投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


ソフトバンクのIPO(新規上場)は10〜11月上場で、 主幹事は野村證券!? NTTを超える超大型IPOの 上場日や主幹事、初値をフィスコのアナリストが予測 - IPO株の攻略&裏ワザ情報!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2018年7月9日、東京証券取引所に上場予備申請を行ったことを発表したソフトバンクのIPOについて、フィスコのアナリストが徹底解説! 最新の報道によると、SBグループが100%保有するソフトバンク株の3割強を売り出すと見られている。吸収金額(公開規模)は2.5兆円程度、上場後の時価総額は7〜8兆円になるとのことだ。まず、気になるのは上場スケジュールだろう。通常のIPOでは、証券取引所に本申請をしてから約3〜4カ月後に上場承認というケースが一般的だが、規模が非常に大きく、予備申請から行ったソフトバンクの場合、通常のパターンに当てはめて上場承認日や上場日を読むのは難しい。しかし、小林さんは「10〜11月に上場する可能性がある」と予測する。

「メルカリ」IPOの初値予想は、公募価格から+30~ 50%の上昇! フィスコのアナリストの初値予想から 業績推移、スケジュールまで「メルカリ」IPOを解説 - IPO株の攻略&裏ワザ情報!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:メルカリは、東京証券取引所への上場が承認され、2018年6月19日にマザーズ市場へ上場することが正式に決定した。公開規模(吸収金額)が1067億円の大型IPOで、メルカリの高い知名度を考えると、今年一番の注目IPOになりそうだ。今回は、スケジュールや想定公開価格などメルカリのIPOに関する詳細情報を紹介するとともに、上場決定により明らかになった公開規模や業績推移などの情報を分析。「初値予想」から、より当選が期待できる「狙い目証券会社」まで、徹底的に解説していこう。最初に、上場までのスケジュールや想定発行価格、公開規模(吸収金額)、取り扱い証券会社など、メルカリのIPOに関する基本的な情報を表にまとめた。

メルカリのIPO(新規上場)、主幹事は大和証券で、 初値予想は+50%値上がり! IPOの専門家である フィスコのアナリストが「メルカリ」のIPOを分析! - IPO株の攻略&裏ワザ情報!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2017年4月18日、フリマアプリを提供するメルカリが、6月にも東京証券取引所のマザーズ市場に新規上場(IPO)する見通しと、複数の報道機関が報じた。それによると、時価総額2000億円超で、今年一番の大型IPOになるとのことだ。フリマアプリ「メルカリ」は、日本人ならほとんどの人が知っていると言っても過言ではないほど人気のネットサービスだ。そんなサービスの運営会社が本当に新規上場するのであれば、盛り上がることは間違いないだろう。今回は、そんなメルカリの将来性から初値予想、主幹事証券まで、メルカリのIPOに関して小林さんに解説してもらった。

システム情報、株主優待の拡充と増配を同時に発表! QUOカード+抽選で10万円分の旅行券がもらえる点は 変わらないが、当選者数が20名⇒50名に2.5倍に拡充 - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:システム情報(3677)が株主優待の内容を一部変更すると、2018年4月10日に発表した。 この株主優待の変更は、2018年9月30日時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。システム情報の株主優待は毎年9月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「100株以上保有する株主に、保有株式数に応じて『QUOカード』を贈呈。さらに100株以上保有する株主全員を対象とした抽選で、20名に10万円分の旅行券を贈呈」というものだった。今後もこれらの点に変更はないが、旅行券の当選人数が20名⇒50名に変更となる。(システム情報、コード:3677、市場:JASDAQスタンダード)

「岡三オンライン証券」の「IPO(新規公開株)」 取扱数が急増中で、IPO投資に必須のネット証券へ! 岡三証券との連携強化で、全IPOの7割が申込可能に!? - IPO株の攻略&裏ワザ情報!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:岡三オンライン証券のIPO取扱数が急速に伸びている理由を岡三オンライン証券のメリットと一緒に解説! 岡三オンライン証券のメリットをまとめると、1)IPO取扱数が急増中で、2018年はトップクラスの取扱数に。2)岡三証券が主幹事証券を務めるIPO銘柄では、割当株数が多い。3)IPO申し込み時に入金が要らないので、資金を気にすることなく申し込める。4)口座数が少なめなので、より当選が期待できる。株式市場の活況にともないIPO投資の人気が続いている。岡三オンライン証券はIPOの穴場的な狙い目ネット証券と言える。

