Kapok&Fintech ホームKapokの掲示板 > Tag: 四半期決算

投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


ウーバー、リフト、ビヨンドミートなど、最近IPO した注目株の決算を総まとめ! 決算内容からわかる 「買うべき銘柄」と「売るべき銘柄」をズバリ解説! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国の第2四半期決算発表シーズンについて、米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説! 第2四半期決算発表シーズンは、これまでにS&P500採用銘柄のうち90%が決算発表を終えました。これまでに発表された決算のうち、75%の会社が1株当たり利益(EPS)でコンセンサス予想を上回りました。過去5年の平均は72%なので、普段よりEPSは好調だということです。一方、売上高では57%の企業がコンセンサス予想を上回りました。ただ、過去5年間の平均は60%なので、普段より売上高は不調でした。なお、例年、決算発表シーズンは、大型株から始まり後半へ行くほど小型株が多くなりますので、いまちょうど小型株の決算発表が佳境を迎えているところです。

株主優待株の中で「株価数倍」が狙える銘柄の探し方 を伝授! 四半期決算で増収増益を続ける“優等生”で、 株価上昇余地が大きいPER20倍以下の中小型株を狙え - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:人気の「株主優待株」中でも、利益が成長している銘柄なら「株価数倍」も狙える! 発売中のダイヤモンド・ザイ6月号では、本誌と別冊で「株主優待」を総力特集! 本誌の特集は「トコトン優待株で儲ける方法」と題し、株主優待名人・桐谷広人さんのほか、ストラテジストやアナリストといった投資のプロに、株主優待株で儲ける極意を聞いている。さらに、株主優待株を激辛診断して「買っていい株主優待株」「買ってはいけない株主優待株」をズバリ判定! 株主優待狙いの投資家なら必見の内容だ。今回は、その中から「長~く持てる株主優待株」を抜粋。人気の株主優待株の中でも、利益が成長している銘柄なら、将来、株価が数倍に成長することもある! その銘柄選びのコツをマネックス証券マーケット・アナリストの益嶋裕さんにわかりやすく解説してもらった。株主優待だけでなく、長期的な株価の上昇益や配当を狙いたい人は、ぜひ参考にしてほしい。

2020年3月期の注目銘柄は「東映アニメーション」や 「クイック」など“内需で稼ぐ成長株”! 今期の業績も 好調で、世界経済の影響を受けづらいメリットあり! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来期(2020年3月期)の注目株は「内需で稼ぐ成長株」の「東映アニメーション(4816)」と「クイック(4318)」だ! 2019年3月期決算企業の第3四半期決算を見ると「内需で稼ぐ」企業は、世界景気の影響を受けないために業績が好調な銘柄が目立つ。そんな「内需で稼ぐ成長株」の中でも注目の2銘柄を紹介!2019年1月下旬から始まった3月期決算企業の第3四半期決算発表では、米中貿易戦争の業績への影響が表面化した一方、内需関連には堅調な銘柄も目立った。そこで2月21日発売のダイヤモンド・ザイ4月号の特集「最新決算でわかった本命株16」では、「世界景気に関係なく内需で稼ぐ成長株」8銘柄と「売り叩かれて割安圏&底値チャンス株」8銘柄の「本命株」16銘柄を厳選して紹介。さらに、「トヨタ自動車(7203)」「ソニー(6758)」など、注目株15銘柄の2019年3月期の第3四半期決算についても併せて分析している。今回はその中から、「世界景気に関係なく内需で稼ぐ成長株」2銘柄を抜粋して紹介しよう!

2019年3月期決算企業で「買い」なのは「内需で稼ぐ 成長株」や「来期の業績回復が見込める割安株」だ! 最新の第3四半期決算から、いま「買い」の株を分析! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:3月期決算企業の第3四半期決算で判明! いま狙うべき「本命株」は、独自の強みがある「内需株」&売られ過ぎた「割安株」だ!米中貿易戦争による業績への影響が表面化した、日本の上場企業の第3四半期決算。一方、内需関連には堅調な銘柄が目立った。そこで2019年2月21日発売のダイヤモンド・ザイ4月号の特集「最新決算でわかった本命株16」では、「世界景気に関係なく内需で稼ぐ成長株」8銘柄と「売り叩かれて割安圏&底値チャンス株」8銘柄の「本命株」16銘柄を厳選して紹介。さらに、「トヨタ自動車(7203)」「ソニー(6758)」など、注目株15銘柄の第3四半期決算についても併せて分析している。今回はその中から、2019年3月期 第3四半期決算でわかった「今こそ”買い”な本命株」の特徴について、一部記事を抜粋して紹介しよう!

