投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


【カードローンおすすめ比較】 「利便性」を比較して選ぶ! おすすめカードローン情報! - カードローンおすすめ比較[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:[2018年8月7日更新]カードローン会社を、コンビニATMの対応状況といった「利便性」で徹底比較! 急な飲み会など突然キャッシングが必要になったときは、「近くのコンビニで借り入れできるか?」といった「利便性」が重要。また、借り入れにATM手数料の有無も重要だ。そこで「インターネット借り入れの対応状況」や「利用可能なコンビニATMの数」、「借入手数料」などを徹底比較し、「利便性を比較して選ぶ!おすすめカードローン情報!」を作成した。

住宅ローン特約で、不動産の売買契約を白紙にできなかったら、どうする? ローン特約のトラブルを回避する5カ条を紹介! - 住宅ローン相談室

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産売買のときに付ける「ローン特約」についての理解の浅さから、不動産会社との揉め事に発展したり、より良い条件の住宅ローンを逃したりしてしまうケースがあります。そこで、「ローン特約に関わるトラブルを回避するための5カ条」を紹介しましょう。住宅ローンアドバイザーの淡河範明さんにアドバイスしてもらいました。

「アメリカン・エキスプレス」のカードで、専門家が もっともおすすめするのは「SPGアメックス」だ! カードの達人が「アメックスの魅力と活用法」を解説 - アメリカン・エキスプレスおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:クレジットカードの達人・菊地崇仁さんがおすすめする、最強の「アメリカン・エキスプレス(アメックス)」は? 「アメリカン・エキスプレス」が発行するクレジットカードは、「年会費が高額」と「審査が厳しい」というイメージが強いが、はたして本当なのか!? クレジットカード専門家の菊地崇仁さんが、「アメリカン・エキスプレス」が発行するクレジットカードの魅力を徹底解説!「スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(SPGアメックス)」や「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」など、年会費以上にお得な特典やサービスが付帯するクレジットカードとは!?

低金利の住宅ローン「スーパーフラット8」なら、 年収480万円でも5000万円の不動産が購入可能?! - 住宅ローンの選び方[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンのフラット35のなかでも低金利で売っているアルヒの「スーパーフラット」ですが、頭金が2割以上必要な「スーパーフラット8」だと、年収480万円でも500万円の不動産が購入可能です。そのカラクリを説明するとともに、10月に投入したばかりの頭金が1割以上必要な「スーパーフラット9」の活用方法もあわせて検討してみましょう。

住宅ローン審査で落ちそうな人必見の、絶対に読んでおきたい6記事を紹介! - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンの審査で落ちないために絶対に読んでおきたい6つの記事を紹介しよう。住宅ローンの審査は、公開されている情報が少なく、謎に包まれている。1000万円の年収があっても、金遣いが荒ければ、審査に落ちることもあるという。住宅ローンを借りる際、「収入は高いのに、なぜか審査に通らなかった……」、「審査に落ちてしまわないか不安」という声も多数聞かれる。そこで住宅ローンの審査に関わる記事でアクセスの多い、6つの記事を紹介しよう。審査に不安を抱いている人は、ぜひ見てほしい。

住宅ローン借り換え手続きで来店不要な銀行は? じぶん銀行なら、紙の契約書すら不要! - 住宅ローン相談室

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローン借り換えの手続きといえば、かつては会社を休んで銀行に行く必要がありましたが、最近は、銀行によっては一度も足を運ばないまま手続きを終えることができます。昼間忙しい人でも、簡単に借り換えができる銀行・金融機関はどこなのでしょうか。住宅ローン借り換えの実務に明るく、書籍『住宅ローンマジック』の著者である、住宅ローンアドバイザーの淡河範明さんが、店舗に行かなくても借り換え手続きができる代表的な銀行を紹介してくれました。

住宅ローンの借り換え手続きに「半年」もかかった!? 時間を短縮するなら、3タイプの銀行に申し込もう - 住宅ローン相談室

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンを借り換えようと銀行に申し込んだものの、1カ月近くも審査で待たされ、結局NGとなり、また一から手続きのやり直し。こうした問題に直面しないよう、タイプの異なる3つの銀行に同時に申し込むのがおすすめです。書籍「住宅ローンマジック」の著者である、住宅ローンアドバイザーの淡河範明さんが、スピーディで、悔いの残らない借り換え先を選ぶためのアドバイスをくれました。

