投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


「つみたてNISA(積立NISA)」の6つのデメリットとは!? 元本保証ではない、非課税期間の期限があるなど、主なデメリット+5つの注意点をやさしく解説 - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA」(積立NISA)の「6つのデメリット」と「5つの注意点」を解説! 「つみたてNISA」には、運用益が最長20年にわたり非課税となる、対象商品が絞り込まれていて投資初心者でも選びやすい、など多くの魅力があります。しかし同時に、デメリットや注意点も存在します。「つみたてNISA」を始めるにあたって押さえておきたいデメリットや注意点を、わかりやすく解説します。

つみたてNISA(積立NISA)対象商品を一覧で紹介! インデックス型投資信託とアクティブ型投資信託、 ETFの取り扱い金融機関や信託報酬、騰落率に注目! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA(積立NISA)」で取り扱われる対象商品135本を一覧で紹介!(2017年12月18日時点)「つみたてNISA」の対象となる商品は、金融庁が定めた一定の条件を満たした「投資信託」と「ETF」のみになる。2017年12月18日時点では、「インデックス型投資信託」が117本、「アクティブ型投資信託」15本、「ETF(上場株式投資信託)」3本がその対象商品に選ばれている。ここでは、「つみたてNISA」の対象商品を、過去の騰落率や商品の特徴も交えながら、一覧で紹介していこう!

【つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較】 「取扱商品の本数」を比較して選ぶ! 投資信託&ETFが多い「つみたてNISA」の金融機関 - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA(積立NISA)」の取扱商品数が多い、おすすめの金融機関を紹介! 「つみたてNISA」の対象商品は、金融庁が示した一定の要件を満たす「投資信託」と「ETF(上場株式投資信託)」のみ。これらの商品の取扱本数は、金融機関によってまちまち。「つみたてNISA」口座を開設した金融機関で、自分が買いたいと思っていた商品を取り扱っていないこともあるので、注意が必要だ。「つみたてNISA」は最初の金融機関の選びが重要になるため、「取扱商品数」の多い金融機関にも着目しながら、慎重に「つみたてNISA」口座を開く金融機関を選ぼう!


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.