投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


日経平均は強いものの、急激な上昇トレンドは期待薄 今は、短期マネーが流入している小型株市場で 短期の回転売買を回し、利益を積み上げる時期! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:6月27日前場の日経平均株価は、続伸しています。始値は前日比75.77円高の2万229.12円でしたが、その後、上げ幅を拡大して一時2万250.10円と、20日に付けた終値ベースの年初来高値の2万230.41 円を上回る場面がありました。6月27日の上昇の背景は、前日26日の米国株高と円安です。また、27日は6月や12月が決算期末の企業の中間配当などの権利を得る最終売買日ですから、権利取りの買いも入ったことでしょう。

再び「2万円台回復」を果たした日経平均株価は、 堅調に推移するも力強いトレンドの見えない状態! 今は上昇トレンドを描く「マザーズ市場」が狙い目! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:6月13日~14日のFOMC、15~16日に開かれた日銀金融政策決定会合という2大重要イベントを無事に通過したことで、イベントリスクが大幅に低下しました。この結果、多くの投資家が動きやすくなり、リスクオンになりました。FRBは6月13日~14日のFOMCで、0.25%の利上げを決めました。また、量的緩和で膨らんだ保有資産の縮小にも着手することを表明しました。日銀は、長短金利操作付きの量的・質的金融緩和政策の維持を決めました。これら日米中央銀行の決定は、市場の事前予想通りでした。

日経平均株価の2017年7月中旬までの値動きを ネット証券4社のエースアナリストがズバリ予想! アベノミクス後の高値、2万952円の突破なるか!? - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日経平均株価は6月に入り念願の2万円に到達! 米国のトランプ大統領による機密情報漏えい疑惑など政治面への警戒感は続く一方で、堅調な企業業績が株価上昇の下支えとなった。日経平均株価の次なる照準はどこなのか? 狙うは「アベノミクス後の高値更新」とアナリストは分析するが、その達成の時期についてはプロの見解も分かれている! 7月中旬までの日経平均株価の値動きを、SBI証券、楽天証券、カブドットコム証券、松井証券のネット証券4社のエースアナリストがファンダメンタルズの面からズバリ予想!

2017年末までの日経平均株価をプロ5人が大予測! 株式市場が不透明な今こそ狙い目のおすすめ銘柄と、 その買い時をスゴ腕ファンドマネジャーが伝授! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日経平均株価は、2017年後半にかけて2万円を大きく超えることができるか? 5人の「先読みの達人」が2017年末までの日経平均株価と日本株の行方を大予測!ダイヤモンド・ザイ7月号では、「2017年末までの日本株大予測」という特集の中で、株の買い時と投資戦略を徹底分析している。今回はその中から抜粋して、5人の「先読みの達人」の日経平均株価の予測と、達人の1人であるレオス・キャピタルワークスの藤野英人さんの投資戦略を紹介しよう!

日経平均株価の2017年6月中旬までの値動きを ネット証券4社のエースアナリストがズバリ予想! 2万円台へ回復するかどうかは、米FOMCも焦点に! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日経平均株価は悲願の2万1000円台に乗ることはできるのか!? フランス大統領選挙で中道系独立候補だったマクロン氏が当選した安堵感から、日経平均株価はゴールデンウィーク明けに急騰し、年初来高値を更新した。今後、日経平均株価は2万円に達し、1996年以来一度も突破できていない2万1000円台に乗ることはできるか?6月中旬までの日経平均株価の値動きを、SBI証券、楽天証券、カブドットコム証券、松井証券のネット証券4社のエースアナリストがファンダメンタルズの面からズバリ予想!

日経平均株価は年末までに2万2000円を目指す! 投資のプロは北朝鮮リスクで一時的に株価下落しても 好調な米国経済の影響で日経平均株価の高騰を予測! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:トランプ氏のアメリカ大統領当選後、日米でトランプ相場が到来したが、2017年以降の日経平均株価は一進一退の状態だ。為替が円高傾向となり、トランプ政権に失望する声も高まっている。そうしたなかで今後の相場はどう動くのか? 「トランプと仕事をした投資銀行家」ぐっちーこと山口正洋さんと、「トランプ相場を的中させた」マネックス証券チーフ・ストラテジストの広木隆さんという気鋭の2人がズバリ今後の株式市場の行方を先読みする!

