投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


ソフトバンクのIPO(新規上場)は10〜11月上場で、 主幹事は野村證券!? NTTを超える超大型IPOの 上場日や主幹事、初値をフィスコのアナリストが予測 - IPO株の攻略&裏ワザ情報!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2018年7月9日、東京証券取引所に上場予備申請を行ったことを発表したソフトバンクのIPOについて、フィスコのアナリストが徹底解説! 最新の報道によると、SBグループが100%保有するソフトバンク株の3割強を売り出すと見られている。吸収金額(公開規模)は2.5兆円程度、上場後の時価総額は7〜8兆円になるとのことだ。まず、気になるのは上場スケジュールだろう。通常のIPOでは、証券取引所に本申請をしてから約3〜4カ月後に上場承認というケースが一般的だが、規模が非常に大きく、予備申請から行ったソフトバンクの場合、通常のパターンに当てはめて上場承認日や上場日を読むのは難しい。しかし、小林さんは「10〜11月に上場する可能性がある」と予測する。

ソフトバンク(9984)の複雑怪奇な決算内容とは? 携帯事業会社から戦略投資会社となるのか? - 闇株新聞[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ソフトバンク(9984)が2018年3月期の通期連結決算を発表しました。国内外の携帯事業から戦略的投資事業へと経営の軸足を移しつつある同社の決算内容は、どんどん中身の見えづらいものになっています。複雑怪奇なブラックボックスと化しつつあるソフトバンクの決算を刺激的な金融メルマガ『闇株新聞プレミアム』が分析します。

「ソフトバンク」がIPO(新規上場)を公式発表! 初値予測や過去の大型IPOの比較から、孫正義氏の 狙いまで、フィスコのアナリストがズバリ分析! - IPO株の攻略&裏ワザ情報!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2018年1月15日、日本経済新聞が、ソフトバンクグループ(9984・以下SBグループ)が、傘下の携帯事業会社ソフトバンクを東証1部に新規上場させる方針を固めた、というニュースを報じた。そして2月7日になって「ソフトバンク株式会社の株式上場準備の開始について」というリリースを出し、ソフトバンクが上場準備に入ったことを公式に表明した。日経新聞では ソフトバンクは、早ければ今年春にも東京証券取引所に上場申請し、秋以降に上場を目指すと報じられている。報道によると、ソフトバンクグループは、自社が保有する99%のソフトバンク株のうち、約3割を投資家に売り出す計画で、これにより2兆円ほどを資金調達するという。そんなソフトバンクIPOの狙いから初値予測まで、フィスコのアナリスト・小林さんがずばり分析!

孫正義社長は相変わらずの強気だけれど… ソフトバンク(9984)は大丈夫なのか!? - 闇株新聞[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:闇株新聞プレミアムでは読者の関心が高い人気企業について定期的に事業・決算をチェックして分析記事をお届けしています。今回は8月7日に2017年4~6月期連結決算を発表したソフトバンク(9984)を取り上げていますが、日本のマスコミが報じない部分にもしっかりとスポットを当てています。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.