中間決算で"上方修正"する株の先回り投資法を伝授! 海外で需要が伸びる「オカモト」や、今後3年で毎年 30%成長を目指す「ラクス」は"上方修正"の期待大! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:第1四半期が好調な株の「上方修正」を先回りして買え! 上方修正の可能性が濃厚な2銘柄をプロが伝授! 発売中のダイヤモンド・ザイ11月号の特集「新しい株の儲けワザ50」では、有望株を見つけるためのヒントを紹介! 米中貿易戦争や、景気の腰折れ感からリスク回避ムードが支配的で、なかなか強気モードでは立ち向かえないのが現状の相場。ただし、株価が低迷しているタイミングは、有望株を安く買うチャンスでもあるのだ。特集内では「利回りで儲けるワザ」「値上がりで儲けるワザ」「その他で儲けるワザ」を合計50個紹介。今回はその中の「値上がりで儲けるワザ」から、「上方修正株」を発掘するワザを紹介するので、投資の参考にしてみてほしい。

「進捗率が例年より高い」銘柄の中から、上方修正の 可能性が高い"お宝銘柄"を発掘! 第1四半期の進捗率 30.6%で好発進の「日立建機」の第2四半期に要注目 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:第1四半期の業績進捗率が過去3期の平均よりも高く、業績&株価アップが狙える銘柄ベスト10を公開!発売中のダイヤモンド・ザイ10月号の特集「最新決算でわかった! 好発進の上ブレ期待株」では、発表された3月期決算企業の第1四半期決算で、早くも上方修正した企業や、業績進捗率のいい企業を一挙公開している。今回はその中から「業績進捗率が例年より高い銘柄」のランキングと、注目株を抜粋して紹介しよう!(銘柄分析は田代昌之さん[フィスコ]、和島英樹さん[ラジオNIKKEI]、西村公佑さん[クォンツ・リサーチ]、村瀬智一さん、若杉篤史さん[ともにRAKAN RICERCA])

第1四半期決算で「上方修正」した株のうち、約6割は 第2四半期でも「上方修正」すると判明!「上方修正率 ランキング」上位の「東映アニメーション」に注目! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:第1四半期決算で「上方修正」の修正率が高かった銘柄ベスト10を公開!発売中のダイヤモンド・ザイ10月号の特集「最新決算でわかった! 好発進の上ブレ期待株」では、発表された3月期決算企業の第1四半期決算で、早くも上方修正した企業や、業績進捗率のいい企業を一挙公開している。今回はその中から「第1四半期決算で、早くも上方修正した銘柄」のランキングと、注目株を抜粋して紹介しよう!

3月期決算の「人気20銘柄」で、第1四半期の診断結果が 「強気」な銘柄とは? 円安の進行や米中貿易摩擦の 沈静化で「上方修正」が増える中間決算前に仕込もう - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ヤフー、三菱商事など、3月期決算企業「人気20銘柄」の第1四半期決算をズバリ診断!発売中のダイヤモンド・ザイ10月号の特集「最新決算でわかった! 好発進の上ブレ期待株」では、発表された3月期決算企業の第1四半期決算で、早くも上方修正した企業や、業績進捗率のいい企業を一挙公開している。今回はその中から「人気20銘柄の通信簿」を抜粋して紹介しよう!

株の配当金は「いつ」もらえる?年2回の配当の場合、 第2四半期の決算時と本決算時に配当を受け取る権利が 確定して、実際に受け取れるのは決算の2~3ヵ月後! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:株の配当金をもらえるのは、いつ? 「高配当株」投資の基礎知識を紹介!株には2つの儲け方がある。1つは「値上がり益」を狙うこと、もう1つは、配当や株主優待などを受け取る「利回り」を狙う儲け方だ。注目したいのは、ここ20年、会社員の給料は横ばいだが、上場企業の配当額は倍増しているという事実。「高配当株」は株価が比較的安定しており、株初心者にもおすすめなのだ。そこで7月21日発売のダイヤモンド・ザイ9月号は「高配当株 超入門」と題し、長期で持ちっぱなしできる高配当株を徹底的に取材している。今回はその中から、株初心者は必見の「高配当株投資のキホン!」を抜粋して紹介しよう!

