投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


2019年3月の住宅ローン金利を大胆予想! 変動、3年、10年、20年、35年固定金利の動向と 各銀行のオススメ住宅ローンを紹介します - 住宅ローンの選び方[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:今日は、主要銀行の2019年3月の金利動向を予想したいと思います。変動、3年、10年、20年、35年固定金利の動向と、オススメの住宅ローンを紹介しましょう。また、2019年3月には、新築マンションの引き渡しを受ける人が多いと思いますので、住宅ローンの申し込み方から借り方まで、併せて解説しましょう。

東京の年収700万円台世帯は住宅ローン破綻必至!? 「背伸び消費」で、貯金はわずか月2万円弱! 変動金利が1.5%上昇しただけで、家計は火の車 - 住宅ローン相談室

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在、変動金利は0.5%を切る史上空前の超低金利状態です。しかし、変動金利は銀行が金利を引き上げることのできる商品。ひとたび金利上昇局面となれば、毎月返済額がアップし、余裕のない家庭は住宅ローン破綻をしかねません。今回調べてみたところ、特に東京都では平均的ともいえる年収700万円台世帯に「破綻予備群」が多く潜んでいることがわかりました。

住宅ローン借り換えで注意したい「担保不足」とは? 物件価値の下落などにより、審査で落ちるケースも - 住宅ローンの選び方[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ここ最近、日銀の政策修正によって大手銀行が軒並み当初固定金利を上げたため、「いよいよ金利が上がるのでは?」というムードに包まれています。借り換えを検討している人にとっても、気になるところですよね。そこで今回、借り換えの際に担保不足など審査で注意すべきポイントを解説します。

2018年7月の日銀政策修正で金利は底を打つ! 住宅ローン借り換えの最後のチャンスで、 おすすめの変動金利、長期固定金利は何か? - 住宅ローンの選び方[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2018年7月31日に日銀が公開した金融政策の修正により、「いったい、いつまで下がるのか?」と言われていた住宅ローンの金利の底が見えたのではないかと思っています。そこで千日なりの、変動金利、長期固定金利を予想して、「最後の借り換えチャンス」と言える今、何に借り換えればいいかを検討しましょう。

住宅ローンは変動金利、固定金利のどちらがいい? 借入額4000万円でシミュレーションすると、 変動金利の支払い増加リスクは最大900万円以上! - 住宅ローンの選び方[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:初めて住宅ローンを借りるという人にとって大きな問題となるのが、「金利タイプを変動金利にするか、固定金利(全期間固定も含む)にするか」という選択です。今回のシミュレーションでは固定金利を選んだ場合に回避できる金利上昇リスクを保険料として目に見える金額にしたことで、変動金利がどれだけのリスクを背負っているのかを目に見えるようにしてみました。

住宅ローンの変動金利が上昇したら、いくら繰上返済すべきか、借入金額別に診断! - 住宅ローンの選び方[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:銀行間で住宅ローンの変動金利の獲得競争が激化しています。競争によって金利が下がるのはいいのですが、変動金利のネックとなるのは、銀行が金利を引き上げる権利を持っているということ。そこで今回は、金利上昇リスクを計算し、いくら繰上返済すればそのリスクを相殺できるかを計算してみました。金利が2.775%まで上がると仮定した標準シナリオと、金利4%を想定したリスクシナリオを用意したので、住宅ローンの借り入れや借り換えの参考にしてください。

仁義なき「住宅ローン金利引下げ戦争」が勃発! 住信SBIネット銀行が、りそな銀行に対抗して、 緊急引下げによる「変動金利0.428%」を実現 - 住宅ローンおすすめ比較[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:仁義なき「住宅ローン金利引下げ戦争」が勃発している。5月8日に住信SBIネット銀行は、異例となる月中での金利引き下げを断行し、変動金利(借り換え)を0.439%から0.4287%に引き下げると発表した。これは、りそな銀行が5月1日に変動金利(借り換え)を引き下げ、トップの座を奪われたことに即座に対抗したものだ。住宅ローンの変動金利は昨年以降、急速に金利が下がっており、現在は0.5%を割り込むのが当たり前という史上最低水準になっている。「金利引下げ戦争」はどこまで加熱するのだろうか。

