投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


じぶん銀行が住宅ローンの無料団信を拡充! 追加した「全疾病保障(180日以上入院)」は、 他社よりカバー範囲が広く、保障が充実! - 住宅ローンおすすめ比較[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:業界トップクラスの超低金利と手厚い保障内容の住宅ローンで知られる「じぶん銀行」。三菱UFJ銀行と「au」を運営するKDDIが共同で立ち上げたネット銀行だけに、高い信頼性と低金利に加えて、充実した保障内容を用意している。今回、新たに「金利上乗せなし(無料)」で、「全疾病保障(入院継続180日以上で残高0円)」の保障を追加した。では、実際にはどのくらいお得なのか、ザイ・オンラインが検証してみた。

住宅ローンの種類を決める「4つの金利タイプ」と、 商品説明に頻出する「〇〇金利」用語について解説! - 住宅ローンの基礎知識[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローン選びを難しくする要因の一つは、「○○金利」というなじみのない用語がいくつも出てくるからです。「変動金利」固定金利」「店頭金利」「基準金利」「表面金利」「適用金利」「優遇金利」「当初優遇金利」「キャンペーン金利」……など、訳がわからなくなるのも無理ありません。けれども、これらの用語には、同じ意味のものがたくさんあります。整理してしまえば、拍子抜けするほど簡単です。

今や「住み替え」する人の常識は、「買い先行」! フラット35の融資基準変更で、ダブルローンが借りやすくなったので、まずは住み替え先を探そう - 住宅ローン相談室

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住まいの「住み替え」を考える際、問題となるのは資金面です。新たに銀行から住宅ローンを借りる場合、「売り先行」か、「買い先行」で、悩む人は多いでしょう。ただし、フラット35の融資基準変更があったため、今や「買い先行」がおすすめといっても問題ない状況となりました。住宅ローンアドバイザーの淡河範明さんに、借り方のポイントやおすすめの商品をアドバイスしてもらいました。

2019年3月の住宅ローン金利を大胆予想! 変動、3年、10年、20年、35年固定金利の動向と 各銀行のオススメ住宅ローンを紹介します - 住宅ローンの選び方[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:今日は、主要銀行の2019年3月の金利動向を予想したいと思います。変動、3年、10年、20年、35年固定金利の動向と、オススメの住宅ローンを紹介しましょう。また、2019年3月には、新築マンションの引き渡しを受ける人が多いと思いますので、住宅ローンの申し込み方から借り方まで、併せて解説しましょう。

東京の年収700万円台世帯は住宅ローン破綻必至!? 「背伸び消費」で、貯金はわずか月2万円弱! 変動金利が1.5%上昇しただけで、家計は火の車 - 住宅ローン相談室

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在、変動金利は0.5%を切る史上空前の超低金利状態です。しかし、変動金利は銀行が金利を引き上げることのできる商品。ひとたび金利上昇局面となれば、毎月返済額がアップし、余裕のない家庭は住宅ローン破綻をしかねません。今回調べてみたところ、特に東京都では平均的ともいえる年収700万円台世帯に「破綻予備群」が多く潜んでいることがわかりました。

住宅ローン借り換えで注意したい「担保不足」とは? 物件価値の下落などにより、審査で落ちるケースも - 住宅ローンの選び方[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ここ最近、日銀の政策修正によって大手銀行が軒並み当初固定金利を上げたため、「いよいよ金利が上がるのでは?」というムードに包まれています。借り換えを検討している人にとっても、気になるところですよね。そこで今回、借り換えの際に担保不足など審査で注意すべきポイントを解説します。

2018年7月の日銀政策修正で金利は底を打つ! 住宅ローン借り換えの最後のチャンスで、 おすすめの変動金利、長期固定金利は何か? - 住宅ローンの選び方[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2018年7月31日に日銀が公開した金融政策の修正により、「いったい、いつまで下がるのか?」と言われていた住宅ローンの金利の底が見えたのではないかと思っています。そこで千日なりの、変動金利、長期固定金利を予想して、「最後の借り換えチャンス」と言える今、何に借り換えればいいかを検討しましょう。

