Kapok&Fintech ホームKapokの掲示板 > Tag: 囲い込み情報開示

投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


不動産売却の現場でのえげつない営業手法とは? アポ取りの定石トーク、初回で契約する方法、 値下げさせるためのテクニックなどを公開 - ここが変だよ日本の不動産取引

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産売却の現場では、営業マンたちがしのぎを削りながら成約数を上げようと必死に動き回っています。中には「えげつない」営業テクニックを駆使する営業マンもいます。今回は、アポ取りの定石トーク、初回で契約する方法、値下げさせる営業テクニックなどを紹介しましょう。悪質な営業マンに騙されないための参考にしてください。

不動産仲介の営業の仕事は売却物件探しが7割! 電気メーター確認や管理人買収で空き部屋発見へ 非効率な仕事のツケは売り主や買い主に押し付け! - ここが変だよ日本の不動産取引

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産仲介会社の営業マンが普段どのような業務に勤しんでいるか、皆さんはご存じでしょうか? 彼らは日夜、不動産の“売り主探し”“売却物件探し”のため目を血走らせながら“空き部屋”を探し徘徊しています――さながら獲物を狙うハイエナと化した彼らは、業務の7割以上をこの“売り主探し”“売却物件探し”に費やすため、新人の頃から徹底的にノウハウを叩き込まれるのです。

家の売却を依頼した不動産会社は「味方」でなく、 物件情報の拡散にブレーキをかける「敵」だった! 売り主にとって大切な「広告転載」を理解しよう - ここが変だよ日本の不動産取引

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:家やマンションなどの不動産を売ろうとしている人は、できるだけ早く、売り出し価格で購入してくれる買い主を見つけたいはず。そのためには多くの購入希望者の目に留まるように、物件情報がいろいろな物件情報サイトに掲載される方が好ましいはずですが、日本ではそれが難しくなっています。今回は不動産業界の課題である「広告転載」の裏側について解説します。

不動産を売却する際の「査定価格サービス」は、どうして実態よりも高めになりやすいのか? - ここが変だよ日本の不動産取引

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産物件を売買するときに、インターネットの不動産サービスを利用すると、売り手はどちらかというと実態よりも高めの「査定価格」を知らされる傾向があります。一方で買い手は、販売中の不動産の「市場価格(相場)」が表示されないので、割高なのか、割安なのかが分かりません。シンガポールなどの状況と比べると、一般の売り手、買い手は不利益を被っているように見えます。

不動産の売却価格(成約価格)が見られないため、 日本ではどんな不都合なことが起こっているのか? - ここが変だよ日本の不動産取引

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日本では、実際に物件を見て比較検討する際、「新築マンション、新築戸建て」なら不動産デベロッパーや住宅分譲会社、「中古住宅」なら不動産仲介会社と住み分けされていて、様々な不動産物件のなかから自分に最適な物件選びをサポートしてくれるエージェント(代理人)がいません。新築、中古を問わず扱えるようにした方が、買い主のためになるのではないでしょうか。

新築住宅の販売も”囲い込み”!? 不動産仲介会社はなぜ新築を扱えないのか - ここが変だよ日本の不動産取引

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日本では、実際に物件を見て比較検討する際、「新築住宅」なら不動産デベロッパーや住宅分譲会社、「中古住宅」なら不動産仲介会社と住み分けされていて、様々な不動産物件のなかから自分に最適な物件選びをサポートしてくれるエージェント(代理人)がいません。新築、中古を問わず扱えるようにした方が、買い主のためになるのではないでしょうか。

買い主が不動産仲介手数料を払うのは日本だけ! 3%+6万円の手数料は高過ぎる?! - ここが変だよ日本の不動産取引

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産取引では“お客さん”である「買い主」も不動産仲介会社に手数料を払わなければなりません。ちょっと考えてみると、おかしいと思いませんか。通常の買い物なら、品物の代金のほかに手数料を払うことはないわけですから。なぜ、不動産取引は別なのでしょうか。

不動産売買手数料が一律「3%+6万円」は、 なぜ世界からみて非常識なのか? - ここが変だよ日本の不動産取引

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産売買の手数料は、日本が3%+6万円が上限であるのに対し、シンガポールでは1%と非常に低くなっています。シンガポールほど手数料が低いと、売り主と買い主の両方から手数料を取らなければ経営できないように感じますが、実際は1%でもきちんと経営しています。その秘密を探っていくと、日本の手数料が「3%+6万円」に張り付いていることの非常識さが明らかになります。

不動産の「両手取引」禁止は世界の常識! 「囲い込み」の概念すらないシンガポール - ここが変だよ日本の不動産取引

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産取引の透明性を高め、不動産売買・投資市場の活性化を図るにはどうすればいいのか……。「売り主だけの味方になる」という新しいコンセプトの不動産売却サービス「売却のミカタ」を立ち上げた、不動産業界の風雲児である風戸裕樹氏。現在はシンガポールで不動産情報サービス「PropertyAccess.co」を設立し、「東南アジアの不動産取引の透明化」をミッションに掲げて不動産ビジネスの革新に取り組んでいる。東南アジアに拠点に移した風戸氏が、世界から見た、日本の不動産ビジネスの“非常識”な点を明らかにしていく。第1回は「両手取引」について考えていこう。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.