投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


犬や猫などの「ペット」にかかるお金の目安を紹介! 医療費は人間以上に高くつく場合があるので「ペット 保険」なども検討し、計画的にお金を準備しよう! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:犬や猫などのペットを飼ったときにかかるお金の目安を、ファイナンシャル・プランナーが解説! 気になる「ペット保険」の選び方も伝授! 今回は、発売中のダイヤモンド・ザイ11月号に掲載中のノンフィクションマンガ連載「どこから来てどこへ行くのか日本国(作画:西アズナブル)」を紹介! この連載では、お金に関連した多様なテーマを取り上げているが、ダイヤモンド・ザイ11月号に掲載中のテーマは「第2の家族、ペットにかかるお金とできる備えとは?」。ペット事情に詳しいファイナンシャル・プランナーの平野敦之さんによると、ペットに関しては「かかるお金」と「かけるお金」があり、ペットかわいさに、年間で数十万円ものお金をかける例も珍しくないという。そこで、今回は犬や猫を飼った場合の各種費用や、家計への影響をマンガで解説!「ペットを飼いたいが、お金の不安がある」という人は、ぜひチェックを!

「老後貧乏」になりやすい人の“5つの特徴”はコレ! 60歳で定年退職、孫や子に過度な援助、退職金で投資 デビュー……などが思い当たる人は老後貧乏に要注意 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「老後貧乏」に陥る可能性があるのはどんな人⁉ 見落としがちな「5つの危険サイン」を紹介!退職してから100歳まで生きるとしたら、一体いくら老後資金を準備すればいいのか――発売中のダイヤモンド・ザイ10月号の特集は「老後のお金 作り方&崩し方」! 退職後、100歳まで生きるとしたら一体いくら準備すればいいのか、最新の考え方と対策術を提案している。今回はその中から、「老後貧乏に一直線の5つの危険サイン」を抜粋。住宅ローンの支払いが定年後も続く人、退職金が思ったほど出なかった人などが、老後貧乏に陥りやすいのはよくわかる。しかし、「住宅ローンを定年前に返済し、退職金も想定通り……」といった、一見すると順風満帆に見える人でも、実は老後貧乏に転落するケースが多いそう。ここでは、危険サインを5つ紹介するので参考に!

人生100年時代、長生きすると老後資金は何円必要? 倹約家・平均的・贅沢派の3タイプの人の老後資金の 不足額と、老後の家計を守る”3つの解決策”を公開! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:長生きしても老後資金を枯渇させないために、今からできることや、老後資金の目安の考え方、60歳以降のライフプランの立て方を専門家が解説!退職後、100歳まで生きるとしたら一体いくら準備すればいいのか? 発売中のダイヤモンド・ザイ10月号の特集は「老後のお金 作り方&崩し方」! 退職後、100歳まで生きるとしたら一体いくら準備すればいいのか? 最新の考え方と対策術を提案している。今回はその中の「年金破綻、介護貧乏、老後の長期化の”3重苦”を乗り切る!」から、「老後の長期化による資金の枯渇」を乗り切る方法について抜粋!(※アドバイザーは、家計の見直し相談センターの藤川太さん、オフィス・リベルタスの大江英樹さん)

電気代を一年間で約4万円も節約する節約術を公開! LED電球、白熱電球、蛍光灯それぞれの電気使用量と 価格、寿命を比較して、確実に電気代を節約しよう! - コンサル流「格安セレブ術」

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:照明器具を見直して、電気代を節約する方法を紹介! どんなコストでも測って管理しなければ無駄遣いにつながるのだが、一般家庭の場合、一番管理できていないのは「電気代」だろう。なぜなら電気代は、使いながら金額を把握するのは難しいからだ。「照明器具をLEDに替えると電気代が安くなる」という話は、よく耳にしてきたものかもしれない。では、実際にLEDに替えることでどれくらい安くなるのか、検証してみよう!


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.