4月だからこそ買うべき株の3つのタイプを大公開! 銘柄選びが難しい期変わり時には、12月決算銘柄や 一瞬で株価が割安になる可能性がある銘柄に注目を! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「4月」の今だからこそ買うべき割安株の選び方をプロが伝授!日本株は3月決算の銘柄が多く、期変わりの今の時期は銘柄選びが難しい。今回の記事は、そうした状況で短期の上昇を狙うなら、どんな点に注意して銘柄を選択すればいいか、プロが3つのポイントを挙げて解説しているので、ぜひ参考にしてみてほしい。

日本株の4~5月の見通しを2人のプロがズバリ予測! トランプ&欧州の政治リスクが懸念されるなかで、 プロが選んだ「4月に買うべき本命株」4銘柄を紹介 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:投資のプロが、短期的な日本株の行方を予測&狙い目の本命株を大公開! ダイヤモンド・ザイ5月号では、「短期の出遅れ×長期での上昇継続・隠れ割安株ランキング」と題した大特集を掲載。さまざまな観点から有望な割安株を割り出し、ランキング形式でたっぷり紹介している。今回は、その特集から、証券会社のアナリストが読み解く短期の日本株予測と、狙い目の本命株を一部抜粋。記事では、相場のプロ達に、今後の日本株の方向感をどのように見ているか解説してもらっている。ダイヤモンド・ザイ5月号では、プロ4人の予測を掲載しているが、ここではそのうち2人分の予測を紹介していこう。

儲かる株が見つかる「3つのランキング」を紹介! 人気500銘柄から「利益が伸びる株」や「高配当株」 「3万円以下で買える株」の上位5銘柄を公開! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:人気の500銘柄を徹底分析して、儲かる株が見つかる「3つのランキング」のベスト5を紹介!ダイヤモンド・ザイ5月号の特集「人気の株500激辛診断」では、人気株500銘柄を「来期の営業利益の伸び率が高い株」「配当利回りが高い株」「理論株価に比べて割安な株」など、注目すべき5つの視点でランキングを作成して掲載している。今回は特集記事から、3つのランキングをピックアップして、各ランキングのベスト5を紹介! 株初心者や少額投資家必見の3万円以下で買える株や2018年3月期の増益率が高い株、上値も狙える高配当株に注目だ!

10年以上も好業績の「連続増収増益株」ベスト15! リーマンショック前から増収増益を続けている、 地味でも変化に対応して成長する中小型3銘柄を紹介 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不況下でも株価と業績が上昇し続けている、「連続増収増益株」からおすすめの3銘柄を紹介!3月21日(火)発売のダイヤモンド・ザイ5月号は、「短期と長期で狙う割安株ランキング」を大特集! 今回はこの特集から、不況下でもしっかり稼ぐ!株価も業績も上昇中の「連続増収増益株」ベスト15を大公開! さらに、そのなかで今後も株価と業績の上昇が継続すると見込まれる有望な銘柄を抜粋して紹介しよう!

円安で株価上昇が期待できる輸出&外需株ベスト40! 想定レートが110円以下、しかも本業の業績も好調で 業績の上ブレが見込める、プロも注目の3銘柄を紹介 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:円安が進むほど増益になり、株価上昇も期待できる「円安増益株」ベスト10を大公開! 海外売上高の比率が年々上がり続けている日本企業だが、業績予想を出す際に、想定為替レートを保守的(円高寄り)に設定する企業はとても多い。つまり、これらの企業では実際の為替レートが想定レートよりも円安になれば、予想より大きく上ブレた業績になる可能性が高いのだ。そこで今回は、円安が進むほど増益になりやすい「円安増益株」ベスト10を公開! さらに、投資のプロがおすすめする狙い目の銘柄を3つ紹介しよう!

ダイヤモンド・ザイ5月号は隠れ割安株ランキング! 円安で増益確実の株や7年で配当6倍の連続増配株など 短期と長期で狙える割安株をランキングで紹介! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:『ダイヤモンド・ザイ5月号』は、「隠れ割安株ランキング」を大特集でお届け! オランダ総選挙での極右政党の敗北やFOMC(連邦公開市場委員会)の利上げ決定でも日本株が動かない今、銘柄選びで重要なのは上がる要素を持った「割安株」を狙うこと! そこで『ダイヤモンド・ザイ5月号』は、短期と長期で狙うべき「隠れ割安株」をランキング形式で紹介します。

トランプ相場で上がった大型株・中小型株ベスト10! シャープのように株価2倍超でも上値を狙える銘柄と すでに割高で手出し厳禁の銘柄を見極める方法とは? - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:トランプ相場で上昇した「大型株」と「新興&中小型株」ベスト10を紹介! 毎年3月から4月にかけては、3月期決算銘柄が年度替わりするタイミング。今年で言えば、2018年3月期の業績予想が出ていない状況の企業が多く、銘柄選びが難しい。さらに今年は先行きが不透明な「トランプ相場」が続いている影響で、銘柄選びは非常に難しい状況だ。今回はトランプ相場で上昇した「大型株」と「新興&中小型株」ベスト10を大公開! さらに、そのなかで今後も株価が上昇しそうな有望な銘柄を抜粋して紹介しよう!