クレジットカードの「審査通過率」を徹底検証! どのくらいの確率で審査に落ちるのか算出した結果、 4件の申し込みのうち1件は審査に落ちることが判明! - クレジットカードおすすめ最新ニュース[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:クレジットカードの審査は甘い?厳しい? 日本クレジット協会の統計データをもとに、クレジットカードの「審査通過率」を算出した結果、、審査通過率は約76%ということが判明! 日本クレジット協会では、クレジットカードの統計情報などを発表しており、クレジットカードの契約件数を申込件数で割れば、どのくらい審査が通るのか(=審査通過率)を求められる。この方法で審査通過率を計算した結果、約75~77%は審査に通り、約23~25%は審査に落ちる、つまり、4件の申し込みのうち1件は審査に落ちるということがわかった。

住宅ローンの「借入可能額」の決め方とは? 審査の専門家が、銀行内部の計算法を公開 年収別に、本当に借りられる額を試算してみた! - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンを借りる前に、自分の「借入可能額」を知ることは重要だ。そこで、住宅ローンの借入可能額について、金融機関で住宅ローンの審査を担当していた専門家に聞いたところ、銀行内部では「審査金利」という、独自の金利を使って審査しているという。この審査金利を使って、「年収別の借入可能額」を試算してみたところ、通常の銀行の借入可能額は、半官半民の「フラット35」に比べて、少なめであることが分かった。

銀行が調べても、ばれない借金がある?! 住宅ローンの元審査担当が明かす、真の「調査力」 - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンを借りる際には、必ず「他に借金はありませんか」と聞かれる。そこで、銀行相手に”黙秘権”は通用するのか、また嘘をついても大丈夫なのか、住宅ローンの審査基準に詳しい、イエールの窪田光洋社長に聞いてみた。銀行は、個人信用情報をベースに審査しており、そこに記載されている情報を中心に審査していることが分かった。

年収1000万円でも住宅ローン審査に落ちる? 住宅ローンの審査基準を作った元銀行マンが、 知られていない「5つの新常識」を解説! - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンの借り入れで大きなハードルとなるのが、住宅ローンの審査だ。「収入も自己資金もたっぷりあるのに、なぜか審査に落ちた…」といった声がある一方で、その逆もある。この謎を解くには、銀行が設定している審査基準や、その考え方を知る必要がある。そこで、住宅ローン審査の専門家の話をもとに、住宅ローン審査の新常識について、クイズ形式で解説していこう。

「モゲチェック・プラザ」で住宅ローン借り換えを 相談すると、平均480万円のメリットを実現? 住宅ローン借り換えサービスの実力を検証! - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンを借り換えるなら、どの銀行のどの商品が自分にとって最適なのかを相談してくれる、住宅ローン有料相談が増えている。中でも、2016年に登場した「モゲチェック・プラザ」は、最先端の分析ツールを使って、専門家がベストな住宅ローンを選択してくれるとうい徹底したサービスを展開。手数料は成功報酬型ながら、20万円の相談料がかかるものの、その結果、平均でなんと480万円も返済額が削減されるという。果たして、それだけの料金を支払うだけのメリットがあるのか、検証してみた。

「モゲチェック・プラザ」で住宅ローン借り換えを 相談すると、平均480万円のメリットを実現? 住宅ローン借り換えサービスの実力を検証! - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンを借り換えるなら、どの銀行のどの商品が自分にとって最適なのかを相談してくれる、住宅ローン有料相談が増えている。中でも、2016年に登場した「モゲチェック・プラザ」は、最先端の分析ツールを使って、専門家がベストな住宅ローンを選択してくれるとうい徹底したサービスを展開。手数料は成功報酬型ながら、20万円の相談料がかかるものの、その結果、平均でなんと480万円も返済額が削減されるという。果たして、それだけの料金を支払うだけのメリットがあるのか、検証してみた。