第1四半期決算発表が絶好調ゆえに、ウォール街は 「ハイ・ウォーターマーク」にピリピリ!? 実際は 割高ではない米国株だが、アップルの決算は要注目! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:先週のキャタピラーの決算発表の際、「ハイ・ウォーターマーク」という言葉が物議を醸しだしました。いま、アメリカの企業業績はすこぶる良いし、株式市場全体のバリュエーションも適正です。しかし、長期金利が上昇している折、市場参加者は「業績のピークが来るのではないか?」とピリピリしています。全体としては未だ心配には及びませんが、図体の大きいアップルがちゃんとした決算を出すことが出来るかどうかに注目です。

米国株式市場は第1四半期決算発表シーズンに突入! iQOSの売上鈍化のフィリップモリスや、決算控える アップルに悪材料出るも、全体的には好調な滑り出し - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国株式市場は4月13日(金)のJPモルガン・チェース(ティッカーシンボル:JPM)を皮切りとして、2018年第1四半期の決算発表シーズンに突入しています。これまでのところS&P500指数に採用されている企業のうち、17%が決算発表を終えています。決算発表した企業のうち80%がEPSで事前のコンセンサス予想を上回りました。また売上高では72%がコンセンサス予想を上回りました。つまり今期も米国企業の決算は好調な滑り出しなのです。懸念されたクレジットカート・ローンの焦げ付きの問題は今のところ心配なさそうです。スマートフォンの売れ行きに対する懸念、加熱式タバコの売上成長鈍化など個別では問題が散見されるものの全体としては心配には及びません。今週は重要な企業の決算が続々と出るのでそれらに注目です。

今週から米国連邦政府機関が「一部閉鎖」されるが、 米国経済への影響は軽微! 絶好調の米国株式市場で 始まった第4四半期決算発表シーズンの行方は? - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:先週金曜日、連邦政府機関を暫定的に開けておく「つなぎ法案」が上院で審議されましたが、法案通過に必要な60%の得票確保の見通しが立たず、連邦政府機関の一部が今週から閉鎖されることが確実となりました。これは2013年以来、四年ぶりの閉鎖です。ただ、政府機関の一部閉鎖と言っても、今週からお役所が全部休業になるわけではありません。その関係で、今回のシャットダウンが米国経済に与える影響は軽微だと思われます。マーケットとの絡みでは、経済統計の発表日がズレるなどの不都合が過去にはありました。しかし、これも殆ど心配する必要は無いでしょう。

200万円⇒1億5000万円まで増やした投資術を公開! 「株主優待目当て」で上がる株価を利用した売買や、 第1四半期や中間決算の「進捗率」に注目して稼げ! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:元手の200万円を1億5000万円まで増やした個人投資家は、どんな基準で銘柄を選んでいるのか⁉発売中のダイヤモンド・ザイ10月号では、特集「普通の会社員や主婦が成功した株で億を作るマル秘ワザ!」で、8人の個人投資家にそれぞれの勝ちワザを聞いている。彼らは元々はごく普通の会社員や主婦だが、仕事や家事の合間にコツコツ投資の研究をし、大成功をつかみ取っているのだ。今回は、そんな8人の中の一人である、個人投資家・Bコミさんの記事を抜粋して紹介。Bコミさんは、ディーラーやファンドマネージャーを経験し、幅広い投資テクニックで、20年の間に200万円の資金を1億5000万円まで増やした。ここでは、Bコミさんの売買タイミングの決め方や、注目銘柄を紹介するので、投資の参考にしてみてほしい。

任天堂やソニ―、日立、ドコモなど、人気の20銘柄の 第1四半期の決算をズバリ判定! 滑り出し好調で、 今期、上方修正が濃厚な「儲かる銘柄」を狙おう! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:第1四半期の決算発表を分析! 日立製作所やソニーなど人気の株20銘柄は「買い」か?8月21日(月)発売のダイヤモンド・ザイ10月号「第1四半期速報! 上方修正必死の好スタート株13」特集では、第1四半期決算での「好調な滑り出し」から中間決算での上方修正が狙える株の見つけ方と、「買い」の13銘柄を紹介している。今回はその中から、企業の第1四半期の業績の傾向と、日立製作所やソニーなど人気の20銘柄の第1四半期の通信簿をピックアップ!


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.