投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


赤羽(東京都北区)の不動産は“買い”なのか? 6路線の鉄道利用と下町の雰囲気で人気急上昇中 - 不動産価格が値下がりしにくい勝ち組エリア[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:東京都北区の赤羽が、「本当に住みやすい街」の大賞に輝くなど、注目を集めている。6路線の鉄道が利用でき、大型スーパーもあり暮らしやすい。昼間から飲み屋が営業する一角には外国人観光客なども集まり、新たなスポットとして脚光を浴びている。少子高齢化が進む日本において、赤羽の不動産の資産価値はどうなっていくのか。今回はその実態に迫ってみよう。(フリージャーナリスト・福崎 剛)

いえカツLIFE(一括査定サイト)のメリットは? 上場企業の子会社が運営し、再建築不可、借地権、共有持分など「訳あり物件」の査定・売却に強み! - 不動産一括査定サイトおすすめ比較[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産一括査定サイト「いえカツLIFE」は本当に信頼できるサイトなのか? 不動産を売却する際に非常に便利な不動産一括査定サイトだが、その中でも「仲介」「買取」「リースバック」と3つの売却方法を提案しているのが、「いえカツLIFE」だ。運営企業や掲載している不動産会社、対応している不動産の種類などについて調査した。「訳あり物件」の査定・売却に強いなど、運営方法に特徴がある。

「再建築が出来ない一戸建て」は売却できるの? 相場はどう考えればいいの? - 不動産売却の注意点

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「再建築できない一戸建て」があるのをご存知ですか?悪徳分譲業者が手っ取り早く分譲するためにつくった違法建築物で、じつはこれが山のように売り出されています。再建築不可物件の相場はなく、二束三文で叩き売るしかないと思われるかもしれませんが、「賃貸用物件」として売りに出せば、意外と高く売れる可能性があるのです。

「船橋市(千葉)」の不動産は買い時か? 地価上昇傾向にある今、割安感のある船橋駅徒歩圏 スポーツ名門校や県内屈指の進学校も公立 - 不動産価格が値下がりしにくい勝ち組エリア[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住みやすい街の人気ランキングでも上位にあげられる「品川区」は、高輪ゲートウェイ駅の新設やリニア新幹線の開業を控えているほか、オフィス街と住宅街が混在する職住近接が評価されて注目を集めているエリアだ。公的教育が充実していることでも人気が集まりつつある。日本全体で少子高齢化が進むなかで、品川区のマンションや不動産の資産価値はどうなる可能性があるのか、調べてみた。(フリージャーナリスト・福崎 剛)

リニアで変貌する「橋本」の不動産は“買い”? 新横浜の発展をみれば、大化けする可能性も - 不動産価格が値下がりしにくい勝ち組エリア[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:神奈川県の「橋本駅」と言っても、なじみが薄いかもしれませんが、2027年にリニア新幹線の新駅がオープンするなど話題の多いエリアで、不動産価格も上昇しています。現在はスーモの住みたい街の100位にもランクインしていない辺境の「橋本駅」ですが、将来はベスト10に入るかもしれません。人口減少・都心回帰の東京郊外で、大動脈のリニア沿線駅としての「橋本駅」はさらに発展するのか、不動産価格はさらに上昇していくのか、を検証します。(不動産鑑定士・安澤誠一郎)

「品川区」の不動産は“買い”なのか? 新駅のオープンで資産価値アップも見込める 小中一貫教育実施、子育て世代支援も充実 - マンション価格が値下がりしにくい勝ち組エリア[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住みやすい街の人気ランキングでも上位にあげられる「品川区」は、高輪ゲートウェイ駅の新設やリニア新幹線の開業を控えているほか、オフィス街と住宅街が混在する職住近接が評価されて注目を集めているエリアだ。公的教育が充実していることでも人気が集まりつつある。日本全体で少子高齢化が進むなかで、品川区のマンションや不動産の資産価値はどうなる可能性があるのか、調べてみた。(フリージャーナリスト・福崎 剛)