住宅ローンは変動金利、固定金利のどちらがいい? 借入額4000万円でシミュレーションすると、 変動金利の支払い増加リスクは最大900万円以上! - 住宅ローンの選び方[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:初めて住宅ローンを借りるという人にとって大きな問題となるのが、「金利タイプを変動金利にするか、固定金利(全期間固定も含む)にするか」という選択です。今回のシミュレーションでは固定金利を選んだ場合に回避できる金利上昇リスクを保険料として目に見える金額にしたことで、変動金利がどれだけのリスクを背負っているのかを目に見えるようにしてみました。

フラット35が手数料も融資可能になったので、必要な自己資金がいくら減少したかを試算! - 住宅ローンの選び方[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:こんにちは、ブロガーの千日太郎です。2018年4月から、全期間固定住宅ローン「フラット35」では仲介手数料や融資手数料、司法書士報酬などが融資対象になりました。これにより、わずかな自己資金でも住宅ローンを借りられるようになったことをご存知ですか。4000万円の不動産を購入するケースで必要な自己資金を試算したところ、200万円以上も減った計算になり、ハードルは相当低くなったと言えるでしょう。

住宅ローンの融資実行までに突発的に金利が上昇しても、「一部の地銀」なら心配なし! - 住宅ローンの選び方[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:5月に米朝首脳会談が開催されるというニュースが飛び込んできましたが、住宅ローンの金利にはどんな影響を与えるのでしょうか。この2018年に家を買って住宅ローンを組む人にとって、ここ最近の朝鮮半島をめぐる地政学リスクはネックであるだけに、今後の展開と金融市場に与える影響と、住宅ローン金利の動向を占ってみましょう。

「変動金利か、固定金利か」で迷ったら、 「ミックスローン」の住宅ローンを選ぼう! ミドルリスク、ミドルリターン志向の人に最適 - 住宅ローンおすすめ比較[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンを借りるとき、変動金利にするか固定金利にするかを迷う人は多いだろう。そこでよく利用されているのが、複数のローンを組み合わせた「ミックスローン」だ。住宅ローンに詳しいファイナンシャルプランナーの山本俊成さん(ファイナンシャル・マネジメント代表)に、ミックスローンののメリットとデメリットや、繰上返済の上手な方法を聞いた。

安倍首相の続投で住宅ローン金利はどうなる? 2018年の長期固定金利は低金利が続く!? - 住宅ローンの選び方[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:こんにちは、ブロガーの千日太郎です。衆院選は安倍首相の勝利続投となりましたね。そこで今回の選挙の結果を踏まえ、2017年後半から2018年にかけて住宅ローンの実行を控えている人の参考になる情報を発信していきたいと思います。特に長期固定金利の動向を占ってみたいと思います。

人口減少&少子高齢化時代のマイホーム購入術! 「フラット35」で住宅ローンを組んで、 「立地適正化計画」の指定エリアを狙え! - 節約の達人が伝授!ゼロから貯める節約術

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産を選ぶときの最大の注意点とは? 値下がりしにくい不動産はどう見極める? マイナス金利で住宅ローン金利も低下し、ローンを組んで不動産を購入するには良い環境となっている今の時代。実際に不動産に買うにあたっては、資金計画はもちろんだが、そのほかにも注意すべき点がたくさんあると、FP(元不動産会社勤務)の風呂内亜矢さんは話す。そこで今回は、多くの人にとって一世一代の買い物である不動産選びのコツ、注意点を、風呂内さんに解説してもらった。

35年固定金利で最もお得な住宅ローンは? アルヒのスーパーフラットVSみずほ銀行 VS地銀代表の伊予銀行 - 住宅ローンの選び方[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンの人気ブロガーの千日太郎氏が、住宅ローンについて徹底的に分析します。第3回は、35年固定金利対決として、アルヒのスーパーフラット、みずほ銀行の35年固定、地銀代表として伊予銀行にもご登場願いましょう!

