投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


住宅ローン審査で落ちそうな人必見の、絶対に読んでおきたい6記事を紹介! - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンの審査で落ちないために絶対に読んでおきたい6つの記事を紹介しよう。住宅ローンの審査は、公開されている情報が少なく、謎に包まれている。1000万円の年収があっても、金遣いが荒ければ、審査に落ちることもあるという。住宅ローンを借りる際、「収入は高いのに、なぜか審査に通らなかった……」、「審査に落ちてしまわないか不安」という声も多数聞かれる。そこで住宅ローンの審査に関わる記事でアクセスの多い、6つの記事を紹介しよう。審査に不安を抱いている人は、ぜひ見てほしい。

住宅ローンの「借入可能額」の決め方とは? 審査の専門家が、銀行内部の計算法を公開 年収別に、本当に借りられる額を試算してみた! - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンを借りる前に、自分の「借入可能額」を知ることは重要だ。そこで、住宅ローンの借入可能額について、金融機関で住宅ローンの審査を担当していた専門家に聞いたところ、銀行内部では「審査金利」という、独自の金利を使って審査しているという。この審査金利を使って、「年収別の借入可能額」を試算してみたところ、通常の銀行の借入可能額は、半官半民の「フラット35」に比べて、少なめであることが分かった。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.