Kapok&Fintech ホームKapokの掲示板 > Tag: 売買手数料

投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


GMOペパボ、GMOクリック証券の手数料キャッシュ バックの株主優待を拡充! 1株⇒2株の株式分割後も 優待内容は据え置きで、優待利回りは2%超にアップ! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:GMOペパボ(3633)が、株主優待を実質的に拡充することを、2019年2月18日に発表した。株主優待の実質拡充は、2019年6月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。GMOペパボの株主優待は、毎年6月末と12月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「100株以上保有する株主を対象に、保有株数に応じて、対象期間中に生じた『GMOクリック証券』の買付手数料及び売買手数料をキャッシュバック。さらに、保有株数に応じた金額相当分の『おさいぽ!ポイント』『GMOポイント』『minneクーポン』(3つから一つを選択)を贈呈」というもの。今後もこの内容は変わらないが、同社は2019年3月31日を基準日、4月1日を効力発生日として1株⇒2株の株式分割を予定しているため、結果的に株主優待は拡充されることになる。(GMOペパボ、コード:3633、市場:JASDAQスタンダード)

DMM.com証券「DMM株」は、売買手数料が安い! 大手ネット証券との売買コスト比較から申込み方法、 お得なキャンペーン情報まで「DMM株」を徹底解説! - ネット証券会社比較

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:DMM.com証券は、国内株式のオンライントレードサービス「DMM株」を2018年4月4日(水)からスタートすることを発表した。公式サイトには、「手数料が業界最安値水準」「プロも納得 機能充実の取引ツール」「初めての方も安心な、かんたんスマホアプリ!」といったキャッチコピーが並んでいる。具体的な手数料体系やサービス内容が、気になるところだ。今回は、DMM.com証券の国内株式オンライントレードサービス「DMM株」の概要を紹介しよう。DMM.com証券が扱うのは、東京証券取引所(マザーズ、JASDAQを含む)、名古屋証券取引所、札幌証券取引所、福岡証券取引所に上場する国内株式。現物取引と制度信用取引で売買することができる。

「岡三オンライン証券」は1日最大40万円の取引まで 「売買手数料が無料」! 資金の少ない投資初心者や 株主優待狙いの投資家には、圧倒的にお得! - ネット証券会社比較

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ネット証券各社で、売買手数料の値下げ競争が激化している。その中でも、特に注目したいのが岡三オンライン証券だ。なんと、現物取引と信用取引を1日にそれぞれ20万円ずつ、合計で40万円まで手数料無料でトレードできるようになったのだ。今回は、この岡三オンライン証券の「1日40万円まで売買手数料無料」のすごさを解説しつつ、岡三オンライン証券のメリットも紹介していこう。以前から、松井証券は、1日10万円までの取引は売買手数料無料の料金プランを提供しており、人気を博していた。そこに後追いで、楽天証券とSBI証券も1日定額プランにおいて1日10万円までの売買手数料を無料化。大手ネット証券3社による三つ巴の戦いとなっていた。

「楽天証券」や「SBI証券」など、5つの証券会社が 売買手数料を大幅に引き下げ! 「1日最高40万円」の 取引まで無料で売買できるお得なネット証券も登場! - ネット証券会社比較

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2017年11月末から年末にかけて、楽天証券やSBI証券、マネックス証券など5つの証券会社で、現物取引や信用取引の売買手数料が大幅に引き下げられた。その一方で、売買手数料の安さで定評のあったGMOクリック証券が、2018年1月4日から信用取引手数料を実質値上げすることを発表した。まさに、ネット証券の間で「仁義なき手数料合戦」が勃発していると言えるだろう。2017年11月末から翌1月の間に、売買手数料を改定する証券会社と適用日は以下の表の通りとなっている。それでは、現物取引/信用取引、1約定ごとのプラン/1日定額プランの組み合わせごとに、手数料がどのように安くなったか、その変更点を見ていこう。

GMOクリック証券を「無料」で利用する裏ワザとは? グループ会社の株主優待を効率よく利用することで、 1年間に「最大231回分」の売買手数料が0円に! - ネット証券会社比較

