投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


クラレ(3405)、カタログギフトの株主優待を新設! 1000株(10単元)以上の株主を対象に、保有期間に 応じて3000~1万円相当のカタログギフトを贈呈! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:クラレが株主優待を新設すると、2017年6月28日に発表。クラレの株主優待は、毎年12月末時点の株主優待名簿に記載または記録された株主が対象となる。新設されるクラレの株主優待の内容は、「1000株(10単元)以上保有する株主で、継続保有期間が3年未満の場合、同社の製品が使用されている商品などから選べる3000円相当のオリジナルカタログギフトを贈呈。継続保有期間が3年以上の場合、1万円相当のオリジナルカタログギフトを贈呈」となっている。(クラレ、コード:3405、市場:東証1部)

「配当利回り」を株初心者にわかりやすく解説! 継続して高い配当金がもらえて、株価も安定しやすい 「高配当株」に投資して、堅実な資産形成を目指そう - 株初心者向け!株式投資のはじめ方

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「配当利回り」とは、購入した時の株価に対し、1年間でいくらの配当をもらうことができるかを示す数値です。安定的に配当で儲けるためには、「配当利回り」に注目することが大切。この配当利回りが高い「高配当株」は、株式市場全体が下落してしまっても株価が下がりにくいため、株初心者にもおすすめです!今回は、「配当利回り」の計算方法と「高配当株」を選ぶポイントを株初心者にわかりやすく解説します!

日経平均は強いものの、急激な上昇トレンドは期待薄 今は、短期マネーが流入している小型株市場で 短期の回転売買を回し、利益を積み上げる時期! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:6月27日前場の日経平均株価は、続伸しています。始値は前日比75.77円高の2万229.12円でしたが、その後、上げ幅を拡大して一時2万250.10円と、20日に付けた終値ベースの年初来高値の2万230.41 円を上回る場面がありました。6月27日の上昇の背景は、前日26日の米国株高と円安です。また、27日は6月や12月が決算期末の企業の中間配当などの権利を得る最終売買日ですから、権利取りの買いも入ったことでしょう。

大宝運輸(9040)、株主優待の変更を発表! 併合(10株⇒1株)と単元株変更に伴うもので、 3000円相当の優待品がもらえる内容は変わらず - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:大宝運輸が株式併合(10株⇒1株)と単元株変更(1000株⇒100株)に伴い、株主優待の内容を一部変更すると2017年6月20日に発表。この株主優待の変更が適用されるのは、2018年9月20日時点の株主名簿に記載または記録されている株主からとなる。大宝運輸の株主優待は、従来、毎年9月20日時点の株主優待名簿に記載または記録された株主を対象に実施されており、内容は「1000株以上保有する株主に、3000円相当の優待品贈呈」というものだった。今後も優待内容に変更はないが、株式併合と単元株変更に伴い、配布基準が「100株以上」と変更される。(大宝運輸、コード:9040、市場:名証2部)

株式投資でやってはいけない「禁じ手」3つを紹介! 株初心者が株式投資で大損をするのを防ぐには 「集中投資」「塩漬け」「手法貧乏」の3つに注意! - 株初心者向け!株式投資のはじめ方

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:株初心者は特に要注意! 株式投資でやってはいけない3つのこととは? 株で大損しないためには、どんなことに気をつければいいのでしょうか? 今回は、株初心者なら必ずおさえておきたい「株式投資でやってはいけないこと」を紹介します。

毎年6月の最終日、ジャスダック市場が確実に上昇? 「数兆円規模の配当金」が再投資されることで 中小型株市場に生み出される「買い需要」を狙え! - チャートではわからない相場解説

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:今回から、コラムを書かせていただくことになりました岡村友哉ともうします。初回は、盛り上がっている中小型株の話。基本的に、東京時間中の価格変動は、デリバティブ(先物やオプション)経由で決まる要素が強いといえます。指数のレンジが固まっている状況では、指数の狭いレンジにおけるレンジトレードを通じ、指数ウエイトの高い大型株の株価もこう着しがちです。その意味で、いわゆる“先物主導”の影響が現物株におりてくることの無い中小型株市場は、メインプレーヤーである個人投資家の動きと、それ以外の現物株を取り巻く需給がそのまま反映されるという性格があります。

エスケーホーム(1431)、株主優待を変更(拡充)! 従来の「MUJI GIFT CARD」500円分から、 QUOカード1000円分+投資用アパート割引券に拡充 - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:エスケーホームが株主優待の内容を変更すると2017年6月20日に発表。この株主優待の変更が適用されるのは、2017年6月末日時点の株主名簿に記載または記録されている株主からとなる。エスケーホームの株主優待は、従来、毎年6月末時点の株主優待名簿に記載または記録された株主を対象に実施されており、内容は「100株(1単元)以上保有する株主に、『MUJI GIFT CARD』500円分贈呈」というものだった。今後は、「100株以上保有する株主を対象に、QUOカード1000円分贈呈。1000株以上保有する株主には、さらに『投資用アパート建物本体価格割引券』(割引率は保有株数に応じて変化)贈呈」に変更される。(エスケーホーム、コード:1431、市場:福証Q-Board)

