文住宅の工事代金」はどう借りる? 住宅ローンの「分割融資」「つなぎ融資」を完全解説 - 住宅ローン相談室

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:新規に土地を購入して注文住宅を建てる場合、土地代金や工事の着手金などは「分割融資(土地先行融資)」「つなぎ融資」で借りることができます。ただし、仕組みが複雑なため、不動産会社や銀行の言うなりに借りて、メリットを十分に享受できていないケースも散見します。そこで借り方のポイントを、住宅ローンアドバイザーの淡河範明さんにアドバイスしてもらいました。

住宅ローンで別荘、投資用物件、アパート併設物件を購入できる? 主要15銀行の「資金使途」を徹底調査 - 住宅ローンおすすめ比較[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンで、別荘、投資用物件、店舗併用物件、アパート併設物件を購入できるのか。また、リフォーム費用を住宅ローンに参入できるのだろうか。今回、ザイ・オンラインで主要15銀行の住宅ローンについて、どんな「資金使途」が認められているのかをまとめてみた。銀行・金融機関によって基準が大きく異なるので、参考にしてほしい。

「変動金利か、固定金利か」で迷ったら、 「ミックスローン」の住宅ローンを選ぼう! ミドルリスク、ミドルリターン志向の人に最適 - 住宅ローンおすすめ比較[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンを借りるとき、変動金利にするか固定金利にするかを迷う人は多いだろう。そこでよく利用されているのが、複数のローンを組み合わせた「ミックスローン」だ。住宅ローンに詳しいファイナンシャルプランナーの山本俊成さん(ファイナンシャル・マネジメント代表)に、ミックスローンののメリットとデメリットや、繰上返済の上手な方法を聞いた。

3月末までに住宅ローンを借り換えするなら イオン銀行の「期末スペシャル金利」がおトク! 「買い物5%オフ」の併用で、最も有利なローンに! - 住宅ローンおすすめ比較[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:イオン銀行が、借り換え限定で、住宅ローン金利を引き下げた「期末スペシャルプラン(変動金利で0.45%)」を提供し注目を集めている。イオン銀行の住宅ローンは低金利だけでなく、「イオングループでの買い物が5年間5%オフ」という特典が付くのも魅力。では、このプランに借り換えると、他行に比べてどの程度お得で、どんな人が借り換えるとメリットがあるのか。ザイ・オンラインが検証してみた。ザイ・オンラインが検証してみた。

夫婦で一緒に借りた住宅ローンは、 離婚すると「思わぬトラブル」の原因になる! 連帯保証、ペアローンのデメリットを解説 - 住宅ローンおすすめ比較[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:共働き夫婦が、夫婦一緒に住宅ローンを借りる場合、契約方法は、「連帯債務契約」、「連帯保証契約」、「ペアローン」の3つがある。将来、配偶者が離婚に至った場合には、思わぬトラブルが待ち受けていることがある。よくある「夫・単独名義の住宅ローン」と比べて、どんなメリット・デメリットがあるのか、解説しよう。

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.