投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


【iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較】 「運用商品の本数」を比較して選ぶ! 投資信託&元本確保型が多いおすすめiDeCo金融機関 - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)の「運用商品の本数」が充実しているおすすめ金融機関を紹介!iDeCoの運用商品は、大きくわけて2種類。1つは定期預金や年金保険の「元本確保型」。もう1つは、元本割れのリスクはあるが、運用次第で資産を大きく増やすこともできる「投資信託」だ。iDeCoの金融機関を選ぶ際は、「信託報酬」の低い投資信託が充実しているか、あるいは自分の買いたい投資信託がラインナップにあるかにも着目するようにしよう!今回は、iDeCoの「運用商品の本数」が充実しているおすすめ金融機関をピックアップして紹介。本数以外にもおすすめポイントを紹介しているので、そちらも参考にして自分にあったiDeCo口座の金融機関を見つけよう!

「つみたてNISA」の金融機関の選び方を解説! 手数料、取扱商品の数、引き落とし方法で比較した 投資初心者と経験者で異なる選び方のポイントとは? - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA」の金融機関の選び方を投資初心者、経験者に分けて解説!2018年1月の開始が目前に迫って来た「つみたてNISA(積立型の少額投資非課税制度)」。利用するには、「つみたてNISA」を扱っている金融機関で専用口座を開設する必要があります。開設できるのは一人一口座のみ。では、どのような基準で「つみたてNISA」の口座を開く金融機関を選べばよいのでしょうか? 今回は、上手な口座選びのポイントについてお話しします。

iDeCo口座の取り扱い商品が多い金融機関がいいとは 限らない! 2018年5月に取扱商品上限が35本になる iDeCo口座での投資戦略と金融機関の選び方を解説! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:iDeCoで運用商品が少なくても問題がない理由とは? iDeCoを活用した資産運用を考えるとき、しばしば指摘されるのが「iDeCoでは運用の選択肢(運用商品数)が少なすぎる」ということです。しかし、運用の選択肢が少ないことは本当にデメリットなのでしょうか? そこで今回は、iDeCoでは運用商品が少ない理由と、少なくても問題がない理由を説明していきたいと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.