住宅ローンの変動金利が激戦区に! りそな銀行が0.429%と史上最低金利を発表 - 住宅ローンおすすめ比較[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンの金利引き下げ競争が激化している。各銀行は「変動金利」をメーンの商品として考えており、金利は0.4%台まで低下。5月1日には、りそな銀行が変動金利(借り換え)を0.429%という史上最低水準まで引き下げた。この競争はいったいどこまで続くのか、また将来、金利を引き上げる可能性はあるのだろうか。

【2018年版】おすすめの住宅ローンの組み方は? 3つの金利タイプで審査を通しておけば、 金利の大きな変動があっても安心! - 住宅ローンの選び方[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2018年、おすすめの住宅ローンの組み方を考えてみたいと思います。今年は金利が大きく変動する可能性がありそうなので、金利タイプを一つに絞ってしまうのではなく、金利の決まり方が異なる複数の金利タイプで審査を通しておくことが重要です。特に、「フラット35」「変動金利」「申込時点と実行時点で低い方の金利を適用する住宅ローン」3つの金利タイプをカバーしておけば、それなりのリスクヘッジができるのではないでしょうか。

「変動金利か、固定金利か」で迷ったら、 「ミックスローン」の住宅ローンを選ぼう! ミドルリスク、ミドルリターン志向の人に最適 - 住宅ローンおすすめ比較[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンを借りるとき、変動金利にするか固定金利にするかを迷う人は多いだろう。そこでよく利用されているのが、複数のローンを組み合わせた「ミックスローン」だ。住宅ローンに詳しいファイナンシャルプランナーの山本俊成さん(ファイナンシャル・マネジメント代表)に、ミックスローンののメリットとデメリットや、繰上返済の上手な方法を聞いた。

住宅ローンの変動金利が上がる時期を 銀行の“懐具合”から大胆予測! - 住宅ローンの選び方[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:こんにちはブロガーの千日太郎です。今回は、住宅ローンの変動金利が上がる時期を、銀行の“懐具合”から大胆予測してみたいと思います。折しも、衆院選は安倍首相の勝利続投となりましたが、それによって今後の金利動向がどうなるのか気になるところでしょう。ただし、住宅ローン金利は銀行の営業戦略にも左右されますので、そこまで考慮して、変動金利はいつ上昇するのか予想してみました。さらに、2018年に向けて、おすすめの変動金利の住宅ローンを紹介しましょう。

年収不足で、住宅ローンを借り換えできない?! 収入合算、返済期間延長の裏技を使おう! - 住宅ローン相談室

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「収入が大幅に減少していまい、住宅ローンの返済が厳しい」。そんな時こそ、毎月の住宅ローン支払額を圧縮できる「借り換え」が役に立ちますが、実際には年収不足に陥って借り換えできないこともあります。そこで、書籍『住宅ローンマジック』の著者である、住宅ローンアドバイザーの淡河範明さんが、借り換え時の審査に不安を覚える人のために、「収入合算」と「返済期間延長」という方法を紹介します。

住宅ローン借り換え手続きで来店不要な銀行は? じぶん銀行なら、紙の契約書すら不要! - 住宅ローン相談室

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローン借り換えの手続きといえば、かつては会社を休んで銀行に行く必要がありましたが、最近は、銀行によっては一度も足を運ばないまま手続きを終えることができます。昼間忙しい人でも、簡単に借り換えができる銀行・金融機関はどこなのでしょうか。住宅ローン借り換えの実務に明るく、書籍『住宅ローンマジック』の著者である、住宅ローンアドバイザーの淡河範明さんが、店舗に行かなくても借り換え手続きができる代表的な銀行を紹介してくれました。

