投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


「つみたてNISA(積立NISA)」の6つのデメリットとは!? 元本保証ではない、非課税期間の期限があるなど、主なデメリット+5つの注意点をやさしく解説 - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA」(積立NISA)の「6つのデメリット」と「5つの注意点」を解説! 「つみたてNISA」には、運用益が最長20年にわたり非課税となる、対象商品が絞り込まれていて投資初心者でも選びやすい、など多くの魅力があります。しかし同時に、デメリットや注意点も存在します。「つみたてNISA」を始めるにあたって押さえておきたいデメリットや注意点を、わかりやすく解説します。

iDeCoで「全額を定期預金」にするのは“あり”か? 超低金利の定期預金でも得られるメリットと注意点、 金融機関の選び方や手数料を節約する裏技を紹介! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「iDeCo」では、運用商品として定期預金などの元本確保型商品を選ぶことができます。定期預金の金利がきわめて低い今、「iDeCo」で定期預金のみで運用する戦略は「あり」なのでしょうか? 「iDeCo」であえて定期預金100%にした場合のメリットや注意点、金融機関の選び方、さらにお得な裏ワザを解説します。

「スマホで確定申告」が簡単にできる! 2019年から 確定申告書の作成だけでなく、電子申告もスマホ1つで 簡単にできるので、サラリーマンも挑戦してみよう! - 節約の達人が伝授!ゼロから貯める節約術

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2019年からは「スマホ」一つで簡単に「確定申告」ができるように! いよいよ2018年も終了間近。今になって「年末調整」の書類提出を忘れていたことに気づき、慌てている人もいるのでは? しかし、「年末調整」を忘れても、自分で「確定申告」をすれば問題なし! サラリーマンやOLなど、会社勤めの人は「確定申告=難しそう、面倒くさそう」というイメージが強いかもしれないが、2019年からは「スマホ」一つで確定申告書の作成から、電子申告による提出まで、すべてを完結させられるようになって簡単になる。そこで、今回は「年末調整をする意味」から「最新の確定申告情報」まで、ファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢さんに解説してもらった!

自営業者こそ「iDeCo」を最大限に活用して、老後の 備えをすべき! 公的年金が手薄な自営業者には、節税 しながら老後資金を作れる「iDeCo」は最善の手段! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:自営業者の「iDeCo」活用術を解説! 自営業者やフリーランスの人は、会社員や公務員に比べて公的年金が非常に手薄で、老後不安が大きいのが現実です。これを補うために、自営業者の「iDeCo」は掛金の上限額が大きく、節税メリットの面でも非常に有利になっています。一方で、「iDeCo」を利用するにあたって、収入が不安定な自営業者ならではの注意点もあります。自営業者の「iDeCo」の有効な活用法を解説します。

専業主婦の「iDeCo」活用法を紹介! 所得控除という メリットがない専業主婦でも「iDeCo」をお得に使う 方法と、金融機関&商品の選び方のポイントを解説! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:専業主婦(主夫)の「iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)」活用術を紹介! 専業主婦は、「iDeCo」の大きなメリットである「掛金が全額、所得控除される」という節税効果を得られません。しかしそれでも、「iDeCo」を活用する意味は十分にあります。その理由や、専業主婦が「iDeCo」を活用する際の金融機関、商品の選び方のポイントを詳しく解説します。

会社員の「iDeCo」加入の可否と、掛金の上限金額を タイプ別に紹介!「iDeCo」に加入できない場合も、 諦めずに「マッチング拠出」が使えないか調べよう! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:会社員の「iDeCo」活用法を徹底解説!「マッチング拠出」の利用法や、勤め先の企業型確定年金が「加入選択制」の場合に「iDeCo」とどちらを選ぶのが有利かなど、ほとんど知られてない情報を紹介! 勤め先の年金制度の違いによる上限額や「iDeCo」加入の可否といった基本も、あらためて解説します。

iDeCoで積み立てた資産は「年金」より「一時金」で 受け取るのが得!「確定拠出年金」で手数料や税金が お得になる「受け取り方法=出口戦略」をFPが解説! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「iDeCo」のお得な受け取り方法を解説! iDeCo(個人型確定拠出年金)、および企業型確定拠出年金は、積み立てた資金の受け取り方の自由度が高く、自分で選べるのが特徴です。では、どのような形で受け取るのが有利でしょうか。税制面や手数料の面から見てお得な、確定拠出年金の受け取り方法を解説します。

