投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


不動産が売れない時に、不動産仲介会社の販売活動をチェックする方法とは? - 不動産を高値で売却する方法[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産を売り出しているがなかなか売れない――それは、不動産仲介会社の販売活動に問題があるかもしれない。そこで、不動産売買に詳しい価値住宅の高橋正典氏に不動産会社の販売活動が適切であるかをチェックする方法を聞いてみた。

不動産売買手数料が一律「3%+6万円」は、 なぜ世界からみて非常識なのか? - ここが変だよ日本の不動産取引

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産売買の手数料は、日本が3%+6万円が上限であるのに対し、シンガポールでは1%と非常に低くなっています。シンガポールほど手数料が低いと、売り主と買い主の両方から手数料を取らなければ経営できないように感じますが、実際は1%でもきちんと経営しています。その秘密を探っていくと、日本の手数料が「3%+6万円」に張り付いていることの非常識さが明らかになります。

大規模マンションでの賢い売却方法とは? リフォーム、ホームステージングなどで差別化を - マンションを高く売る方法[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:大規模マンションは、「常に複数個の売り物件が存在するため、売却しにくい」とよく言われる。間取りや陽当たり、内装が露骨に比べられるうえ、買い手に価格交渉の余地を与えてしまうからだ。ライバルを出し抜いて、高値で早期に売却するにはどうすればいいのか。大規模マンションの賢い売却方法を、不動産売却のプロに教えてもらおう。

「不動産売却で失敗しない、不動産仲介会社・担当者の選び方」7カ条を紹介! - 不動産を高値で売却する方法[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産の売却で失敗しないためには、どんな不動産仲介会社や営業担当者を選べばいいのだろうか。価値住宅の代表取締役である高橋正典氏に話を聞き、「本気で売却してくれる不動産仲介会者・営業担当者の選び方」を7カ条にまとめた。

「旧耐震」「事故物件」のマンションも売れる? 不動産のプロが語る、売りにくい物件の販売法 - マンションを高く売る方法[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「旧耐震マンション」「1階部屋」「事故物件」「管理が悪いマンション」「狭小マンション」「名義人が認知症」など、売りにくいと言われるマンションは本当に売りにくいのだろうか。不動産取引のプロに、不人気マンション売却のための傾向と対策を聞いてみた。

マンションを高く売るなら、リフォームすべき! 値下げ交渉されにくくなるなど、メリットが多数 - マンションを高く売る方法[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:マンションを売却する際、事前にリフォームすることは、買い手の第一印象がアップし、値下げ交渉させにくくなるなどのメリットが多い。マンションを早期に、高く売るためにも、「コストをかけずに、見栄えを良くする」「複数のリフォーム会社から相見積もりをとる」などのポイントを抑えてリフォームすることがおすすめといえる。

不動産の「両手取引」禁止は世界の常識! 「囲い込み」の概念すらないシンガポール - ここが変だよ日本の不動産取引

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産取引の透明性を高め、不動産売買・投資市場の活性化を図るにはどうすればいいのか……。「売り主だけの味方になる」という新しいコンセプトの不動産売却サービス「売却のミカタ」を立ち上げた、不動産業界の風雲児である風戸裕樹氏。現在はシンガポールで不動産情報サービス「PropertyAccess.co」を設立し、「東南アジアの不動産取引の透明化」をミッションに掲げて不動産ビジネスの革新に取り組んでいる。東南アジアに拠点に移した風戸氏が、世界から見た、日本の不動産ビジネスの“非常識”な点を明らかにしていく。第1回は「両手取引」について考えていこう。

大手不動産仲介会社では、「両手取引」が蔓延?! 不動産売却時は、「両手取引比率」が高い会社に注意を - 不動産を高値で売却する方法[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:大手不動産仲介会社の両手取引の比率を試算したところ、驚くべきことに両手取引率が50%を超える会社が珍しくなく、両手取引が蔓延していることが判明した。日本の不動産の売買取引において、不動産仲介会社は「売り手」と「買い手」の両者から手数料を取る「両手取引」が認められているが、実は海外では問題が多いため違法とする国が多い。なぜ両手取引は問題が多いのか、また日本で両手取引が多い理由も探ってみよう。

