投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


2019年後半の株式市場を「億超え投資家」7人が予測! 米中貿易摩擦などの影響で、日経平均株価2万円割れを 予想するスゴ腕投資家の「今後の投資戦略」を直撃! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:株で億の資産を作ることに成功し、直近1年の成績もプラスの”億り人”に2019年後半の投資戦略を聞いた! 発売中のダイヤモンド・ザイ8月号には、特集「個人投資家1万人アンケート第2弾! 億超え投資家の株&投信の戦略」を掲載! 個人投資家1万人に「直近1年はどんな銘柄で儲けた?」「2019年の後半の投資戦略は?」などのアンケートを実施して、個人投資家がどのように考えて、行動しているのかを探っている。なお、アンケート結果をまとめた記事の第1弾は、ダイヤモンド・ザイ7月号(2019年5月21日発売)で掲載している。今回紹介するのは、アンケートに回答してくれた「億超え投資家」の中でもスゴ腕の7人に「2019年後半の投資戦略」を直撃! 米中貿易摩擦や世界景気の不透明感が漂う中、どのような戦略で投資すべきなのか、ぜひ参考にしてほしい!

「iDeCo」運用時に株価が急落した場合の、もっとも 有利な投資戦略は“売却”ではなく“継続”すること! 株価下落局面での「iDeCo」の賢い投資戦略を解説! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「iDeCo」の最強の投資戦略は、どんな状況でも「積立投資を継続すること」だ! 世界の株価が不安定になってきています。「iDeCo」でも、株価が急落して損失が出たら……と不安な人もいるかもしれません。しかし、あわてることはありません。効果的で、しかも誰にでもできる簡単な対策があります! 「iDeCo」で株価が急落したときにとるべき、賢い運用方法を解説します。

ジャパンディスプレイ(6740)の株価は高値から10分の1に。 日本の液晶製造の最後の拠点は割安か? - 超成長株投資で資産10倍計画!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:外資系投資顧問でファンドマネジャー歴20年の山本潤氏による、10年で10倍を目指す成長株探しの第6弾。今回は、日本企業唯一の液晶ディスプレスの製造販売会社ジャパンディスプレイを取り上げます。

日経平均株価は、25日移動平均線を割り込まない限り 「弱気相場」入りしない! 値動き&需給&チャート の良好な銘柄に入れ替えて、師走相場を乗り切ろう! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵代表の藤井英敏さんが、今の日本株市場をズバリ解説! 日経平均株価は「ネックライン(22583.43円)±500円程度の『もみあい』で、25日移動平均線(3日現在21937.10円)を割り込まない限り、『弱気相場』入りしない。」になりそうです。日経平均株価は、「米国長期金利の低下」「米中貿易戦争の一時休戦」、そして「原油安の一服」が要因で上振れ余地が出ているように感じますが、現時点において足元の上昇は、中期下落相場の中での短期的な「あや戻し(下落基調の相場で、一時的に少し値を上げること)」と認識しています。

日経平均株価は、26週移動平均線を上値抵抗線とする 「もみあい」の相場に! 当面は順張り戦略を控え、 強い銘柄の「押し目買い」「噴き値売り」で稼ごう! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵代表の藤井英敏さんが、今の日本株市場をズバリ解説! 日経平均株価は、10月26日の2万0971.93円が1番底、11月8日の2万2583.43円がネックライン、そして、11月21日の2万1243.38円が2番底になりそうです。現時点においては、2万1000円台前半では、「クジラ」と呼ばれる約160兆円の公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の買いが見込めるため、その水準では底堅さが発揮されています。ですが、26週移動平均線を今後、安定的に上回ることは、余程の環境改善がないと厳しいとの見方は不変です。つまり、中長期スタンスで腰を据えて日本株を買う気にはなれない状況と認識しています。

信和 (3447) の株価は割安で成長余地大! 高層階向け建設足場で成長軌道へ 利益率も二桁以上と高く高収益! - 超成長株投資で資産10倍計画!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:マンション補修工事はマンションを囲うように建設の足場が構築されます。その鉄製の足場で4割のシェアを握っているのが信和(3447)です。利益率も二桁以上と高く高収益です。一見、同社は成長株には見えません。国内の建築需要は成熟しているからです。そのため、株価が安値に放置されています。ところが、同社には、他の投資家が気がついていない隠れた成長力があります。

「ひふみ投信」が不調の理由を藤野英人さんに直撃! 2018年後半以降は「休むも相場」で守りを固めて、 「5G」や「人手不足」関連に投資するのがおすすめ! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「ひふみ投信」のファンドマネージャー・藤野英人さんが語る、2018年後半の株式市場で勝つための投資戦略とは?発売中のダイヤモンド・ザイ10月号の特集は、「最強”日本株”2018年 夏の陣」! 「株主優待株」「10万円株」「高配当株」「10倍株」「大型株」「新興株」などの分野ごとに、2018年後半に”買い”の日本株98銘柄を紹介している。今回はその中から「今後の株式市場で勝つための投資戦略」について、「ひふみ投信」を運用するレオス・キャピタルワークスの最高投資責任者・藤野英人さんへのインタビュー記事を抜粋して紹介しよう!

株価の急落、混乱時には、業績安定の大型株や自社株 買いできるキャッシュリッチ株でリスクを軽減せよ! 「どんな相場でも儲かる投資戦略」をプロが伝授! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:どんな相場でも勝てる投資家になる方法とは? プロが授ける2つの「投資戦略」を紹介! 発売中のダイヤモンド・ザイ5月号の巻頭特集は「日本株『新』予測」! 米国の利上げ懸念に端を発し、日本の株式市場も急落に見舞われた2月。その後も株価は乱高下を繰り返し、波乱含みだ。特集では、今後の株式市場の見通しや投資戦略を、スゴ腕のプロや個人投資家に取材している。今回はその中から、プロに聞いた「儲かる投資戦略」の一部を抜粋。本誌では、リスクを軽減しながら勝つための戦略を4つ取り上げているが、ここではそのうちの2つを紹介していこう。

2018年の「米国の相場予想」と「投資戦略」を解説! 米国株では「不動産」「消費安定」「ヘルスケア」、 その他の国では出遅れたロシアとメキシコが狙い目! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:本年1回目の記事は、2018年の相場予想と投資戦略です。私は2018年の相場を次のように予想しています。1)S&P500指数のターゲットは2,652、つまり今年とほぼ変わらず。2) 為替は若干のドル安。3)セクターは「不動産」「消費安定」「ヘルスケア」が好調。4)ロシア、メキシコが良い。S&P500指数で、2,652というターゲットを予想した根拠を示します。まず、S&P500指数の1株当たり利益(EPS)のコンセンサスは、現在146.17となっています。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.