投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


2017年末までの日経平均株価をプロ5人が大予測! 株式市場が不透明な今こそ狙い目のおすすめ銘柄と、 その買い時をスゴ腕ファンドマネジャーが伝授! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日経平均株価は、2017年後半にかけて2万円を大きく超えることができるか? 5人の「先読みの達人」が2017年末までの日経平均株価と日本株の行方を大予測!ダイヤモンド・ザイ7月号では、「2017年末までの日本株大予測」という特集の中で、株の買い時と投資戦略を徹底分析している。今回はその中から抜粋して、5人の「先読みの達人」の日経平均株価の予測と、達人の1人であるレオス・キャピタルワークスの藤野英人さんの投資戦略を紹介しよう!

日経平均株価の2017年6月中旬までの値動きを ネット証券4社のエースアナリストがズバリ予想! 2万円台へ回復するかどうかは、米FOMCも焦点に! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日経平均株価は悲願の2万1000円台に乗ることはできるのか!? フランス大統領選挙で中道系独立候補だったマクロン氏が当選した安堵感から、日経平均株価はゴールデンウィーク明けに急騰し、年初来高値を更新した。今後、日経平均株価は2万円に達し、1996年以来一度も突破できていない2万1000円台に乗ることはできるか?6月中旬までの日経平均株価の値動きを、SBI証券、楽天証券、カブドットコム証券、松井証券のネット証券4社のエースアナリストがファンダメンタルズの面からズバリ予想!

「EUは解体しないしユーロは持続する」 フランス大統領選でマリーヌ・リペンが敗北した2つの要因 [橘玲の世界投資見聞録] - 橘玲の世界投資見聞録

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:5月7日に行なわれたフランス大統領選の決戦投票では、事前の世論調査どおり、独立系中道右派のエマニュエル・マクロンが右派・国民戦線(FN)のマリーヌ・ルペンを大差で破った。それと同時に、投票を棄権したか無効票を投じた有権者が全体の3分の1に達した。

フランス大統領選挙を無事通過し、日経平均株価は 年初来高値を更新! 今のような上昇基調では リスク許容度を引き上げて儲けのチャンスを掴め! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:フランス大統領選の決選投票が2017年5月7日、即日開票され、EU離脱を問う国民投票の実施を掲げたルペン候補を大差で破り、EUとの協調を訴えたマクロン前経済相が当選しました。フランスがユーロ圏から離脱する「Frexit(フレグジット)」懸念が大きく後退したことが好感され、ゴールデンウィーク明け5月8日の日経平均株価は、2日終値比450.00円(2.31%)高の1万9895.70円と、3月13日の1万9633.75円以来、2カ月ぶりに年初来高値を更新。2015年12月3日の1万9939.90円以来、約1年5カ月ぶりの高値を付けました。

フランス大統領選挙でマクロン氏が次期大統領へ! 極右が敗北し、EU脱退リスクがひとまず低下した今 狙うべき「欧州株」と「投資信託」はこれだ! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2017年5月7日(日)に行われたフランス大統領選挙の決選投票で、エマニュエル・マクロン候補が次期大統領に選ばれました。今年の欧州は、3月のオランダ第二院選挙に始まって、昨日のフランス大統領選挙、そして9月にはドイツ連邦議会選挙など、選挙が目白押しです。その中でもフランス大統領選挙は、「マーケットにとって、最も危ないイベント」だと言われてきました。ドイツとフランスの2カ国でEUのGDPの47%を占めている関係から、もしフランスがEUを抜けるとEUが崩壊するリスクがあります。したがって、昨日実施されたフランス大統領選挙で親EU派のマクロン氏が勝利したということは、大きな山場を乗り越えたことを意味します。

欧米要因による円高・日本株売りはしばらく継続か? 急落リスクの高い小型株投資は、現金比率を高め、 底値で買える「セリングクライマックス」」を待て! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:東京株式市場では調整色の強い相場が続いています。円高・ドル安を嫌気した海外投資家の日本株売りが続いているからです。円高の主因は、米トランプ大統領の政策実行能力への懸念が強まったからです。また、FRBによる利上げのペースも緩やかになるとの見方が強まっていることも、ドル安の理由です。そして、4~5月に実施されるフランス大統領選もリスク要因であり、安全通貨の円買い要因になっています。この円高が是正されない限り、海外勢の日本株売りは継続するでしょう。

日経平均株価の2017年4月下旬までの値動きを ネット証券4社のエースアナリストがズバリ予想! 待望の2万円台へ日経平均株価は回復するか!? - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日経平均株価がついに2万円台に回復か!? 4月23日にはフランス大統領選挙が待ち構えており、欧州の政治が気になる季節がやってくる。こうした欧州の動向は日経平均株価にどう影響するだろうか?そこで4月中旬までの日経平均株価の値動きを、SBI証券、楽天証券、カブドットコム証券、松井証券のネット証券4社のエースアナリストがファンダメンタルズの面からズバリ予想!