不動産を高値で売却したいなら、 「囲い込み」「両手取引」に気をつけよう! - 不動産を高値で売却する方法[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:マンションや戸建て住宅の不動産を売却する際、悪徳不動産仲介会社に巧みに誘導され、知らないうちに不利益を被っている売主は少なくない。持ち家を高く売るためには、「囲い込み」や「両手取引」など、不動産業界に蔓延する売買のカラクリを頭に入れることが重要だ。

東芝が債務超過回避のため大型増資を検討。 半導体事業売却の強行は「犯罪になるかも」 - 闇株新聞[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:上場廃止回避のため利益の9割を稼ぎ出す「虎の子」半導体事業を日米韓連合に売却することを決定している東芝(6502)ですが、ここへきて売却完了が期日(2018年3月末)に間に合わなかった場合に備え「6000億~8000億円の増資の検討に入った」と報道されています。増資で上場維持できるのに半導体事業売却を中止しない愚を、刺激的な金融メルマガ『闇株新聞プレミアム』が痛烈に批判しています。

東芝の半導体事業売却が底なし沼! 事態はもう壊滅的かつ修復不可能 - 闇株新聞[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:東芝は半導体事業の売却先を「日米韓連合」とする方針を発表しました。半導体事業の売却を巡っては合弁相手の米ウェスタンデジタル(WD)が国際仲裁裁判所に提訴するなど難航し、紆余曲折を経て米系ファンドKKRとWDの「WD連合」への売却で、ほぼほぼ決まりかけていたはずですが……

東芝の半導体事業がいよいよ外資の手に落ちる…。 東芝経営陣と銀行団の無能ぶりを嘆く - 闇株新聞[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:東芝の半導体事業の売却話がまとまりかけていますが、日本のマスコミはどうも「都合の良いところだけ」を報道しているようです。刺激的な金融メルマガ『闇株新聞プレミアム』はこれまでも「外資に売ってはいけない」と警鐘を鳴らし続けていますが、事態は当事者意識を失っている東芝と考えのない銀行団が、外資をボロ儲けさせるだけの破滅の道へと進めています。

東芝の「虎の子」半導体事業会社が 海外ファンドに買収された場合の末路とは? - 闇株新聞[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:東芝(6502)の半導体事業が海外ファンドによって買収されようとしています。本連載では前回、日産自動車(7201)と三菱自動車(7211)がフランスのルノーに“食い尽くされる”懸念について取り上げたばかりですが、海外ファンドに買収されてしまうのは外国企業に飲み込まれるよりも「はるかにタチが悪い」のだとか。その理由を投資のプロも愛読しネタ元にしている刺激的な金融メルマガ『闇株新聞プレミアム』が解説します。

資産運用の出口戦略

サイト「経済&マネー」のコンテンツが kapok から公開されました。

概要:資産運用は資産形成期、保守期、取り崩し期と推移しますが、この内、取り崩しに関する運用戦略が出口戦略です。アセット・アロケーションに関する手法として代表的な出口戦略には、債券シフト法と分散投資があります。売却手法としての出口戦略戦略には、定額売却と定率売却があります。この記事ではそれぞれ紹介します。

タグ: ブログ更新 kapok 債券シフト 出口戦略 分散投資 売却 定率売却 定額売却 資産運用 集中投資
参考URL: http://kapok.mydns.jp/business/exit-strategy/
投稿者: blogcheck.py 投稿日時: 2017/06/19 23:41:38 投稿番号: 22811

住宅ローンが破綻したら「任意売却」の検討を! 「競売」よりも高値売却が可能でメリット大 経験が豊富な専門家に早めに相談しよう - 住宅ローン借り換え比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンが返済できなくなってしまった、つまりローンが破綻した場合、「競売」という言葉がまず思い浮かぶのではないだろうか。しかし近年、この競売に代わって注目されているのが「任意売却」という制度。競売に比べて高値で売却でき、残債も抑えられる可能性があるので、検討してみよう。

日本郵政の大量売却報道で、今後の株価はどうなる? 下落基調に転じた今、買値が1600円以上なら 損切りして他銘柄に乗り換えたほうがチャンスあり!? - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2015年のIPOで脚光を浴びた「日本郵政(6178)」。当初は連日上場来高値を更新するなど破竹の勢いがあった。しかし、2017年2月現在では、筆頭株主の財務省による「大量売却」報道が1月に出た影響により、市場に動揺が走っている。直近の「日本郵政」の株価は1400円台で推移しているが、今後株価はどのような動きを見せるのか。場合によっては乗り換えも検討すべきなのか?


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.