投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


不動産一括査定サイト「イエウール」で、 記者が実際に査定を依頼してみた結果は? 不動産会社の対応や査定書を公開! - 不動産一括査定サイトおすすめ比較[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産一括査定サイトの「イエウール」で査定を依頼すると、いい加減な価格査定をされたり、不動産会社からしつこく営業を受けたりするのではないかと、不安を感じている人も多いはず。そこで、本編集部記者が実際にイエウールを使って、自分の住んでいるマンションを査定してもらうという覆面取材を行った。イエウールの対応だけでなく、紹介してくれた不動産会社の対応、査定の内容などもレポートする。

不動産売買契約書でチェックすべきポイントを解説! 家やマンションの売却で起こるトラブルを回避しよう - 不動産を高値で売却する方法[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「不動産売買契約書」を交わした時点で、原則、売買は成立したことになる。それ以後は、売主、買主とも、例外的なケースを除いて、無条件に契約を白紙に戻すことはできない。それだけに、売主自身が契約内容を正しく理解しておくことが大切だ。不動産仲介会社任せにせず、何かあったときに一方的に不利益を被ることがないよう、自分の目でしっかりとチェックしよう。

不動産一括査定サイトの「イエイ」で、 記者が実際に査定を依頼してみた結果は? 不動産会社の対応や査定書を公開! - 不動産一括査定サイトおすすめ比較[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産一括査定サイトの「イエイ」で査定を依頼すると、どういう査定結果が出るのだろうか?利用してみたいものの、不動産会社からしつこく営業を受けたり、価格査定がいい加減なものだったりするのではないかと、不安を感じている人も多いはず。そこで、本編集部記者が実際にイエイを使って、自分の住んでいるマンションを査定してもらうという覆面取材を行った。イエイの対応だけでなく、紹介してくれた不動産会社の対応、査定の内容などもレポートする。

大阪府で不動産を売る際、エリアごとの注意点は? 大阪市内はチラシ、北摂はネット広告が有効で、 河内・泉州は売却が長期化など、特徴の把握が大切 - 不動産売却の注意点

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:今回は私のオフイスがある大阪府に特化し、「大阪で不動産を売る際のエリアごとの注意点」というテーマでお話しをさせて頂こうと思います。通常なら公的機関やシンクタンクの発表した数字を基に記事を書くべきなのでしょうが、そのような記事は世の中にたくさんございますので、この記事の中では私が大阪府下の不動産会社と接して感じる「肌感覚のお話」をさせて頂きます。

「つみたてNISA」の“売り時”は、いつがベストか? 上手な売却方法や非課税期間後に売るときの税金まで 意外と知らない「つみたてNISA」の出口戦略を解説! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA」の“売り時”を解説! 「つみたてNISA(ニーサ)」は運用期間を自由にできるのが大きなメリットです。非課税期間は最長20年ですが、いつでも好きなときに売却して現金化することができます。では、いつ売却するのがベストでしょうか。それとも20年間は売らずに積立を続けたほうがいいのでしょうか。多くの人が気になる点でありながら、意外と解説が少ない「つみたてNISA」の“出口戦略”を解説します。

不動産の仲介手数料って値切ってもいいの? 「人気のある高額物件」なら値切ってもいいが、 「不人気物件」だと、営業が手を抜く可能性も! - 不動産売却の注意点

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産を売却する際、仲介手数料を支払うことになりますが、値引き交渉をしてもいいということはご存知でしょうか。ちょっとした不動産の売却であれば100万円を超えることもザラなので、その気持ちも分かります。ただし安易に値切ると、失敗することもあるのです。

家やマンションが売れる「チラシ」のつくり方とは? 魅力的な"間取り図"や"写真"で購入希望者を増やそう - 不動産を高値で売却する方法[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:売りたい家やマンションの間取り図や写真、概要などの基本情報を1枚にまとめたチラシ(販売用図面、マイソクともいう)は、物件検索サイトに掲載されたり、購入希望者に手渡されたりするなど、販売ツールとして重要な役割を担うものだ。ここでは、購入希望者が増える「チラシづくりのポイント」を解説しよう。

広告効果が薄れたといわれる「不動産チラシ」も、 キャッチコピー次第で、確度の高い買い手を集められる! 「不動産チラシ作成の10カ条」を不動産コンサルが解説 - 不動産売却の注意点

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:家やマンションなどの不動産を売却する際の、オーソドックスな広告手法である「チラシ」は、近年、効果が薄くなってきたといわれますが、実はそうでもありません。ターゲットを絞り込んで宣伝することで、効果的な集客は可能と考えます。梶本流「反応がいい上手なチラシ作りのための10カ条」をご紹介しましょう。

家やマンションの売却で、不動産会社による「仲介」 ではなく「買取」を選ぶメリットとデメリットとは? - 不動産を高値で売却する方法[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「家やマンションを売却する」といえば、不動産仲介会社に売却を依頼し、一般の個人客に購入してもらう「仲介」が一般的だ。しかし、近年、不動産会社による買取も増えている。どちらの方法にも、メリット・デメリットがある。特徴を理解して、上手に活用しよう。

家やマンションの売却時に、「ネット」と「チラシ」のどちらを重視して広告すれば、スムーズに売却できるのか? - 不動産売却の注意点

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:家やマンションなどの不動産を「より高く」「より早く」売却する為に、「インターネット」や「チラシ」などで広告して集客を図りますが、どちらを重視すればいいと思われますか? 今回は、ネットとチラシについて、それぞれの広告の特性や顧客像を把握するとともに、本当に効率的な集客方法をお伝え致します。

