投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


「iDeCo」運用時に株価が急落した場合の、もっとも 有利な投資戦略は“売却”ではなく“継続”すること! 株価下落局面での「iDeCo」の賢い投資戦略を解説! - iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2019年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「iDeCo」の最強の投資戦略は、どんな状況でも「積立投資を継続すること」だ! 世界の株価が不安定になってきています。「iDeCo」でも、株価が急落して損失が出たら……と不安な人もいるかもしれません。しかし、あわてることはありません。効果的で、しかも誰にでもできる簡単な対策があります! 「iDeCo」で株価が急落したときにとるべき、賢い運用方法を解説します。

日経平均株価は「ダブル・トップ」を形成し、中期の 下落トレンドを継続中! 「税還付狙い」の損切りの 増加で、年末に向けては売り圧力の強い状態が続く! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日経平均株価は、11月8日に2万2583.43円を、12月3日に2万2698.79円を付けて、チャート的に「ダブル・トップ」を形成したものの、それは「ダマシ」となり、現在は既に25日移動平均線を割り込み、再び「弱気相場」入りしました。ただし、これは短期の話です。中期の下落トレンドは継続中との認識です。このため、短期的な戻りがあっても、それは単なる「アヤ戻し」となる可能性が高いでしょう。そして、「アヤ戻し」の限界は26週移動平均線付近です。なお、日経平均株価が12月3日まで7連騰し、2万2698.79円を付けた主因は、1日の米中首脳会談で、米国が年明けに予定していた中国製品への追加関税引き上げなどを90日間猶予すると決めたことでした。

株式投資に「損切り」は必要なのか? 悪材料が出た 場合の「損切り」の必要性や増配の継続性を判断する 方法など、ネガティブなニュースへの対処法を検証! - 「夢の配当金生活」実現メソッド

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「損切り」の必要性を検証! 億トレーダーの個人投資家・立川一(はじめ)さんが、自ら実践する「増配株投資」において、「損切り」をすべきかどうかを検証! 実際に2018年3月に「損切り」したプロトコーポレーション(4298)を例にとって、保有株に悪いニュース、ネガティブな情報が出た場合に対処する方法を考えます!

1年間で資産70%増を達成の個人投資家・夕凪さんが 実践する「新高値買い」の順バリ投資手法を公開! 新高値をつけた銘柄への分散投資で上昇相場に乗れ! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:株取引で1億円を超える資産を築いた個人投資家・夕凪さんに、2017年に成功した投資手法と、2018年の投資戦略を聞いた!現在発売中のダイヤモンド・ザイ2月号の「目指せ1億円! 億万投資家14人の2018年『勝ち戦略』&『注目株48』」特集では、株で億超えの資産を築いたスゴ腕の個人投資家14人に、「2017年にどうやって儲けたか」「2018年はどのような投資戦略を考えているか」をインタビューしている。今回はその中から、ブログ「夕凪のイベント投資日記」の運営なども手掛ける個人投資家の夕凪さんのインタビューを抜粋。2018年の投資戦略を立てる上での参考にしてみてほしい!

「億」を稼ぐ兼業トレーダー2人の勝ちワザを伝授! 「ボックス株のうねり取り」と「下値で買い増しの 逆張り徹底スタイル」、実践する上での注意点とは? - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「チャートのうねり(ボックス)に注目した投資法」と、「安値の株の逆張り底値買い」で、億単位の資産を築いた個人投資家2人の手法を紹介!ダイヤモンド・ザイ6月号では、「株で儲ける個人投資家の『これだけ』必勝法!」と題した特集を掲載! 資産7000万~4億円超の個人投資家たちがいかにして資産を築いてきたかを公開している。ダイヤモンド・ザイ6月号の中では、タイプの違う株の勝ち組10人に直撃取材し、銘柄選びから買いのタイミング、リスク管理の方法まで赤裸々に語ってもらっているが、ここではそのうちの2人の投資法を紹介。まったくタイプが違う勝ちワザだが、大きく儲けている点は同じ。そのテクニックの一部をご覧あれ。

気質効果(disposition effect) 多くの投資家が利益確定で上昇トレンドを逃し、損切りの遅れで傷口を広げるのは何故か?

サイト「経済&マネー」のコンテンツが kapok から公開されました。

概要:気質効果(disposition effect)は投資家の手仕舞いの傾向に関する心理効果です。個人投資家は買値から値上がりした株を売り、値下がりした株を持ち続ける事を好むという傾向があります。

なぜ、郵政3社の株価は大幅下落してしまったのか? 2015年11月の上場からの1年間を振り返って、 公開価格より下落した郵政3社の今後の展望を探る! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2015年秋の新規上場から約1年が経過しようとしている今、日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命の郵政グループ3社の株価は初値や上場来高値はもちろん、公開価格よりも大幅に下落した水準で推移している。日本銀行によりマイナス金利の導入など予想外の事態があったとは言え、この水準で株価が推移するとは誰もが予想していなかったはずだ。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.