住宅ローン借り換えにライターが挑戦!【第3回】 フラット35でトップシェアの「アルヒ」は、 変動金利、期間固定の商品も魅力的! - 住宅ローン借り換え比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンの借り換えに挑戦するフリーランスのルポライター鈴木謙治氏(仮名)。第3回は、フラット35の取り扱いでトップシェアを誇るだけでなく、低金利の変動金利ローンも取り扱っている「アルヒ」での借り換えを検討してみる。今回は店舗での相談会に行ってきたので、実際の審査、手続きの様子をレポートする。

住宅ローン借り換えにライターが挑戦!【第2回】 「楽天銀行」の変動金利は業界屈指の低金利が魅力 配偶者との連帯債務で年収制限はクリアしたが…… - 住宅ローン借り換え比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:三菱東京UFJ銀行からのDMを受け取り、住宅ローンの借り換えの相談に出向いたフリーランスのルポライター鈴木謙治氏(仮名)。借り換えで200万円以上のメリットが見込めたが、年収制限にひっかかり、借り換えが難しいことがわかった。そこで、次はネット銀行を代表する「楽天銀行」に問い合わせることにした。

住宅ローン借り換えにライターが挑戦!【第1回】 まずは「三菱東京UFJ銀行」で相談してみたら 返済額が約250万円も安くなることが判明するも…… - 住宅ローン借り換え比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンの借り換えで、審査手続き、対応はどういう形で行われているのか。フリーランスのルポライター鈴木謙治氏(仮名)が、代表的な銀行、ネット銀行、モーゲージバンクに自分の住宅ローンの借り換えを相談してみた。その結果、フリーランスのような自営業者では、「年収200万円の壁」など、様々なハードルが存在することが明らかになった。

フラット35と民間の住宅ローン、どちらがお得? 「金利」と「審査の通りやすさ」で徹底比較! - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:フラット35と民間銀行の住宅ローンは、どっちが本当にお得なのだろうか? 長期固定金利の住宅ローン「フラット35」は、住宅ローンを借りたことがない人でも、一度は耳にしたことがあるほど有名な商品で利用者も多い。一方で、最近は民間銀行の長期固定住宅ローンも充実してきており、必ずしもフラット35の方がお得とは言えなくなってきている。そこで、ザイ・オンライン編集部では、フラット35と民間銀行の住宅ローンのメリット・デメリットを比較し、「どちらが本当にお得なのか?」「どちらが借りやすいのか?」という疑問に回答してみた。長期固定住宅ローンの借り入れを考えている人は、ぜひ参考にしよう。

「住宅ローンはどの銀行がいいのか」と考える人が 商品選びで損をしてしまう理由とは? - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:今回ザイ・オンラインでは、住宅ローンを借りる人が犯してしまいがちな4つの「間違い」を紹介し、それがなぜ間違っているのか、どうすれば良いのかを一つ一つ丁寧に解説していく。商品選びで損をしてしまわないためにも、ぜひ参考にしてほしい。

住宅ローンの審査基準を15銀行で徹底比較! 年収100万円、勤続6カ月で借りられる銀行も - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:従来、ほぼ横並びだった住宅ローンの審査基準が、ネット銀行の登場で、緩和され流ようになってきた。中には勤続年齢が6カ月以上という、従来よりも緩い基準を打ち出した銀行まで存在する。「勤続年数」や「前年度年収」の融資条件が緩和されれば、転職等によって年収が一時的に下がってしまった人などは便利だ。今回、ザイ・オンラインでは、主要銀行15行の「勤続年数」や「前年度年収」といった融資条件について調べてみた。

【レイクの金利・メリット・申込方法を徹底解説】 「最大180日の無利息期間」「最短即時審査」など、銀行系カードローンには珍しいお得なサービスが満載 - カードローンおすすめ比較[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:【2016年11月30日更新】「新生銀行カードローン レイク」のおすすめポイントを徹底解説。「30日間、または180日間金利0円」、最短即時審査、最短1時間で振り込み、毎回の返済金額は最低3000円から、など「新生銀行カードローン レイク」のメリットを紹介。新生銀行のサービスなので、安心して利用することができる。女性専用の「レディースレイク」も提供。そのほか「新生銀行カードローン レイク」の魅力を、他のカードローンと比較しながら解説していこう!

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.