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:コストの安い証券会社を見つけるひとつの方法は、売買手数料の比較記事などを参考に選ぶこと。ザイ・オンラインでも、以下の記事などで証券会社の売買手数料を比較している。しかし、実はある裏ワザを使うことで、上のリンク先に載っている売買手数料ランキング1位の証券会社より、売買手数料が安くなる証券会社が存在する。GMOクリック証券だ。もともとGMOクリック証券の手数料体系は安めに設定されており、ふつうに使っても十分に低コストと言える。今回はそんなGMOクリック証券を、より安く、一定の金額までは無料で利用する裏ワザを解説しよう。

ネット証券の手数料競争が激化し「0円」が常識に!? 楽天証券とSBI証券は、1日10万円までの取引で 売買手数料を「無料化」したので、初心者におすすめ - ネット証券会社比較

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:大手ネット証券会社の楽天証券とSBI証券が、あいついで売買手数料の値下げを発表した。注目ポイントは、どちらも証券会社も、1日の約定代金合計が10万円までだと売買手数料が無料になった点だ。これまでは松井証券が、現物取引・信用取引ともに1日10万円までは売買手数料という料金プランを打ち出しており、それが松井証券の大きな魅力のひとつとなっていた。今回の値下げは、楽天証券とSBI証券がそこに合わせてきた形となる。まさに、大手ネット証券における“仁義なき手数料競争”といった様相を呈しているが、ユーザーである個人投資家にとっては、非常にありがたい話と言えるだろう。

【むさし証券のおすすめポイントを解説】 現物株・信用取引とも業界トップクラスの低コスト! 注文機能も強化され、IPO投資では穴場的な証券会社 - ネット証券会社比較

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:むさし証券は、ここ最近、アグレッシブに手数料引き下げや新サービスの提供を行っている注目の証券会社のひとつ。規模は小さいながら、大手証券にはない魅力を兼ね備えている。そこで今回は、むさし証券の概要と4つのおすすめポイントを解説。むさし証券のおすすめポイントは、(1)売買手数料がトップクラスの安さ、(2)制度信用取引・一般信用取引ともに格安、(3)自動売買機能の使い勝手が大幅にアップ、(4)IPOの取扱実績が多くライバルが少ない。さらに、むさし証券の弱点も解説。

【証券会社おすすめ比較】 外国株(米国株、中国株、ロシア株、韓国株など)の 取扱銘柄数で選ぶ!おすすめ証券会社 - ネット証券会社比較

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ネット証券の売買手数料を比較して、おすすめの証券会社をランキングで紹介! 証券会社を選ぶとき重要なのが、約定代金が低い場合の1約定ごとの売買手数料だ。 限られた資金をひとつの銘柄に集中投資するより、1単元の購入価格が低い銘柄を複数買って分散投資をするほうが、圧倒的にオススメだからだ。ザイ・オンラインでは、約定代金が低め場合に注目し、1約定ごとの売買手数料のランキングを作成した

【証券会社(ネット証券)おすすめ比較】 人気で選ぶ!みんなのおすすめネット証券会社 - ネット証券会社比較

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ザイ・オンラインで口座開設数の多かった、人気のおすすめ証券会社(ネット証券)を公開! 個人投資家のスタイルは十人十色なので、人気があるからと言って自分にとってもベストな証券会社だとは限らないが、多くの人が選んでいる証券会社にはそれだけの魅力があるのも確かだ。まったくの投資初心者であれば、「ひとまず人気ナンバーワンの証券会社を使ってみる」という選択肢もアリだろう。株初心者やこれから投資を始める個人投資家は必見だ!

GMOペパボ(3633)、株主優待の内容を変更!  「おさいぽ!ポイント」「GMOポイント」に加えて、 新たに「minneクーポン」が追加されて利便性アップ - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:GMOペパボが株主優待の内容を変更すると発表した。株主優待の変更は2016年12月31日時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。GMOペパボの株主優待は、従来「100株(1単元)以上保有する株主を対象に、保有株数に応じて対象期間中に生じたGMOクリック証券の買付手数料及び売買手数料をキャッシュバック。さらに、保有株数に応じた金額相当分の『おさいぽ!ポイント』または『GMOポイント』(どちらか選択)を贈呈」というものだった。今後も大筋で変わりはないが、選択制でもらえる2種類のポイントに加えて、新たに「minneクーポン」も選択できるようになる。(GMOペパボ、コード:3633、市場:JASDAQ)


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.