来月に控えたフランス大統領選挙の第1回投票では、 反EUを掲げる極右政党・国民戦線の勝利に期待? 第1回投票直後の急落時が、欧州株ETFの買い場に! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:先週、オランダ第二院の選挙が実施され、穏健なマルク・ルッテ党首が率いる自由民主国民党(VVD)が最多議席を確保しました。第二院は米国の下院に相当します。反イスラム、反EUを掲げたヘルト・ウィルダース率いる自由党(PVV)の獲得議席数は、20(定数は150)にとどまりました。つまり、オランダの政治がポピュリズムやアンチEUへ流れるリスクは大きく後退したのです。オランダで反EU勢力が敗退したことは、4月23日に控えたフランス大統領選挙第一回投票にも間接的に影響を及ぼすと思われます。

トランプノミクスの恩恵が既に証券業にジワリ浸透 松井証券(8628.jp)の例

サイト「経済&マネー」のコンテンツが kapok から公開されました。

概要:トランプノミクスの恩恵が証券業に出始めています。松井証券(8628.jp)の平成28年12月の月間売買実績・取引口座数等(速報値)によると、売買代金は大統領選後に明らかに増えており、証券業の業績改善を連想させます。

タグ: ブログ更新 kapok 8628.jp トランプノミクス 大統領選 月間売買実績 松井証券 証券業
参考URL: http://kapok.mydns.jp/business/8628jp-pr20170104/
投稿者: blogcheck.py 投稿日時: 2017/01/22 21:24:19 投稿番号: 16840

トランプノミクス 日本影響は

サイト「Yahoo!ニュース・トピックス - 経済」のコンテンツが Yahoo!ニュース から公開されました。

概要:米大統領選にトランプ氏が勝利したことによる経済へのメリットとデメリットは。日本は今後どのような影響を受けるのか。

タグ: サイト更新 Yahoo!ニュース 2016アメリカ大統領選挙
参考URL: http://news.yahoo.co.jp/pickup/6220713
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2016/11/12 22:17:49 投稿番号: 14181

まさかの大波乱、米国にトランプ新大統領誕生! 米国債利回り上昇で12月利上げが「必要」に - 闇株新聞[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国の大統領選挙はご存じの通り大方の予想を覆し、ドナルド・トランプ氏が当選しました。政治経済のプロも愛読する刺激的な金融メルマガ『闇株新聞プレミアム』では、早くから“日本にとって最悪の大統領候補”とするヒラリー・クリントンで「残念ながら決まり」と見ていましたが、この結果を受けて分析のやり直しを進めています。

トランプ大統領の誕生により、日本株で狙うべきは 「軍需関連」「ロシア関連」「輸出関連」の3つ! トランプ氏の経済政策とその影響をズバリ解説! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:トランプ新大統領の誕生前後の11月9日、10日の日経平均株価は、まさに乱高下。11月9日の日経平均株価は、前日比919.84円安の1万6251.54円と、「ブレグジットショック」以来4カ月半ぶりの下落幅を記録しました。しかし、翌11月10日になると、東京株式市場の景色が一変。あっさりと前日の下げ幅の全値戻しを実現しました。実はトランプ次期大統領の経済政策は、クリントン氏より株式市場にとってはポジティブです。

トランプ氏マスク 注文相次ぐ

サイト「Yahoo!ニュース・トピックス - 経済」のコンテンツが Yahoo!ニュース から公開されました。

概要:さいたま市のマスク販売業者が製造するトランプ氏のマスクに注文相次ぐ。クリントン氏のマスクの1.5倍以上の売れ行きという。

タグ: サイト更新 Yahoo!ニュース 2016アメリカ大統領選挙
参考URL: http://news.yahoo.co.jp/pickup/6220493
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2016/11/10 17:11:15 投稿番号: 14072

トランプ氏 日本経済界は警戒

サイト「Yahoo!ニュース・トピックス - 経済」のコンテンツが Yahoo!ニュース から公開されました。

概要:トランプ氏勝利に日本の経済界からは米が保護主義に走ることに警戒の声。日米関係の維持やTPP実現などを求める発言も相次ぐ。

タグ: サイト更新 Yahoo!ニュース 2016アメリカ大統領選挙
参考URL: http://news.yahoo.co.jp/pickup/6220414
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2016/11/10 08:37:42 投稿番号: 14045

