投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


NYダウなど、米国の主要3指数が過去最高値を更新 する一方、日経平均は円高により上値が重い展開に! 今後は業績にフォーカスした投資戦略が有効! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国株式市場はとにかく強い動きを続けています。その一方、外国為替市場でドル安・円高基調のため、日経平均株価は、強いとはいえ上値が重い状況です。しかし、投資家の物色意欲は旺盛です。1月15日の東証では、ストップ高を付けた銘柄数は24銘柄、昨年来高値更新銘柄数は520銘柄に達しました。こんな状況なのに、1月15日の東証1部の騰落レシオ(25日移動平均)は118.22%と、過熱水準とされる120%を上回っていません。ところで、足元のドル安・円高が続く限り、日経平均株価の上値は重いとみています。

iDeCoの掛け金を「投資信託」で運用して、15年間で 資産45%増!「元本確保型」を選ばず、攻めの運用で 大きく増やす秘訣は「株価急落時」も継続すること! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)で、「投資信託」だけを長期で運用して、資産を増やしている人の事例を紹介!iDeCoは、掛金の残額が所得金額から控除される節税メリットがあるお得な制度。定期預金や保険といった「元本確保型」の商品と「投資信託」に投資できるが、「元本確保型」だと超低金利の現状では掛金以上の額に資産を増やすことはできない。そこで注目したいのが、元本割れのリスクはあるものの利回りも期待できる「投資信託」を上手に活用した運用だ。今回は、「投資信託」100%で運用して、資産を増やしている人の事例を3つ紹介しよう!

ビットコインは「投資商品」としては成功したが 「仮想通貨」としては失敗した! ビットコインの 行き着く先である「デジタル・ゴールド」とは? - 勝ち組トレーダーによる投資コラム集

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:今回のテーマはビットコインです。最近はインターネット上ではビットコインに関するニュースが多く流れます。ビットコインを支える技術の話、技術上の問題を解決するための解決方法を巡った分裂、などもありますが、何と言ってもビットコインで注目なのは、その値動きです。数時間で30%も値動きをするのがビットコインです。それに25倍のレバレッジをかけられるのですから、うまくいけば、30%×25倍=750%と、一晩で7倍以上の利益を出すことも可能です。

iDeCoで人気の投資信託ランキング(2017年12月) SBI証券「iDeCo口座」の購入金額ランキングと、 積み立てできる投資信託の騰落率ランキングも発表! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:SBI証券iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)の人気商品(投資信託)の2017年12月のランキングを紹介!iDeCo口座を開設するときは、事前にどんな商品(投資信託)に投資するか、ある程度考えておくことが重要になる。なぜなら、iDeCoでは「残高ゼロ口座」を作ることができず、口座開設と同時に積み立てが強制的に開始するため、事前に毎月の掛金の資産配分と運用方法を決めなければならないからだ。では、iDeCoを始めている人は実際、どんな商品に投資しているのか。iDeCoの運営管理機関のなかで、最も投資信託の取り扱い本数が多いSBI証券の2017年11月の「投資信託購入金額人気ランキング」、そして運用実績から見た「基準価額騰落率(上位)ランキング」を紹介!

2018年に入って大きく値上がりした23銘柄を分析! 「ブロックチェーン・仮想通貨」「全固体電池」など 新春相場で注目すべき「人気テーマ株」を一挙解説! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2018年は日米株式市場共に良好なスタートを切りました。まず、1月6日のNYダウは利益確定売りに押されましたが、ナスダック総合株価指数は5日続伸し、5日続けて過去最高値を更新しています。一方、1月5日の日経平均株価は続伸し、前日比208.20円高の2万3714.53円と、1992年1月6日以来、連日で約26年ぶりの高値を付けました。また、TOPIXも続伸し、同16.52ポイント高の1880.34ポイントと、1991年11月1日以来、26年2カ月ぶりの高値を付けました。日本が正月休み中の米国株高を受け、ハイテク株に買いが入り、日経平均株価を押し上げました。大発会は、まさに「ロケットスタート」でした

40代から「iDeCo」を使って老後資金を増やす方法! 「iDeCo」以外の資産も考慮して、節税メリットと 期待リターンを計算する効率的な運用戦略を伝授! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:40代の「iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)」の攻略法を解説!「iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)」は、掛金が全額所得控除になるだけでなく、運用益が非課税になるなど、節税メリットが大きく、老後の資産形成にお得な制度です。40代については、「これからiDeCo口座を開設する人」と「すでにiDeCo口座を保有している人」がそれぞれ一定数いらっしゃるかと思います。そこで今回は、その2つのパターンを想定して「40代のiDeCo攻略法」と「iDeCoでの資産のポートフォリオ」を考えていきます。