独身女性が買うべきマンションは「1LDK」 中目黒などの好立地マンションなら、 値下がりしにくく、資産価値も高い! - 資産価値が下がらない新築マンション選び[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:近年、独身女性がマンションを購入するケースが増えています。その際、どんな間取りで、どんな立地の物件を購入すれば、値下がりしにくいのでしょうか。住宅評論家の櫻井幸雄氏によると、「1LDK」で駅近の好立地物件が狙い目だといいます。

「流山市」のマンションは“買い”なのか? 米国流のマーケティング戦略が奏功して、 働き盛りの子育て世帯の流入に成功 - マンション価格が値下がりしにくい勝ち組エリア[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「千葉県流山市」の新築マンションや不動産の資産価値は今後、上昇するのだろうか? 本格的な人口減少と少子化・高齢化が進む今、不動産取得で非常に重要になるのが「自治体選び」といった視点だ。第2回は、「千葉県流山市」のケースを取り上げる。高度成長期に発展した郊外型ベッドタウンの多くが人口流出に苦しむ中、子育て世帯の誘致に成功している。

「春日部市」のマンションは“買い”なのか? 20代の働き盛りが越谷市、草加市などに移動し、 不動産価格は「ピーク比半減」でも底値は見えず - マンション価格が値下がりしにくい勝ち組エリア[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:かつて人気の郊外ベッドタウンだった「埼玉県春日部市」の「厳しい現状」と、将来予測される事態をレポートする。春日部市は人口減少に悩んでおり、不動産価格もピーク比で半減している。新築マンションなどを購入する際に、きちんと「自治体選び」をしなければ将来、不動産の価値が大きく下落してしまう可能性もある。

売りにくい「賃貸中マンション」を売る秘訣とは? 入居者に購入してもらうなど、4つの鉄則を公開! - マンションを高く売る方法[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:賃貸中のマンションを高く売却するにはどうすればいいのだろうか。入居者がいるため、一般に「売りにくい物件」と言われており、困っている人も多い。そこで賃貸中マンションの売却について詳しい不動産のプロに、「賃貸マンション売却の4つの鉄則」を聞いた。

新築マンションの「駐車場」をチェックする方法とは? 駐車できる台数が多すぎると、管理組合の財政悪化も! - 資産価値が下がらない新築マンション選び[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:マンションの共用施設としては、駐車場も重要だ。自家用車を所有している人は、駐車場の台数と料金、サイズ、そして使い勝手は必ず確認すべきだ。また、近年は駐車場の空きが増えて問題になっている。台数が多ければいいということではなく、将来の管理組合の財政に与える影響にも注意しておきたい。

マンションの共用施設は「エレベーター」が大事! 適正な台数や仕様になっているか調べる方法とは? - 資産価値が下がらない新築マンション選び[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:マンションの共用設備で非常に重要でありながら、あまり注目されていないのがエレベーターだ。マンションの規模に合った適正な台数や仕様になっているか、新築マンションを購入する際は是非チェックしよう。

マンションのムダな共用施設はこれだ! ジム・プール・温泉・噴水・キッズルーム…… - 資産価値が下がらない新築マンション選び[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:マンションには、一戸建てにはない様々な共用施設がある。大規模マンションやタワーマンションになると、ゲストルームやキッズルーム、アスレチックルーム、さらにはプールやジャクジーまで備わっているケースもある。しかし、そうした共用施設は本当に必要なものというより、広告宣伝のためだったりする。そのうち使われなくなったり、無駄なコストがかかったりする心配はないか、予め確認しよう。