「ソフトバンク」がIPO(新規上場)を公式発表! 初値予測や過去の大型IPOの比較から、孫正義氏の 狙いまで、フィスコのアナリストがズバリ分析! - IPO株の攻略&裏ワザ情報!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2018年1月15日、日本経済新聞が、ソフトバンクグループ(9984・以下SBグループ)が、傘下の携帯事業会社ソフトバンクを東証1部に新規上場させる方針を固めた、というニュースを報じた。そして2月7日になって「ソフトバンク株式会社の株式上場準備の開始について」というリリースを出し、ソフトバンクが上場準備に入ったことを公式に表明した。日経新聞では ソフトバンクは、早ければ今年春にも東京証券取引所に上場申請し、秋以降に上場を目指すと報じられている。報道によると、ソフトバンクグループは、自社が保有する99%のソフトバンク株のうち、約3割を投資家に売り出す計画で、これにより2兆円ほどを資金調達するという。そんなソフトバンクIPOの狙いから初値予測まで、フィスコのアナリスト・小林さんがずばり分析!

2018年は「メルカリ」「ビットフライヤー」が上場? 今年のIPO市場の予測とともに、初値騰落率などの 「2017年 IPO投資ランキング」も発表! - IPO株の攻略&裏ワザ情報!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2017年は、日経平均株価が大きく値上がりする中、数多くのIPO(新規上場)株が登場したが、市況の追い風もあり、初値で高騰する銘柄も少なくなかった。今回は、投資情報サービ会社・フィスコで長年IPO銘柄の分析を行っている小林大純(こばやし・ひろずみ)さんを直撃取材! そんな2017年のIPO市場を総括してもらうとともに、2018年のIPO市場の動向やIPOが期待できる銘柄をズバリ教えてもらった。

【2016年】IPO(新規上場)スケジュール 「LINE」「JR九州(九州旅客鉄道)」「はてな」 など、2015年に上場したIPO銘柄を総まとめ! - IPOスケジュール一覧[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2016年にIPO(新規上場)した全83銘柄のスケジュールと基本情報を総まとめ。「LINE」「JR九州」「コメダホールディングス」など、2016年に注目を集めたIPO銘柄も登場。上場日や申込期間(ブックビルディング期間)などのスケジュールから、公開価格、主幹事証券会社、さらには初値と初値騰落率まで、IPO株の基本的な情報を網羅している。投資情報サービス会社・フィスコによる「市場注目度」も参考にしてほしい。

「ほぼ日」「一風堂」「スシロー」の運営会社など、 3月上場のIPO株とその中の注目銘柄をズバリ解説! IPO数の多い今年3月は、新規公開株で儲けよう! - IPO株の攻略&裏ワザ情報!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2017年の3月は、IPO市場がこれまでになく盛り上がりそうだ。ひとつは、新規上場するIPO株の数が22社と非常に多いこと。さらに、人気ネットメディアの「ほぼ日刊イトイ新聞」、有名ラーメン店「一風堂」、業界最大手の回転寿司チェーン「スシロー」と、非常に知名度の高いサービスを展開している会社の上場が決まっている。今回は、投資情報サービス・フィスコのアナリスト・小林大純(こばやし・ひろずみ)さんの解説を交えながら紹介していこう。

「ほぼ日」IPO(新規公開)株の初値をズバリ予想! IPO投資のプロであるフィスコのアナリストが 業績や公開規模、成長性などから「ほぼ日」を大分析 - IPO株の攻略&裏ワザ情報!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「株式会社ほぼ日」が、2017年3月16日、JASDAQスタンダードにIPO(新規上場)することが決まった。今回はIPO銘柄としての「ほぼ日」を評価するのに必要となる基本的な情報を紹介するとともに、これまで数多くのIPO銘柄を分析してきたフィスコの小林さんに、「ほぼ日」IPOの評価と初値予想をしてもらった。「ほぼ日」IPOのポジティブ要因として挙げられるのは、まずは、その圧倒的な知名度と企業イメージの高さだ。