不動産一括査定サイトの「マンションナビ」で、 記者が実際に査定を依頼してみた結果は? 不動産会社の対応や査定書を公開! - 不動産一括査定サイトおすすめ比較[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産一括査定サイトの「マンションナビ」で査定を依頼すると、不動産会社からしつこく営業されたり、いい加減な価格査定をされたりするのではないか、と不安を感じている人も多いはず。そこで、本編集部記者が実際にマンションナビを使って、自分の住んでいるマンションを査定してもらう覆面取材を行った。マンションナビの対応だけでなく、紹介してくれた不動産会社の対応、査定の内容などもレポートする。

中古マンションの査定価格はどう求めればいい? 国交省も認める「価格査定マニュアル」の計算方法を分かりやすく解説! - マンションを高く売る方法[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:中古マンションの売却を考える場合、まず不動産仲介会社に物件の「価格査定」を依頼するのが一般的だ。その際に活用される有力な査定方法として、「中古マンション価格査定マニュアル」がある。国土交通省がお墨付きを与えている査定方法であり、信頼性も高いと言われている。そこで、価格査定マニュアルの正しい計算方法を解説しよう。

不動産仲介の営業の仕事は売却物件探しが7割! 電気メーター確認や管理人買収で空き部屋発見へ 非効率な仕事のツケは売り主や買い主に押し付け! - ここが変だよ日本の不動産取引

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産仲介会社の営業マンが普段どのような業務に勤しんでいるか、皆さんはご存じでしょうか? 彼らは日夜、不動産の“売り主探し”“売却物件探し”のため目を血走らせながら“空き部屋”を探し徘徊しています――さながら獲物を狙うハイエナと化した彼らは、業務の7割以上をこの“売り主探し”“売却物件探し”に費やすため、新人の頃から徹底的にノウハウを叩き込まれるのです。

イエイ(一括査定サイト)の信頼性は? 掲載不動産会社、運営会社、対応する不動産の種類、強み、弱みなどを徹底調査! - 不動産一括査定サイトおすすめ比較[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産一括査定サイト「イエイ」は本当に信頼できるサイトなのか? 不動産を売却する際に非常に便利な不動産一括査定サイトだが、その中でも10年以上のサービス歴を持ち、幅広い物件種類の対応した一括査定を提供しているのが「イエイ」だ。運営企業や掲載している不動産会社、対応している不動産の種類などについて調査するとともに、ライバルサイトとの違いも比較してみた。

イエウール(一括査定サイト)の信頼性は? 掲載不動産会社、運営会社、対応する不動産の種類、強み、弱みなどを徹底調査! - 不動産一括査定サイトおすすめ比較[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産一括査定サイト「イエウール」は本当に信頼できるサイトなのか? 不動産を売却する際に非常に便利な不動産一括査定サイトだが、その中で2014年スタートの比較的新しいサイトながら、掲載する不動産会社数が1400社以上の一括査定を提供しているのが「イエウール」だ。運営企業や掲載している不動産会社、対応している不動産の種類などについて調査するとともに、ライバルサイトとの違いも比較してみた。

家やマンションを売るための魅力的なチラシを作る4つのポイントとは? - マンションを高く売る方法[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:家やマンションなど不動産を高値かつ早期に売却するためには、チラシ(マイソク、販売図面ともいう)でライバル物件と差をつけたい。よいチラシ作りのポイントは、「写真の豊富さ・情報の正確さ・ターゲットに合わせたセールスポイント・キャッチコピー」の4点が、限られたスペースのなかでバランス良く掲載されているかどうかだ。

高値で「家」や「マンション」の早期売却を実現する 情報収集術&オンライン査定サイトの活用法を公開! - 不動産を高値で売却する方法[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産の売却は、売出価格を決めるころから始まる。価格のつけ方を誤ると、売却が長期化したり、本来得られるはずのお金をみすみす逃がしたりすることになりかねない。不動産仲介会社の査定価格はあくまでも参考価格。正しい判断ができるように、自らも情報を集め、価格の相場を掴んでおこう。

家の住み替えは「売り先行」がオススメ! 「買い先行」で「買い替え特約」を付けたくても、 認めてくれるのは「売れ残り」ばかりなので注意! - 不動産売却の注意点

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:家の住み替えで、いまの家が売れないときに購入を白紙撤回できる「買い替え特約」を付ける人が多いのですが、これには大きな問題があります。買い替え特約を認めてくれるような物件は、不人気の「売れ残り物件」であることが多いからです。結局、自分の物件を売ってから新しい家を買った方が、いい物件に出会える確率が高いのです。

固定資産税・都市計画税の通知が送られてきたけど、間違っていることがあるの? プロの税理士兼不動産鑑定士が徹底解説 - 不動産を高値で売却する方法[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:固定資産税や都市計画税は、都税事務所や市町村の税務担当から通知が郵送されてきて、何も考えずに支払っている人が多い。ただし、課税当局が法規制や状態を誤って認定したため、課税額を間違えていることがごく稀に発生する。間違いとして見かけるもの「住宅用地の特例の適用漏れ」、「建物の構造別区分の認定間違い」について、不動産鑑定士で公認会計士の冨田建氏が解説。

マンションナビ(一括査定サイト)の信頼性は? 掲載不動産会社、強み、弱みなどを徹底調査! - 不動産一括査定サイトおすすめ比較[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産一括査定サイト「マンションナビ」は本当に信頼できるサイトなのか? 不動産を売却する際に非常に便利な不動産一括査定サイトだが、その中でも中古分譲マンションの売却に特化した一括査定を提供しているのが「マンションナビ」だ。運営企業や掲載している不動産会社、対応している不動産の種類などについて調査するとともに、ライバルサイトと比較してみた。

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.