新築住宅の販売も”囲い込み”!? 不動産仲介会社はなぜ新築を扱えないのか - ここが変だよ日本の不動産取引

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日本では、実際に物件を見て比較検討する際、「新築住宅」なら不動産デベロッパーや住宅分譲会社、「中古住宅」なら不動産仲介会社と住み分けされていて、様々な不動産物件のなかから自分に最適な物件選びをサポートしてくれるエージェント(代理人)がいません。新築、中古を問わず扱えるようにした方が、買い主のためになるのではないでしょうか。

【iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較】 「手数料(口座管理料)の安さ」で選ぶ! iDeCoの各種手数料が無料のおすすめ金融機関を紹介 - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)の手数料が安いおすすめ金融機関を紹介! iDeCoは、自分で毎月掛け金を積み立て自分で運用して老後資金を作る、いわば“自分年金”。掛金の全額が所得金額から控除されるという節税メリットもあり、とてもお得な制度だ。ただし、金融機関によっては毎月の口座管理料やiDeCo加入時などに手数料がかかるため、最初の金融機関選びは慎重に行いたい。そこで、ザイ・オンラインがおすすめする、iDeCo口座の「手数料(口座管理料)が0円」または「手数料が安い」金融機関を紹介! iDeCo口座をつくる金融機関を選ぶ際は、常に口座管理料が0円、一定の残高以上は口座管理料が0円、キャンペーンで一定期間0円というところに注目するようにしよう!

「楽天証券」や「SBI証券」など、5つの証券会社が 売買手数料を大幅に引き下げ! 「1日最高40万円」の 取引まで無料で売買できるお得なネット証券も登場! - ネット証券会社比較

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2017年11月末から年末にかけて、楽天証券やSBI証券、マネックス証券など5つの証券会社で、現物取引や信用取引の売買手数料が大幅に引き下げられた。その一方で、売買手数料の安さで定評のあったGMOクリック証券が、2018年1月4日から信用取引手数料を実質値上げすることを発表した。まさに、ネット証券の間で「仁義なき手数料合戦」が勃発していると言えるだろう。2017年11月末から翌1月の間に、売買手数料を改定する証券会社と適用日は以下の表の通りとなっている。それでは、現物取引/信用取引、1約定ごとのプラン/1日定額プランの組み合わせごとに、手数料がどのように安くなったか、その変更点を見ていこう。

2018年の新春相場における「お年玉銘柄」を紹介! 大化けが期待できるやロコンド、積極的に買収を行う シェアリングテクノロジーなどの5銘柄に要注目! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2017年の株式相場も遂に最終週です。2016年の大納会の終値は1万9114.37円でした。2017年の12月25日の終値は2万2939.18円です。終値ベースで3824.81円(20.01%)の上昇です。また、2017年の年足については、当然のことながらまだ確定していませんが、現時点では、大発会の始値は1万9298.68円、安値は4月17日の1万8224.68円、高値は11月9日の2万3382.15円ですから、「年足陽線」はほぼ確実でしょう。

【iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較】 「運用商品の本数」を比較して選ぶ! 投資信託&元本確保型が多いおすすめiDeCo金融機関 - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)の「運用商品の本数」が充実しているおすすめ金融機関を紹介!iDeCoの運用商品は、大きくわけて2種類。1つは定期預金や年金保険の「元本確保型」。もう1つは、元本割れのリスクはあるが、運用次第で資産を大きく増やすこともできる「投資信託」だ。iDeCoの金融機関を選ぶ際は、「信託報酬」の低い投資信託が充実しているか、あるいは自分の買いたい投資信託がラインナップにあるかにも着目するようにしよう!今回は、iDeCoの「運用商品の本数」が充実しているおすすめ金融機関をピックアップして紹介。本数以外にもおすすめポイントを紹介しているので、そちらも参考にして自分にあったiDeCo口座の金融機関を見つけよう!

買い主が不動産仲介手数料を払うのは日本だけ! 3%+6万円の手数料は高過ぎる?! - ここが変だよ日本の不動産取引

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産取引では“お客さん”である「買い主」も不動産仲介会社に手数料を払わなければなりません。ちょっと考えてみると、おかしいと思いませんか。通常の買い物なら、品物の代金のほかに手数料を払うことはないわけですから。なぜ、不動産取引は別なのでしょうか。

クリスマス明けまで、日経平均は安定した値動きに! 「日替わりで材料の出た銘柄」をデイトレードするか 「直近IPOの人気銘柄」をスイングトレードで狙え! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国での30年ぶりの税制改革の実現がほぼ確実となり、日米株式市場共に相変わらず強い動きが続いています。12月18日のNYダウ、ナスダック総合株価指数、S&P500種株価指数の主要3指数が連日で過去最高値を更新しました。この米国株高を背景に、12月18日の日経平均株価は、前週末比348.55円(1.55%)高の2万2901.77円でした。東京株式市場のメインプレーヤーの海外勢も、今週は本格的にクリスマス休暇入りです。こうなると、東京株式市場は国内勢が中心になります。