住宅ローンの借り換え手続きに「半年」もかかった!? 時間を短縮するなら、3タイプの銀行に申し込もう - 住宅ローン相談室

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンを借り換えようと銀行に申し込んだものの、1カ月近くも審査で待たされ、結局NGとなり、また一から手続きのやり直し。こうした問題に直面しないよう、タイプの異なる3つの銀行に同時に申し込むのがおすすめです。書籍「住宅ローンマジック」の著者である、住宅ローンアドバイザーの淡河範明さんが、スピーディで、悔いの残らない借り換え先を選ぶためのアドバイスをくれました。

変動金利は4%まで上昇すると考えて、 住宅ローンの金利タイプを選ぼう! - 住宅ローン相談室

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンの変動金利を借りる際に、一番気になるのが金利の上昇リスクです。金利が上昇すれば、毎月支払額が上昇し、家計を圧迫します。書籍『住宅ローンマジック』の著者である、住宅ローンアドバイザーの淡河範明さんは、変動金利は4%まで上昇すると考えて、その際に毎月支払額がどのくらいまで増加するのか確認するのがいいとしています。

「忙しい」と住宅ローン借り換えを諦めるな! 今や、一度も店舗に出向かずに借り換えも可能 - 住宅ローン相談室

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ネット上には住宅ローン比較サイトが多数あるけれど、どう活用すればいいのか…。そんな相談が舞い込んできたのは、ザイ・オンライン内に誕生した、住宅ローンの悩みを解決する「住宅ローン相談室」。今回も住宅ローンアドバイザーの淡河範明(おごう のりあき)さんと、助手のリサさんという凸凹コンビが、難問を解決していきます。

借りている住宅ローンの金利引き下げに成功! 「過去最低」の変動金利相場を追い風にしよう - 住宅ローンの選び方[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:変動金利で最低金利を争っている、りそな銀行と住信SBIネット銀行を比較した、前回の続きです。すでに、両銀行の仮審査はクリアしており、そのまま借り換えてもいいのですが、今回は現在借りている銀行と金利交渉してみました。結果、変動金利を0.2%引き下げることに成功しました。銀行とどんなやり取りをしたか、銀行が行内でどんな判断をしているかを、つまびらかにしていきましょう。

住宅ローン「変動金利」は低下傾向! 借り換えるなら、どの銀行がお得? りそな銀行、住信SBIネット銀行を徹底比較 - 住宅ローンの選び方[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:こんにちは、千日です。最近、住宅ローンの金利動向に変化の兆しです。そこで、変動金利でも最低金利である、「りそな銀行」、「住信SBIネット銀行」への借り換えにメリットがあるのかどうか、どんな人がメリットあるのかを調べました。

住宅ローンの最新金利動向チェック【2017年5月】 5年固定で史上最低金利の0.3%が登場! 金利反転の兆しもあり、今が絶好の借り換え時?! - 住宅ローン借り換え比較ランキング[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2017年5月の住宅ローンの最新金利動向は、5年固定で、史上最低金利の0.3%が登場しました。一方、激戦区の10年固定が混戦模様となり、金利を上げる金融機関と下げる金融機関がほぼ半々という状態です。今後もこの傾向が続くのか、住宅ローンアドバイザーの淡河範明さんが、借り換えを中心に、各銀行・金融機関の動きを見ていきます。

住宅ローンを変動金利で借りた人の「誤解」とは? 「変動金利だからゼロ金利の恩恵がある」は間違い! 借り換えで、300万円以上、もうかるケースも - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンを「変動金利」で借りている人の多くは、「借り換えの必要がない」と考えている。しかし、それは大間違いだ。実は、過去に借りた人のほとんどが「高い変動金利のまま」になっている。試算してみると、借り換えによって300万円以上もお得になるケースもある。低金利が続いている今のうちに、借り換えを急ぐべきだろう。

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.