新築マンション人気ランキング【2017年11月】 高級マンション(8000万円以上)で人気物件は? 麻布、代官山、代々木などの物件が人気! - 新築マンションランキング[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:高級マンション(8000万円以上)の中で、人気がある物件が分かる「新築マンション人気ランキング(高額住戸)」を作成した。ほぼ半分は山手線内側で麻布などの有名エリアにあるが、価格上昇から代官山、代々木といった山手線外側でも魅力の多いブランド・マンションの価格が高騰している。府中や神奈川など郊外物件でも駅近なら8000万円以上で売れてしまう。庶民には高根の花となる高額住戸も、希少価値による価格上昇期待から、まだ売れ続けているようだ。長年、全国のマンションを取材してきた住宅評論家の櫻井幸雄氏が、マンションデベロッパー27社に直接ヒアリングした生のデータなので、参考にしよう。

マンションの資産価値を左右する、給水管や排水管など 「配管」の材質と設計はここをチェック! - 資産価値が下がらない新築マンション選び[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:マンションの基本性能や住み心地は、給水管や排水管などの配管類が左右する!?  マンションの設備というと、浴室やキッチンなどのきれいな住設機器がパンフレットでも大きく取り上げられ、注目されがちだ。しかし、マンションの資産価値を左右するのはむしろ、目に見えない箇所の設備。その代表例である「配管類」の材質や設計をチェックする方法を紹介しよう。

新築マンションで気になる「音」のトラブル! 壁や床の遮音性は、厚さと工法を確認しよう - 資産価値が下がらない新築マンション選び[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:マンションのクレームでもっとも多いのは、昔も今も「音」の問題だ。これは住戸と住戸が壁(左右)や床(上下)で接しているマンションという建物の構造上、避けがたい面がある。しかし、設計上の配慮などによってかなり防ぐことも可能だ。遮音性に関わる具体的な原因と対策のポイントを探る。

新築マンション人気ランキング【2017年11月】 超高層マンション(20階建て以上)で注目物件は? - 新築マンションランキング[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:首都圏で販売中・これから販売される超高層マンションを対象に、「新築マンション人気ランキング(超高層マンション)」を作成した。数は少ないが、いずれも高倍率で、価格も高額な物件ばかりだ。超高層マンションの人気は根強く続いている。用地の制限等から新規分譲が年々減少し、希少価値は高まる一方だ。長年、全国のマンションを取材してきた住宅評論家の櫻井幸雄氏が、マンションデベロッパー27社に直接ヒアリングした生のデータなので、参考にしよう。

新築マンション人気ランキング【2017年11月】 1LDKがある首都圏の新築マンションは? - 新築マンションランキング[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要: 新築マンションを検討するなら、「新築マンションランキング」をぜひ活用しよう。人気ランキング、駅力ランキングなど、マンションに関する各種ランキング、比較データを集めたので、資産価値があるマンション選びには最適だ。特に注目なのが、売り切れ必至の物件が多数掲載されている「人気マンションランキング」。中には「瞬間蒸発」してしまうマンションもあるので、希少価値があり、立地に優れたマンションを見つけよう。

新築マンションを値引きする会社はどこ? デベロッパーの懐具合から傾向を分析(2018年版) - 資産価値が下がらない新築マンション選び[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:新築マンションを購入する際、「どのくらい値引きしてくれるのか」が非常に気になる人は多いはず。そこで、2018年の新築マンションの値引きについて、傾向と対策を教えましょう。まずは供給する主要なデベロッパー(住友不動産、三井不動産など)の懐具合を露わにし、そこからどのくらい値引き交渉にのってくれるのかをデベロッパーごとに明らかにしていきます。(住宅ローン・不動産ブロガー、千日太郎)

新築マンション選びでは「ギロチンマンション」に注意! 天井に現れる「出っ張り」を、間取り図でチェックしよう - 資産価値が下がらない新築マンション選び[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:新築マンションは、建物が完成する前に販売される「青田売り」が一般的。室内がどのようになるのかは、プラン集などの詳細な間取図で確認するしかない。その際、ぜひチェックしたいのが天井から出っ張った梁(はり)やダクトの「梁型(はりがた)」だ。中には大梁がドーンと垂れ下がった“ギロチンマンション”のケースもあり注意が必要だ。

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.