投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


日経平均は「トリプル」ボトム」、マザーズ指数は 「ゴールデン・クロス」を形成! 相場が上向いて きたこそポートフォリオを改善する絶好チャンス! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵の藤井英敏さんが、今後の日本株の行方を解説! トランプ政権は、9月17日、中国による知的財産権侵害に対抗した制裁関税の第3弾を同月24日に発動すると発表しました。確かに、このこと自体は相場にとって悪材料なのですが、既に事前報道で相場に織り込み済みの面もあり、短期的な相場への影響は限定的でしょう。なお、9月20日投開票の自民党総裁選に関しては、各種報道によれば、安倍晋三首相が議員票で約80%を固めたとされ、選挙戦を終始優位に進めているようです。こうなると、「アベノミクス」は継続が濃厚です。

「配当金」を再投資すれば、複利効果によって配当金 &資産増加のスピードが加速する!「増配株投資」の 優位性をさらに高める「配当金」の使い道を伝授! - 「夢の配当金生活」実現メソッド

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「配当金」の使い方次第で、積立投資や長期投資の成績は大きく変わる! 配当金が毎年増加する「増配株」を狙って投資することで、億トレーダーとなった個人投資家・立川一さんが、配当金を効率的に活用する方法を伝授! 配当金は貯金に回すよりも、再投資に回して「複利効果」を高めることで、「増配株投資」による年間の配当金&資産の増え方は加速し、夢の「配当金生活」が現実化する期間を大幅に短縮できる!

「つみたてNISA」は少額で投資が始められ、いつでも 引き出せる、若年層&投資初心者にピッタリの制度! 時間を味方にして、長期の積立で資産運用を始めよう - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:20代・30代の「つみたてNISA」活用術を解説!「つみたてNISA」は少額から始めることができ、手間がかからず商品も選びやすいなど、投資のハードルが非常に低くなっています。20代・30代に限らず、資金に余裕のない人や投資初心者が投資をスタートするのに最適な制度です。そのメリットや、投資すべき商品をわかりやすく解説します。

9月に予定される「日米首脳会談」の結果次第では 日経平均は上昇トレンド回帰へ! マザーズ指数も ゴールデン・クロス実現からのリバウンドに期待! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵の藤井英敏さんが直近の日経平均や株価や東証マザーズなど、日本株の値動きを分析! 9月10日の上海総合指数の終値は前週末比32.8162ポイント安の2669.4845ポイントと、心理的節目の2700ポイントを再び割り込み、8月17日に付けた年初来安値の2668.9660ポイントに接近しています。また、中国の景気減速への懸念が強まって元売りが優勢となり、10日の上海外国為替市場で、人民元の対米ドル相場は大幅に続落しました。現時点においては、上海株や人民元相場の動向に、日経平均株価は過敏に反応せず、鈍感になっています。このため、上海株安・元安は懸念要因ではあるものの、足元では、日経平均株価を強烈に押し下げる材料になっていません。これは、不幸中の幸いです。

「インヴァストカード」のポイントで投資する最大の メリットは、自動的にほったらかし投資ができる点! ポイントを無駄なく、効率的に使って資産形成しよう - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「インヴァストカード」のポイントによる「ポイント投資」の魅力や、始め方を詳しく解説! 発売中のダイヤモンド・ザイ10月号では、特集「ポイント投資の始め方」を掲載。ポイント投資とは、買い物などで貯まったポイントを運用して、投資体験ができるサービスのこと。特集では、サービスの基本や種類、オススメの活用法などを紹介している。ここでは「インヴァストカードポイント」を用いたポイント投資の解説を抜粋!「インヴァストカードポイント」を貯めるために不可欠な「インヴァストカード」についても紹介しているので、参考に!

楽天スーパーポイントで投資する最大のメリットは、 ポイントの貯めやすさと投資できる投資信託の多さ! 楽天カードでポイントをザクザク貯める方法も紹介! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「楽天スーパーポイント」を利用して投資信託が買える「ポイント投資」の魅力や、「楽天スーパーポイント」を賢く貯める方法を解説! 発売中のダイヤモンド・ザイ10月号では、特集「ポイント投資の始め方」を掲載。ポイント投資とは、買い物などで貯まったポイントを運用して、投資体験ができるサービスだ。特集では、サービスの基本や種類、オススメの活用法などを紹介している。ここでは、「楽天スーパーポイント」のポイント投資の解説を抜粋! その魅力や貯めワザなどを紹介するので、参考にしてみてほしい!