2017年には「USJ」「メルカリ」が新規上場? 今後のIPO市場の予測とともに、初値騰落率などの 「2016年 IPO投資ランキング」も発表! - IPO株の攻略&裏ワザ情報!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:投資情報サービ会社・フィスコで長年IPO銘柄の分析を行っている小林大純さんが、初値騰落率ランキングや上場後騰落率ランキングなどを見ながら、2016年のIPO市場を総括。さらに、2017年のIPO市場の状況と新規上場が期待できる企業をズバリ予想する!初値騰落率トップのグローバルウェイは、初値が公開価格の約4.7倍に!初値騰落率ワースト1はユー・エム・シー・エレクトロニクス。上場後騰落率トップはマーキュリアインベストメント。初値が抑えられた銘柄ほどセカンダリー投資では狙い目

12月の「IPO祭り」は新規公開株で儲けるチャンス! 「IPO祭り」で上場する全12銘柄の情報を公開。 話題の自動運転技術ベンチャーの「ZMP」に要注目! - IPO株の攻略&裏ワザ情報!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:毎年12月は「IPO祭り」とも呼ばれ、新規上場する企業の数が多いと言われている。先陣を切るのは、家賃保証などの総合保証サービス事業を展開するイントラストと、不動産デベロッパーのグッドコムアセットの2社。注目度が高いのは、今なにかと話題となっている自動運転技術の開発を行うベンチャー企業、ZMPだ。なお、2016年12月の市場環境に関して言えば、非常に良好と言える。

「JR九州」IPOに今から間に合う証券会社はココ! 最短で申し込み翌日から取引可能な証券会社も。 仮条件から導き出した最新の「初値予想」も解説! - IPO株の攻略&裏ワザ情報!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:JR九州(九州旅客鉄道)のIPO(新規上場)株の抽選申し込みが、2016年10月7日に開始された。ブックビルディング期間は、10月7日~14日までの8日間。といっても、ほとんどの証券会社では10月14日の11時ごろに申し込みを締め切るので、期限終了ぎりぎりに申し込もうと考えている人は、注意が必要だ。2016年10月6日には、仮条件が2400~2600円に決定した。

「JR九州」のIPO(新規上場)の初値予想はいくら? プロのアナリストが、PERや成長性、公開規模から、 「JR九州」を買うべきかどうか、徹底検証! - IPO株の攻略&裏ワザ情報!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:JR九州(九州旅客鉄道)の新規上場(IPO)が、2016年10月25日(火)に迫っている。今回は、IPO株の初値予想に定評のある投資情報サービス会社・フィスコのアナリスト小林大純さんがJR九州のIPOを徹底分析。業績や予想PER、想定公開価格、JR東日本やJR西日本などとの比較、公開規模、配当利回り、株主優待、将来の成長性などから、初値をズバリ予想する。

「JR九州」IPOの初値と上場後の値動きを予想! NTTや日本郵政など、過去の民営化株のIPOデータを イベント投資の達人が徹底的に検証する! - IPO株の攻略&裏ワザ情報!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:JR九州(九州旅客鉄道)のIPO(新規上場)が、2016年10月25日に上場する見通しだ。JR九州のIPOは、初値が上がるのだろうか、上場後に買って値上がりを狙うセカンダリー投資は期待できるのか。イベント投資の達人として知られる個人投資家・夕凪さんが、過去の政府保有株式の放出によるIPOのデータを分析。野村證券が主幹事ということも踏まえつつ、JR九州の初値予想や新規上場で取るべき投資戦略をズバリ解説!

「野村證券が主幹事のIPOは公募割れなし」は本当? イベント投資の達人・夕凪氏が過去のデータを分析し IPO投資に役立つ「アノマリー」を徹底検証! - IPO株の攻略&裏ワザ情報!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:IPO銘柄を見極める基準のひとつとして、個人投資家の間でよく言われているのが「東証一部に上場するIPO銘柄は、公募割れしやすい」「野村證券が主幹事を務めるIPO銘柄は、絶対に公募割れしない」といった「アノマリー」だ。そこで、これまで数々のアノマリーを駆使してきたイベント投資の達人・夕凪さんが、過去のIPOデータを詳細に分析。実際にIPO投資に役立つ法則を開設する。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.