投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


不動産売却の現場でのえげつない営業手法とは? アポ取りの定石トーク、初回で契約する方法、 値下げさせるためのテクニックなどを公開 - ここが変だよ日本の不動産取引

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産売却の現場では、営業マンたちがしのぎを削りながら成約数を上げようと必死に動き回っています。中には「えげつない」営業テクニックを駆使する営業マンもいます。今回は、アポ取りの定石トーク、初回で契約する方法、値下げさせる営業テクニックなどを紹介しましょう。悪質な営業マンに騙されないための参考にしてください。

不動産仲介の営業の仕事は売却物件探しが7割! 電気メーター確認や管理人買収で空き部屋発見へ 非効率な仕事のツケは売り主や買い主に押し付け! - ここが変だよ日本の不動産取引

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産仲介会社の営業マンが普段どのような業務に勤しんでいるか、皆さんはご存じでしょうか? 彼らは日夜、不動産の“売り主探し”“売却物件探し”のため目を血走らせながら“空き部屋”を探し徘徊しています――さながら獲物を狙うハイエナと化した彼らは、業務の7割以上をこの“売り主探し”“売却物件探し”に費やすため、新人の頃から徹底的にノウハウを叩き込まれるのです。

不動産会社は「買い主」より、「売り主」が大切! 「売り主」の立場の強さを知って交渉すれば、 ハウスクリーニング代などを無料にできる!? - 不動産売却の注意点

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産売買仲介業はその名の通り、「売り」と「買い」の仲立ちをすることにより対価を受けます。つまり、お客様の属性は「売り主」か「買い主」かに分かれる訳ですが、不動産会社はこの売り主と買い主なら、どちらを大事にしているかご存知ですか? 今回は「売り主」の立場がいかに強く、実は「物言う売り主」としていろいろな要求をできることをご紹介しましょう。

家を売るなら、こんな不動産営業マンは避けるべき! 「他社の悪口を言う」「担当エリアが広すぎ」など、 “ヤバい営業”を見抜く、「5つのポイント」とは? - 不動産売却の注意点

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産を売却する際は優秀で頼りがいのある営業マンに依頼したいものです。この記事では逆に選んではいけない

マンション販売現場で、住宅ローン相談体験【第2回】 住宅ローンの試算システムで精緻に見えたが、 団信保険料は、初年度分しか計算しない欠陥あり! - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:分譲予定のマンションモデルルームの場合、営業マンは住宅ローンに関してどのように相談に乗ってくれて、どんな住宅ローンをすすめるのか。前回に引き続き、フリーランスのルポライター・鈴木謙治氏(仮名)が、実際にマンションショールームに出向き、覆面取材をしてきた。今回は、前回とは別の大手不動産会社のマンションモデルルームを訪問してみた。

マンション販売現場で、住宅ローン相談体験【第1回】 「返済中に亡くなれば、ローンはなくなりますよ」と 販売したいあまり、暴言を吐く営業マンに唖然! - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:マンション販売現場で住宅ローンの相談をすると、必ずしもお得な住宅ローンを借りられるとは限らず、また、物件を買わせるためにどうしても借り過ぎになる傾向がある。そこで2回にわたり、フリーランスのルポライター・鈴木謙治氏(仮名)が、実際のマンションモデルルームに出向いて、住宅ローンの相談に対してどう対応しているのか、覆面取材してみた。第1回は、山手線の内側で分譲している、大手不動産会社のマンションモデルルーム。「返済中に死ねば、ローンはなくなりますよ」と、暴言を吐く営業マンに呆然とした!


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.