今年の確定申告は「医療費控除」で得する人が増加! パブロンやナロンエースなどの医薬品代が控除される 「セルフメディケーション税制」で税金を取り戻そう - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「医療費控除」で得する人が増える、平成29年分の確定申告を解説! 新制度「セルフメディケーション税制」とは?平成29年分の確定申告の提出期間は2月16日~3月15日。申告の必要がある人は、そろそろ準備を始めたいところだ。ダイヤモンド・ザイ3月号には、特集「入力画面掲載でわかりやすい!ネットでラクラク確定申告」を掲載。確定申告のポイントをわかりやすく解説している。今回は、特集内で紹介している「医療費&市販薬代を多く支払った人の確定申告」を抜粋して紹介。払いすぎた税金を取り戻そう!(監修:日本中央会計事務所、代表取締役・青木寿幸さん、清藤雅仁さん)

確定申告で、払いすぎた税金を取り戻せる8つの事例! 2017年にふるさと納税した人、医療費がかさんだ人、 扶養家族が増えた人などは節税のチャンスあり! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「確定申告」で税金を取り戻せる人は? よくある8つの典型例を紹介!確定申告の提出期間は2月16日~3月15日。申告の必要がある人は、そろそろ準備を始めたいところだ。ダイヤモンド・ザイ3月号には、特集「入力画面掲載でわかりやすい!ネットでラクラク確定申告」を掲載。確定申告のポイントをわかりやすく解説している。今回は、特集内で紹介している「確定申告をすることで税金を取り戻せる8つの典型例」を抜粋。通常確定申告の必要がないサラリーマンなどでも、当てはまりやすいものばかりなので、自分が該当するか否かチェックしてみよう!(監修:日本中央会計事務所、代表取締役・青木寿幸さん、清藤雅仁さん)

平成29年分からの「確定申告」の変更点を一挙紹介! 給与所得控除の引き下げによる増税や、節税できる 医療費控除の新制度、配当課税の裏ワザをチェック! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:まもなく確定申告の提出期間がスタート! 今回の平成29年分から変わる、確定申告の変更点を紹介しよう!確定申告の提出期間は2月16日~3月15日。申告の必要がある人は、そろそろ準備を始めたいところだ。ダイヤモンド・ザイ3月号には、特集「入力画面掲載でわかりやすい!ネットでラクラク確定申告」を掲載。確定申告のポイントをわかりやすく解説している。今回は、特集の冒頭で取り上げている、平成29年分確定申告からの主な変更点を3つ紹介。申告準備を始める前に、チェックしてみてほしい。(監修:日本中央会計事務所、代表取締役・青木寿幸さん、清藤雅仁さん)

2018年度の税制改正で、増税になるのはどんな人? 給与所得控除の縮小で「年収850万円超」の会社員の 負担が増加し、出国税や森林環境税も新設・徴収へ! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:平成30年度税制改正で、増税になってしまうのはどんな人?ダイヤモンド・ザイでは、記者が集めたマネー・経済関連の最新トピックを毎号2本紹介している。今回はその中から、最近方針が固まった「平成30年度税制改正」に関する記事をピックアップ。税制は毎年少しずつ改正されているが、平成30年度(2018年)は個人の負担増が目立つ内容に。私たちの家計にもダイレクトに影響する可能性があるため、見逃すことはできない。ここでは具体的な増税の内容を取り上げるので、自分の負担が増えそうかどうか、一度きちんと確認してみてほしい。

定期預金を実質利回り30%超にするテクニックとは? 会社員も公務員も専業主婦も、やらなきゃ損する 「個人型確定拠出年金」のメリット&活用方法を伝授 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「iDeCo(個人型確定拠出年金)」の仕組みやメリットを解説! 2017年から制度が変更となる「iDeCo」は、会社員や公務員、専業主婦まで、国民全員が加入できる“自分年金”制度。この「iDeCo」の掛け金は全額所得控除となって節税できるのが大きなメリットで、その節税効果のおかげで「iDeCo」でほぼ金利ゼロの定期預金に積み立てをしていても、年利15~30%にも達するのだ! 加入要件が満たされている人は全員やるべき、やらないと損をする「iDeCo(個人型確定拠出年金)」を詳しく解説しよう!


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.