Kapok&Fintech ホームKapokの掲示板 > Tag: 外国人投資家

投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


「外国人持ち株比率」が高い、業績好調な大型株を スクリーニングで抽出! 株価にまだ出遅れ感のある 「スタートトゥデイ」と「LIXILグループ」に注目! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:業績が良く、海外投資家にも注目されているが、株価が出遅れている株を2銘柄ピックアップ!ダイヤモンド・ザイでは、毎月5つの注目銘柄を紹介する「今月の株スクリーニング5」を掲載。フィスコの村瀬智一さんに、これから上昇する株の「5つのスクリーニング条件」を挙げてもらい、実際にそのスクリーニング条件で抽出された銘柄を、ランキング形式で紹介している。今回は、「時価総額が5000億円以上」「『営業増益率』が2期連続10%以上」「外国人持ち株比率が10%以上」など、5つの条件で抽出された「好業績&株価が出遅れた海外投資家も注目する大型株」から、注目の2銘柄を紹介!

「地方上場株」に潜む「出遅れ成長株」で株価10倍を 狙え! 売上高が過去最高で、東証への上場も睨む、 名証セントレックス「ゴルフ・ドゥ」を要チェック! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:株価出遅れの成長株は「地方上場株」にチャンスあり! 成長が期待できる「隠れ10倍株」をみつけよう!発売中のダイヤモンド・ザイ1月号では、記者が集めたマネー・経済関連の最新トピックを2本紹介している。今回はその中から、注目の「地方株」を紹介! 地方株とは、東証以外の市場(名証・福証・札証)に単独上場する銘柄を指す。マイナーな印象があり、外国人投資家もあまりチェックしていないが、なかには隠れた成長株も! ダイヤモンド・ザイ1月号では、ラジオNIKKEIの和島英樹さんに、名証・福証・札証の単独上場銘柄から、注目株をそれぞれ1銘柄ずつ紹介してもらっているが、ここではそのうちの一つ、名証の注目銘柄を抜粋!

日経平均株価より株価の上昇が出遅れている銘柄で、 海外の投資家に注目されやすい「中小型株」を発掘! 時価総額500億円以下、ROE10%以上のお宝株を公開! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日経平均株価に出遅れている、「これから上がる中小型株」はコレだ! 「ROE(自己資本利益率)が10%以上」「海外投資家の保有比率が10%以上」「最低購入額が20万円以下」など、5つの条件で抽出された中小型株から、注目の2銘柄を紹介!ダイヤモンド・ザイでは、毎月5つの注目銘柄を紹介する「今月の株スクリーニング5」を掲載。フィスコの村瀬智一さんに、これから上昇する株の「5つのスクリーニング条件」を挙げてもらい、実際にそのスクリーニング条件で抽出された銘柄を、ランキング形式で紹介している。発売中の11月号では、今勢いのあるジャスダック市場に上場する銘柄のうち、好業績で、なおかつ個人が買いやすい価格帯の中小型株を抽出し、5位までのランキングを作成。ここではそのなかから、1位と2位の銘柄をピックアップする。

「日本の高配当株」は世界レベルでお買い得だった! 豊富な内部留保による安定配当、株主還元策の強化で 増配率も世界一の「日本の高配当株」に注目せよ! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:いま「日本の高配当株」が、海外からも注目を集めている! 株主還元策の強化で世界一の増配率を誇り、内部留保が豊富なため不況下でも高配当を維持できる、世界レベルでもお得な「日本の高配当株」の魅力を紹介!発売中のダイヤモンド・ザイ10月号の大特集「3年で2倍を狙う!儲かる株ランキング」では、全上場銘柄から「成長性」「割安度」「配当」の3つの視点で、いま買うべき儲かる銘柄を紹介している。今回はその中から「高配当株」について、米国の大手投資銀行で要職を歴任し、現在はETFを組成・運用するウィズダムツリー・ジャパンのCEOを務めるイェスパー・コールさんへのインタビュー記事を抜粋! なぜ「日本の高配当株」は海外の機関投資家からも注目されるのか? その理由と、高配当株の選び方や、おすすめの投資スタンスについて教えてもらった。

日本郵政の大量売却報道で、今後の株価はどうなる? 下落基調に転じた今、買値が1600円以上なら 損切りして他銘柄に乗り換えたほうがチャンスあり!? - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2015年のIPOで脚光を浴びた「日本郵政(6178)」。当初は連日上場来高値を更新するなど破竹の勢いがあった。しかし、2017年2月現在では、筆頭株主の財務省による「大量売却」報道が1月に出た影響により、市場に動揺が走っている。直近の「日本郵政」の株価は1400円台で推移しているが、今後株価はどのような動きを見せるのか。場合によっては乗り換えも検討すべきなのか?

「トランプリスク」や「英国のEU強行離脱リスク」で 日経平均株価の上昇トレンド継続は「黄色信号」へ そんな中、目先の株式市場で狙うべき銘柄とは? - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:1月17日前場の日経平均株価が心理的節目の1万9000円大台を割り込むなど、足元の東京株式市場は調整色が強まっています。1月20日に、「米国第一」を掲げるトランプ次期大統領の就任式を控えているため、世界的に多くの投資家は様子見スタンスを崩せないのでしょう。トランプ氏は1月11日の記者会見で、大幅な減税策やインフラ投資には全く触れませんでした。一方、貿易不均衡の相手先として、中国、メキシコ、日本を名指しして、米国の貿易赤字に強い不満を示したからです。

日本株の大きな流れに乗るには外国人投資家の動きが わかる「投資主体別の売買動向」をチェックしよう! 2016年の株価変動を分析してわかった重要指標を解説 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2017年からの株式相場に臨む前に、2016年の相場を振り返り、失敗しないためのヒントを見つけよう! 現在発売中のダイヤモンド・ザイ2月号には、日本株の総力特集「2017年『株』全予測&儲け方」を掲載している。今回はその中から「プロが振り返る2016年の日本株の値動き」をテーマとする記事を抜粋。フィスコの小林さんと田代さんが、日経平均株価と東証マザーズ指数の推移を分析してくれたが、果たしてその検証結果から見えてきたものは? 

"正しい割安株”を選んで格安で買う方法を紹介! 日経平均株価がもたついている間がチャンス、 割安な株を選ぶ際にやりがちな7つの間違いを解説! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:割安株の多くは、値上がりしないそれなりの理由がある。割安株を選ぶ際に犯しがちな7つの間違いを解説。それを踏まえて株価が上昇する正しい割安株の選び方を紹介しよう!

これから株価が上がる「低PBR株」の条件とは? 外国人投資家が注目する「ROE(株主資本利益率)」と 「株主資本比率」で選んだ2つの銘柄を紹介! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:低PBRの株はどれも割安と思ってはいけない。PBR1倍割れの低PBRの株には収益性の低い株が多く、いつまで経っても安値で放置されることになるからだ。しかし、低PBR株も収益性が改善される時には株価が上昇し始める。そんな銘柄を発掘するためには「ROE(株主資本利益率)」の伸びと「株主資本比率」に注目すべきだ!


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.