第一屋製パン(2215)、株主優待の変更を発表! 併合(10株⇒1株)と単元株変更に伴うもので、 自社グループ会社商品がもらえる内容は変化なし - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:第一屋製パンが株式併合(10株⇒1株)と単元株変更(1000株⇒100株)に伴い、株主優待の配布基準を変更すると2017年6月20日に発表。この株主優待の変更が適用されるのは、2017年12月末日時点の株主名簿に記載または記録されている株主からとなる。第一屋製パンの株主優待は、従来、毎年12月末時点の株主優待名簿に記載または記録された株主を対象に実施されており、内容は「1000株以上保有する株主に、自社グループ商品詰め合わせを贈呈(※2016年はレーズンサンド等が贈呈された)」というものだった。今後も優待内容に変更はないが、株式併合と単元株変更に伴い、配布基準が「1000株以上」から「100株以上」に変更される。(第一屋製パン、コード:2215、市場:東証1部)

MARUWA(5344)、株主優待を新設! 100株(1単元)以上保有する株主を対象として、 コンサートへの招待や、公演チケット優待を実施! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:MARUWAが株主優待を新設すると、2017年6月22日に発表。MARUWAの株主優待は、毎年3月末時点の株主優待名簿に記載または記録された株主が対象となる(※ただし、2018年3月期の株主優待のみ、2017年9月30日時点の株主を対象とする)。新設されるMARUWAの株主優待の内容は、「100株(1単元)以上保有する株主を対象として、毎年12月に開催している『MARUWA CHRISTMAS CONCERT』に招待。また、文化・芸術のアーティスト公演などを対象とした公演チケット優待を実施」となっている。(MARUWA、コード:5344、市場:東証1部・名証1部)

ネオジャパン、QUOカードの株主優待を新設! 100株(最低投資額24万9500円)以上保有の株主に 7月末と1月末の年2回、QUOカード1000円分を贈呈 - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ネオジャパンが株主優待を新設すると、2017年6月22日に発表。ネオジャパンの株主優待は年2回実施され、毎年7月末と1月末時点の株主優待名簿に記載または記録された株主が対象となる。新設されるネオジャパンの株主優待の内容は、「100株(1単元)以上保有する株主を対象に、年2回1000円相当のQUOカードを贈呈」となっている。(ネオジャパン、コード:3921、市場:東証マザーズ)

東祥(8920)、増配と株主優待の変更を発表! 保有株数に応じて「株主優待券」をもらえる点は 変わらず、株主分割により優待内容が拡充! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:東祥が、株主優待の内容を一部変更すると2017年6月16日に発表。この株主優待の変更が適用されるのは、2017年9月末日時点の株主名簿に記載または記録されている株主からとなる。東祥の株主優待は、従来年2回、毎年3月末と9月末時点の株主優待名簿に記載または記録された株主を対象に実施されており、内容は「100株(1単元)以上保有する株主を対象に、保有株数に応じ、さまざまなサービスと交換できる『株主優待券』を贈呈」というもの。今後もその点に変わりはないが、株主優待券で交換できるサービスの一部を廃止する。なお、東祥は同時に、株式分割の実施と増配も発表している。(東祥、コード:8920、市場:東証1部/名証1部)

日本郵船(9101)、株主優待の変更を発表! 併合(10株⇒1株)と単元株変更に伴うもので、 飛鳥クルーズ割引券がもらえる優待内容は変わらず - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日本郵船が株式併合(10株⇒1株)と単元株変更(1000株⇒100株)に伴い、株主優待の内容を一部変更すると2017年6月21日に発表。この株主優待の変更が適用されるのは、2018年3月末日時点の株主名簿に記載または記録されている株主からとなる。日本郵船の株主優待は、従来、毎年3月末時点の株主優待名簿に記載または記録された株主を対象に実施されており、内容は「1000株以上保有する株主に、保有株数に応じた枚数の『飛鳥クルーズ』10%割引優待券を贈呈」というものだった。今後も優待内容に変更はないが、株式併合と単元株変更に伴い、配布基準が「100株以上」「500株以上」「1000株以上」と変更される。(日本郵船、コード:9101、市場:東証1部)

「業績予想が控えめ」&「少額で買える」株ベスト5! 業績の上方修正の可能性が高いおすすめ5銘柄と 株初心者必見の3万円台以下で買える5銘柄とは? - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:人気の株500銘柄の中から、「会社の業績予想が控えめすぎる株」と「初心者必見の少額で買える株」のベスト5を紹介!好調な企業業績を背景に、日経平均株価は再び2万円を突破。だが、今期の利益の伸びが予想通りならば、株価はまだ割安な水準だ。現在発売中のダイヤモンド・ザイ8月号の特集「人気の株500銘柄激辛診断」では、儲かる株を賢く見つけるのに役立つ5つの視点のランキングを発表している。今回はそのなかから、特に注目の「会社の業績予想が控えめすぎる株ベスト5」と「初心者必見の少額で買える株ベスト5」を紹介しよう。