日経平均株価の2017年4月下旬までの値動きを ネット証券4社のエースアナリストがズバリ予想! 待望の2万円台へ日経平均株価は回復するか!? - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日経平均株価がついに2万円台に回復か!? 4月23日にはフランス大統領選挙が待ち構えており、欧州の政治が気になる季節がやってくる。こうした欧州の動向は日経平均株価にどう影響するだろうか?そこで4月中旬までの日経平均株価の値動きを、SBI証券、楽天証券、カブドットコム証券、松井証券のネット証券4社のエースアナリストがファンダメンタルズの面からズバリ予想!

好業績で高配当、株主優待ありの注目3銘柄を紹介! 2018年3月期の業績予想から、今こそ狙い目の株を 判定する「人気株500激辛診断」のおすすめ銘柄は? - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:3月21日(火)発売のダイヤモンド・ザイ5月号は、「買っていい×買ってはいけない人気株500激辛診断」を大特集! この特集では、2018年3月期の業績予想を掲載し、今が狙い目の銘柄をズバリ判定している。今回はその中から、選びに選び抜いたおすすめの3銘柄をダイヤモンド・ザイ5月号の発売前に先出しで大公開する!

日産や神戸製鋼など、円安による業績の上方修正も 期待できる、「輸出で稼ぐ外需の割安株」に注目! 海外比率が高く、円安が追い風になる大型株とは? - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:トランプ大統領が名指しで貿易相手国である日本を批判したことから、現在、円高リスクも台頭してきている。しかし、「年間を通しては円安トレンドになる」との見方もあり、株価に出遅れ感がある多くの輸出株はこれから上昇する可能性も高い。ここでは、2017年注目の10万円台で買える「出遅れで割安な有名大型株」3銘柄を紹介する。

為替に影響されにくい、業績好調の割安な新興株は? プロ考案の「5つの条件」でスクリーニングした中で 3期連続で営業利益が増益のジャスダック銘柄を紹介! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国のトランプ大統領のインフラ投資計画や減税政策などが、実行されていくに従い、為替はドル高円安となっていく可能性が高く、日本株の先高期待は大きい。ただ、直近では保護主義政策や円安への口先介入なども含めて、日本株に対する不安要素となっている
。では、そうしたなかではどのような日本株を選んで投資すればいいのか。フィスコの佐藤勝己さんに、為替の影響を受けにくく業績好調な株を見つける5つのスクリーニング条件を教えてもらった。

「利回り4%超」でプロおすすめの高配当株を紹介! 無借金経営か配当性向30%台以下かなどを チェックして厳選した配当継続中の3銘柄とは? - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:トランプ大統領の発言や政策によって為替が大きく変動するなかで、今後の株式市場は先が読みづらい。そんな局面では、どのような株を選んで投資すればいいのか。おすすめなのは、市場の動きに対して感応度が低い株だ。2月21日(火)発売のダイヤモンド・ザイ4月号では、そうした局面でおすすめの「利回り4%超の配当継続株」を掲載。ここでは、ダイヤモンド・ザイ4月号で6銘柄紹介しているうちの3銘柄を抜粋して紹介する!

トランプ発言に影響されない、強い日本株の探し方! プロが注目しているのは「鉄鋼」や「工作機械」など 2017年度に減益から増益に転じるセクターの銘柄! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:トランプ氏が米大統領に決まってから大幅に上昇した日本株も、現在はその発言に株価が一喜一憂している状況だ。しかし、株価の将来を決めるのはやはり企業業績の動向。読めないトランプ大統領の発言よりも、企業の業績にこそ注目して銘柄選びをしていくべきだろう。ダイヤモンド・ザイ4月号では、直近の日経平均株価の動きから、今後の日本株の値動きや企業業績について分析! トランプ大統領の発言に左右されない、プロおすすめの日本株の業界・テーマも紹介する。

日経平均株価の2017年3月下旬までの値動きを ネット証券4社のエースアナリストがズバリ予想! トランプリスクで1万8500円割れか、2万円突破か!? - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:トランプリスクで日経平均株価が暴落する可能性は? トランプ米大統領の就任直後より、その経済政策に対する警戒感から円高・株安が進んだ東京株式市場。第3四半期決算の発表は、当初の予想を上回る企業が多かったものの、トランプ政権の不透明感から楽観は禁物だ。そこで3月中旬までの日経平均株価の値動きを、SBI証券、楽天証券、カブドットコム証券、松井証券のネット証券4社のエースアナリストがファンダメンタルズの面からズバリ予想する!

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.