「ポイント投資」のサービス比較やメリット、始め方 をわかりやすく解説! カードのポイントなどを運用 できる「ポイント投資」はコストや運用商品で選べ! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「ポイント投資」の基本をわかりやすく解説! 買い物などで貯まったポイントを運用して、投資体験を始めてみよう! 発売中のダイヤモンド・ザイ10月号では、特集「ポイント投資の始め方」を掲載。ポイント投資とは、買い物などで貯まったポイントを運用し、投資体験ができるサービスだ。特集では、サービスの基本や種類、オススメの活用法などを紹介している。今回は、特集の冒頭から「ポイント投資の基本」の解説を抜粋。今回、ポイント投資という言葉を初めて聞いた人、これから始めてみたいと思っている人は、ぜひ参考にしてみてほしい!

中国株投資の注目テーマは「健康」「キッチン用品」 「ベイエリア開発」の3つ! 急成長した中国で今から 儲かる業種と、銀河娯楽集団など注目銘柄を紹介! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:中国株の注目テーマは「IT」や「イノベーション」以外にも!3つのキーワードで抽出したプロの選ぶ注目の3銘柄を紹介! 発売中のダイヤモンド・ザイ10月号では、特集「今こそ中国株が狙い目だ!」を掲載。中国株に精通するプロに、中国株市場の現状分析や今後の展望、注目の大型株の分析、狙い目の銘柄などを聞いている。今回は、特集内から「買いの中国株を見つける 3つのキーワードで銘柄選別」をピックアップ。今の中国がわかるキーワードの解説とともに、関連銘柄をそれぞれ1つずつ紹介するので、投資の参考にしてみてほしい。

「テンセント(騰訊控股)」の株を、今から買っても 儲かるのか? 主力事業「WeChat(微信)」の強み、 成長性など、時価総額が世界8位の巨大IT企業を分析! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「テンセント(騰訊控股・00700)」って、どんな会社? 中国株を代表する大型株(香港メインボード)「テンセント」の事業内容や、アナリストによる今後の展望の分析を紹介! 発売中のダイヤモンド・ザイ10月号では、特集「今こそ中国株が狙い目だ!」を掲載。中国株に精通するプロに、中国株市場の現状分析や今後の展望、注目の大型株の分析、狙い目の銘柄などを聞いている。今回は、特集冒頭の「中国株の現状分析」を抜粋。「相場が下がっているうちに投資してみたい」と考えている人は、ぜひ参考にしてみてほしい!

日経平均は2万2000〜2万3000円のボックス相場を 継続! マザーズ指数のMACDがゴールデン・クロス 形成なら、「小型材料株への資金流入」が加速する! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日経平均株価は、2万3000円の分厚い壁に阻まれ続けています。前回指摘したように、ザラ場高値ではなく、終値でネックラインの2万2949.32円を超えた場合、意識されるのは、「押し幅の倍返し」です。具体的には、2万4241.50円が、ターゲットとなります。しかしながら、なかなか終値でネックラインを超えることができません。このレベルでは、高水準の戻り売り、利食い売りが出ることが主因です。また、ここにきて、海外では、米国の対中制裁関税第3弾が近く発動される可能性があることや上海株が軟調なことに加え、国内では、不動産投資を巡る不正融資問題が懸念されているため、相場を取り巻く環境がやや悪化しています。これらも、買い方の手仕舞い売りの要因となっているはずです。

「中国株」は株価が低迷している今こそ"買い時"か!? アリババやテンセントの登場で、米国に次ぐIT大国に 変貌を遂げている中国経済の今を、アナリストが解説 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「アリババ」と「テンセント」といった中国の企業が、いまや世界の時価総額ランキングでトップ10に入るほどの急成長を遂げている。しかし、米国との貿易摩擦問題などもあって、中国の株式市場は低迷中だ。はたして今、中国株は“買い”なのか!?  発売中のダイヤモンド・ザイ10月号では、特集「今こそ中国株が狙い目だ!」を掲載。中国株に精通するプロに、中国株市場の現状分析や今後の展望、注目の大型株の分析、狙い目の銘柄などを聞いている。今回は、特集冒頭の「中国株の現状分析」を抜粋。「相場が下がっているうちに投資してみたい」と考えている人は、ぜひ参考にしてみてほしい!

