投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


新型肺炎の自粛ムードの中で 「買い占めに走る人」「不安感を感じない人」の特徴 【橘玲の日々刻々】 - 橘玲の日々刻々

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:新型肺炎騒ぎのなか電車に乗ると、マスク姿の乗客に交じって、マスクをせずに吊革につかまりスマホをいじっているひとがいます。こういうときに、パーソナリティの多様性を実感します。

新型肺炎で明らかになった "排外主義"的な行動免疫システム 【橘玲の日々刻々】 - 橘玲の日々刻々

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:進化の掟はたったひとつ、「できるだけ多くの遺伝子を複製する」です。これが「利己的な遺伝子」説ですが、「現存するすべての生き物は遺伝子の複製に成功した個体の末裔だ」という単純な事実を言い換えたものです。

「オンライン教育」関連銘柄が、“新型コロナウイルス 対策”や“英語教育改革”により要注目のテーマ株に! 「チエル」「すららネット」などの注目銘柄も紹介! - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「オンライン教育」関連銘柄について、アナリストの村瀬智一さんが解説。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府は、2月25日に開かれた新型コロナウイルス感染症対策本部の会合で、医療体制の整備などを柱とする基本方針をまとめました。感染拡大のスピードを抑制し、可能な限り重症者の発生と死亡数を減らすことを目標と位置付け、企業や団体などに対して、発熱などの風邪症状が見られる職員の休暇取得の勧奨、時差出勤やテレワークについて、強力に推進するよう呼び掛けています。こうした流れから、今後、多くの地域で学校が休校になることが考えられることから、株式市場では「オンライン教育」への関心が高まりやすいと思われます。

新型肺炎の感染拡大懸念で、世界の株価が急落 日本の株価の下値は限定的、個人投資家は 長期ポートフォリオを構築する絶好のチャンスか - 超成長株投資で資産10倍計画!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:外資系投資顧問でファンドマネジャー歴20年の山本潤氏による、10年で10倍を目指す成長株探し。今回は暴落相場への対処法や心構えを紹介します。

日経平均株価やNYダウが暴落する中、買うべき銘柄 はこれだ! 「テレワーク」や「治療薬」「金」など 「新型肺炎の逆風が追い風になる銘柄」をチェック! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 本日2月25日前場の日経平均株価は、前週末比700.13円安の2万2686.61円と大きく下落しました。新型コロナウイルスの感染者がアジアのみならず欧州でも急増したことから、世界的なサプライチェーンの混乱が起きる可能性が高まったことが売り材料です。このような状況を受け、2月24日のNYダウ(ダウ工業株価平均指数)は3日続落し、前週末比1031.61ドル安の2万7960.80ドルでした。下げ幅は、2018年2月8日の1033ドル安以来、過去3番目の大きさでした。また、ナスダック総合株価指数も、同355.310ポイント安の9221.280ポイントと3日続落しました。また、2月21日に発表された2月の米国の総合購買担当者景気指数(PMI)の速報値は、前月比で3.7ポイント低下し49.6でした。

“巣ごもり消費”関連銘柄の「ビーグリー(3981)」や 「ネクソン(3659)」に注目! 新型肺炎の影響でゲー ムやマンガなど、自宅で楽しめるサービスが人気に! - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「巣ごもり消費」関連銘柄について、アナリストの村瀬智一さんが解説。いったんは新型コロナウイルスへの警戒感が和らぐ局面も見られた株式市場でしたが、足元では再び下落しています。今後、感染者数がピークアウトしたタイミングで、ヘッジファンドなどが押し目買いの好機と見て買いポジションを積み上げてくる可能性はあるものの、一方で、新型コロナウイリスの企業業績への影響が顕在化してきたことが警戒されます。そうした状況の中で、新型コロナウイルスの感染拡大によって需要が見込まれる新たな関連銘柄に物色が広がっています。

新型肺炎が株式マーケットに与える影響は? マスコミやSNSの情報でパニックになり 狼狽売りをしないですむ長期投資の考え方とは? - 超成長株投資で資産10倍計画!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:外資系投資顧問でファンドマネジャー歴20年の山本潤氏による、10年で10倍を目指す成長株探し。今回は、新型肺炎が株式マーケットに与える影響を考察しました。