トランプ大統領の誕生で、アメリカ経済はどうなる? 目先の株価急落は、今後の市場の値動きとは無関係。 リスクの消えた「薬品・バイオ株」「銀行株」を狙え - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国大統領選挙は大方の予想に反し、共和党のドナルド・トランプが勝ちました。株式市場は心の準備が出来ていなかったため、これに驚き、大きく下げています。とはいえ過去を振り返ると、大統領選挙の結果が判明した際のマーケットの動きは、その翌年の市場の動きを占う指標としては、全然あてにならないことが知られています。トランプは実業界の人です。だから株式市場にフレンドリーな政策をかならず打ち出してくるでしょう。ここは慌てず、2~3日様子を見た後で買い出動しても良いと思います。

米大統領選挙の「トランプリスク」は急激に低下! 日経平均株価が「カンカンの強気」を維持する中、 クリスマス・年末ラリーが本格化する前に仕込め! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:週明け7日の日経平均株価は、前週末比271.85円高の1万7177.21円と、3日ぶりに反発して1万7000円の大台を回復しました。この反発の背景は、日本時間で11月7日の朝方に、「FBIがクリントン氏の私用メール問題に関して、7月の訴追を求めない方針に変わりがないと議会に書簡で伝えた」との報道を受け、「トランプリスク」が急激に低下したためです。米国の政治的な重要イベントを消化したマーケットは、12月13~14日の米連邦公開市場委員会(FOMC)や、12月9日の日経平均先物・オプションのメジャーSQを意識する局面に入ります。

トランプの支持率が上がると薬品株と銀行株が上昇! 米大統領選の結果により上がる株と下がる株とは? フェイスブックとスターバックスの決算内容も解説! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:世界中の投資家は、11月8日に控える米大統領選挙戦の行方を固唾を呑んで見守っています。このところ、「クリントンの支持率が下がると米国株式市場も下がる」という連動を見せています。また、クリントンの支持率が下がるとドルも下がる傾向があります。クリントンは、薬価高騰問題に対し、厳しい態度で臨むことを明らかにしています。だからクリントンが勝ちそうになると、薬品・バイオ株は下がるのです。また、クリントンは、銀行に対して厳しい態度で臨むエリザベス・ウォーレン上院議員をブレーンとして抱えています。だから、トランプが勝ちそうになると銀行株が上がるのです。

トランプがついに支持率逆転!? ヒラリー「私用メール問題」が 米大統領選投票直前に再調査の「異常事態」 - 闇株新聞[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米大統領選の投票が11月8日に迫っています。過去の数々の女性蔑視発言が指摘され、テレビ討論会で圧勝したヒラリーに「勝負あった」とする見方が圧倒的でしたが、ここにきて何やらキナ臭い気配が漂ってきました。ヒラリー候補のメール問題が再燃し、いくつかの世論調査でトランプ氏の支持率がわずかながら逆転したとも伝えられています。それを受け為替や株価も大きく動いています。米大統領選は、これからどうなってしまうのか!? 刺激的な金融メルマガ「闇株新聞プレミアム」が、今後の政治経済の流れを左右するこの問題について指摘しています。

日経平均株価は、先週に引き続き「カンカンの強気」 年末に向けた「仕込みのチャンス期間」到来の中、 11月8日投票の米大統領選挙の結果に注目! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日経平均株価は堅調に推移しています。やはり、従来の上値のレジスタンスの52週移動平均線を超えて推移しているため、東証1部の主力株の株式需給は、劇的に改善しています。今週に関しては、11月1日に日銀が金融政策決定会合を開き、2日はFRBがFOMCを開き、そして、3日には英中央銀行イングランド銀行が金融政策委員会の結果を公表します。さらに、4日に10月の米雇用統計が発表されます。重要イベントが目白押し。しかし当面の重要イベントは米大統領選挙の結果であり、それさえ無事に通過すれば、クリスマス&年末ラリーの助走が始まることでしょう

とんでもない悪法「テロ支援者制裁法」を 成立させる米国の迷走。 新大統領でますます「困った国」に - 闇株新聞[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国大統領選は大詰めを迎えつつありますが、テレビ討論会が下品な罵り合いに終始するなど、米国民のみならず世界中が不安を募らせています。それでも、ヒラリーかトランプかしか選択肢はありません。そして、どちらが就任しても自分の都合と目先の利益に走った政策で世界はますます混乱に陥ることになりそうです。その結果として日本を待ち受ける苦難の道とは!? 金融・経済のプロも愛読しネタ元にしていると評判の刺激的な金融メルマガ『闇株新聞プレミアム』が長期的な視野に立ち、今後の世界経済を見通します。

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.