住宅ローンで得する厳選8カ条を公開! 商品選びから住宅ローン減税まで、ノウハウ満載 - 住宅ローンおすすめ比較[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要: 住宅ローンを借りる際に是非とも知っておきたい基本ポイントをまとめた、「住宅ローンで得する8ヵ条」を作成した。一生のうちで住宅ローンを何度も借りる人は少なく、住宅ローンに関する知識や得するノウハウをあまり知らないという人がほとんどなので、8カ条を参考に上手に借りよう!

[三井住友銀行の住宅ローンの金利・手数料は?] 地震への保障プランなど、商品ラインナップが充実! 毎月の決済日まで待たなくても繰上返済できてお得 - 住宅ローンおすすめ比較[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:三井住友銀行は3大メガバンクのひとつ。ネット銀行のような低金利は望めないが、地震などの災害で自宅が全壊した場合、住宅ローン残高の50%が免除されるといった独自の保証が充実している。ライフスタイル、ライフステージに合わせたさまざまな保障やサービスが用意されており、大手銀行としての信頼性は高い。

住宅ローンで人気が高い、低金利の変動金利は、 金利が上昇すると、返済額はどのくらい増加する? 返済シミュレーションで、繰上返済の効果を検証! - 住宅ローンおすすめ比較[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンを借りる際、金利の低さから変動金利を選んでいる人は多い。金利が低ければ、借入額を大きくできるというメリットもある。しかし、変動金利は将来金利が上昇した場合、返済額が増えるデメリットもある。そこで、変動金利のメリットを生かしつつ、デメリットをいかに対処すればいいのかを、返済シミュレーションを使って探ってみた。

[みずほ銀行の住宅ローンの金利・手数料は?] ネット専用ローンはネット銀行並みの低金利! 「8大疾病補償」は月払いで安く、中途解約も可能 - 住宅ローンおすすめ比較[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:みずほ銀行は日本を代表するメガバンクとしての高い信頼性があり、豊富な経験・ノウハウを持つ専任の担当者とじっくり相談しながら住宅ローンの手続きができる。その一方で、来店せずに手続きができる低金利のネット専用ローンも扱っている。ライフイベントに応じて、返済額を見直すことができるほか、ローンに付帯できる保険も充実している。また、住宅ローン利用者には、ATMの時間外手数料無料、「多目的ローン」の金利が0.1%低金利になるなど、独自のサービスも提供している。

[優良住宅ローンの住宅ローンの金利・手数料は?] 「フラット35」の専門金融機関で金利も業界最低水準 対応は迅速、フルローンを実現するサービスも用意 - 住宅ローンおすすめ比較[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:優良住宅ローンは2005年、住宅金融支援機構の「フラット35」専門の金融機関として誕生した。15年以上の長期ローンしか組めない点がデメリットだが、20年超の固定金利型は業界最低水準の金利で諸費用も安い。長期間固定型の住宅ローンでは有力な選択肢のひとつになるだろう。最終的な契約は店舗に出向く必要があるが、手続きはすべて郵送で行われ、その早さと対応力には定評がある。

[三菱東京UFJ銀行の住宅ローンの金利・手数料は?] 2007年から9年連続で取扱残高1位を達成! 独自商品の35年固定型は業界最低水準の金利 - 住宅ローンおすすめ比較[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:三菱東京UFJ銀行の住宅ローンは、2007年から9年連続で取扱残高1位。リフォームやセカンドハウスを対象にしたローンなど幅広い商品ラインアップを誇る。特に長期間固定型の住宅ローンに強い。全国主要都市に店舗網を持ち、土日には住宅ローンの相談会を積極的に開いているため、じっくりと腰をすえたローン選びができる。一方、インターネットで住宅ローンの申し込みや相談会の予約、金利タイプ変更手続きができるなど、時代に即した対応にも抜かりはない。

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.