SIXPADなどで売上3割増の「MTG」、NewsPicksの 会員数増加などで売上急増の「ユーザベース」など、 株価数倍が狙える業績好調な「新興株」2銘柄を紹介! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:”株価数倍”を狙える、儲かる「新興株」2銘柄を紹介!発売中のダイヤモンド・ザイ10月号の特集は、「最強”日本株”2018年 夏の陣」! 「株主優待株」「10万円株」「高配当株」「10倍株」「大型株」「新興株」などの分野ごとに、2018年後半に”買い”の日本株98銘柄を紹介している。今回はその中から「新興株」の記事をピックアップ。記事内では、各銘柄を武将に見立て、注目度が高い順に「総大将(2銘柄)」「副大将(2銘柄)」「武将(9銘柄)」として紹介している。ここでは、「副大将」として投資のプロが名前を挙げた2銘柄を抜粋してみよう。

AbemaTVは赤字でも、「サイバーエージェント」の 株価は上がる!? 売上高の約6割が海外という「ユニ・ チャーム」など、成長期待の「大型株」2銘柄を紹介! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:安定感抜群で、さらなる成長も予感させるプロ推薦の「大型株」2銘柄を紹介! 発売中のダイヤモンド・ザイ10月号の特集は、「最強”日本株”2018年 夏の陣」! 「株主優待株」「10万円株」「高配当株」「10倍株」「大型株」「新興株」などの分野ごとに、2018年後半に”買い”の日本株98銘柄を紹介している。今回はその中から「大型株」の記事をピックアップ。記事内では、各銘柄を武将に見立て、注目度が高い順に「総大将」(2銘柄)「副大将」(2銘柄)「武将」(9銘柄)として紹介している。ここでは、「副大将」としてプロが名前を挙げた2銘柄を抜粋してみよう。

「テンバガー(10倍株)」の有力候補2銘柄を紹介! 音声合成技術に期待の「エーアイ」、ビッグデータの 分野で一歩リードの「ダブルスタンダード」に注目! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:株価10倍も夢じゃない! 事業内容に成長性があり、長期的な株価の高騰が期待される2銘柄を紹介! 発売中のダイヤモンド・ザイ10月号の特集は、「最強”日本株”2018年 夏の陣」! 「株主優待株」「10万円株」「高配当株」「10倍株」「大型株」「新興株」などの分野ごとに、2018年後半に”買い”の日本株98銘柄を紹介している。今回はその中から、今後の成長が期待できる「10倍株」の記事をピックアップ。記事内では、各銘柄を武将に見立て、注目度が高い順に「総大将」(2銘柄)「副大将」(2銘柄)「武将」(6銘柄)として紹介している。ここでは、「副大将」としてプロが名前を挙げた2銘柄を抜粋してみよう。

配当利回り3%超で業績も好調の「高配当株」を紹介! 9期連続増配中で利回り3.89%の「オリックス」と、 17期連続増配予定の「KDDI」は長期保有もおすすめ - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:配当利回りが3%以上で、業績も成長を続ける注目の「高配当株」2銘柄を紹介! 発売中のダイヤモンド・ザイ10月号の特集は、「最強”日本株”2018年 夏の陣」! 「株主優待株」「10万円株」「高配当株」「10倍株」「大型株」「新興株」などの分野ごとに、2018年後半に”買い”の日本株98銘柄を紹介している。今回はその中から「高配当株」の記事をピックアップ。記事内では、各銘柄を武将に見立て、注目度が高い順に「総大将」(2銘柄)「副大将」(2銘柄)「武将」(9銘柄)として紹介している。ここでは、「副大将」としてプロが名前を挙げた2銘柄を抜粋してみよう。