串カツ田中(3547)、株主優待の内容を変更! 従来は100株以上で一律3000円分の優待券だったが、 200株で5000円、300株で7000円と優待券増額! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:串カツ田中が株主優待の内容を変更すると、2017年6月15日に発表した。 この株主優待の変更は、2017年11月30日時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。串カツ田中の株主優待の内容は、従来「100株(1単元)以上保有する株主を対象に、3000円相当の食事優待券を贈呈」というものだった。今後も食事優待券をもらえる点に変わりはないが、変更後はこれまで「100株以上」のみだった配布基準が「100株以上」「200株以上」「300株以上」となり、保有株数に応じて贈呈される食事優待券も増額される。(串カツ田中、コード:3547、市場:東証マザーズ)

再び「2万円台回復」を果たした日経平均株価は、 堅調に推移するも力強いトレンドの見えない状態! 今は上昇トレンドを描く「マザーズ市場」が狙い目! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:6月13日~14日のFOMC、15~16日に開かれた日銀金融政策決定会合という2大重要イベントを無事に通過したことで、イベントリスクが大幅に低下しました。この結果、多くの投資家が動きやすくなり、リスクオンになりました。FRBは6月13日~14日のFOMCで、0.25%の利上げを決めました。また、量的緩和で膨らんだ保有資産の縮小にも着手することを表明しました。日銀は、長短金利操作付きの量的・質的金融緩和政策の維持を決めました。これら日米中央銀行の決定は、市場の事前予想通りでした。

「アクティブファンドはインデックスに勝てない」 という資産運用業界にとって不都合な事実。 個人投資家はインデックスファンドのみでOK! - 勝ち組トレーダーによる投資コラム集

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:第一回目に取り上げるのは、「アクティブファンドの大多数がインデックスに勝てない」という資産運用業界にとって不都合な事実です。「アメリカ大型株に投資するアメリカ国内のアクティブファンド」と、アメリカの大型株の代表的なインデックスである「S&P500」を比較した結果が、下の表です。表を見ると、2016年末までの5年間、10年間、15年間のどの期間でもアクティブファンドの9割前後がS&P500に負けています。これは日本株でも新興国株でも同じです。

オンリー(3376)、株主優待の内容を変更! 自社の紳士服購入の際に利用できる買物優待券が 20%割引券に変更され、場合によって「改悪」に - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:オンリーが株主優待の内容を変更すると2017年6月12日に発表した。この株主優待の変更は、2017年8月31日時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。従来のオンリーの株主優待は、年1回、8月末時点の株主を対象に実施されており、内容は「100株(1単元)以上保有する株主に、保有株数に応じて自社店舗で利用できる『株主買物優待券』を贈呈」というものだった。今後はその「株主買物優待券」が、「株主優待券(20%割引)」に変更される。また、配布基準や利用可能期間、利用可能な店舗なども一部変更される。(オンリー、コード:3376、市場:東証1部)

サムコ(6387)、QUOカードの株主優待を改悪! 100株以上保有すると、1000円分のQUOカードを もらえたが、今後は300株以上の保有が条件に! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:サムコが株主優待の内容を変更(改悪)すると、2017年6月9日に発表した。 この株主優待の変更は、2018年1月31日時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。サムコの株主優待の内容は、従来「100株(1単元)以上保有する株主を対象に、継続保有期間に応じてQUOカードを贈呈」というものだった。今後もその点に変わりはないが、変更後はこれまで「100株以上」だった配布基準が「300株以上」に引き上げられる。(サムコ、コード:6387、市場:東証1部)

ぴあ、創業45周年の記念配当の実施と、上場15周年の 記念株主優待の実施を同時に発表! 100株以上を 10年以上保有の株主に公式キャラのぬいぐるみを贈呈 - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ぴあが、上場15周年を迎えることを受けて、記念株主優待を実施すると2017年6月15日に発表した。記念株主優待を受けられるのは、2017年9月30日現在の株主名簿に記載された、100株(1単元)以上の株式を10年以上にわたって継続保有している株主。記念株主優待の内容は、「100株以上を10年以上継続保有する株主に、ぴあの公式キャラクターである『ぴっけろ』と『くまっぴー』のオリジナルぬいぐるみセットを贈呈」となっている。ぴあは同時に、創業45周年を受けて、記念配当を実施することも発表している。(ぴあ、コード:4337、市場:東証1部)

大日本コンサルタント、株主優待の廃止を発表! 保有株数と保有期間に応じてカタログから選択制の 特産品をもらえたが、今後は廃止し、配当の充実へ - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:大日本コンサルタント(9797)が株主優待を廃止すると2017年6月15日に発表。大日本コンサルタントの株主優待は、毎年6月末時点の株主優待名簿に記載された、100株(1単元)以上を保有している株主が対象とされていた。廃止される大日本コンサルタントの株主優待の内容は、「100株以上保有する株主を対象に、保有株数や継続保有期間に応じて、特産品などを贈呈(カタログから選択制)」というものだった。(大日本コンサルタント、コード:9797、市場:東証2部)

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.