投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


iDeCoで「全額を定期預金」にするのは“あり”か? 超低金利の定期預金でも得られるメリットと注意点、 金融機関の選び方や手数料を節約する裏技を紹介! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「iDeCo」では、運用商品として定期預金などの元本確保型商品を選ぶことができます。定期預金の金利がきわめて低い今、「iDeCo」で定期預金のみで運用する戦略は「あり」なのでしょうか? 「iDeCo」であえて定期預金100%にした場合のメリットや注意点、金融機関の選び方、さらにお得な裏ワザを解説します。

自営業者こそ「iDeCo」を最大限に活用して、老後の 備えをすべき! 公的年金が手薄な自営業者には、節税 しながら老後資金を作れる「iDeCo」は最善の手段! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:自営業者の「iDeCo」活用術を解説! 自営業者やフリーランスの人は、会社員や公務員に比べて公的年金が非常に手薄で、老後不安が大きいのが現実です。これを補うために、自営業者の「iDeCo」は掛金の上限額が大きく、節税メリットの面でも非常に有利になっています。一方で、「iDeCo」を利用するにあたって、収入が不安定な自営業者ならではの注意点もあります。自営業者の「iDeCo」の有効な活用法を解説します。

専業主婦の「iDeCo」活用法を紹介! 所得控除という メリットがない専業主婦でも「iDeCo」をお得に使う 方法と、金融機関&商品の選び方のポイントを解説! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:専業主婦(主夫)の「iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)」活用術を紹介! 専業主婦は、「iDeCo」の大きなメリットである「掛金が全額、所得控除される」という節税効果を得られません。しかしそれでも、「iDeCo」を活用する意味は十分にあります。その理由や、専業主婦が「iDeCo」を活用する際の金融機関、商品の選び方のポイントを詳しく解説します。

公務員こそ「iDeCo」に今すぐ入るべき! ごっそり 削られた退職金を取り戻し、老後の安心を作るための 公務員の効率的な「iDeCo」活用術と注意点を解説! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:公務員の「イデコ」活用術を解説! 公務員ほど「iDeCo」に加入すべき人たちはいません。というのも、2012年と2017年の制度の改定で、 退職金がごっそり削られているからです。掛金の上限額は月1万2000円ですが、「たかが1万2000円」と考えるのは大間違いです。公務員が今すぐ「iDeCo」に加入すべき理由や、より効率的に活用する方法、さらに一部で導入が進められている「職場iDeCo」についての注意点を解説します。

会社員の「iDeCo」加入の可否と、掛金の上限金額を タイプ別に紹介!「iDeCo」に加入できない場合も、 諦めずに「マッチング拠出」が使えないか調べよう! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:会社員の「iDeCo」活用法を徹底解説!「マッチング拠出」の利用法や、勤め先の企業型確定年金が「加入選択制」の場合に「iDeCo」とどちらを選ぶのが有利かなど、ほとんど知られてない情報を紹介! 勤め先の年金制度の違いによる上限額や「iDeCo」加入の可否といった基本も、あらためて解説します。

iDeCoに加入しても「やってはいけないこと」とは? 60歳まで引き出せないiDeCoの掛金を捻出するには、 固定費や生活費の「前向きな節約」を実行しよう! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:iDeCoの掛金として月1.2万円を捻出するために、生活費を上手に節約する2つの方法を紹介! iDeCoは早く始めた人ほど、たくさん税制優遇が受けられ、老後資金として多くの元本を積み立てるチャンスが得られます。ですから、iDeCoを始めるなら基本的に「思い立ったが吉日」です。しかし、iDeCoの間違ったスタート方法が1つだけあります。それは、「今、行っている月々の貯金額を減らして、iDeCoの掛金に回す」というものです。では、貯金の額を維持したまま、iDeCoの掛金を絞り出すにはどうすればいいのでしょうか?


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.