新型コロナウイルス関連株は、今や「国策銘柄」! 中長期的には米国経済も堅調なので、感染拡大による 日本市場の下落局面は“絶好の買い場”と考えよう! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 市場では、「新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大の影響で一時的に経済に混乱が起きても、それは短期的な影響であり、中長期的にみると米国経済は堅調な状況が維持される。なぜならば、中国政府が金融・財政政策の両面で自国経済を下支えすることが十分見込めるため、米国の景気・経済は良好さが維持される可能性が高い。その結果、米国の主力企業の業績の改善基調は崩れることはない」という感じの見方が継続しています。

来週(2/10~14)の日経平均株価の予想レンジは、 2万3500~2万4200円! 積極的に上値を追う展開が 難しい中、決算内容を手掛かりとした物色が活性化! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(2/10~14)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(2月10日〜14日)の見通しですが、日経平均株価は今週の上昇で再び昨年来高値水準に接近してきました。直近では2万3000〜2万3500円でのもち合いが続いていたこともあり、2万4000円に接近する局面では“戻り待ち”の売りが出やすいと思われます。

日経平均は、200日移動平均線と25日移動平均線に 挟まれた「保ち合い相場」に! 当面の間は、株の 組み入れ比率を下げつつ「逆張り戦略」で狙え! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 日経平均株価は、1月17日の2万4115.95円でピークアウトして調整色を強めています。2月3日には一時2万2775.92円まで売り叩かれ、同日の終値は2万2971.94円と、心理的節目の2万3000円大台を割り込みました。この下落の主因は、中国で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大から、世界経済悪化の懸念が強まっているからです。また、2019年10~12月以降における、我が国の企業の生産活動と個人消費の不振が鮮明になっていることも主たる理由です。

来週(2/3〜7)の日経平均株価の予想レンジは、 2万2500〜2万3700円! 再開する上海証券取引所の 株価の動向や、日米の主要企業の決算内容にも注目! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(2/3〜2/7)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週は中国の上海証券取引所が再開されます。1月30日に台湾の株式市場が再開したときは6%近く急落しており、現在の新型コロナウイルス関連銘柄の強さを見る限り、春節明けの上海市場でも大きな値下がりが想定されます。WHOが緊急事態を宣言したことによって、来週以降、感染の恐れのある海外からの入国者を調べる検疫態勢が強化されることは必至です。

新型コロナウイルス関連として「医療廃棄物処理」の 関連株を5銘柄紹介! 「東陽テクニカ」「出光興産」 など、まだ注目度の低い“隠れた関連企業”を発掘! - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「医療廃棄物処理」関連銘柄について、アナリストの村瀬智一さんが解説。中国の新型コロナウイルスの感染拡大が警戒される中、日経平均株価は1月27日に今年最大の下落幅を記録しました。さらに、28日には一時2万3100円台まで下落するなど、不安定な相場展開が続いています。新型コロナウイルスの鎮静化が見えづらい状況で、引き続きリスクオフムードが高まっています。そんな相場環境の中、物色の流れとしては、先週に引き続いて「マスク」関連銘柄が急騰しているほか、「治験」「臨床検査」「医薬品」「バイオ」など、注目される対象が拡大しています。今後も新型コロナウイルスの感染拡大が続く場合、関連銘柄に関する連想がさらに広がりが見せることになりそうです。

新型コロナウイルスによる米国株の下落は、一時的な 押し目! 再度の上昇局面に備え、要注目の「アトラ シアン」「インテル」の決算と今後の見通しを解説! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説!  中国の武漢市で新型コロナウイルスが発生し、これまでに患者数が1200人を超え、死者も41人に上っています。そのため、世界の投資家は、この新型肺炎が世界経済に与える影響を懸念しています。米国市場も、週間ベースでダウ工業株価平均指数(NYダウ)が-1.2%、ナスダック総合指数が-0.8%、S&P500指数が-1%下落しました。もっとも、米国株式市場は去年の10月以降、息つく暇もなく一本調子に上昇してきましたので、どこかで小休止する必要がありました。

中国の「新型コロナウイルス」で注目される9銘柄を 紹介! 新型肺炎の関連銘柄として「マスク」「赤外 線サーモグラフィー」を手掛ける企業は要チェック! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 日米株式市場とも、相変わらず強い動きを続けています。ただし、日経平均株価に関しては、2万4100円ラウンドでの上値の重さが目立ち、過去最高値を更新し続ける米国に比べると相対的に弱い動きではあります。そんな状況下、足元の株式市場では、「新型肺炎関連」が人気化しています。これは、中国の湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎です。このため、市場では、医療関係者向けの防護服やマスクのみならず、「赤外線サーモグラフィー」などを扱う企業の株価が“火柱高”になっています。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.