10万円台で投資できる業績好調な“10万円株”を紹介! 抜群の成長力と4%近い配当利回りが魅力の「信和」、 業績の上方修正に期待の「日本トムソン」に要注目! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:10万円台以下の少額の資金で気軽に投資できて、業績にも期待ができる、2018年後半に注目の「10万円株」2銘柄を紹介!発売中のダイヤモンド・ザイ10月号の特集は、「最強”日本株”2018年 夏の陣」! 「株主優待株」「10万円株」「高配当株」「10倍株」「大型株」「新興株」などの分野ごとに、2018年後半に”買い”の日本株98銘柄を紹介している。今回はその中から、10万円台で買える「10万円株」の記事をピックアップ。記事内では、各銘柄を武将に見立て、注目度が高い順に「総大将」(2銘柄)「副大将」(2銘柄)「武将」(6銘柄)として紹介している。ここでは、「副大将」として投資のプロが名前を挙げた2銘柄を抜粋してみよう。

「ひふみ投信」が不調の理由を藤野英人さんに直撃! 2018年後半以降は「休むも相場」で守りを固めて、 「5G」や「人手不足」関連に投資するのがおすすめ! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「ひふみ投信」のファンドマネージャー・藤野英人さんが語る、2018年後半の株式市場で勝つための投資戦略とは?発売中のダイヤモンド・ザイ10月号の特集は、「最強”日本株”2018年 夏の陣」! 「株主優待株」「10万円株」「高配当株」「10倍株」「大型株」「新興株」などの分野ごとに、2018年後半に”買い”の日本株98銘柄を紹介している。今回はその中から「今後の株式市場で勝つための投資戦略」について、「ひふみ投信」を運用するレオス・キャピタルワークスの最高投資責任者・藤野英人さんへのインタビュー記事を抜粋して紹介しよう!

日経平均株価がトレンド転換したことで、年末に向け 猿でも儲かる「猿相場」がやってくる! 今後の 株式市場の値動きを、テクニカル分析で徹底解説! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日経平均株価や東証マザーズ指数を,テクニカル分析で徹底解説! 日経平均株価については、テクニカル的に、前週末8月24日の値動きで、トレンドは「下(弱気)」から「上(強気)」または「横(中立)」に転換しました。2つの底値に対するネックラインが7月18日の2万2949.32円です。これを終値で上抜けた場合、テクニカル的に、トレンドは「横」の可能性が低下し、ほぼ「上」で確定することになるでしょう。ザラ場高値ではなく、終値でネックラインの2万2949.32円を超えた場合、意識されるのは、「押し幅の倍返し」です。一方、これまで冴えない値動きを続けて、多くの個人投資家のマインドを冷やし続けていた東証マザーズ指数ですが、最近まで割り込んでいた60カ月移動平均線(8月27日現在979.46ポイント)を上回ってきました。

「進捗率が例年より高い」銘柄の中から、上方修正の 可能性が高い"お宝銘柄"を発掘! 第1四半期の進捗率 30.6%で好発進の「日立建機」の第2四半期に要注目 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:第1四半期の業績進捗率が過去3期の平均よりも高く、業績&株価アップが狙える銘柄ベスト10を公開!発売中のダイヤモンド・ザイ10月号の特集「最新決算でわかった! 好発進の上ブレ期待株」では、発表された3月期決算企業の第1四半期決算で、早くも上方修正した企業や、業績進捗率のいい企業を一挙公開している。今回はその中から「業績進捗率が例年より高い銘柄」のランキングと、注目株を抜粋して紹介しよう!(銘柄分析は田代昌之さん[フィスコ]、和島英樹さん[ラジオNIKKEI]、西村公佑さん[クォンツ・リサーチ]、村瀬智一さん、若杉篤史さん[ともにRAKAN RICERCA])

第1四半期決算で「上方修正」した株のうち、約6割は 第2四半期でも「上方修正」すると判明!「上方修正率 ランキング」上位の「東映アニメーション」に注目! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:第1四半期決算で「上方修正」の修正率が高かった銘柄ベスト10を公開!発売中のダイヤモンド・ザイ10月号の特集「最新決算でわかった! 好発進の上ブレ期待株」では、発表された3月期決算企業の第1四半期決算で、早くも上方修正した企業や、業績進捗率のいい企業を一挙公開している。今回はその中から「第1四半期決算で、早くも上方修正した銘柄」のランキングと、注目株を抜粋して紹介しよう!

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.