不動産が売れない時に、不動産仲介会社の販売活動をチェックする方法とは? - 不動産を高値で売却する方法[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産を売り出しているがなかなか売れない――それは、不動産仲介会社の販売活動に問題があるかもしれない。そこで、不動産売買に詳しい価値住宅の高橋正典氏に不動産会社の販売活動が適切であるかをチェックする方法を聞いてみた。

iDeCo(個人型確定拠出年金)の商品の選び方! 初心者は「元本確保型」に固執しすぎず、節税効果を 生かして「投資信託」で運用して掛金を増やそう! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)での、投資商品の選び方を解説!iDeCoでは、元本確保型の投資信託や保険、そして投資信託を積み立てることができる。投資初心者にとって投資信託はなかなか手を出しにくいところもあるが、せっかくなら老後資金を増やすためにiDeCoの運用益が非課税になるメリットを活かして投資信託を運用するのがおすすめだ。そこで今回は、ダイヤモンド・ザイ12月号の別冊付録に掲載した「iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)で老後貧乏から脱出せよ」の中から、投資初心者に知ってほしいiDeCoでの上手な投資商品の選び方について解説しよう!

億トレーダーが初心者におすすめの証券会社を紹介! NISA口座の売買手数料無料のSBI証券と、株主優待で 売買手数料が無料になるGMOクリック証券がおすすめ - 「夢の配当金生活」実現メソッド

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:株初心者におすすめの証券会社を、サラリーマン億トレーダーが紹介! これから株を始めるなら「NISA」口座がお得な「SBI証券」、優秀な「財務分析ツール」が無料で使えて、株主優待で売買手数料も無料になる「GMOクリック証券」を使ってみよう!

不動産売買手数料が一律「3%+6万円」は、 なぜ世界からみて非常識なのか? - ここが変だよ日本の不動産取引

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:不動産売買の手数料は、日本が3%+6万円が上限であるのに対し、シンガポールでは1%と非常に低くなっています。シンガポールほど手数料が低いと、売り主と買い主の両方から手数料を取らなければ経営できないように感じますが、実際は1%でもきちんと経営しています。その秘密を探っていくと、日本の手数料が「3%+6万円」に張り付いていることの非常識さが明らかになります。

ジャスダック平均が、27年4カ月ぶりの高値を更新! 投資家の関心・資金が中小型株にも流入する中、 年末に向けた「節税売り」による株価下落に注意! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日米共に、株式市場は好調です。12月8日のNYダウは、4日に付けた過去最高値を4日ぶりに更新しました。これを好感する格好で、週明け11日の日経平均株価は、週末比127.65円高の2万2938.73円と、約1カ月ぶりに終値ベースで年初来高値を更新しました。12月8日の米国株高は、11月の雇用統計を受け、非農業部門の雇用者数が市場予想を上回り、米労働市場が堅調であることが確認できた一方で、平均時給の伸びが予想より小さかったため、今後の利上げは緩やかなペースにとどまるとの見方が強まったことが主因です。

「つみたてNISA」の金融機関の選び方を解説! 手数料、取扱商品の数、引き落とし方法で比較した 投資初心者と経験者で異なる選び方のポイントとは? - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA」の金融機関の選び方を投資初心者、経験者に分けて解説!2018年1月の開始が目前に迫って来た「つみたてNISA(積立型の少額投資非課税制度)」。利用するには、「つみたてNISA」を扱っている金融機関で専用口座を開設する必要があります。開設できるのは一人一口座のみ。では、どのような基準で「つみたてNISA」の口座を開く金融機関を選べばよいのでしょうか? 今回は、上手な口座選びのポイントについてお話しします。

30代は「iDeCo」を始めるのにベストなタイミング! 20年以上の時間を味方にして、掛金は月1万円以上、 100%投資信託に投資して運用利回りアップを狙おう - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:iDeCoを30代で始めるメリットを解説!iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)」は、毎月の掛金が全額所得控除になるうえ、運用益が非課税になるなど、節税メリットが大きい老後の資産形成にお得な制度です。30代は、「iDeCo」をスタートする最もよいタイミングだと私は考えています。30代の場合、多くの人が仕事とプライベートの両面で大きな変化を迎えるタイミングです。特に「30代後半」は自分の今後の人生を意識し、コントロールしていく時期です。30代を終える前にはぜひとも「iDeCo」をスタートしておきたいものです。では、30代で「iDeCo」をはじめると、40代で始めるよりどれくらいお得なのか、解説していきます。

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.